栃木県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

栃木県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

栃木県は、宇都宮市を中心とした都市部と、世界遺産の日光東照宮や美しい日光並木街道に那須・塩原などの観光地エリア、そして地方部に分かれています。

宇都宮は、新幹線や東武日光線などアクセスが良好なため、首都圏のベッドタウンとしても栄えています。

栃木県は、宇都宮市を中心として調剤薬局の数が多く、大手から個人薬局まで、選択肢が豊富です。

そんな栃木県の薬剤師転職事情を、最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイトも含めて、徹底解析していきます。

栃木県の薬剤師転職事情

栃木県にいる薬剤師の総人口は、約4,000人です。

そのうち、調剤薬局に勤務している薬剤師の数は、60%を超えています。

そして、医療施設に勤務している割合が20%程度、医薬品関係企業勤務者は15%ほどになります。

実際、栃木県には調剤薬局の数が多く、あらゆる規模の薬局が存在しています。

しかし、栃木県の薬剤師は全国的平均を大幅に下回っていて、薬剤師不足が問題になっています。

また、栃木県には薬学部を設置している大学が1校しかないため、卒業者の数も限られています。

このような背景により、薬剤師の需要は高く、薬剤師の転職者は歓迎される傾向にあります。

つまり、栃木県の転職難易度は、高くないと言えるでしょう。

平均年収はどれくらい?

栃木県の薬剤師の平均年収 526.1万円(全国20位/47都道府県)
平均年齢 38.1歳
勤続年数 5.4年
所定内労働時間 158時間/月
平均月給 37.5万円
平均賞与 75.9万円

栃木県の薬剤師の平均年収は、526.1万円になっています。

この金額は47都道府県の中で20位です。

全国平均が514.9万円なので、それよりも高い平均年収になっています。

この平均年収は、東京都や埼玉県よりも高い金額です。

その差は何かというと、薬剤師の数が関係しています。東京都などの都会では、薬剤師の数が地方都市よりも多いために平均年収が抑えられますが、栃木県は薬剤師の数が大幅に不足しているので、高年収で迎え入れることができます。

栃木県で薬剤師の転職をする方は、適切な転職ができれば、大幅に年収アップさせることも可能です。

求人はどの地域が多い?

栃木県で薬剤師として働く場合は、どのエリアで探せば良いのでしょうか。

エリア選択を誤ると、良い求人が見つかりません。

それを避けるため、栃木県で転職する際に知っておくべき、求人の多い地域をトップ3まで紹介します。

1位 宇都宮市

栃木県のほぼ中央に位置していて、県の政治・経済・文化の中心地として知られています。

栃木県で最も人口が多く、アクセス環境も抜群です。

宇都市は、宇都宮駅を中心に賑わっていて、大型のドラッグストアや駐車場付きの大きめな調剤薬局が多数あります。

また、病院や企業もあります。特に、調剤薬局の数が県内で圧倒的に多く、薬剤師のさまざまなニーズに応えられるような環境が整っています。

栃木県を代表するエリアですが、薬剤師の数が不足しているため、積極的に募集をしています。

2位 小山市

栃木県小山市は、宇都宮市より南、栃木県の南部に位置しています。

首都圏からは北に60km、宇都宮から南に30kmになります。人口は16万人ほどで、栃木県第2の都市として知られています。

小山市のメリットは、交通アクセスの良さです。東西南北に向かう複数の路線があるため、近郊に住む人にとっては非常に便利なエリアになっています。

そんな小山市には、調剤薬局が多数あります。

宇都宮市よりも首都圏に近いエリアで働きたい方にとっては、小山市はいい選択になるでしょう。

3位 栃木市

栃木市は、小山市の西隣りに位置する、人口16万人弱の、栃木県内人口3位の市です。

市街地には蔵造りの家屋が並ぶ街並みが保存されているため、小江戸や関東の倉敷などと呼ばれ、観光地としても人気があります。

東京から鉄道または高速道路を利用すれば、1時間ほどで着く距離なので、アクセス環境も良好です。

そんな栃木市には、調剤薬局が数十店舗ほどあります。

宇都宮市などの都市部よりも、高年収が期待できる案件もあるので、栃木県で転職する際にはチェックした方がいいエリアです。

栃木県の薬剤師求人の特徴

栃木県には、歴史のある地場薬局が多くあります。

それと同時に、大手の調剤薬局やドラッグストアも展開しているので、全体的にバランスが良く、幅広い選択肢があります。

しかし、栃木県内の薬剤師人口は約4,000人で、人手が足りていない状況が続いています。

薬学部のある大学は1校しかなく、さらに卒業後は上京する学生も多いため、薬剤師不足は続く傾向にあります。

栃木県では、最も人口の多い宇都宮市が、調剤薬局やドラッグストアなど職場の選択肢が豊富なため、働きやすい環境になっています。

そして、小山市と栃木市が、宇都宮市に続きます。

栃木県の薬剤師の平均年収は526.1万円と高く、都市部でも十分な待遇が受けられますが、地方部に行くにつれてさらに待遇が良くなる傾向があります。

栃木県のおすすめ求人

栃木県が薬剤師にとって魅力的な職場環境であることが分かりました。

それでは次に、実際に募集している求人を見ていきましょう。

具体的に、どのような求人が人気なのでしょうか。おすすめ求人を3つ厳選して紹介します。

1位 株式会社ジェイピー とちぎ薬局 本店

勤務地 栃木県宇都宮市中戸祭1-7-2
アクセス JR東北本線 宇都宮駅/JR日光線 宇都宮駅 /東武宇都宮線 東武宇都宮駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて、調剤業務・服薬指導・発注業務などを行う
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 月収25.5万円~41.0万円程度 時給2,000円~
賞与 年2回
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
損害保険
退職金
育児休暇制度
介護休職制度
資金貸付制度
社員旅行
借り上げ社宅制度
その他制度
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)
祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
慶弔休暇
出産・育児休暇
その他休暇

株式会社ジェイピー とちぎ薬局 本店は、栃木県で最も発展している宇都宮市の中心駅、宇都宮で働ける調剤薬局です。

宇都宮駅から車で4分程度とほぼ駅前なので、栃木県の調剤薬局全体の中でも、最も恵まれた職場の一つになっています。

福利厚生も充実していて、借り上げ社宅から資金貸付制度、社員旅行など、給料面以外でも魅力的な要素に溢れています。

また、女性が多く活躍しており、育児休暇後の職場復帰率は100%です。有休消化率も高く、長く働きたい職場環境になっています。

2位 エムシー関東株式会社ポプリ薬局

勤務地 栃木県さくら市氏家3245-16
アクセス JR東北本線 氏家駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて調剤業務、服薬指導、薬歴管理などを行う
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 年収500万円~750万円以上
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
退職金
育児休暇制度
介護休職制度
資金貸付制度
駐車場
その他制度
休日・休暇 週休2日制
日曜日祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
慶弔休暇
出産・育児休暇
週休2日制(祝日を含まない)

エムシー関東株式会社ポプリ薬局は、北関東エリアに展開している、非常に待遇の良い調剤薬局です。

年収は最低でも500万円が保証されていて、実績と経験次第で、750万円まで期待できます。

このクラスは、都市部ではなかなか見ることのできない年収であり、東京などの都会ではほとんどありません。

また、スタッフからブロック長までのしっかりとした明確なキャリアフローがあるので、目標が明確で働きやすい環境でもあります。

さらに、エムシー関東株式会社ポプリ薬局は独立支援もしているので、将来的に独立を考えている方にとっても魅力的な職場だと言えるでしょう。

3位 有限会社メディカルブリッジ みさき薬局 宇都宮本店

勤務地 栃木県宇都宮市陽東8-8-29
アクセス JR日光線 宇都宮駅
職種 薬剤師
仕事内容 調剤薬局にて、調剤業務、服薬指導などを行う
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 年収380万円~670万円程度(36歳~50歳モデル)
賞与 年2回(7月・12月)
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
退職金
育児休暇制度
駐車場
休日・休暇 完全週休2日制
日曜日祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
慶弔休暇
出産・育児休暇

有限会社メディカルブリッジ みさき薬局 宇都宮本店は、JR宇都宮線・日光線の宇都宮駅から車で10分の距離にある、恵まれた立地環境にある調剤薬局です。

年収はあまり高くありませんが、毎年昇給があり、賞与も年2回あります。

また、代表取締役は薬剤師出身者なので、現場の声を取り入れた、薬剤師にとって働きやすい環境づくりに力を入れています。

社員のアイディアで、アロマを店舗に置いたり、キッズコーナーを設置したりしています。

有限会社メディカルブリッジ みさき薬局 宇都宮本店は、残業がほとんどなく定時の18時に上がれるので、ワークライフバランスを取りたい方にもオススメの求人です。

栃木県へ転職した薬剤師の体験談

栃木県での薬剤師の転職に関して、より具体的なイメージを掴みたい方もいるでしょう。

転職のイメージを掴むためには、実際に転職した方の話を聞くのが一番です。

それでは、栃木県へ転職した薬剤師の方の体験談を紹介していきます。

都会より待遇が良い

東京で薬剤師として働いていましたが、なかなかのハードワークの割に、あまり待遇が良くないのが気になっていました。正月に栃木の実家に帰った時に、栃木県の薬剤師転職情報を調べて見たところ、待遇の違いに驚きました。ちょうど良い機会だったので、実家に帰って転職をして、今では栃木県内にある調剤薬局に勤めています。前の職場より年収が上がり、忙しさは減ったので、転職して良かったです。
年齢 27歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 380万円
転職後の年収 450万円

ワークライフバランスが改善

栃木県の地方部で薬剤師として調剤薬局に勤務していましたが、生活利便性の低いエリアで仕事以外にすることがなく、転職することにしました。薬剤師専門の転職サイト経由で、キャリアアドバイザーに相談したところ、宇都宮市の調剤薬局を紹介されました。サポートを受けながら転職活動に力を入れた結果、無事に転職できました。新しい職場は宇都宮駅から車で10分程度の便利な都市部なので、仕事帰りの時間も楽しむことができています。年収は少し下がりましたが、メリハリのある職場で残業もなく、生活利便性が上がったので満足です。転職したことで、全体的にワークライフバランスが改善したことを実感しています。

年齢 30歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 470万円
転職後の年収 450万円

独立支援が受けられる

昔からある地場の調剤薬局に勤めていましたが、将来的に独立を視野に入れたいと考えるようになり、転職を決意しました。転職サイトやエージェントを複数利用して、最も対応の良いところから、独立支援をしてくれる職場を紹介してもらえました。面接した結果、対応してくれた方と波長が合い、転職成功です。新しい勤務先では、独立支援の実績があるため、日々働きながら多くを学ばせてもらっています。働いている方は、前の職場の方よりも意識が高く、雰囲気の良い職場環境です。独立後もバックアップが受けられる体制が整っているので、必ず独立の夢を叶えようと考えています。
年齢 36歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 500万円
転職後の年収 550万円

栃木県でおすすめの薬剤師転職サイト

転職したい方は、転職サイトを利用するのが最も効果的です。

転職サイトを利用すれば、豊富な求人情報と役立つ情報が手に入りますし、転職のプロに相談することも可能です。

それでは、栃木県でおすすめの薬剤師転職サイトTOP3を紹介します。

1位 ヤクジョブ

ヤクジョブ

ヤクジョブは、薬剤師を専門とした、転職支援サービスです。

その歴史は古く、1996年から20年以上、医療人材サービスに携わっています。

業界最大級の7万件を超える求人情報があり、栃木県の求人情報もトップクラスで、求人数では他社を引き離しています。

取引先企業・医療機関は7,000を超え、雇用形態のすべてを網羅しています。

転職希望者の課題を一緒に考えてくれる、薬剤師専門コーディネーターがいるので、転職活動が初めての方でも安心して利用できます。

求人数の多い転職サイトを選ぶなら、ヤクジョブがおすすめです。

ヤクジョブ詳細ページ

2位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、医療業界人材に特化した、転職サポートのプロフェッショナルです。

ファルマスタッフは、コンサルタントのカウンセリング能力に自信があり、転職相談の満足度は96%を超えています。

カウンセリングでは、転職をするかどうかの判断から、希望エリアの特性や最新の転職動向まで、幅広い情報を受け取ることができます。

薬剤師の転職に関して、信頼できるコンサルタントを探している方は、ファルマスタッフの利用をおすすめします。

ファルマスタッフ詳細ページ

3位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬剤師転職支援サービスの中で、5年連続で利用者満足度1位をキープしている、マイナビ薬剤師。

こちらのキャリアアドバイザーは、転職で何を叶えたいのか、年収やスキルアップに人間関係など、譲れないものは何かなど、転職の悩みを一緒に考えてくれる特徴があります。

そのため、転職に関して意思が明確になっていない方や、悩んでいる方におすすめです。

マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーに相談することで、意識がクリアになり、ゴールが明確になります。

マイナビ薬剤師詳細ページ