沖縄県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

沖縄県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

せっかく持っている薬剤師の資格。その資格を活かして上手に転職したいものです。

転職を確実に成功させるためには、薬剤師の転職サイトのお世話になるのも良いのではないでしょうか。

今回は、沖縄県で薬剤師の求人が多いエリアの紹介や、実際に転職に成功した人の口コミ、沖縄県でおすすめの薬剤師の転職サイトについて紹介します。

沖縄県の薬剤師転職事情

沖縄県は日本で最も西に位置する県で、その面積は2,280.98平方キロメートルあり、人口は約145万人です。

綺麗な海があることで有名で、マリンスポーツが盛んな地域です。

沖縄県の薬剤師の数は、2,109人です。その、半数程度が薬局に勤めています。

沖縄県の人口10万人に対する薬剤師の数は、148.8人で全国平均を大きく下回っています。

薬局数に関しても、沖縄県の場合は人口に対して少なく、沖縄県では薬局数も薬剤師数も不足の傾向で、多くの薬局では薬剤師の募集をしています。

平均年収はどれくらい?

さて、沖縄県で働く薬剤師の収入はどうなのでしょうか。表を用いて解説します。

月給 29.5万円
ボーナス 32.2万円
年収 386.1万円
年収の全国順位 46位
時給 1,723円
時給の全国順位 46位

沖縄県の薬剤師の収入としては、特にボーナスの金額が少ないです。ボーナスは全国平均と比較すると46.5万円も低くなっています。そのせいもあり、平均年収も低くなっていて、全国平均年収が514.9万円であることを考慮すると128,8万円も低くなっています。

1カ月あたりの、沖縄県の薬剤師の労働時間は全国平均よりも6時間長いです。

そのため、このエリアでは労働時間が長い割に給料が安いという労働条件となっています。

沖縄県でパートやアルバイトとして働いた場合の時給は1,723円で、全国平均の2,196円よりも473円も低い結果です。

求人はどの地域が多い?

沖縄県の中では、どのエリアが薬剤師の求人が多いのでしょうか。

県庁所在地である、那覇市が最も求人が多いです。

その他調べてみると宜野湾市、ついでうるま市です。それぞれについて解説していきますので、参考にしてください。

1位 那覇市

“那覇市は、沖縄県の沖縄本島の南部に位置する市で、その面積は約39.98平方キロメートル、人口は約32万人です。

那覇市の中には全ての医療機関を合わせると642件の医療機関があります。その中には、219件の調剤薬局やドラッグストアが含まれています。

那覇市の代表的な医療機関としては、那覇市立病院、大浜第一病院、沖縄赤十字病院などがあり、代表的な薬局としては、ドラッグストアであるマツモトキヨシや調剤薬局であるミント薬局泉崎店や新泉堂薬局があります。

このエリアでの求人の雇用形態は正社員が最も多くついでパートアルバイトです。その年収は480万円~600万円程度、時給は2,000円程度です。

2位 宜野湾市

宜野湾市は、沖縄本島の中南部の中央に位置する市で、その面積は19.80平方キロメートル、人口は約9万7千人です。

宜野湾市の中には、130件の医療機関がありますが、その中には41件の調剤薬局やドラッグストアが含まれています。

宜野湾市の代表的な医療機関は、宜野湾記念病院や海邦病院などの大きな総合病院があり、薬局としては、調剤薬局が多く、ひまわり薬局や宜野湾薬局、アセロラ薬局などがあります。

このエリアの薬剤師の求人は調剤薬局が最も多く、ついでドラッグストアが多いです。雇用形態としては正社員が多数あります。

その場合の月収の目安は、40万円程度、年収の目安は、480万円~600万円です。

3位 うるま市

うるま市は沖縄本島中部に位置する沖縄県第3の都市です。

その面積は87.02平方キロメートルで、人口は約1万2千人です。

うるま市の中には、120件の医療機関がありますが、その中に含まれる調剤薬局やドラッグストアの数は41件です。

このエリアの、大きな医療機関としては総合病院である、沖縄県立中部病院、うるま記念病院、与勝病院があり、大きな薬局としてはふく薬品具志川店というドラッグストアや、中部薬局、なでしこ薬局などの調剤薬局があります。

このエリアで、薬剤師の求人を探してみると、調剤薬局の案件が最も多く、ついでドラッグストアとなっています。

雇用形態としては正社員が最も多く、ついでパート・アルバイトです。

正社員の場合の年収は、394万円~450万円程度、時給は2,000円程度です。

沖縄県の薬剤師求人の特徴

沖縄県の薬剤師の求人を探してみましょう。マイナビ薬剤師のデータによると、正社員の求人が44,038件、パートアルバイトの求人が30,834件、契約社員の求人が3,397件見つかります。

沖縄県の求人の特徴としては、ドラッグストア案件が最も多く、ついで調剤薬局です。

ドラッグストアの求人となると、正社員が多く、その月収は40.0万円以上、その場合の年収は480万円~600万円以上です。

調剤薬局の正社員の案件は、正社員の場合年収が、394万円~450万円以上です。

特にドラッグストア案件では、新卒や未経験者を歓迎していて、教育体制が整っています。

これらの案件の中には住宅補助制度があり、福利厚生も充実していて安心して働けます。

また、このエリアの求人はマイカー通勤可能なものが多数見つかります。

沖縄県のおすすめ求人

それでは、沖縄県で比較的高収入の案件を中心に、厳選して3種類の薬剤師の求人を紹介します。

高収入案件はドラッグストアが多いですが、調剤薬局の案件についても説明します。

雇用形態も正社員が多いですが、パートアルバイトを織り交ぜながら解説します。

1位 株式会社マツモトキヨシ九州販売

この案件は、OTC販売に興味がある人におすすめです。調剤・OTCのどちらも勉強できます。

基本業務としては、店舗においてOTC販売を実施します。

住宅補助制度もあるため家計も助かるのではないでしょうか。

育児休暇制度もあり女性も安心して働けるでしょう。なお、この案件は車通勤が可能です。

雇用形態 正社員
収入 月給:40.0万円以上(22歳モデル)
年収:480万円~600万円以上(22歳モデル)
手当 通勤手当、地域手当、残業手当、資格手当、赴任手当、出張手当
賞与 なし(年棒に含む)
福利厚生 雇用保険、労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、財形貯蓄、駐車場、育児休暇制度
勤務地 沖縄県宮古島市平良字西里470番地
勤務時間 10時00分~00時00分
休暇 4週8休制、日曜日、祝日、有給休暇

2位 南日本薬品株式会社りんご調剤薬局

この案件は、調剤薬局のお仕事で、店舗にて、調剤業務と服薬指導を実施します。

新卒や未経験者も歓迎しています。その分、研修制度も充実です。

特に薬剤師としてのスキルアップを助けてくれる施設です。

産休・育休の取得実績が多数あるため、女性も安心して働けます。この施設はマイカー通勤が可能です。

雇用形態 正社員
収入 月給:30.0万円~35.0万円程度
年収:360万円~540万円程度
手当 通勤手当、住宅手当、残業手当、役職手当
賞与 年2回
福利厚生 雇用保険、労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、社内・外研修会、慶弔見舞金制度、育児休暇制度、駐車場
勤務地 沖縄県那覇市上間336番地7
勤務時間 9時00分~18時00分
休暇 完全週休2日制(土・日)、週休2日制、祝日、年末年始休暇、夏季休暇

3位有限会社光和ひかり薬局

この案件は、調剤薬局の求人ですが、定着率の良い職場で、ベテランの薬剤師も多数勤務しています。

仕事内容としては、店舗にて、調剤業務、服薬指導、薬歴管理などを実施します。

この会社は、育児休暇の取りやすい施設で、育児について理解もあり女性も長く働ける施設です。

この案件は車通勤も可能です。給料についても比較的高めです。施設に駐車場が完備されていますので車通勤も可能です。

雇用形態 正社員
収入 年収:450万円~650万円以上
手当 通勤手当、住宅手当、残業手当、役職手当
賞与 年2回
福利厚生 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、育児休暇制度、駐車場
勤務地 沖縄県宜野湾市長田1-1-2
勤務時間 9時00分~19時30分
休暇 日曜日・祝日
年末年始休暇
有給休暇
出産・育児休暇

沖縄県へ転職した薬剤師の体験談

ここからは、沖縄県にて薬剤師として転職に成功した人の体験談を参照してみましょう。

きっと役に立つ情報があるのではないでしょうか。

薬剤師の転職サイトを利用した人の体験談も紹介しますので、読んでみてください。

家賃補助制度があり助かった

縄県の素晴らしい自然環境に惹かれて、東京から沖縄県に移住してきました。私はまだ一人暮らしなので、賃貸アパート暮らしです。東京ほど家賃が高いわけではありませんが、できたら家賃補助が出る案件を探したいと思いました。
転職サイトを見ていると、いくつか家賃補助制度のある案件を見つけられました。もっと良い案件があるのではないかと思い、転職サイトに登録することにしました。
会員登録をするとコンサルタントがいろいろと相談に乗ってくれました。すると、やはり自分で探すよりも効率よく仕事を探せました。
また、コンサルタントは面接の際も協力してくれて、無事に希望の案件に就職できました。
年齢 25歳
転職前年収 380万円
転職後年収 390万円

ドラッグストアへの転職で年収アップ

私は、長い間調剤薬局に勤めていました。日頃から年収が低いのが不満でした。ある日、薬剤師の転職サイトを眺めていると、ドラッグストアの年収が高いことを発見しました。もしかしたら、転職したら年収が上がるのではないかと思い、転職を決意しました。
転職サイトに登録をしようかとも思いましたが、会員登録をしなくても有益な情報を得られたので、自力で就職活動をしました。
ターゲットはドラッグストアに絞っていたので、就職活動もしやすかったです。ドラッグストアの案件を探すと年収が500万円を超える案件が多数あったので、3つのドラッグストアを受けることにしました。おかげさまで無事合格し、年収を500万円までアップできました。
年齢 31歳
転職前年収 390万円
転職後年収 500万円

教育制度がしっかりしている案件に出会えた

調剤薬局に勤めていましたが、毎日の業務がマンネリ化していて仕事が面白く感じられなくなってしまいました。転職を考えて、転職サイトを見ましたが、見つけた求人案件の中には、教育制度が整っていて、新しい資格を取得したり、キャリアアップをするための研修制度が充実している案件を見つけました。キャリアアップができる職場であれば、転職をした後も給料が着実に上がるのではないかと考えたのです。
そのため、今回は教育制度が充実している案件を探すことにしました。また、OTC販売にも興味があったため、ドラッグストアにターゲットを絞りました。
確実に転職を成功させたかったので、求人サイトのお世話になりましたが、コンサルタントの協力があって、スムーズに転職できました。
年齢 35歳
転職前年収 480万円
転職後年収 510万円

沖縄県でおすすめの薬剤師転職サイト

口コミを見てもわかるように、確実に転職を成功させるためには、転職サイトの力を借りると良いようです。

さて、沖縄県で有益な転職サイトはどんなものがあるのでしょうか。

今回厳選して3種類紹介しますので、参考にしてください。

1位 薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは、多くの薬剤師が登録している、登録必須の王道サイトです。

薬剤師の三人に一人が登録していると言われています。

正社員・パート・アルバイト・派遣など、いろいろな雇用形態に対応していますので、あなたのライフスタイルに合わせて仕事も見つけやすいのではないでしょうか。

また、比較的調剤薬局の案件を豊富に所有しています。

エムスリーグループという東証一部上場の企業のネットワークがありますので、医療情報も充実しているのです。求人数は約4万件を保有しています。

薬キャリ詳細ページ

2位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

大手マイナビグループが運営している、薬剤師のための転職サイトです。

コンサルタントによるフォローがしっかりとしていますので、コンサルタントに直接あって相談したい人にオススメです。

求人数は約5万3千件あり、求人数は最大規模です。企業や病院求人も豊富にあります。

全国の薬局情報に詳しく、コンサルタントが新しい職場の人間関係や残業の実情、キャリアアップのしやすさなども教えてくれます。

求人管理システムが充実していて、情報が一元管理され、こだわり条件などで案件を検索しやすいのも特徴です。

マイナビ薬剤師詳細ページ

3位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

このサイトは、日本調剤グループが運営している転職支援歴19年の老舗の転職サイトです。

パートや派遣求人が豊富にあり、自分のライフスタイルにあった職場を見つけることができます。

対応エリアは沖縄はもちろん、全国に対応しています。

また、時給4,000円以上など高収入案件を見つけられるのも特徴。保有案件は業界で最大級の5万5千件以上です。

このサイトは、職業紹介優良事業者認定や優良派遣事業者認定などの各種認定を取っていますし、プライバシーマーク取得していますので、安心して利用できます。

転職相談満蔵度は、96.5%ととても高くなっています。

ファルマスタッフ詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件