薬剤師を辞めたいと思う瞬間ランキング!悩みを解決する方法は?

仕事を辞めたい看護師

“薬剤師であれば、1度や2度「辞めたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか?

薬剤師が「辞めたい」と思う理由はひとくくりにはできず、業種によって「辞めたいと思う理由」に特徴があります。

病院、ドラッグストア、調剤薬局別に薬剤師が辞めたいと思う瞬間ランキングと辞めたいときの解決方法を紹介します。

病院薬剤師が辞めたいと思う瞬間ランキング

病院は薬剤師として幅広い経験ができるので薬剤師には人気の業種ですが、年収や待遇の面では他の業種に劣ります。

そのため、「病院薬剤師を辞めたい」と思う人も多いようです。病院薬剤師が辞めたいと思う瞬間をご紹介します。

【1位】年収が低いと感じた時

病院薬剤師は他の業種に比べて平均年収が低い傾向にあります。

ドラッグストアの薬剤師の平均年収は500万円から700万円、調剤薬局の薬剤師が450万円から600万円であるのに対し、病院薬剤師の平均年収は400万円から500万円です。

管理職になればどの業種ももう少し年収が上がりますが、一般薬剤師であればこのくらいが年収の相場です。

病院薬剤師は激務であるにもかかわらず年収が低いので、日々の暮らしに余裕がなくストレスをためがちです。

奨学金を返しながら病院薬剤師として働いているとお金に余裕がなくなり、一人暮らしであればカツカツの生活を送っている人も多いようです。

「薬剤師としてのやりがい」を求めて病院薬剤師になる人が多いですが、忙しさと年収が比例していないので、徐々に仕事へのモチベーションを失い「辞めたい」と思ってしまうのです。

【2位】残業が多い時

病院薬剤師は1人の薬剤師が抱える業務量が多く、残業が多いのが特徴です。

業務量が多いので就業時間内に終わらず、帰ることができるのは日付が変わる頃という病院もあります。

毎日家には寝に帰るだけ、家と職場との往復だけという生活が嫌になって転職を考えるようです。

毎日残業が多いのでプライベートの時間がほとんどなく、薬剤師としての勉強をする時間が取れないという状況だと「このままでいいのかな?」と思ってしまいますよね。

【3位】夜勤がつらい時

病院薬剤師は、当直や日直があるので年齢を重ねるにつれてつらくなる人が多くなります。

当直は夜勤として救急外来などの対応をし、日直では土日などの昼間に仕事をすることになります。

当直や日直の頻度は病院によって異なりますが、頻繁にあると生活リズムがかなり崩れるので、単に疲れるだけでなく体調不良の原因になります。

40代を過ぎると夜勤がつらくなって転職を考える人が増えます。

薬剤師のよくある転職理由と面接でのベストな伝え方

病院薬剤師が辞めたいときの解決方法

病院薬剤師が辞めたいと思う場合、年収や残業、夜勤などの不満は自分で何かを働きかけたところで変わるものではありません。

これ以上、今の職場で働き続けるのは難しいと思ったら転職を検討しましょう。

病院薬剤師が転職する場合の転職先の選び方

病院薬剤師が転職をするのであれば、辞めたい理由で転職先を選びましょう。

病院薬剤師の年収の低さが嫌で転職する場合は、平均年収が高いドラッグストアや企業を選びましょう。

残業の多さが辞めたい理由であれば、調剤薬局を選ぶのがおすすめです。

調剤薬局は近くの病院やクリニックの診療時間に合わせて営業していることが多いので、だいたいは決まった時間に帰ることができる職場が多いですよ。

調剤薬局に転職する場合は残業時間を確認してから転職しましょう。

夜勤は病院特有の業務なので、夜勤がつらい場合は病院以外の業種に転職すれば夜勤からは解放されます。

ドラッグストアの薬剤師が辞めたいと思う瞬間ランキング

ドラッグストアには、OTC店舗、調剤併設店舗、調剤のみの店舗があります。

人気なのは調剤業務もできてOTCも扱える調剤併設店舗です。

ドラッグストアの薬剤師が辞めたいと思うのはどんな時でしょうか?

【1位】調剤以外の業務が多い時

薬剤師として働いているからには調剤業務に集中したいと考える人が多いですが、ドラッグストアでは調剤業務以外に品出し、陳列、レジ打ちなどの業務もあります。

ドラッグストアでは処方箋の数が少ないことが多いので、調剤併設店であっても調剤以外の業務に費やす時間の方が多いということもあります。

「もっと調剤業務に集中したい」、「たくさんの処方箋を扱いたい」と思っている薬剤師は転職を考えるようです。

【2位】異動や転勤を命じられた時

大手ドラッグストアは店舗数が多いので、異動や転勤を命じられることがあります。

異動をすると新しい職場に慣れるまで疲れるので、「ずっと同じ職場で働きたい」、「環境の変化が苦手」と考える人は転職を考えてしまうでしょう。

【3位】接客につかれた時

薬品だけでなく、食品や生活雑貨も扱っているようなドラッグストアには様々なお客様が来店します。

調剤業務でももちろん接客する必要はあるのですが、OTC医薬品の選び方などの相談を受けたり、薬品以外の商品の質問を受けたりと接客する機会は多くなります。

もともとコミュニケーションを取るのが好きな人は問題ないのですが、薬品以外のことにはあまり興味がなかったり、コミュニケーションが苦手な人がドラッグストアで働くと、接客につかれて辞めたくなってしまうのです。

ドラッグストアの薬剤師が辞めたいときの解決方法

ドラッグストアの薬剤師が辞めたいと考える時、上司に相談することで解決できることもあります。

大手ドラッグストアであれば店舗数が多いので、ドラッグストアによってはOTC店舗、調剤併設店舗、調剤専門店舗のすべてを運営していることもあります。

調剤以外の業務が少なくて辞めたいと悩んでいるのであれば、処方箋数が多くて調剤業務に集中できるような店舗に異動を願い出てみましょう。

薬品以外の接客につかれたのであれば、OTC医薬品のみを扱っている店舗への移動を変えあってみるのもいいですね。

ただ、異動や転勤については大手ドラッグストアなら避けられないので、異動や転勤が頻繁で辞めたいと考えているのであれば、異動・転勤のない業種に転職をするのがおすすめです。

ドラッグストアの薬剤師が転職する場合の転職先の選び方

悩みによっては上司にかけあうことで解決することもありますが、上司に相談しても解決しないことで「辞めたい」と思っているのであれば転職をしましょう。

調剤業務に集中しないのであれば調剤薬局への転職がおすすめです。

調剤薬局によって処方箋数や扱う薬品、扱う診療科が異なるので、自分の希望条件に合う調剤薬局を選びましょう。

異動や転勤が嫌な場合も調剤薬局への転職がいいですね。

大手薬局や中規模薬局では移動や転勤があることが多いので、小規模薬局や個人薬局がいいでしょう。

また薬剤師として調剤業務以外の業務も経験してスキルアップしたい場合は病院への転職もいいですが、病院薬剤師は激務で年収が低めなので、「忙しくても年収が低くても我慢できるのか」をしっかりと考えたうえで転職してくださいね。

調剤薬局の薬剤師が辞めたいと思う瞬間ランキング

調剤薬局はコンビにより店舗数が多くなっており、大手、中小、個人薬局によって特徴が異なります。

調剤薬局の薬剤師は、どんな時に辞めたいと思うのでしょうか?

【1位】気の合わない同僚と働いている時

調剤薬局は狭い空間で限られた人数の薬剤師が働くので、極端に相性が悪い人がいたり、いったん人間関係が悪化すると働くのが苦痛になってしまいます。

病院やドラッグストアであれば、薬剤師以外の人ともかかわる時間を持てるのでストレスを分散することができますが、狭い調剤室で業務を行うことがほとんどの調剤薬局では人間関係のストレスがたまりがちです。

【2位】毎日同じことの繰り返しだなと思った時

専門病院やクリニックの門前薬局では、扱う薬の数が少なく、大体の薬の種類も決まっているので、毎日同じことの繰り返しばかりでやりがいがないと感じてしまいますよね。

総合病院の門前薬局であれば処方箋の数も多く、扱う薬の数も多いのでやりがいを感じやすいです。

また、調剤業務以外にもいろいろな経験をしたいのであれば、調剤併設のドラッグストアや病院で働くのもいいでしょう。

【3位】仕事を教えてもらえない時

忙しい薬局や働いている人数が少ない薬局、教育制度が整っていない薬局では、新卒や業界未経験で入社しても仕事をあまり教えてもらえず、つらい思いをしている人が多いようです。

特に人数が少ない薬局では、仕事をしっかり教えてもらっていないにもかかわらず、1人薬剤師として勤務することになって強いストレスを感じながら働いている薬剤師もいます。

大手や中規模薬局なら教育制度が整っているので、薬局が未経験の場合はまずは教育制度がしっかりしている調剤薬局を選ぶほうがいいですね。

調剤薬局の薬剤師が辞めたいときの解決方法

大手や中規模薬局であれば、ドラッグストアのように異動や転勤があります。辞めたいと思う原因によっては転職をしなくても解決できる場合もあるので上司に相談してみましょう。

人間関係が理由で辞めたいと思っている場合には異動を願い出てみましょう。

大手や中規模薬局であれば店舗数が多いので、異動によって人間関係をリセットできます。

仕事にやりがいを感じない時も、処方箋の数が多く、扱う薬の数が多い店舗に異動することで忙しくはなりますが、やりがいは感じることができます。

上司に相談しても悩みが解決できない場合は転職するのがおすすめです。

悩みが解決できる転職先を選びましょう。教育制度が整っていないことで悩んでいる場合は、会社の方針なので上司に相談したところで変わることはないでしょう。

教育制度がなくて仕事を教えてもらえない、働きにくいのであれば、思い切って教育制度がしっかりしている調剤薬局やドラッグストアに転職するのがおすすめです。

同じ場所で人間関係を構築していくことが苦手な場合は派遣として働く方法もあります。

派遣であれば決まった期間働いて、また別の職場で働くこともできるので、人間関係は一時的です。

もし、派遣先で人間関係などのトラブルがあっても派遣会社が仲介してくれるのでストレスもたまりにくいです。

薬剤師派遣は時給がいいので、短期間でまとめて働きたい、家庭の事情で決まった期間しか働けない場合は派遣で働くのがおすすめです。

いろいろな経験をしたい人や様々な職場で働いてみたい人にも派遣の働き方はぴったりですね。

悩みを解決できなければ転職しよう

「薬剤師を辞めたい」と思うほど仕事で悩んでいる薬剤師は多いと思います。

職場の上司などに相談することで解決できることもあるので、まずは上司に相談してみましょう。

上司に相談しても悩みを解決できなかった場合、相談するまでもなく解決できないとわかっている場合には思い切って転職しましょう。

悩み別におすすめの転職先を紹介していますので、参考にしてくださいね。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件