薬剤師が飽和するってホント?生き抜いていくための秘訣と注意点を解説します

薬剤師が飽和するってホント?生き抜いていくための秘訣と注意点を解説します

薬剤師になるためには、薬科大学に入学して国家資格を取得することが必須条件になるため、就職することが難しいです。

しかし、「薬剤師は飽和する」という話を聞いたことがある方は多いと思います。

実際、薬剤師に飽和状態は到来するのでしょうか?

この記事では薬剤師が飽和する可能性や、飽和しても生き抜く方法などについて詳しく解説していきます。

実は薬剤師は飽和はしていない

薬剤師は飽和するという話を聞くことが多いと思いますが、実際に薬剤師は飽和していません。

「飽和状態になるかも…」と言われているだけで、現在しているわけではないです。

しかし、理由もなく「飽和してない」と言われても信頼できませんよね。

そこで薬剤師が飽和していない理由をいくつかご紹介します。

薬剤師の人数がそもそも少ないから

そもそも薬剤師の人数は少なく、人手不足で悩んでいる職場が多いです。

厚生労働省が発表している情報によると、薬剤師の有効求人倍率は平成30年で「4.59倍」になります。

一般的な職種は「1.3倍前後」になるので、全く人手が足りていない状況です。

そのため薬剤師は飽和していないと言えます。

女性が多い職場なので出産・育児による退職が多い

薬剤師の男女比率は6:4になっていて、女性が多い職業です。

そのため出産や育児による退職が頻繁にあり、そのまま薬剤師に復帰しないことが多いです。

このようなことを考えると、薬剤師が飽和しているということは考えにくいでしょう。

地域によって必要な薬剤師と実際にいる薬剤師の数が違う

全国的に薬剤師の人数を見ると「飽和するかも」と思うかもしれませんが、地域によって人数は変わります。

具体的には「東京都・大阪府・福岡県」などは薬剤師が足りている地域で、「沖縄県・青森県・福井県」は薬剤師が足りていない地域になります。

薬剤師が足りていない地域があるということを考えると、飽和しているということはないでしょう。

薬剤師資格を使って他の仕事をしている人もいるから

薬剤師は薬剤師として働いている人数ではなく、薬剤師資格を持っている人数でカウントします。

そのため薬剤師資格を使って他の仕事をしている人も1人にカウントされるので、統計上飽和していると言われているかもしれませんが、実際は人手が足りていない実情があります。

今後も薬剤師資格を使って他の仕事をする人は多いでしょう。

注意!業種や働き方によっては飽和状態が到来するかも

上記では薬剤師は飽和していないとお伝えしましたが、業種や働き方によっては飽和状態が到来するかもしれません。

なぜ、人手が足りていない薬剤師が飽和する可能性があるのでしょうか?

飽和状態になるかもしれない業種や、働き方について詳しく解説します。

調剤薬局の数が減少傾向にあるので働き口が見つからない

近年は医療機関からの処方せんを取り扱う「調剤薬局」と、OTC医薬品や健康食品などを取り扱う「通常のドラッグストア」が併設された「調剤薬局併設」のドラッグストアが増えています。

そのため調剤薬局の数が減少傾向にあり、働き口が見つからない可能性があります。

「調剤薬局併設で働いたらいいじゃん」と思うかもしれませんが、調剤薬局併設は調剤薬局よりも雇用人数が少ないため、調剤薬局の数が減少すればするほど飽和状態が到来する可能性は高まります。

パートの応募数が多い

上記でもお伝えしましたが薬剤師は女性の割合が多い職業です。

出産や育児を理由に一度薬剤師を離れる方も多く、再度働くときは「パート」での応募が多くなります。

「家庭もあるので正社員では働けない」と考えている女性薬剤師が多いため、パート雇用は飽和状態になるかもしれません。

女性の薬剤師が増えれば増えるほど、パート雇用は飽和状態になるでしょう。

資格保有者の増加により満足に転職できない可能性もある

薬剤師資格を保有している人は年々増えてきています。

「保有者が増える=人手が足りる」ということになるので、希望通り転職できない可能性が出てきます。

薬剤師は有資格者になるので、「いつでも満足のいく転職ができる」というイメージがあると思うので、注意が必要です

飽和しても薬剤師として生き抜くための秘訣

上記でもお伝えしたように現在薬剤師は飽和していませんが、飽和状態が到来する可能性はあります。

そこで飽和しても薬剤師として生き抜くための、秘訣をご紹介します。

飽和状態になってから行動していると、薬剤師と生き抜くことができないかもしれないので、早めに行動することをおすすめします。

コミュニケーション能力を磨く

薬剤師の業務は「薬を提供するだけ」と思われることが多いのですが、患者さんに薬の説明をしたり、患者さんの症状なども聞く必要があります。

意外にも患者さんとコミュニケーションを取る機会は多いので、薬剤師としてコミュニケーション能力を磨いておきましょう。

ただの薬剤師ではなくコミュニケーション能力の高い薬剤師だと、飽和状態が到来しても生き抜くことができるでしょう。

特定の専門性を示す資格を取得する

薬剤師資格を取得することは前提として、特定の専門性を示す資格も取得できていると飽和しても生き抜くことができます。

薬剤師におすすめの資格は下記の通りです。

  • 認定薬剤師
  • サプリメントアドバイサー
  • がん専門薬剤師
  • 薬物療法専門薬剤師 など

薬剤師資格以外にも、取得しておくと良い資格はさまざまあります。

飽和しても生き抜くためには、周りの薬剤師よりも高い専門性が求められます。

薬剤師が必要とされている職場への転職を検討する

薬剤師全体が飽和しても、飽和している職場・飽和していない職場があります。

そのため薬剤師が必要とされている・飽和状態ではない職場に転職することも検討しておきましょう。

飽和状態ではない職場に転職することができれば、生き抜くことが可能です。

薬剤師が必要とされている職場を2つご紹介します。

調剤併設型のドラッグストア

薬剤師が必要とされている職場の1つは「調剤併設型のドラッグストア」です。

通常のドラッグストアではなく、調剤併設型のドラッグストアの方が薬剤師を必要としているため、間違えないように注意してください。

調剤併設型のドラッグストアは近年店舗が増えてきているため、薬剤師が足りないという実情があります。

待遇も良いので、飽和状態が到来するまえに転職しておくと安心でしょう。

医療施設内

薬剤師が必要とされている職場の2つ目は「医療施設内」です。

病院やクリニックなど、医療機関で働く薬剤師は人手が足りていません。

その理由は雇用しなくてはいけない人数が多いからです。

医療機関となると、薬剤師は常に5人〜10人勤務している必要があります。

そのため薬剤師が足りなくなってしまいます。

薬剤師の平均年収はどくらい?転職を考えるべきラインは?

必要とされる職場を探すなら転職エージェントを利用しよう

飽和状態でも薬剤師として生き抜くためには、必要とされている職場に転職することが1つ方法とお伝えしました。

しかし、転職となると少し不安だと思います。

その場合は転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すると働きながらでも、希望通りに転職することが可能です。

転職エージェントがおすすめの理由をさらに詳しく解説します。

コンサルタントから無料で転職サポートを受けられる

転職エージェントを利用すると、コンサルタントから無料で転職サポートを受けることができます。

具体的なサポート内容は「面接対策・履歴書作成・書類添削・自己PR作成」などです。

そして転職エージェントは、転職先が決まっても料金は発生しません。

登録から転職終了まで全て無料でサービスを受けられます。

条件に応じた求人を優先的に紹介してもらえる

転職エージェントでは、コンサルタントから求人を紹介してもらえます。

紹介してもらえる求人は、転職者が希望する条件に近い内容のものです。

働きながら転職する場合は、求人情報を集めるだけでも一苦労だと思うので、転職エージェントを利用して条件に近い求人を紹介してもらいましょう。

転職のスケジューリングを手伝ってくれる

転職する際は「求人応募→面接→転職先見学→入社」という流れになるのですが、転職エージェントを利用するとスケジューリングも手伝ってくれます。

例えば、面接日の調整をしてくれたり、入社日を変更してくれたり、転職先の企業に交渉してくれます。

働きながら転職することを考えている方はスケジューリングにも頭を抱えると思うので、転職エージェントを利用してサポートしてもらいましょう。

薬剤師転職サイト好評ベストおすすめ公式ランキング【2020年】

薬剤師転職におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントには全職種に対応している場合と分野に特化している場合があります。

そのため薬剤師として転職する際は薬剤師に特化した転職エージェントを利用しましょう。

ただ、薬剤師に特化した転職エージェントもさまざまあるので、この記事ではおすすめの3社をご紹介します。

薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師に特化した転職エージェントで、利用者から高い満足度を得ています。

そんな薬キャリの魅力は「圧倒的な求人数」です。

薬キャリが取り扱っている求人数は常に4万件以上あり、全ての求人が薬剤師です。

薬剤師に特化している転職支援サービスの中で、トップクラスの求人数を誇っています。

幅広い求人から転職先を選びたい方は、薬キャリをおすすめします。

薬キャリ詳細ページ

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアは大手転職エージェントに比べると知名度は劣ってしまうものの、転職者からは高い人気を誇っている薬剤師に特化した転職エージェントです。

そんなファーマキャリアの魅力は「オーダーメイド求人」です。

オーダーメイド求人とは、転職者の希望に合わせて求人を作成くれるサービスになります。

そのため勤務地・給与・雇用形態など希望する条件をコンサルタントに伝えると、希望に近い求人を作成して提供してくれます。

希望通りの求人に転職したい方は、ファーマキャリアがおすすめです。

ファーマキャリア詳細ページ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は大手人材紹介会社「マイナビ」が運営している薬剤師に特化した転職エージェントです。

そんなマイナビ薬剤師の魅力は「転職ノウハウ」です。

マイナビは薬剤師以外にも、看護師・介護士・保育士・ゲームなどさまざまな分野に特化していて、幅広く求人を扱っている「マイナビ転職」も運営しています。

そのため質の高い転職ノウハウを持っていて、希望通り転職できる可能性が高いです。

コンサルタントもしっかりサポートしてくれるので、早く転職活動を終わらせたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。

マイナビ薬剤師詳細ページ

薬剤師としての価値を高めて需要のあるところで働こう

この記事では薬剤師が飽和するということについてお伝えしましたが、現在飽和しているわけではないです。

しかし、今後職場や働き方によっては、飽和状態が訪れる可能性が大いにあります。

飽和状態でも薬剤師として生き抜くためには、薬剤師としての価値を高める必要があります。

人手が足りていない職場に転職すると薬剤師としての価値を高めることにもなるので、飽和状態が到来するまえにお伝えした職場に転職することをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件