東京都の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

東京都の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

世界有数の大都市であり、日本の首都である東京には、無数の病院や調剤薬局、医療機関があります。

そのため、あまりにも求人数が多く、場合によっては混乱することもあり得ます。

転職希望者の方は、混乱を避けるために、東京都の薬剤師転職事情を知る必要があります。

これを知ることで、より的確かつ効率的に、自分に合う仕事探しをすることができます。

この記事では東京都の薬剤師転職事情について、転職難易度や平均年収、そして最新求人事情やおすすめ転職サイトまで、徹底解析していきます。

東京都の薬剤師転職事情

東京都の薬剤師転職難易度は、あまり高くありません。

なぜなら、東京都には無数の病院や調剤薬局、ドラッグストアなどがあるからです。

豊富な選択肢の中から、自由に勤務先を決めることができます。また、薬剤師の求人動向も、年々高まってきているため、比較的売り手市場です。

平均年収はどれくらい?

厚生労働省による、全国版薬剤師平均年収によると、

2018年薬剤師平均年収 522万円(前年比+2万円)
東京都の調剤薬局の最高年収 756万円
東京都の調剤薬局の最低年収 381万円
2018年度全国薬剤師平均年収ランキング 35位 / 47位(昨年度比+10位)
2018年度全国薬剤師平均年収 535万円(前年比-2万円)
全国平均との差額 -13万円

このように、東京都の薬剤師の平均年収は、全国平均と比べてあまり高くない傾向です。

その理由は、2つあります。

薬剤師の数と事業所の数が違うからです。

東京都の薬剤師の数は、全国1位です。

そのためライバルが多く、競争が激しくなっています。また、東京都の事業所の数も、全国1位です。事業者は多いのですが、薬剤師の数も多いので、年収を上げなくても雇用できている状況です。

求人はどの地域が多い?

東京都の薬剤師求人が多い地域は3つあります。

医療機関の数が多い文京区、年配が多く調剤薬局やドラッグストアの数が豊富な墨田区、医薬品関係企業が立ち並んでいる中央区になります。

これらの3つのエリアを、より深掘りしていきます。

1位 文京区

文京区は、東京23区の中でも治安の良さが有名で、その関係で女性に人気があり、住宅地の多いエリアになっています。

それと同時に、教育機関や医療機関も多く、先端医療の開発が進んでいるエリアです。

そんな土地柄もあって、医療関係企業、薬局、医療施設が、所狭しと立ち並び、薬剤師の数は東京都の平均を遥かに上回っています。

そのため、薬剤師として医療機関への転職を考えている方であれば、文京区を視野に入れてみる価値は、大いにあるといえるでしょう。

2位 墨田区

東京スカイツリーの誕生で有名になった墨田区は、実に長い歴史を誇る地域で、江戸文化や下町風情が残る、趣のあるエリアです。

そのため、観光地としても非常に人気があり、日本のみならず世界中から観光客が訪れています。

そんな墨田区は、年配の方が多く住まれている関係で、調剤薬局やドラッグストアの数が豊富です。

その反面、薬剤師の数は東京都の平均を下回っています。そのため、墨田区では、比較的転職しやすいエリアになっているといえるでしょう。

3位 中央区

中央区には、日本一地価が高く、高級ブランドがびっしりと立ち並んでいる銀座、江戸情緒を残しながらも、高層ビルが立ち並ぶ日本橋など一大商業エリアになっています。

そんな土地柄により、大手製薬会社が豊富にあり、開発研究に携わっている人材が集中しているエリアでもあります。

そのため、医薬品関係企業で働いている薬剤師の数が、全体の7割を超えています。

医薬品関係企業への転職を検討しているのであれば、中央区は有力な選択肢になるでしょう。

東京都の薬剤師求人の特徴

東京都の薬剤師の求人には、3つの特徴があります。

1つ目は、年収の低さです。東京都の薬剤師は全国平均よりも、平均年収が下回っています。

これは、先ほども説明したように、ライバルの多さと事業所の数の豊富さが背景になっています。

全国の薬剤師平均年収535万円に対して、東京都の薬剤師平均年収は522万円なので、13万円ほど差があります。

東京都の薬剤師の特徴2つ目は、事業所の多さです。

病院から調剤薬局、ドラッグストアに至るまで、幅広い勤務先と無数の求人情報があります。

そして、都心部になるほど人気があり、倍率は上がります。

3つ目は雇用形態です。正社員から契約社員、パート・アルバイトに至るまで、豊富な選択肢から選ぶことができます。

東京都のおすすめ求人

東京都で薬剤師として働く場合に、選択肢が多すぎて分からなくなる方もいるかもしれません。

それでは、実際どのような求人情報が良いのでしょうか。次は、おすすめできる求人情報を、具体的に3つ紹介していきます。

1位 医療法人聖光園細野診療所東京診療所

勤務地 東京都千代田区有楽町1-2-14紫ビル4F
アクセス 東京メトロ有楽町駅、日比谷駅、銀座駅
職種 薬剤師
仕事内容 病院における薬剤師業務全般
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 月収31万円~32万円
年収496万円~512万円
賞与 年2回(過去実績4.0ヶ月)
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
育児休暇制度
休日・休暇 完全週休2日制日曜日祝日年末年始休暇夏季休暇有給休暇

東京都の薬剤師に人気のある、医療法人聖光園細野診療所東京診療所。こちらの魅力はなんといっても、その立地の良さです。

東京都千代田区有楽町という、東京都の中でも、都心の中の都心という中心部エリアで働くことができて、

有楽町や銀座、日比谷という大人気エリアを普段使いすることができます。

また、東京都の薬剤師の平均年収は522万円ですが、こちらでは最初から平均年収近い給与が受け取れます。

2位 東菱薬品工業株式会社

勤務地 東京都青梅市末広町1-7-1
アクセス JR青梅線小作駅
職種 薬剤師
仕事内容 工場と研究所で、品質管理業務・製造工程の管理・品質試験の実施などを行う
雇用形態 正社員
給与 月収32万円~41万円
年収300万円~450万円
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
厚生年金基金
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)
祝日
年末年始休暇
夏季休暇

東菱薬品工業株式会社は、東京都で働く薬剤師に、おすすめできる製薬会社です。

こちらでは、薬剤師として、工場と研究所で勤務します。雇用形態は、正社員に限られています。

東菱薬品工業株式会社の幹部候補生として、研究所と工場でジョブローテーションを経験したのち、将来的にはマネジメント職に就くことができるポジションです。

製薬会社で正社員として働きたいと考えている薬剤師の方は、東菱薬品工業株式会社を候補に入れる価値があるでしょう。

3位 株式会社ボトムハートよつば薬局池袋店

勤務地 東京都豊島区南池袋二丁目29番10号金井ビル7階B号室
アクセス JR山手線池袋駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて、調剤業務、服薬指導、薬歴管理を行う
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 月収40万円
年収500万円~700万円
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
退職金
育児休暇制度
介護休職制度
休日・休暇 完全週休2日制
祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
出産・育児休暇
介護休暇

株式会社ボトムハートが運営している、よつば薬局池袋支店もおすすめできる求人です。

こちらの魅力は、その待遇の良さです。月給は最低40万円からスタートし、年収は最低500万円〜最高700万円までの広範囲になります。

福利厚生も充実していて、休日・休暇もしっかりと決められています。

それに、池袋という便利なターミナル駅で働くことができます。

都心で待遇の良い環境で働きたい方は、株式会社ボトムハートのよつば薬局池袋店を検討してみてはいかがでしょうか。

東京都へ転職した薬剤師の体験談

東京都で薬剤師に転職するための情報を提供してきましたが、より具体的な話が聞きたいという方もいるかもしれません。

具体的な話といえば、実際に転職した方の体験談に勝るものはありません。

そこで次は、東京都へ転職した薬剤師の体験談をみていきましょう。

求人情報が豊富にあった

地方のドラッグストアで薬剤師として働いていましたが、東京に住みたいという願望が強くなったので、30歳までに東京都で薬剤師として働くことを目標に決めました。早速、東京都の薬剤師の転職事情を調べましたが、とにかく膨大な量の求人情報があり、あまりの求人数の多さに驚きました。希望条件を入力した後でも、求人結果の数が想像をはるかに超えていました。最初は求人が多すぎてよく分からなくなりましたが、その後詳細に至るまで条件を絞り込んだ結果、複数の理想的な候補が浮かび上がりました。最終的には、某有名ドラッグストアから好条件で内定が出たので、念願の東京勤務が果たせました。
年齢 30歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 450万円
転職後の年収 470万円

自宅から近い勤務先が見つかった

千葉県の調剤薬局に薬剤師として勤務していたところ、主人の仕事が東京勤務に変わったため、家族で東京に移り住むことになりました。転職サイトを利用して薬剤師の仕事を探すと、情報が膨大すぎて困ったので、詳細に検索をかけてみました。すると、新居からすぐ近くにある勤務先が数多く見つかったため、急いで複数の候補に応募をしたところ、1社ご縁があって採用が決まりました。新しい勤務先では、以前と同水準の給与を保証してもらいながら、通勤時間を大幅に短縮することが可能になりました。勤務時間がかなり短くなったことで、仕事の疲れが軽減され、前よりもライフワークバランスが保たれ、ハリのある日々を過ごせています。
年齢 37歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 500万円
転職後の年収 500万円

製薬会社の研究職に転職できた

都内のドラッグストアで薬剤師として勤務していましたが、製薬会社で働きたいという思いが増していき、転職を決意しました。あらゆる情報を収集したところ、複数の選択肢が見つかりました。未経験で採用されるのか不安でしたが、情報収集と事前準備をしっかりと行ったところ、最も希望に近かった1社からオファーが貰えました。目標であった製薬会社に、ポテンシャル採用として内定が決まり、研究職として働くことが可能になりました。いまは仕事のやりがいもあり、待遇も良いので、充実した環境下で働けています。まだまだこれからですが、将来的には、新薬の開発に携われるような人物になりたいと考えています。
年齢 25歳
性別 男性
前職 薬剤師
転職前の年収 400万円
転職後の年収 450万円

東京都でおすすめの薬剤師転職サイト

東京都で薬剤師として働きたい方は、転職情報の宝庫である、転職サイトを活用することをおすすめします。

なぜなら、転職サイトを利用することで、より効率的かつスピーディに転職することができるからです。

それでは最後に、東京都に拠点を置いている、東京都の薬剤師転職サイトを3つ紹介していきます。

1位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬剤師転職支援サービスの中で、5年連続で利用者満足度1位を獲得している、マイナビ薬剤師。

その背景には、一人ひとりに的確な求人情報を紹介する、ハイレベルなキャリア面談。

医療業界専門のキャリアアドバイザーによる、転職のプロならではの提案力。

そして、安心と信頼のマイナビブランドという、3つのプラス要素があります。

これに加えて、情報量の多さも魅力的なので、薬剤師として転職するのであれば、マイナビ転職に登録する価値は大いにあります。

マイナビ薬剤師は、全国13拠点あり、それぞれの支店で面談を受けることが可能です。

場合によっては、地方への出張面談にも対応しています。

マイナビ薬剤師詳細ページ

2位 薬キャリ

薬キャリ

日本を代表する大手メーカーのソニーグループが運営している、薬キャリ。

15年前から運営している中で、薬剤師登録者数NO.1に輝き、毎年2万人を超える薬剤師の転職支援をしています。

薬剤師登録者数NO.1ということは、利用者の満足度の高さを反映している証拠です。

薬キャリに掲載されている求人数は膨大で、全国で約4万件にも達しています。

特に、病院や医療施設へのコネクションが強く、圧倒的な知名度を誇っています。

また、あらゆるこだわり条件から検索可能なので、希望に合う求人が見つかりやすい仕組みになっています。

さらに、約キャリの求人は、毎日更新され、希望に沿った求人情報をメールで受信できます。

薬キャリ詳細ページ

3位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

薬剤師転職支援歴19年の、老舗転職支援サービス、ファルマスタッフ。

全国15拠点で開催した、転職相談満足度調査で、利用者の転職満足度は96.5%を超えています。

ファルマスタッフは、北海道から沖縄まで、全国15拠点あるので、東京勤務を目指している地方在住の方にとっても、利用しやすいサービスになっています。

それぞれの拠点に、地域密着型のコンサルタントが在籍しているので、地方の方でも安心して利用できます。

ファルマスタッフのコンサルタントは、とにかく親身になって相談に乗ってくる手厚いサポートが有名なため、じっくりと相談に乗って欲しい方におすすめできます。

ファルマスタッフ詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件