派遣薬剤師として働くのってあり?派遣のメリット・デメリット

派遣薬剤師

みなさん薬剤師として働いていて、「派遣薬剤師」という職業を聞いたことはありませんか。

派遣薬剤師の方は他の業界の派遣に比べて、とても高時給であることで知られていて、稼ぐ人は月に40〜50万円ほど稼いでいる方もいらっしゃいます。

また、派遣薬剤師は正社員よりもフレキシブルに働くことが出来るので、子育て世代の女性が、出産後に派遣薬剤師になることも多いです。

しかし、実際派遣薬剤師として働くことのデメリットも存在します。

そこで今回は派遣薬剤師の年収や、派遣薬剤師として働くことのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

派遣薬剤師は年収が低いのは本当?

「派遣」という言葉に引っ張られてしまうと、どうしても正社員に比べて年収が低いのではないかと思う方が多いですよね。

しかし、派遣薬剤師の年収は決して低くはありません!むしろ普通の薬剤師よりも稼げることがほとんどです。

派遣薬剤師の年収は時給によって決まってくるので、決められている時給によってそれぞれです。

以下に薬剤師の年収モデルについての表を作ったので確認してみてください。

時給 年収
2,000円 2,000円 x 8時間 x 20日 x 12ヶ月 384万円
2,500円 2,500円 x 8時間 x 20日 x 12ヶ月 480万円
3,000円 3,000円 x 8時間 x 20日 x 12ヶ月 576万円
3,500円 3,500円 x 8時間 x 20日 x 12ヶ月 672万円
4,000円 4,000円 x 8時間 x 20日 x 12ヶ月 768万円

日本の薬剤師の平均年収が530万円であると言われているので、時給2,800円の求人が出ていれば、年齢に関わらず薬剤師の平均月収を稼ぐことが出来る計算になります。

時給4,000円ともなると、年収768万円とかなりの高収入で、このランクになるともはや管理薬剤師の年収を越してしまいます。

そのため、派遣薬剤師の年収が低いということはよっぽど時給が低くない限りはありません。

派遣薬剤師の需要は高いの?

薬剤師自体が供給過多になってきていて、飽和状態なるかも言われて久しいのですが、実際に本当に飽和したときに派遣薬剤師に需要はあるのでしょうか。

年収が高いとはいえ、需要が無くなっては仕事はできませんよね。

ここでは派遣薬剤師の需要についてご紹介していきます。

募集が限定的になってくる可能性も

インターネットで検索をかけた時に出てくる条件は限定的になってくる可能性があるかもしれません。

というのも、近年薬剤師の需要が飽和してきていると説明しましたが、具体的に言うと、都市部では需要が飽和してきていて、田舎では供給が追いついていない状態になっています。

つまり、都市部では人は足りているのに、田舎では全く人が足りていないというのが、日本の薬剤師の現状です。

そのためネットで求人を調べてみても、もしかしたら、田舎の求人しか無くなってしまうということも考えられます。

自由度の高さは維持される

派遣勤務の募集がかかっているような職場は必ずどこでも薬剤師が不足していることが多いです。

例えば、午後勤務の薬剤師を募集していたのに、午前勤務を希望している派遣薬剤師が応募してきたとします。

普通に人がそこそこ足りている薬局であれば、こういうケースは断ることがほとんどなのですが、人が足りていない場合は、正社員の勤務時間を調整して、派遣社員を雇ってくれることも非常に多いです。

これは、曜日単位で希望を出すときも同様ですが、人手不足の職場では比較的自由度の高い働き方を維持することが可能なのです。

派遣薬剤師のメリット・デメリット

ここでは派遣薬剤師として働く上での、メリットやデメリットについてご紹介していきます。

メリット

① プライベートに時間を割きやすい

まず、シフトが非常に自由なので、プライベートなことに時間を割きやすいことがメリットとしてあげられます。

正社員として働くのであれば、必ず決められた時間に働かなくてはなりませんが、育児や家事で忙しい子育て世代のママ薬剤師さんであれば、まとまった時間をとって働くのはなかなか難しいですよね。

その点、自由にシフトを組んで働くことが出来る派遣薬剤師は、とても柔軟性のある働き方をすることが出来ます。

② 基本的に残業がない

基本的に残業がないということも、とても大きなメリットなのではないでしょうか。

通常ドラッグストアや薬局で働く場合には、薬品の発注や整理などの関係で、サービス残業させられることも少なくありません。

しかし派遣薬剤師の場合には、時給で働いており、タイムカードでしっかりと業務時間が管理されるので、働いた分の給与はしっかりと払われます。

雇用する側も派遣薬剤師の時給が高いことを知っているので、あまり残業させたくないということもあって、派遣薬剤師は定時で上がりやすいのです。

③ 様々な職場を経験することが出来る

また派遣薬剤師の特徴として、契約期間が存在するので、一定の周期で職場が変わります。

そのため、様々な場所で働くことができるので、色々な経験を積むことが出来ます。

また、ある程度派遣薬剤師として働いた後、そろそろ安定した職場で働きたいと思った時に、以前働いたことのある職場の中から働く会社を選ぶことが出来るという点も非常に魅力的です。

普通に転職する場合は、職場の雰囲気などは何となく掴めますが、実際に働いてみてから転職先を決めるということが基本的に出来ません。

この点、派遣薬剤師の場合は、一度働いているので、どんな雰囲気で働けるのか分かるので、ミスマッチを防ぐことが出来ます。

転職を考えている方は、一旦派遣薬剤師を少し経験してから、転職活動をするのも悪くないかもしれません。

④ 福利厚生は正社員並み

「派遣社員なんてどうせ福利厚生は保証されてないんでしょ?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこれ大きな間違いなんです。派遣薬剤師は正社員と同等の福利厚生サービスを受けることが出来るようになっていて、派遣薬剤師の福利厚生は派遣された職場先ではなく、元の派遣会社が定めています。

そのため、育休や産休もしっかり取ることが出来ますし、契約期間によっては有給休暇を取ることも可能です。

また薬剤師の求人市場は安定しているため、派遣切りにあう可能性も少なく、安心して勤めることが出来ます。

デメリット

① 契約期間が存在する

一方で、派遣薬剤師のデメリットとしては、まず契約期間が存在することが挙げられます。

どんなにいい職場であろうと、「同じ場所に長時間勤めることが出来ない」というのは、大きなデメリットです。

派遣薬剤師の勤務時間は原則1年と定められていて、派遣薬剤師は基本的に1年に数回職場を変えなければいけないのです。

ある程度仕事を覚え始めた頃にいつも転勤となってしまうと、いちいち一から仕事を覚えなくてはならないので、少々面倒ですよね。

また、人間関係的にもせっかく仲良くなったのに、これも一から作り直さなくてはいけません。

② 業務が忙しい

派遣薬剤師が時給であることは、すでに述べたとおりですが、実は高時給には裏があるんです。

確かに残業などは少ないかもしれませんが、派遣薬剤師が必要とされているということは、それだけ人手が足りていないということです。

業務が忙しいことは頭に入れておきましょう。

また派遣薬剤師の給料が高いことは、同じ職場で働いている薬剤師も知っています。

そのため、正社員からも「高い給料貰っているんだから、このくらいやってよ!」という態度を取られ、冷たい目で見られることも少なくありません。

どんな人が派遣薬剤師におすすめ?

派遣薬剤師には、以下のような人が向いています。

① ママなので働ける日時に制限がある

派遣薬剤師さんで1番多いのがやはりママ薬剤師さんです。

家事や育児が大忙しなママさんは、どうしても正社員として働いていると、育児に集中できなかったり、家事にまで手が回らなかったりといったことが多いです。

その点時間を自由に使うことが出来る派遣薬剤師さんは働ける曜日や日時を自由に選ぶことが出来るので、とても便利です。

② プライベートを充実させたい

仕事よりも趣味を充実させたいという人に派遣薬剤師はピッタリです。

薬剤師の市場が一向に都市集中を続ける限り、薬剤師の需要は減ることはないので、派遣薬剤師の給料が下がることはありません。

自分の時間もしっかり取れますし、がっつり稼ぐことも出来るので、とってもおすすめの働き方です。

③ とにかくお金を稼ぎたい

お金がとにかく必要だからとにかくお金を稼ぎたいという人にもとってもおすすめしたいのが、この派遣薬剤師という働き方です。

勤務先は人手が基本的に足りていいないので、たくさんシフトに入ってくれる分には非常に喜ばれますし、残業代もしっかりと払われるので、とても効率よくお金を稼ぐことが出来ます。

④ とにかく多くの職場を経験したい人

派遣薬剤師の方の中でも、「とにかくいろいろな職場で働いて見たい」という人は非常に多いです。

職場がころころ変わってしまうことは、基本的にデメリットと捉えられがちですが、いろいろな職場を見てみたい人にとってはメリットにもなります。

1つの職場に長く留まるのではなく、いろいろな職場を見てみてから長く働ける職場を決めたい人には、派遣薬剤師はピッタリなのです。

派遣薬剤師になって柔軟なライフスタイルを!

今回は、派遣薬剤師について、そのメリット・デメリットについてご紹介してきました。

「派遣」と聞くと、「安定しない」、「給料が低い」など、あまりいいイメージを持たない人が多いのですが、薬剤師の場合、派遣の方が稼げることもありますし、福利厚生もしっかりと保証されているので、柔軟な働きかたを実現することも可能です。

特に子育て世代の女性の方は、派遣薬剤師になった方がメリットが大きいことも多々あります。

あなたも派遣薬剤師になって柔軟なライフスタイルを確立してみてはいかがでしょうか。