主婦・ママ薬剤師必見!家庭と仕事を両立できる働き方を紹介します

「薬剤師資格を持っているから子どものために復職したい」

「子どもも大きくなったしせっかくだから資格を生かして転職したい」と考えているそこのあなた。

薬剤師として働きたいけれど家庭と仕事を両立できるか不安に感じてはいませんか?

実は主婦・ママ薬剤師として活躍している人の中には、きちんと両立できている人が多いんです。

しかも主婦・ママ薬剤師として働くのは、普通にパート等で働くよりもメリットが大きいんです。

そこで今回は、主婦・ママ薬剤師として働くことを検討している皆さんに向けて、メリット・デメリットや家庭と仕事を両立する方法を徹底的に解説していきます。

主婦・ママ薬剤師での転職はメリットたくさん

主婦・ママ薬剤師で転職活動をするのは、実は非常にメリットが大きいんです。

主婦・ママ薬剤師で転職活動をするメリットは、以下の3つです。

  • 普通のパートよりも時給が高い
  • 時短勤務も選択しやすい
  • 転勤がないので家族に迷惑が掛からない

以下で詳しく解説していきます。

普通のパートよりも時給が高い

薬剤師の求人は通常のパートよりも時給が高いことで知られています。

通常スーパーやコンビニのパートの場合、地域の最低時給に設定されていることも多いです。

高いところで東京が1時間1000円程度、地方の場合800円程度とかなり地域差があります。

一方で薬剤師求人の場合、時給2000円の求人も多く、資格を持っているなら普通のパートの2倍稼ぐこともできるのです。

時間給でも稼げる金額に違いが出てきますので、短時間でバっと稼ぎたい方にお勧めです。

時短勤務も選択しやすい

主婦・ママ薬剤師が復職することで、時短勤務も選択しやすくなります。

主婦・ママ薬剤師が働ける求人は、パートタイムの求人が多いです。

子どもが幼稚園や学校に行っている間にちょっと働くなど、自分で好みの働き方を選択しやすくなります。

時短勤務をしても時給は高いので、家計を支えることも可能です。

転勤がないので家族に迷惑が掛からない

薬剤師は基本的に店舗に所属して、地域の患者さんの医療を担います。

転勤がありませんから、家族に迷惑が掛からないメリットがあります。

主婦・ママ薬剤師が転職するデメリット

主婦・ママ薬剤師が転職するデメリットは、以下の2つです。

  • 人気の時間帯が既に人員が埋まっている可能性がある
  • 時給が高いので扶養範囲内で働けない可能性がある

以下で詳しく解説していきます。

人気の時間帯が既に人員が埋まっている可能性がある

主婦・ママ薬剤師が働ける時間は、子どもが学校・幼稚園に行っている時間がほとんどです。

そのため同じ条件で求人を探している薬剤師も多く、働きたい時間帯の求人が既に埋まっている可能性もあるのです。

時間を外しての勤務を選択するか、条件を変えて他の薬局で転職するかを選択することになります。

必ずしも希望した条件で働けるとは限らないので、注意が必要です。

時給が高いので扶養範囲内で働けない可能性がある

薬剤師の求人は時給が高い傾向にあるので、扶養範囲内で働けない可能性もでてきます。

通常のパートの倍稼げることもありますから、時間を調整しないと旦那さんの扶養内で働くのが難しくなってしまいます。

扶養内で働けないとなると、旦那さんの扶養手当が外されてしまったり、税金を自分で支払うことになります。

扶養範囲内で働きたい場合には、勤務時間を調整する必要があるので、注意が必要です。

小さい子供がいると正社員での転職は難しい

主婦・ママ薬剤師の場合、小さい子供がいると正社員での転職活動は難しくなります。

正社員転職の場合、フルタイムでの出勤が求められます。

また子供が体調を崩した時に途中で早退するのも、職場によっては難しくなることも多いです。

子どもがある程度の年齢にならないと、正社員でフルタイムで働くのは難しくなりますので、注意が必要です。

しかしパートから正社員に転向できることもあるので、働き方次第でキャリアアップできる可能性があります。

主婦・ママ薬剤師が転職で仕事と家庭を両立するコツ

主婦・ママ薬剤師が転職をするうえで気になるのが、転職に成功したとしても仕事と家庭を両立できるか、といった点でしょう。

主婦・ママ薬剤師が転職で仕事と家庭を両立するコツは、以下の通りです。

  • 家族の理解を得る
  • 主婦に人気のない時間帯の求人を狙う
  • 優先する条件を決めておく
  • ブランクがあるなら事前に勉強を徹底する
  • 調剤薬局・ドラッグストアなど残業の少ないところを狙う
  • 薬剤師専門の転職エージェントを利用する

家族の理解を得る

まずは働くことに対して家族からの理解を得ることが重要です。

家族からの理解を得られないと、働いていることに文句を言われてしまったりすることもあり、家庭内のトラブルに発展する可能性もあります。

事前に働く事に理解を持ってくれているかをよく話し合って、確認しておくことをおすすめします。

主婦に人気のない時間帯の求人を狙う

時間的に余裕があるなら、主婦に人気のない時間帯の求人を狙うことをおすすめします。

人気の時間帯は10時から15時の、子どもが学校にいっている時間帯です。

お子さんがもう鍵を持たせられる年齢なのであれば、遅番の時間を狙ってみるのもいいでしょう。

ドラッグストアの中には夕方から夜に働ける人材を求めていることもありますから、試しに探してみてください。

優先する条件を決めておく

転職で優先しておきたい条件を決めておくことも大切です。

働く場所を優先させたいのか、労働時間を優先させたいのか、融通が利くのを優先させたいのかをよく検討しておくことをおすすめします。

主婦の求人は競争率が高いこともありますから、ある程度条件に妥協しておかないと、転職先が見つからない可能性もあるのです。

条件に順位付けをしておいて、転職の際の判断材料にしましょう。

ブランクがあるなら事前に勉強を徹底する

薬剤師としてブランクが一定以上あるなら、事前に勉強を徹底することをおすすめします。

薬剤師は知識量が求められる職業ですので、離職している間にも新しい常識が更新されている可能性があります。

転職後に勉強しようとすると、時間が上手く取れずに結果的に仕事と家庭を両立できなくなってしまいます。

転職する前に事前に勉強を徹底して、転職先をうまく見つけられるようにしておきましょう。

調剤薬局・ドラッグストアなど残業の少ないところを狙う

調剤薬局やドラッグストアなどの残業の少ないところを狙うことも、主婦・ママ薬剤師にはおすすめです。

営業時間があらかじめ決められているところであれば、受付時間外に患者さんが来ることもありません。

また残業が少ないことで、子どもとの時間も十分にとれる可能性も高くなります。

調剤薬局・ドラッグストアを中心に求人を探してみてください。

主婦・ママでも薬剤師の資格を生かして転職先を見つけよう

いかがでしたか?

主婦・ママでも薬剤師の資格を生かして、転職することは可能です。

せっかくの国家資格を生かせば、普通にパートするよりも稼げる可能性が高くなります。

ただし家庭と仕事を両立する為にも、事前に家族の了承は取っておくことをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件