30代の薬剤師は転職で有利?年収アップのポイントと転職先の選び方

30代薬剤師の転職

30代くらいの薬剤師の方で、「薬剤師としてそろそろ経験することも一通り経験できたし、キャリアアップのためにそろそろ転職しようかな・・・」と思っている方は少なくないのではないでしょうか。

薬剤師の中でも、30代は特に転職が多い年代であることは知られています。

女性であれば、結婚・出産を考える時期ですし、男性であれば年収をあげるためにキャリアアップを図っていく時期であることも理由として挙げられます。

そこで今回はキャリアを考える上で、重要な時期に転職に失敗することの無いように、30代薬剤師の転職は有利なのか、また、年収アップのポイントや転職先の上手な選び方などをご紹介していきます。

30代の薬剤師によくある転職理由4選

薬剤師においては30代が特に転職が多い年代です。

そこで以下では30代の薬剤師が転職理由として挙げる主な理由を紹介します。

1. 単純に年収を上げたい

こちらは男性に非常に多い理由です。30代はライフステージが変わる年齢であると言われています。

男性であれば、結婚して家庭を持ち、子供ができると、「今のままの年収で果たして家族を養えるだろうか・・・」と不安に思う方も多いです。

中には、子供の学費を稼ぐために期間を区切って単身赴任で出稼ぎに出たりする人もいたりします。

また30代はキャリアの中で、1番自分の年収を上げやすい時期でもあります。

20代で積んできた経験が活きてきて、転職で一気に年収をあげ、キャリアアップに成功する人と、20代の経験があまり評価されずに、転職してもそこまで給与が上がらない人も多くいます。

30代で年収をアップさせるためにも、ぜひとも20代のうちにたくさんのことを経験しておくといいでしょう。

2. 職場での人間関係に疲れた

比較的大きい薬局で働いている方であれば、局内での異動で人間関係の悩みが清算されることがありますが、大半は小規模な薬局で働くことが多いため、職場の人間関係に悩んでしまう人も多くいます。

そのため、20代は我慢して働いていたけど、そろそろ転職して人間関係に悩まない、風通しのいい職場に行きたい!と思う方が非常に多いです。

3. キャリアアップしたい

前述したように、30代はキャリアの中でも最も転職が多い年代です。

そろそろ、薬剤師として今の仕事も覚えたし、違う職場でより経験を積みたいと思う方も多いようです。

例えば、新卒でドラッグストアに就職し、店舗の回しかたや、OTCの医薬品の知識もついたけど、もう少し調剤の勉強できるところに就職したい!と考えて、調剤薬局に転職を考えるひともいます。

一方で病院薬剤師をやっているけど、もう少し患者とコミュニケーションが取れるところに行きたい!と考えてドラッグストアに転職する方がいます。

自分の学習機会や経験を経て成長し、キャリアアップすることは年収を上げることにもつながり、モチベーションの向上にも繋がります。

40代や50代とは違い、30代はまだまだキャリアを積める時期なので、この時期に挑戦していく人が多いのです。

4. 結婚生活や子育てと両立したい

こちらは女性に非常に多い転職理由となっています。

結婚したり、子供が生まれたりすることが1番多いのが20代後半〜30代前半ですが、これを機会により労働環境や、福利厚生が整った職場で働きたい!と思う女性が多いです。

子供が生まれたら、保育園や幼稚園の送り迎えもあるでしょうし、家事もしなくてはならないので、なるべく休みやすい、勤務時間の少ない職場で働こうとする傾向にあるようです。

中には、パート薬剤師といってよりフレキシブルに働ける働き方を選択する人もいるようで、女性はこの理由で転職する人が非常に多いです。

パート薬剤師でも普通に飲食店でパートをするよりも格段に時給が良いので、配偶者の扶養に合わせて働くことも可能です。

30代はどんな転職先を選ぶべき?おすすめの転職先5選

では、30代はどんな転職先を選ぶべきでしょうか。今回はおすすめの転職先5選についてご紹介します。

1. MR

MRは、簡単に言うと製薬企業の営業担当者のことを指していて、「メディカル・レプリゼンティブ」の略称です。

仕事内容としては、医薬品に関する情報をドクターなどの医療従事者に提供し、医薬品の適正利用を促すことです。

MRは基本的に大手製薬会社に所属することになるため、安定した職場で働くことができます。

また、営業職のため契約を勝ち取れば勝ち取るほど基本給にインセンティブが追加されます。

成績によっては普通に薬剤師として働くよりも高収入を獲得できるチャンスです。

MRは自社の薬の情報を提示し、契約獲得を目指すだけあって薬学の知識があるとより専門的な営業を行うことができます。

特に医療従事者との知識の差が少ないため信頼してもらえる可能性もあります。

薬剤師として勤務後にその知識を生かしてキャリアアップを狙いたい30代の薬剤師には非常におすすめです。

2. 管理薬剤師

薬剤師としてキャリアアップしていくと、薬局の薬剤師を管理する立場である、管理薬剤師を目指すことも可能です。

管理薬剤師の仕事は、薬剤の管理から、薬剤師の管理まで多岐にわたるものです。

医療保険法や、より詳しい薬の知識が必要になるので、一般的な薬剤師よりも年収が高く、仕事の幅が非常に広く、やりがいを感じることもできるので、ある程度経験があるなら管理薬剤師を目指して転職して見るのも良いのではないでしょうか。

ちなみに、管理薬剤師に転職するには最低でも同じ職種での薬剤師の実務経験が3年以上必要なため、管理薬剤師の求人に応募する際には自分が当てはまるかを事前に確認しておくことをおすすめします。

また、調剤だけではなく薬の管理など仕事の幅が多岐に渡るため、責任もその分大きくなります。

管理薬剤師を志して転職したものの責任が自分の身の丈に合わない…と言って辞めてしまう人もいます。

転職する際には自分の経験や能力を洗い出して、自分の身の丈にあっているかどうかを考えることが長期雇用につながり転職を成功させる鍵になります。

3. ドラッグストア

ドラッグストア勤務の薬剤師は、他の調剤薬局や病院勤務の薬剤師と比べても比較的給料が高いことで知られています。

店舗によりますが、ドラッグストアでの薬剤師勤務は収入がアップする確率が高いです。

また、ドラッグストアの薬剤師は店舗営業時間が平均で9:00~22:00です。

上記の時間帯の中で実働時間8時間働けば良いので、残業は少ないと言われています。

ドラッグストアは比較的家の近くにも多く設置されていることが多いので、通いやすさを重視して働くことができます。

4. 調剤薬局

こちらは女性にとてもおすすめの勤務先です。

調剤薬局であれば、割と小規模なことが多いので、激務に追われることも無いですし、薬剤師としての経験をフルに利用しながら、家庭との両立を図ることもできます。

また、病院の開院時間と閉院時間に合わせて営業をしていることが基本なので、朝子供を幼稚園や学校に送ってから仕事に行くことも可能です。

調剤薬局は店舗数が多く求人の掲載も豊富なので様々な職場を比較検討出来ることもメリットになるといえるでしょう。

特に病院勤務の女性の方が、調剤薬局を転職先として選ぶ傾向にあると言われています。

5. 臨床開発

ある程度薬剤師として経験を積んでくると当然、患者さんに接する機会が増えてきます。

患者さんとコミュニケーションを取っていく上で、既存の薬では治らない疾患を抱えている患者さんに出会うことも少なくありません。

そういった時に、新薬の開発に興味を持つ薬剤師の方が多いようで、通常の薬剤師よりも専門的な知識を必要とする現場なので、キャリアアップの1つの方法として考える人も少なくありません。

開発職になると今までの薬剤師の仕事よりもより専門性が高く、拘束時間が長くなりますので家族がいる人はご家族と相談することをおすすめします。

30代薬剤師の平均年収は?

やはり仕事をしていく上で最も重要なのが、年収ですよね。

このタイミングで転職することで、年収をあげる人も非常に多いと言われています。

しかし薬剤師の年収は、職種や経験によって非常に異なると言われていて、勤務先によっても様々です。

今回は、ドラッグストア・病院・調剤薬局・企業製薬会社に勤務している薬剤師の年収相場を見ていきましょう。

30歳 35歳
病院 約390万円 約430万円
調剤薬局 約410万円 約430万円
ドラッグストア 約490万円 約530万円
企業・製薬会社 約550万円 約530万円

病院薬剤師の場合

病院薬剤師は、病院に勤務することになりますので医師や看護師とともに患者の疾患について考えたり、チーム医療を経験することができるので、大きなメリットなのですが、残念ながら他の薬局と比べると年収は低い結果になります。

また人気の病院は新卒の薬剤師で埋まっていることもあり、薬局からの転職は若干厳しいです。

特に大学病院は大学からそのまま登用することが多いので注意が必要です。

調剤薬局薬剤師の場合

薬剤師の半数以上は調剤薬局で勤務していますが、昇給の少なさがデメリットとして挙げられます。

しかし、負担は増えるものの、勤続3年程度で年収が600万円を超えることがしあるので、将来性は非常にあると言えるでしょう。

また、勤務時間も大幅に超過するといったことがないのでライフスタイル重視で転職をして行きたい人には非常におすすめであると言えるでしょう。

ドラッグストア薬剤師の場合

ドラッグストアは、運営する企業が大手であることから、年収は比較的に高いことで知られています。

勤続年数が長くなると、エリアマネージャーや管理職になることもできるので、高収入を得ることも可能です。

しかし、転職となると、その企業の社員としての扱いになるので、調剤以外の業務である、品出しやスタッフ管理などをやることも多く、それ以降のキャリアにあまり繋がらないことが多いことでも知られています。

学習機会を多く設けていきたいと考えている薬剤師には向かないかもしれませんね。

企業薬剤師の場合

企業薬剤師は、製薬会社や医療機器メーカーなどで働いている薬剤師のことを指していて、職種としては、MRやMS、薬事などが挙げられます。

他の業種に比べて確かに平均年収は高いのですが、多くの場合、MR以外への転職は難しいです。

MSや薬事は基本的に新卒から採用されたり採用枠が狭いことが多いのです。

30代の薬剤師が転職を成功させるポイントとは?

① 自分の希望を明確にする

転職で失敗する人の特徴として、自分がどうして転職をしたいのかを明確に出来ていない人が多いです。

30代の転職市場の相場は、年収400〜500万円くらいが相場です。

もしかしたら、転職することで、年収が下がってしまうことがあるのも事実です。

にもかかわらず、「年収600万円以上がいいけど、忙しいのはいや」と言ったように、無い物をねだる人は非常に多いです。

自分は年収が欲しいのか?人間関係が良好なのを選ぶのか?労働環境が辛くないところがいいのかなど、自分が何を1番の軸にして、転職するのかは人それぞれです。

そのため、自分の希望を明確にし、自分の軸を作っておくことで、転職先の選び方にも一貫性を持たせることができるので、是非とも自分の希望は明確にしておきましょう。

② 入社後のフォローがある手厚い企業を選ぶ

2番目のポイントとしては、大手企業を選ぶことです。

転職者の方は初めて働くのであれば、大きいところで色んな業務を覚えなければならないところよりも、業務が楽にできる企業を選択する方がいいのではないかと考えがちなのですが、この考えは若干危険です。

転職未経験であれば、入社後のマニュアルやフォローが充実している大手企業選んだ方が、転職後の業務がスムーズに行えます。

小規模な薬局だと、あまりこう言った体制が充実しておらず、苦労することも多いので、転職する際は大手に勤めることをお勧めします。

③ 転職サイトに登録する

薬剤師として転職するのであれば必ず転職サイトに登録するようにしましょう。

なぜかというと、転職サイトを利用することで、転職コンサルタントに転職先について、相談することが出来ますし、面接対策などをしてもらうことも可能です。

特に転職未経験の方は、「転職自体も大変」ですが、「転職した後も」大変です。転職コンサルタントは転職後のフォローも行なっているので、とても安心感が強いです。

薬剤師の転職を考えるのであれば、必ず、転職サイトに登録するようにしましょう。

④気になる求人の職場見学は積極的に参加しよう

薬剤師の転職サイトを利用して求人に応募すると、面接前に職場見学を行える場合があります。

職場見学の主な目的は「求人情報に掲載されていないような現場の状況の確認」です。

サイトに掲載されている求人の職場状況はあくまで文章や写真のみの情報です。

その情報が本当かどうかは実際に見てみないとわかりません。

求人に応募後に職場見学ができるかどうかを交渉してみることをオススメします。

中には「うちは職場見学ができない」といって断ってくるところもあります。

そういう職場は「なにか見せられない事情がある」から見学を断っている可能性がありますので求人上の情報に嘘がある可能性があります。

職場見学を断ってくるような職場は応募を辞退するようにしましょう。

30代でも薬剤師の職務未経験でも転職はできる

薬剤師への転職を考えている30代の中には、薬剤師としての業務経験がないが国家資格は取得しているという人は少なからずいることでしょう。

実は薬剤師は職務を未経験でも転職が可能です。

そもそも薬剤師の資格は薬科大学に通って厳しい試験を突破しなければ取得できない難関資格です。

難関資格な上、薬剤師が不足している状況が続いているため、常に人不足の状態なのです。

そのため、職務未経験からの薬剤師転職は歓迎される傾向にあります。

しかし、病院専属の薬剤師や企業専属の薬剤師は新卒を採用する傾向にありますので30代での転職は難しいと考えてください。

逆に調剤薬剤師やドラッグストアの薬剤師は、職務未経験の30代でも歓迎される傾向にありますので狙い目です。

薬剤師の求人が増える時期は職場ごとに異なる

実は薬剤師にも求人が増加する旬の時期が存在します。

この時期に求人を検索すると30代の薬剤師のライフステージにあった求人が見つかるかもしれません。

時期は以下の通りです。

  • 4月~5月 調剤薬局・ドラッグストア・企業薬剤師
  • 1~2月 病院薬剤師

企業に所属することになる調剤薬局・ドラッグストア・企業薬剤師は、年度や人材の更新される4月~5月に新規求人が集中することになります。

一方で病院の薬剤師は年明け頃から新規求人が増えてきます。

この時期に更新される求人の中には、レアな職場の求人が紛れていることもあるようです。

急いだ転職ではなくじっくりと自分に合った職場や、好条件の職場を見つけたい30代の薬剤師はこの時期を逃さずにチェックすることをオススメします。

30代の薬剤師におすすめの転職サイト上位3位を紹介

では、30代の薬剤師にオススメの転職サイトは何がいいのでしょうか。

今回は大手の薬剤師転職に強いサイトをいくつかご紹介していきます。

1位薬キャリ

薬キャリ

企業薬剤師求人数1位の薬剤師転職サイトの大手です。

実績もあるサイトなので、病院とのコネクションが強く、転職の様々な事情に詳しいので、とても安心できます。

病院に所属したい薬剤師や調剤薬局への転職を希望する薬剤師には特におすすめの転職サイトといえます。

薬キャリの詳細ページ

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

リクルートと並んで転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サービスです。マイナビ薬剤師は面談に力を入れており、親身にアドバイスをくれることに定評があるので、転職に不安が大きい方にはとってもおすすめです。

マイナビ薬剤師の詳細ページ

3位リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

人材紹介業界最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトです。

他業界の転職でも大きな実績をあげているリクルートは優秀なコンサルタントを抱えているので、初めて転職する方はリクナビ薬剤師に登録してみるのをおすすめします。

様々な職場の求人を取り揃えていますが、特にドラッグストア勤務の求人に強いと言われていますので、ドラッグストア勤務希望の方は是非利用してみてください。

リクナビ薬剤師の詳細ページ

30代の転職はキャリアの転換期だからこそ早めに行動しよう

薬剤師にとって30代はキャリアの転換期です。この時期にどんなところに転職するかでその後のキャリアが決まってくるので、是非とも安易に選ぶのではなく、将来のことを考えて、転職先を選ぶことが重要です。

女性であれば、結婚や出産によって生活が変化し働き方を見直す必要が、男性であれば30代以降の給与やキャリアアップのために現状を見直す必要があります。

そのため、転職を検討する前に自分がどのようなキャリアを形成していきたいかを明確にしておくことが重要になります。

また、30代を過ぎて40代以降に転職をするとなると年齢の壁や、業務に慣れるまでに時間がかかるなど障壁が大きく転職の難易度が上がっていきますので、30代のうちに転職活動を行うようにしましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件