40代の薬剤師が転職で注意すべき点と成功するためのコツ

40代薬剤師の転職のコツ

「40代で転職を考えているけど、転職先はあるのだろうか」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

薬剤師は売り手市場のため、40代であっても転職は難しくありません。

ですが、転職の目的をしっかり確認しておかないと転職後に「転職しなければよかった」と後悔してしまうかもしれません。

40代薬剤師が転職するときに注意することと転職を成功させるためのコツをご紹介します。

40代の薬剤師転職は難しい?40代薬剤師の転職状況

20代や30代での転職と違い、「40代での転職は不利になるのでは?」と考える人は多いかもしれません。

ですが、「薬剤師が国家資格であること」や「慢性的な人材不足であること」が理由で40代であっても売り手市場です。

一般的に40代で転職する場合は年収が下がることが多いですが、薬剤師は転職で年収が下がるということはほとんどなく、転職前と同じくらいの年収をキープできるか年収アップするケースが多いのです。

正社員であれば年収400万円から600万円の求人が多く、パートであっても時給が2,000円以上の求人が多いので基本的には40代でも年収面で不利になることはないでしょう。

ただ、病院薬剤師の年収は他の業種の薬剤師に比べて年収が低めです。

企業薬剤師やドラッグストア、調剤薬局から病院に転職する場合は年代にかかわらず年収が下がる可能性があります。

企業MRや開発職として働いていて、40代になって「調剤業務を経験してみたい」と考える人も多いです。

調剤未経験から調剤業務のある職場に転職したい場合でも、転職する業種を選べば40代でも転職は難しくありません。

常に人手不足であるドラッグストアや調剤薬局であれば調剤未経験でも問題なく転職できるでしょう。

特に、大手ドラッグストアや調剤薬局では研修制度が充実しているので、40代の調剤未経験でも1から調剤業務を勉強して働くことができます。

資格は持っていても何らかの理由で40代まで薬剤師として働いたことなく、薬剤師未経験から薬剤師に転職したい場合もドラッグストアや調剤薬局であれば薬剤師として転職ができます。

経験を重視する製薬会社などの企業や病院への転職は難しいので、40代薬剤師未経験であれば比較的に転職がしやすいドラッグストアや調剤薬局に絞った方がいいでしょう。

【転職の理由別】40代薬剤師の転職先の選び方とおすすめの転職先

「職場の人間関係が悪いので転職したい」、「年収に満足できていないので年収がいい職場に転職したい」など、40代薬剤師が転職したい理由は人それぞれです。

また、それぞれの転職理由によって選ぶべき転職先も変わります。

せっかく転職をするなら後悔のない転職をしたいですよね。

40代の薬剤師が転職で後悔しないために、転職先の選び方とおすすめの転職先をご紹介します。

年収アップを目指す場合

薬剤師の年収のピークは50代前半なので、年収に満足していない場合は40代のうちに転職を考えた方がいいでしょう。

年収アップするためには業種を変える方法、業種は同じでも年収が高い職場に転職する方法があります。

病院薬剤師は他の業種の薬剤師と比べて年収が低い傾向にあります。

病院内で役職に就く見込みがないようであれば年収アップは難しいです。

病院薬剤師として働きたいというこだわりがある場合は、役職付きの求人や年収が高い求人を探して他の病院に転職しましょう。

「病院以外でも年収がアップするならいい」という場合であれば、年収が高い傾向にあるドラッグストアや個人調剤薬局への転職がおすすめです。

また、地方の調剤薬局では人材確保のために驚くような好待遇で求人を出している薬局もあるので、地方に引っ越しても問題ないのであれば地方薬局を検討してみるのもいいでしょう。

ドラッグストアや調剤薬局の薬剤師が年収アップを狙うのであれば、管理職を募集している職場に転職して年収アップしたり、人手を確保するために年収設定を高くしている個人薬局や地方薬局へ転職しましょう。

MRなどの企業薬剤師は年収が高いですが、40代から企業薬剤師への転職は厳しいのが現状です。

40代でドラッグストアや調剤薬局薬剤師から企業薬剤師になるのであれば、転職サイトでコンサルタントに相談しながら求人を紹介してもらうのがおすすめです。

調剤未経験で薬剤師になる場合

MRや開発など企業薬剤師として働いていたけれど、薬剤師になったのだから「調剤業務をやってみたい」と思う人も多いと思います。

40代で調剤未経験から調剤業務のある職場に転職する場合には、研修制度が充実している職場を選びましょう。

大手ドラッグストアや調剤薬局は研修制度が充実しているので、調剤未経験でも働くことができます。

大手ドラッグストアや大手調剤薬局は店舗拡大で人材不足の会社が多いので、調剤未経験でも内的が決まりやすいとされています。

やりがいを求める場合

クリニックや専門病院の門前薬局では扱う薬品の数も少なく、処方箋数も少ないです。

薬剤師として幅広い薬を扱いたい、スキルアップしたいなどやりがいを求めて転職を考えることもあるでしょう。

やりがいを求めるなら、病院や総合病院の門前薬局への転職をおすすめします。

病院薬剤師であれば、調剤業務だけでなく製剤業務、注射調剤業務、治験業務など様々な業務を経験できます。

ですが、1つの病院で様々な経験ができるとなると、ある程度規模の大きい病院や急性病院が対象になります。

病院勤務経験がある薬剤師であればこういった病院に転職ができる可能性も高くなりますが、求人自体が少ないので病院未経験の40代薬剤師が病院に転職するのは難しいです。

ただ、慢性期病院であれば求人が比較的多いので、病院に転職したい場合は慢性期病院の求人をチェックするといいでしょう。

総合病院の門前薬局は処方箋の数が多く、取り扱う薬品の数も多くなります。

そのため、クリニックの門前薬局よりは経験できることが増えるので、やりがいを求める人にはおすすめです。

総合病院の門前薬局は大手調剤薬局が運営していることが多いため、研修制度も充実しており、薬剤師としてブランクがある場合でも働きやすい環境といえます。

薬剤師におすすめの転職サイト比較ランキング【2018年】

40代薬剤師はどれくらいの年収を目指すべきか?

薬剤師は業種によって年収が異なります。

40代のドラッグストア薬剤師の平均年収は600万円から700万円、40代調剤薬局平均年収は約700万円、40代病院薬剤師の平均年収は500万円ほどです。

病院薬剤師は薬局長などの役職につけば年収が800万円ほどになりますが、役職につかなければ他の業種と比べると年収は低めです。

MRなどの企業薬剤師の平均年収は大手企業であれば1,000万円をこえることもあります。

企業薬剤師を除けば、役職なしの40代薬剤師は600万円ほどもらえていれば一般的といえます。

役職付きであれば800万円を超えることもありますよ。

転職において「年収」にこだわる場合以外は、「定年まで働ける職場であるか」、「プライベートも充実できそうか」、「薬剤師としてスキルアップできそうか」など、自分の転職の目的に合った転職先であるかどうかが一番重要です。

もちろん平均より下回る年収の場合は問題ですが、長く働き続けるためには年収よりも「自分の希望条件に合っているか」を確認することが重要です。

できるだけ年収が高い職場に転職したいと思う人は多いと思いますが、他と比べて年収が異常に高すぎる場合は注意しましょう。

離職率が高い職場は人材確保のために給与設定を高めにしていることがあります。

離職率が高いということは何かしら問題を抱えている可能性があるので、そういった職場は転職サイトに登録して内部情報を確認してから転職しましょう

40代薬剤師の転職でのアピールポイント

40代薬剤師が転職する際には、薬剤師としての経験やスキルをアピールしましょう。

管理職経験があれば、調剤業務以外にもスタッフの監督や薬品管理などの経験があるので良いアピールになります。

40代で未経験業種に転職する場合でも、薬剤師としての経験や謙虚に学ぶ姿勢をアピールすれば好印象を与えられるでしょう。

40代薬剤師の志望動機・自己PRの例

40代薬剤師はどのような志望動機や自己PRを書けばいいのでしょうか?

志望動機では、薬剤師として働いてきた経験と転職希望する職場でどのように働きたいか、魅力だと感じたポイントなどを盛り込みましょう。

自己PRでは、薬剤師として働いている理由や薬剤師に向いている理由などを詳しく説明できるといいですね。

40代薬剤師の志望動機と自己PRの例をご紹介します。

病院から調剤薬局に転職を希望する場合の志望動機の例

病院薬剤師として10年働き、製剤業務、注射調剤業務などを経験しました。

貴社の患者さんとの密なコミュニケーションに惹かれたので志望させていただきました。

産休や育児休暇が取得可能であることも志望の理由の一つでございます。

薬剤師の自己PRの例

患者さんの病気の治癒に貢献したいと思い薬剤師の仕事をしております。

作業に没頭できる性格なので、この仕事には向いていると思います。

コミュニケーションを取るのが好きなので、患者さんに薬の使用法を説明することも問題なくできると思います。

転職できない40代薬剤師の特徴

薬剤師は売り手市場なので40代でも転職は難しくありません。

ですが、なかなか転職ができない40代薬剤師がいるのも事実です。

では、転職ができない理由はどのようなものでしょうか?転職ができない40代薬剤師の特徴をご紹介します。

求人が少ない業種にこだわる

求人が少ない業種への転職にこだわりすぎる40代薬剤師は転職先が見つかりにくいです。

企業薬剤師や病院薬剤師は新卒を採用する傾向が強く、中途採用の求人はとても少ないのです。

これらの業種は体力勝負であるため、中途採用をする場合でも40代薬剤師よりも20代や30代の体力的に余裕がある薬剤師を採用するケースが多いようです。

どうしても求人が少ないような業種に転職したいという強い思いがあれば、何度でもチャレンジするのもいいですが、転職の可能性が低いということは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

求人が極端に少ない業種の求人は自分で求人情報を見つけるのはとても難しいです。

応募者が多い人気の求人は転職サイトが非公開求人として保有している場合が多いので、転職サイトで希望条件を伝えて求人が出たらすぐに連絡をもらえるようにしておくといいでしょう。

年収アップにこだわる

年収アップにこだわりすぎる40代薬剤師も転職できない可能性が高くなります。

年収アップを理由に転職を考えるのもいいですが、薬剤師としての経験やスキルによってもらえる年収はだいたい決まってしまうものです。

経験やスキル以上の年収が欲しいと考えて高年収の求人ばかり追い求めていても、書類選考や面接でうまくいかず内定に結びつかないということになりかねません。

複数の転職サイトに登録してみて、紹介される求人の想定年収が同じような金額であれば、「自分の経験やスキルでは、このくらいの年収が妥当だろう」と割り切ることも必要です。

複数の転職サイトで様々なコンサルタントと会うことで、自分がどのくらいの年収の求人の応募できそうかを客観的に判断しましょう。

薬剤師の転職でよくある失敗と後悔する人の特徴!

40代薬剤師は転職先を慎重に選ぼう

薬剤師であれば、40代でも転職は十分に可能です。

ですが、重要なのは転職後に後悔しないような満足のいく転職先を見つけらえるかどうかですよね。

定年まで長く働くことを考えると、自分の希望条件にぴったりあった転職先を見つけるのが大切です。

年収アップできる職場に転職したいのか、土日休みが取れる職場に転職したいのか、やりがいを求めて転職をするのかなど、転職する理由をはっきりさせておくことが40代の転職で成功するコツです。

また、40代薬剤師は20代や30代よりも応募できる求人は少なくなるので、求人情報を逃さないためにも複数の転職サイトに登録し、信頼できるコンサルタントに相談しながら転職活動を進めるのがおすすめですよ。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件