企業薬剤師へ転職するコツと失敗しない転職先選びのポイント

企業薬剤師へ転職

薬剤師が働く職場として挙げられることが多いのが、調剤薬局やドラッグストア・病院の3種類かと思います。

しかし、実は薬剤師が働ける場所は医療機関だけではありません!医療・医薬系の企業でも新薬の開発などに携わって働いている、企業薬剤師という存在がいるんです。

そこで今回は、なかなか普段耳にすることがない、企業薬剤師について具体的な年収や仕事内容などについてご紹介していきます。

企業薬剤師の種類

企業薬剤師とは、企業に勤める薬剤師のことを広義の意味で指しているのですが、企業薬剤師といっても、色々な種類があります。

ここでは、企業薬剤師の種類とその内容についてご紹介していきます。

開発職

まずは開発職についてです。開発部門は、製薬会社や、化粧水、食品メーカーなどの企業や治験受託開発機関などに所属して、新しい薬をつくることに携わることができる仕事です。

具体的には開発段階の薬の試験結果をとったり、副作用などを調べて発売することを目指します。

薬学系の学生から最も人気が高いのが、「武田薬品」、「アステラス製薬」、「第一三共」といった新薬の開発に携わる研究職です。

開発職は薬学についての幅広い知識が必要となる職業なので、全く開発職が未経験の状態から転職することは難しいでしょう。

そのため、本気で開発職につきたいのであれば、なるべく新卒から開発の現場に就職することを心がけましょう。

学術職

学術職は主に自社の商品をMRや医療関係者に伝える仕事のことで、例えば、医師や薬剤師が薬について何かわからないことがあった時に、コールセンターに電話することがあると思います。

その時に、医師や薬剤師に対して薬の説明などの対応を行うのが学術職の仕事です。

また、コールセンター以外の業務でも、医薬品に関する広告などに対して書類を作成するメディカルライター、新薬の申請を行う仕事も学術職ということが出来ます。

ただそこまで年収が高いわけではないので、あまり人気がなかったりすることがあるのも事実です。

管理薬剤師

これは調剤薬局や、ドラッグストア、薬品管理倉庫など、医薬品を扱う場所には必ず管理薬剤師を置かなければならないという決まりがあります。

管理薬剤師の仕事内容は、勤務する場所によって大きくことなるのですが、例えば調剤薬局やドラッグストアの薬剤師はその職場の薬剤師をまとめて職場のオペレーションを回すことが主な業務ですが、企業内の管理薬剤師の場合、薬品の品質管理や在庫管理をまとめて行うこともあります。

ただやはり若いうちは、管理薬剤師として働くことは比較的難しいです。

やはりある程度の経験を積んだ薬剤師にしか管理薬剤師は務まらないですし、管理職なので当然年収も高いです。

品質管理の薬剤師

品質管理の薬剤師の仕事は、企業薬剤師の職種の中では、割とよく見かける職種で、主に製造された医薬品の品質基準が守られているかどうかを管理しています。

また製造された医薬品そのものだけではなく、原料や製造過程などあらゆる面から基準を満たしているかどうか確認する業務もあります。

品質管理の仕事が会社内で目立って評価されることはないかと思いますが、患者さんが使う医薬品の安全性を担うことは社会に役立っているという実感が湧き、やりがいを感じることが出来る仕事です。

年収は一般的に500〜600万程度と言われていて、勤続年数が長い場合は、さらに高い年収を得ることも可能でしょう。

企業内診療所の薬剤師

大企業では、企業に勤める社員が社内で使うことのできる診療所を設置していることが多々あります。

このような企業診療所にも薬剤師がいて、調剤や薬の管理などを行っています。

企業診断士自体はそれほど数が多くないので、就職するのは非常に難しいでしょう。

企業内にある診療所なので、ただ、処方箋通りに処方するだけではなく、社員の健康に対してワンポイントアドバイスをしたり、社員のことを1番に考えて仕事しなければなりません。

ただ普通の調剤薬局と比べて、一日に来る患者数がそこまで多くないので、プライベートは充実させやすいでしょう。

研究職の薬剤師

研究職の仕事は、大手の製薬会社や食品メーカー、化粧品メーカーなどに勤めて新しい医薬品について研究することが仕事です。

新薬が開発され、特許を取ることができれば、会社にとっては莫大な利益を得ることが出来るので、そういった会社にとっては中心ともなる部署です。

また、自分が研究した商品が世に出て、多くの人の病気を治すことが出来るかもしれないというやりがいを感じることが出来る職場でもあります。

ただ研究職を目指すとなると、6年制の薬学部を出た後、大学院に行き、博士課程を取らなくてはいけないことがほとんどなので、普通の人よりアカデミックなキャリアをたくさん積んでおく必要があります。

研究職は年収面で待遇が良いケースが多く、大企業の研究部門であれば、年収1000万円を超えることも珍しくありません。

企業薬剤師へ転職するためのコツ

企業薬剤師は他の職場に比べて、圧倒的に収入が高いことで知られています。

ただ同時にそういったところに就職するには、高い競争率を勝ち抜かなくてはいけないので、非常に狭き門をくぐらなくてはなりません。

企業薬剤師に転職するにはどういったことが必要なのでしょうか。

企業薬剤師は求人数が少ない?

狭き門とお伝えしたように、企業薬剤師の求人数は一般的に少ないです。

しかし、これは多くの場合、研究職や開発職のことを指していて、他の職種であれば、求人数は多いです。

これは、企業薬剤師の業務内容が多岐に渡るため、1人に全部兼任させるのではなく、しっかりとフローを作って複数人で対応させることが多いためです。

企業薬剤師に必要とされるスキルを磨く

企業薬剤師になるのには、必要とされるスキルがたくさんありますが、主に必要とされるスキルとしては、まず語学力が挙げられます。

製薬会社や、医療機器メーカーでは副作用の情報や臨床実験の結果を日本のみならず海外の報告書も含めて読んでいかなくてはなりません。

当然海外の報告書に関しては、すべて英語で書かれているので、英語力がなければ仕事をすることが出来ません。

2つ目に、マネジメント能力が挙げられます。企業薬剤師は大きな企業で働くので、その分組織規模も大きくなります。そのため人を管理し、育てる能力が必要とされるためマネジメント能力があるひとが求められる傾向にあります。薬局やドラッグストアでのマネジメント経験がある方は特に重宝されるので、この点は面接の際にアピールしていけるといいでしょう。

3つ目は、やはり医薬品に関する広い知識です。研究職や開発職に就きたいのであれば、当然このスキルは必須になってきますよね。そのため、特に病院で働いた経験がある方は、勤務している間に、論文を読む機会も多いと思うので、薬に関して幅広い知識がついていることをアピールできるでしょう。

早めの準備をしよう!

企業薬剤師は当然競争率が高いので、早めに準備をしなくては競争に勝つことは出来ません。

企業薬剤師に転職を考えているのであれば早い段階から情報収集を始めて、どこの企業なら働けそうか、また自分にあっているところはどこなのかなど、早めに調べておくことが大事です。

情報をなるべく効率的に集めたいのであれば、薬剤師の転職に強い転職サイトに登録して、早いうちから転職エージェントに相談しておくと、情報を集めやすいのでオススメです。

働きやすい優良企業の見分け方

せっかく頑張って晴れて企業薬剤師になることが出来たのに、自分の思ったような職場ではなかった・・・なんてことになったら嫌ですよね。

誰でもできれば、働きやすい優良企業に入りたいものですが、優良企業であるかどうかはなかなか見抜くのは至難の技です。

しかし、実は、優良企業の見分け方は存在するんです。

非現実的な好条件ばかり打ち出している

働きやすい優良企業に勤めたいのであれば、まず求人に非現実的な好条件ばかりを打ち出していないかをチェックしましょう。

「土日休み・年収1000万以上も可能・残業一切なし」など目を引くような好条件ばかりを打ち出している求人をたまに見かけますが、あまりにも良すぎる場合は、ブラック企業であることを少し疑いましょう。

このような企業では人が定着しないために好条件を提示して、また使い捨てのように社員を切り捨てる企業も少なくありません。

残業代などの細かな質問に対して曖昧な返答をする

また、面談などの際に、残業代や福利厚生などの雇用条件に対して、会社の回答が曖昧な場合は、ブラック企業であることを怪しんだほうがいいでしょう。

何もやましいことがなければ、相手も堂々と答えてくれるはずです。

給与面に関しては聞きにくいこともあるかもしれませんが、こういった面は働く上で非常に大事です。遠慮せずにしっかりと質問しましょう。

企業薬剤師が向いている人の特徴

企業薬剤師が向いている人の特徴としては以下のことが挙げられます。

① ワークライフバランスを上手に取りたい人

企業薬剤師は、大企業に勤めることがほとんどであるため、就業環境も整っていることが多いです。

近年日本でも働き方改革が叫ばれていて、大企業であればあるほどこういった運動に力を入れています。

なので、子育てをしながら仕事をしていきたい母親世代などのワークライフバランスを上手に取りたい人にとっては、長期の休みも取りやすく、土日祝日も休みであったりと、非常に働きやすい職場であり、向いていることが多いのではないかと思います。

② 調剤以外にも多くの業務を経験したい人

通常、ドラッグストアや薬局に勤める場合、調剤の業務がほとんどになります。

管理薬剤師に昇進することで、マネジメントなどを学ぶこともできますが、基本的にずっと調剤業務以外は経験することがありません。

しかし、企業薬剤師であれば、前項で紹介したように多岐に渡って業務を経験することができるので、経験を積みたい人にもぴったりな職場であると言えます。

年収が欲しいなら企業薬剤師にチャレンジするのもアリ!

今回は、企業薬剤師の仕事内容についてや、転職する場合のポイントについて主にご紹介してきました。

確かに企業薬剤師は狭き門ではありますが、今より高い年収が欲しい!

また、労働環境のいいところで働きたい!という人は是非とも企業薬剤師になることにチャレンジしてみてくださいね!