薬剤師転職サイトは複数登録が基本!1社に絞るリスクを徹底解説

転職するときには、薬剤師転職サイトを利用するとスムーズに理想の転職先を見つけることができます。

では、転職サイトは1社だけに絞った方がいいのでしょうか?

実は、薬剤師転職サイトは複数登録する方が転職を有利に進めることができるのです。

この記事では、薬剤師転職サイトの複数登録をおすすめする理由や複数登録におすすめの薬剤師転職サイトをご紹介していきます。

薬剤師転職サイトの複数登録をおすすめする理由

転職サイトは1社に絞らず、複数登録しましょう。

複数登録することで多くの求人を紹介してもらえ、信頼できるコンサルタントに出会える確率も上がります。

薬剤師転職サイトに複数登録するメリットを詳しくご紹介します。

より多くの求人を紹介してもらえる

薬剤師転職サイトといっても、転職サイトによって扱っている求人数や業種が違います。

求人を出している薬局や企業が同じであっても、掲載している転職サイトによって求人票に記載されている年収や勤務形態、待遇などが違っていることも多いのです。

また、ある転職サイトでは求人の募集が終わっているのに、「別のサイトではまだ募集している」ということもあります。

より良い条件の転職先を見つけるなら、複数の薬剤師転職サイトに登録して求人情報を見逃さないようにしておきましょう。

1社だけに絞ると非公開求人を見逃してしまう

転職サイトの求人には登録する前から閲覧できる「公開求人」と登録後に紹介してもらえる「非公開求人」があります。

非公開求人は公開求人よりも好待遇のものが多いので、転職活動をする上で重要な要素です。

どの転職サイトでも、保有している求人の半数以上が非公開獣人であるといわれています。

もし1社しか登録していないとしたら、その1社で紹介されている非公開求人しか紹介してもらえません。

また、転職サイトではそのサイトしか保有していない独占求人もあるので、薬剤師転職サイトに登録すればするほど幅広い求人に出会うことができ、いい転職先が見つかる可能性が高まります。

サービスの良し悪しが判断できる

1社しか薬剤師転職サイトに登録していないと、そのサイトのサービスしか知ることができないので、「本当に個の転職サイトのサービスがいいのか?コンサルタントの対応は大丈夫なのか?」ということが比較できません。

薬剤師転職サイトごとにサービスやコンサルタントに違いがあります。

病院薬剤師の転職に強い転職サイト、企業薬剤師の転職に強いサイト、独占求人に自信がある転職サイトなど転職サイトによって売りにしているサービスが異なるので、1社だけに絞るのはもったいないです。

複数の薬剤師転職サイトに登録し、それぞれの得意なサービスを活用して、いろいろな情報を手に入れることで満足のいく転職ができますよ。

転職サイトは実際に登録して利用してみないとサービス内容や自分との相性も分からないので、まずは登録してサービスを比較した後に自分に合っている転職サイトに絞りましょう。

信頼できるコンサルタントに出会いやすい

転職サイトを利用するときは求人数やサービス内容も重要ですが、一番重要なのがコンサルタントのサポートです。

求人数が多くサービス内容がいい転職サイトであっても、対応の悪いコンサルタントが担当になってしまうと転職活動がスムーズに進まずにストレスを抱えてしまいます。

転職サイトの登録は1社だけと決めたとき、担当になったコンサルタントがやる気がなかったり、サポート力量不足だとしても、その1社しか転職サイトに登録していないとコンサルタントの質を比較できません。

複数の転職サイトに登録し、複数のコンサルタントとやり取りすることで、「この担当コンサルタントは信頼できそうだ」、「このコンサルタントは全然話を聞いてくれない」など比較することができます。

多くのコンサルタントに合う中で、「この人なら信頼できる」というコンサルタントに出会えれば、転職活動もうまくいく可能性が高くなるのです。

コンサルタントの質を比較し、信頼できるコンサルタントに出会うためにも薬剤師転職サイトは複数登録したほうがいいですね。

信頼できるコンサルタント

信頼できるコンサルタントは、面談でしっかりと転職の希望条件を確認してくれます。

仕事の悩みやキャリア相談にも乗ってくれ、自分では気づかなかった適性を見つけてくれることもありますよ。

電話やメール連絡のレスポンスも早く、しっかりと応募先に売り込んでくれるサポート力もあります。

信頼できないコンサルタント

面談時に希望条件を聞かずに求人だけを大量に紹介してきたり、内定がもらいやすそうな求人ばかりを紹介してくるようなコンサルタントは、自分の営業ノルマ達成だけを考えている可能性があります。

そういったコンサルタントは、とにかく内定さえもらえればいいと考えているので求職者の話をあまり聞いていない傾向にあります。

電話やメールのレスポンスも遅く、求人紹介などの連絡が不定期なコンサルタントも信頼ができません。

ストレスをためるだけなので転職サイト自体は問題ないなら担当変更を依頼するか、転職サイト自体を退会して関わらないのがおすすめです。

こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!後悔しない転職サイトの選び方

薬剤師転職サイトは複数登録しても大丈夫?

「薬剤師転職サイトは1社だけしか登録できない」と思い込んでいませんか?

転職サイトは複数登録しても問題ありません。

転職サイト側も求職者が複数の転職サイトを利用していることを前提として、様々なサービスを提供したり、強みを作って自分の転職サイトを利用してもらおうとしています。

余裕があれば、薬剤師転職サイトすべてに登録してサービスはコンサルタントを比較するのも全く問題はありません。

コンサルタントに複数登録を伝える必要はある?

転職サイトは、求職者が自分のサイトから入職した後に採用企業や薬局などからもらう紹介料(報酬)が利益となっています。

報酬は紹介した薬剤師の年収の2割から3割と高額です。

「他の転職サイトも利用している」とコンサルタントに伝えることで、コンサルタントも自分のサイトを利用してほしいため、いろいろと手を尽くしてくれるでしょう。

他の転職サイトで内定を決めてほしくないので、優先的に好条件求人を紹介してくれたり、条件交渉をしてくれるかもしれません。

電話連絡の回数は増えるので要注意

複数の転職サイトに登録すると転職を有利に進められるのですが、複数登録すると電話連絡の回数が増えてしまいます。

転職サイトに登録すると希望条件や経歴確認、面談日の調整の電話があります。

複数の転職サイトに登録すると、登録した数だけ電話対応をすることになるので、時間の余裕のある時に登録する方がいいでしょう。

休みの前日に登録しておいて、次の日にまとめて電話対応するのがおすすめです。

面談後も電話でのやり取りはあるので、「平日ならこの時間」、「土日だけ電話対応できます」など電話対応できる時間を担当コンサルタントに伝えておきましょう。

もし、対応可能な時間を伝えているのに仕事中に何度も電話してきたり、対応時間外に電話してくる場合は信頼できないコンサルタントなので、担当を変更してもらう方がいいですね。

電話が面倒ならメールでの連絡を要望しよう

電話対応が面倒であれば、「メールでの連絡をお願いします」と担当コンサルタントに伝えておきましょう。

最初に伝えてしまえば、その後に電話連絡をする必要はありません。

ですが、すべてのやり取りをメールで済ませてしまうのは危険です。

メールだけでは細かい希望条件も伝わらないので、最初の面談だけでも直接会って希望を伝えましょう。

メールは自分が好きな時に確認できるので、忙しい人にはいい連絡手段ですが、メールだといい求人も確認するのが遅くなって他の人が先に応募してしまうこともあります。

通常、転職期間は3か月くらいで終わらせる場合が多いので、その期間だけは電話が面倒でも積極的に担当コンサルタントと電話連ラックをする方が自分のためでもあります。

2~3社に登録しておくのがベスト

「薬剤師転職サイトは複数登録したほうがいいのは分かったけれど、何社登録すればいいの?」と疑問に思うかもしれませんね。

複数登録する方がいいといっても、あまりに数が多いと、コンサルタントとのやり取りや求人チェックで疲れて、体調不良になってしまうかもしれません。

最初は気になる薬剤師転職サイトはすべて登録して、コンサルタントとの面談後に自分に合っていそうな2~3社に絞るのがおすすめです。

利用しないと決めた転職サイトは退会手続きをしておかないと、求人紹介のメールがどんどん届いたり、コンサルタントからの電話連絡が着てしまうので忘れずに退会手続きをしましょう。

ほとんどの転職サイトでは、サイト上から退会できるようになっています。

登録してもすぐに退会したほうがいい転職サイト

登録した時点で、「退会したほうがいい」と判断できる場合もあります。

次のようなサイトは、登録してもすぐに退会手続きをしたほうがいいでしょう。

  • 登録後の連絡が遅すぎる転職サイト
  • 登録後に面談がないサイト

登録後の連絡が遅いということは、転職活動全般でレスポンスが遅くストレスがたまるだけになってしまいます。

登録後に面談がないサイトも危険です。

面談なしでも電話だけでしっかりと希望条件などをヒアリングしてくれるのであれば問題はないですが、面談なしでヒアリングもなく、大量に求人だけをメールで紹介するようなサイトは内定の報酬だけが目的の可能性があります。

そういった転職サイトもストレスの元になるので退会をおすすめします。

登録しないほうがいい転職サイトが分かれば、登録時点である程度の数に絞ることができますね。

複数登録におすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師転職サイトはたくさんあるので、「どの転職サイトに絞ればいいか分からない」と迷ってしまうかもしれません。

「ここは登録しておいたほうがいい!」という転職サイト3つをご紹介するので、登録の参考にしてくだいね。

薬キャリ

薬キャリ

「薬キャリ」は約4万件の求人を保有しているので、たくさんの求人の中から自分に合った転職先を見つけることができます。

毎日求人が更新されるので、細かい希望条件にマッチした求人も見つかりやすいです。

年間2万人を超える薬剤師が利用しており、サービス内容がしっかりしているのが特徴ですよ。

薬キャリは病院や調剤薬局の求人に強いので、病院薬剤師や調剤薬局への転職を考えているなら登録しておきましょう。

薬キャリの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

「リクナビ薬剤師」は、大手リクルートグループが運営する転職サイトです。

求人数は3万件を超え、毎日30件以上の新着求人があります。

大手ならではの転職ノウハウと質の良いコンサルタントが魅力です。

メールなどのレスポンスが早いので、ストレスなく転職活動を進められるでしょう。

リクナビ薬剤師はドラッグストア薬剤師の求人が多いので、ドラッグストアへの転職を考えているなら登録をおすすめします。

リクナビ薬剤師の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ファーマキャリア

ファーマキャリア

「ファーマキャリア」は他の転職サイトとは異なり、オーダーメイド求人が特徴です。

すでにある求人を紹介するのではなく、求職者の希望条件に合わせてコンサルタントが医療機関は薬局などに問い合わせて求人を見つけるという珍しいスタイルです。

他の転職サイトでは希望の求人が見つからなかった人や自分だけの求人が欲しい人は登録したほうがいいでしょう。

コンサルタントがしっかりとヒアリングしてくれるので、しっかりと希望や悩みを聞いてほしい人はぜひ登録しましょう。

ファーマキャリアの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

複数の薬剤師転職サイトに登録して、満足いく転職先を見つけよう

転職活動をするときには、転職サイトを1社だけに絞るのは危険です。

1社のサービスやコンサルタントしか知らないと他の比較することができないので、コンサルタントの言われたとおりに転職を進めて後悔してしまうかもしれません。

薬剤師転職サイトは複数登録して、しっかりとサービス内容を比較し、多くのコンサルタントに出会って信頼できるコンサルタントを見つけましょう。

最終的に2~3社に絞れば、無理なくスムーズに転職活動を進められますよ。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件