熊本県の薬剤師におすすめ転職サイト・エージェントランキング!最新の熊本県薬剤師転職事情

熊本県は九州の中央部に位置しています。九州の他の県からのアクセスが比較的良いことから、県外から熊本へと働きに行く方も少なくありません。

県庁所在地である熊本市など、薬剤師の転職先として人気の地域がいくつか存在します。

一方で薬剤師の不足が所々に発生しており、薬剤師の増加が待たれる部分もあります。

そんな熊本県での薬剤師の転職に関する情報を詳しく紹介していきます。

熊本県でおすすめの薬剤師転職サイト・エージェント

ここからは熊本県でおすすめの薬剤師転職サイトを紹介していきます。

転職サイトを利用することにより、非公開求人などをチェックすることが出来ます。

転職サイトごとに様々な特徴の違いが存在するので、自分に合った転職サイトを見つけることが重要となります。

転職を具体的に考えている方にとって、転職サイトの情報は非常に役立ちます。

1位 クラシスのヤクジョブ

ヤクジョブ

クラシスのヤクジョブでは地域別の薬剤師求人を紹介しています。

それぞれの求人情報はもちろん、熊本全体に共通する特徴についても知ることが出来ます。

このサイトでチェックした求人情報は検討リストに記録される仕組みになっています。

その機能を活用することによって、以前にチェックした情報をすぐに確認することが可能です。

登録していなくても便利なサイトではありますが、登録を行うことで一層利便性が高まります。

登録を行うことで非公開求人を紹介してくれるようになるので、本格的に求人情報を探す際には登録しておくことが有効です。

地域だけでなく、路線で調べることも出来ます。

ヤクジョブ詳細ページ

2位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、転職サイト大手のリクナビが取り扱っている薬剤師専用の転職サイトです。

大手らしく必要な機能を全て用意しているといえるほどの充実ぶりが魅力です。

転職成功事例などが公開されており、転職に対する具体的なイメージを膨らませることが出来ます。

マイナビ薬剤師の目玉の1つがキャリアアドバイザーの存在です。

キャリアアドバイザーとは、それぞれの業種に精通したアドバイザーのことであり、アドバイザーの意見を聞くことによって転職活動を円滑に進めることも出来ます。

公開されている求人情報の数も非常に多く、登録しておいて損はないといえるでしょう。

サイト上からは転職成功マニュアルも公開されています。その内容をチェックすることで転職の成功率を高めることが出来ます。

リクナビ薬剤師詳細ページ

3位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは医療関係の転職に非常に強い転職サイトであり、薬剤師転職における専門的な情報を公開しています。

細かい条件を絞って薬剤師の求人情報を確認することが出来ます。

このサイトならではの転職情報も記載されているので、他のサイトで見つけることが出来なかった場合にも役立つ可能性があります。

登録までにかかる時間はわずか60秒なので、気軽に登録することが出来ます。

ファルマスタッフには支店も存在し、支店で直接話を聞くことが可能となっています。

スキルアップを目指した転職をする際にもぴったりの情報が公開されており、人気のある転職サイトです。

ファルマスタッフ詳細ページ

熊本県の薬剤師転職事情

熊本県内では3,600人ほどの薬剤師が働いていますが、薬剤師が不足しているエリアも決して少なくありません。

それゆえに薬剤師として転職する際の難易度はそれほど高くないといえるでしょう。

特に熊本市外の薬剤師不足は顕著であり、転職における穴場といえるエリアがあります。

医療施設以外にも製薬会社やドラッグストアなど、薬剤師を必要としている場所が多く存在します。

薬剤師転職の選択肢が豊富な県といえるでしょう。

平均年収はどれくらい?

医療機関 520万円
薬局 522万円
企業 514万円
熊本県の薬剤師全体 512万円
全国平均 514万円

熊本県では薬剤師の平均年収は全国平均よりも少し高い水準となっています。

熊本県は薬剤師が比較的不足している県なので、好待遇を用意して薬剤師の転職に期待するという施設も少なくありません。

また、医療機関、薬局、企業のうちどこに就職しても平均年収の差が大きくないことも特徴です。

ただし、1軒1軒の施設を比較すると給料の違いが大きいケースもあるため、慎重に選ぶことが重要となります。

求人はどの地域が多い?

熊本県の中には薬剤師の求人情報が多いエリアとそうでないエリアがあります。

熊本県への転職を検討するのであれば、先にどの市町村に転職するかを決めておくことも1つの方法です。

そこで熊本県の中で求人情報が多いエリアについて紹介していきます。

1位 熊本市

熊本市は熊本県の県庁所在地かつ、日本最南端の政令指定都市でもあります。

1970年代ごろまではそれほど人口が多い町ではありませんでしたが、高度経済成長の後期ごろになると一気に人口が増えていきました。

その結果、医療機関への需要も高まっていったという背景があります。

JR九州および鹿児島本線の熊本駅を活用することで、県内外の移動も容易に行うことが出来ます。

熊本県で働いている薬剤師の約6割が熊本市で勤めています。

大小様々な医療機関が点在しており、転職先としての選択肢も多いのが特徴です。

2位 八代市

八代市は熊本県の中央やや南に位置する市です。

熊本県の中でも特に自然環境に特徴のある市であり、田園工業都市と呼ばれることもあります。

人口は熊本市よりも遥かに少なく、薬剤師の不足が深刻化しているエリアの1つです。

なるべく待遇を良くして薬剤師を集めようとする動きがあるため、転職しやすいエリアともいえるでしょう。

新八代駅や八代駅を活用することにより、熊本県内の他の市から八代市に通勤することが出来ます。

駐車場を完備している医療機関も多いため、マイカー通勤がしたいという方にとっても好都合です。

3位 人吉市

人吉市は熊本県の最南部にある市です。

球磨川の川下りなどが楽しめるため、観光地としての人気もあるエリアとなっています。

観光地として訪れる方は多いものの、人口は少なく過疎地域を含んでいる部分もあります。

そういったエリアでは薬剤師が不足しているため、転職先として選択肢に挙がりやすいといえるでしょう。

また、民家から医療機関までの距離が離れているケースが多く、訪問薬剤師として働いている方もいます。

市内には国道219号線や221号線、九州自動車道などが通っており、自動車での移動がしやすいという特徴もあります。

熊本県の薬剤師求人の特徴

熊本県では3,600人の薬剤師が働いていますが、薬剤師の不足が発生している地域も多いです。

熊本県にある医療施設や薬局などの数は、九州の中で福岡県の次に多いので求職者にとっての選択肢は豊富にあるといえるでしょう。

熊本市とそれ以外の市では転職の難易度が大きく違います。

熊本市で転職をしようと考えている方は比較的多いので難易度も高いですが、熊本市以外で転職を検討している方は少なめです。

薬剤師転職の穴場ともいえる地域も存在します。

熊本県のおすすめ求人

ここからは熊本県のお勧め求人情報を紹介していきます。

熊本県には条件の良い医療施設が多くありますが、その中でも特に待遇に特徴のある機関を解説します。

子育てとの両立を考えている方にうってつけの医療機関もあります。

1位 医療法人健生会 明生病院

資格 薬剤師
雇用形態 正社員
求人内容 医薬品の処方
給与 月収22.2万円から25.7万円
年収335万円から391万円
福利厚生 通勤手当
資格手当
夜勤手当
地域手当
マイカー通勤可
退職金制度
託児所あり
勤務時間 日勤8時20分から17時00分(休憩60分)
準夜勤15時30分から00時00分(休憩60分)
深夜勤23時45分から8時30分
休日・休暇 4週8休制、有給休暇、出産育児休暇、年間休日109日

精神科などを中心としている病院です。昨今では精神の病に対して、医薬品の力を借りることの重要性が見直されているので薬剤師への需要が高まっています。

託児所も完備されており、子育てと仕事の両立を実現したい方にもうってつけです。

有給取得率が高く、権利を行使しやすい職場であることがうかがえます。

電子カルテが導入されており、働きやすさにも定評があります。

患者さんとコミュニケーションを積極的に取りながら働きたいという方にぴったりです。

2位 医療法人社団自由が丘 自由が丘病院

資格 薬剤師
雇用形態 正社員
求人内容 医薬品の処方
給与 月収28.9万円から32.4万円程度
年収383万円から432万円程度
福利厚生 手当通勤手当、住宅手当、家族手当、深夜手当
勤務時間 8時30分から17時00分(休憩60分)
16時30分から1時00分(休憩60分)
00時30分から09時00分(休憩60分)
休日・休暇 週休2日制、有給休暇、出産・育児休暇、年間休日110日

精神科と心療内科を備えている医療機関です。

医療機関としては比較的多い年間休日数が大きな特徴となっています。

研修補助などが用意されているので、スキルアップしたい薬剤師の方にもうってつけです。

残業はほとんどなく、プライベートとの両立を重視したい方にもぴったりといえるでしょう。

駐車場が用意されており、通勤しやすいところも大きな特徴です。半日勤務をしている方もいます。

3位 医療法人財団聖十字会 聖ヶ塔病院

資格 薬剤師
雇用形態 正社員
求人内容 訪問薬剤師
給与 月収24.4万円から26.8万円程度
年収353万円から391万円程度
福利厚生 通勤手当、住宅手当、家族手当、残業手当、資格手当、雇用保険、労災保険、健康保険、マイカー通勤可、勤続3年以上で退職金あり
勤務時間 日勤8時30分から17時30分(休憩60分)
半日8時30分から12時30分
休日・休暇 4週8休制、夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇、シフトにより月8日から10日休み、年間休日109日

福利厚生の充実したケアミックス病院となっています。プリセプター制を導入しているのが特徴です。

訪問薬剤師として働くのがメインですが、それぞれの事情に合わせて働けるようにしてくれる病院となっています。

資格の支援制度も整っているので、キャリアアップを目指す方にもぴったりです。

中途薬剤師をサポートする体制を用意している点もメリットといえるでしょう。

熊本県へ転職した薬剤師の体験談

ここからは熊本県へ転職した薬剤師の体験談を紹介します。

体験談を読むことにより、具体的なイメージをわかせやすくなります。

それぞれの方が抱えている事情は異なりますが、事情に合った転職をしている方は珍しくありません。

これから熊本県へと転職することを検討している方に役立つ内容となっています。

スキルアップがしたくて転職

私は前に九州内の他の県で働いていました。その職場はなかなか働きやすいと感じていたのですが、スキルアップへの支援が全くないことに気づきました。勤務時間もそれなりに長く、資格の勉強をしている時間もなかったので転職することを決意した次第です。転職情報を調べていくうちに、熊本県内に薬剤師の転職の穴場ともいえる地域があることに気づきました。今は転職してから2年ほどが経過しましたが、資格への支援体制が整っているところに転職出来て嬉しいです。資格の勉強も出来ており、そろそろ試験を受けてみようかと考えています。年収も少しですが上がったので良かったです。もう少し早く転職をしておけばという思いもありますが、ここから一気にスキルアップしていきたいと思っています。
年齢 34歳
転職前の年収 430万円
転職後の年収 440万円

子育てとの両立がしたくて転職

私が前に働いていた医療機関には託児所がありませんでした。それゆえに子供が生まれたら、託児所を探さなければならない状態になります。私は子供が生まれてからもすぐに職場復帰したいと考えていました。そこで子供が生まれるまでに託児所のある医療機関に転職することを決めました。私が選んだ転職先では3歳までの子供を預かってくれる託児所があります。もう少しで子供が生まれますが、生まれたらそこに預けようと考えています。年収は少し下がってしまいましたが、無料で利用できる託児所があるメリットは非常に多いと感じます。出産休暇も余裕をもってとることが出来るので、非常にありがたいです。
年齢 35歳
転職前の年収 410万円
転職後の年収 400万円

年収が全然伸びないので転職

私は前の職場に25歳から働いていました。最初の頃は良い職場だなと思っていたのですが、何年働いてもまともに昇給しないことに焦りを感じ始めました。調べてみると熊本県全体の薬剤師の平均年収は500万円を超えており、私の年収よりもはるかに高かったです。これはさすがに転職した方が良いと感じた私は急いで転職先を探し始めました。そこで見つけたのが今の職場です。今の職場は私の経験を高く評価してくれました。転職したての段階で既に前の職場よりも給料が良く、これからさらに上がっていく予感もあります。同じような仕事をしていても、職場によってこれほど収入が変わるものかと驚いています。私が転職した職場では薬剤師が足りておらず、薬剤師を積極的に募集していました。それゆえに良い待遇を用意してくれたのだろうと感じています。
年齢 37歳
転職前の年収 430万円
転職後の年収 500万円
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件