薬剤師が調剤薬局へ転職する秘訣!転職成功へ導くポイント

調剤薬局へ転職するには?

多くの薬剤師が働いている現場である調剤薬局の仕事は、どのような内容なのでしょうか。

調剤薬局の主な仕事内容や年収などをふまえ、おすすめの転職サイトも合わせて紹介します。

調剤薬局の仕事内容

調剤薬局で働く薬剤師の仕事は多岐に渡り、処方箋の受付、処方監査・疑義照会、調剤、服薬指導、薬歴管理などです。

処方箋の受付

ほとんどの患者は、病院やクリニックを受診した後、薬局に、薬をもらいに来ます。

処方箋の受付では、来局した患者から処方箋と保険

証を受け取ることはもちろん、患者によっては病気やケガで気分が優れなかったり、気持ちが落ち込んだりしていることもあるでしょう。

そのため、調剤薬局の薬剤師は、処方箋を受け取る際に患者の気持ちをくみ取りながら、丁寧な対応をすること重要な仕事です。

処方監査・疑義照会

また、患者にお薬手帳の利用の有無を確認し、お薬手帳を使っている場合には処方箋や保険証と一緒に預かります。

患者様から処方箋を受け取ったら、処方箋に問題や不備がないかを確認する作業である処方監査を行い、患者のアレルギー、薬の使用歴、保険番号や有効期限も確認しなければなりません。

処方監査で、医師の処方に疑問点や不明点があった場合には医師へ処方内容を確認する疑義照会を行います。

複数の病院やクリニックに通院している患者も多いため、患者がどのような薬を服用しているかを把握したうえで、処方箋の内容を確認する「処方監査」や「疑義照会」が非常に重要なのです。

調剤

そして、医師の処方に従って薬を調剤します。

調剤薬局では、錠剤やカプセルなどを数える計数調剤、薬を服用するタイミングごとに薬剤をまとめる一包化調剤などの方法で調剤することが一般的です。

ほかにも、粉薬の場合、電子天秤やメートグラスなどを使う計量調剤、市販されている医薬品では対応ができない場合、医師の指示で特殊な加工を行う自家製剤もあります。

自家製剤は、安定剤や溶解補助剤などの添付剤を加えたり、製剤に処理を加えて全く別の製剤を作ったりする方法です。

調剤薬局ではさまざまな自家製剤が行われますが、最も代表的なものは錠剤を半分に切って作る「半錠」であり、患者の年齢や体調、薬の特性などを十分に考慮したうえで作業をします。

一包化調剤と呼ばれるものもあり、1回に複数の錠剤を服用できるように、あらかじめ1つの包装にまとめる分包する調剤作業のことです。

近年では、高齢の患者様の薬の飲み忘れや読み間違いを防ぐために、一包化調剤が推奨されています。

このように、錠剤にはさまざまな調剤作業があり、薬剤師は調剤を処方箋に基づいて正確かつ迅速に行うことが求められるのです。

ベテランの薬剤師でも調剤を行うことは容易ではなく、新薬についての情報収集や、作業スキルの向上などの努力を重ねなければなりません。

服薬指導

薬を用意したら、患者に薬を渡し、お薬手帳を返却して服薬指導を行います。

患者は薬をもらっても適切な使用方法が分からなければ、副作用のリスクなどを負うことになるでしょう。

患者に薬を渡す際には、薬を飲むタイミングや飲み方や注意点などを説明し、他に服用している薬がないか、あった場合には飲み合わせについても説明する必要があるのです。

薬剤師にとって、患者とのコミュニケーションは重要であり、事務的なやりとりだけでなく患者の気持ちを理解しながら、正しく服用してもらえるようにコミュニケーションを取ることが求められます。

調剤薬局は多忙であるため容易なことではありませんが、患者1人1人と向き合って接する姿勢を忘れないことが大切です。

薬歴管理

薬を渡して説明を終えたら、それらを薬歴に残す薬歴管理の作業をします。

薬歴管理は、再度患者が来局した際に適切な処方を行うための業務です。

患者の薬歴を確実に管理し、副作用を伴う薬の重複を避け、命に関わるような服薬による事故を防ぐために必要になります。

作成した記録は常時必要に応じて参照できるように、整理して保存されるのです。

薬歴には、会話の内容、残薬、治療の進み具合などについて記載しますが、最近では電子薬歴を採用している調剤薬局が増えています。

主な仕事内容として挙げたものは、「患者が来局してから薬を渡すまで」のものであり、薬剤師の仕事はほかにもあるのです。

例えば、在庫が切れかけている薬の発注業務や薬の予製、医師との情報共有、薬局内の整理整頓、清掃など、患者がいつ来ても迅速に対応でき、心地よく過ごせるように体制を維持しておきます。

業務内容は立地や地域によっても異なる

また、薬剤師の業務内容やワークスタイルは立地や地域によって変わることも特徴です。

内科、眼科、小児科、外科、泌尿器科、産婦人科など数多くの診療科がある大きな病院では、多種多様な薬を取り扱わなければなりません。

そのため、調剤する薬の種類が膨大になったり、調剤内容に多様性があったりと、より広い知識やより視野を広げる必要があります。

「内科」「産婦人科」など限られた診療科目のみの小さな病院では、特定の診療科目に特化した薬を取り扱うため、調剤内容に専門性が出てくることは避けられないでしょう。

患者に対する向き合い方も、調剤薬局の立地や地域によって大きく異なることがあります。

例えば、1日の患者の来局数が少ない調剤薬局の場合は、1人1人の患者とコミュニケーションを図りながら、丁寧で誠実な対応が求められるのです。

対して、1日の患者の来局数が多い調剤薬局の場合は、患者を待たせることのないよう常に業務の迅速化と効率化を図りながら仕事をします。

調剤薬局で働く際には、自分はどのような業務内容やワークスタイルが適しているのかをしっかりと把握しておくことが重要です。

事前に薬局の見学や体験入店できる薬局などへ応募し、積極的に行動することもポイントだといえるでしょう。

調剤薬局は人気が高い?

調剤薬局で働きたいと感じる人が多い理由として、調剤薬局のメリットを見ていきましょう。

最も大きなメリットは、専門性の高い診療所やクリニックに隣接している調剤薬局の場合、診療科目の内容により自然と患者に処方される処方箋が決まっており、さまざまな薬の知識が不要なことが挙げられます。

総合病院の近くにある調剤薬局の薬剤師の場合は、診療科目に関する処方箋の種類も多くさまざまな知識が必要になるのです。

一定の専門的な診療科目に関する知識を得られるうえに、常に新しい情報を収集しインプットする大変さはないものの、処方箋に対する幅広い知識やスキルを得ることは難しいかもしれません。

調剤薬局はどんな人が向いている?

まず、患者に対して正確かつ分かりやすく薬の説明をできる人が向いているといえます。

調剤薬局の薬剤師にとって1番の仕事は、服薬の説明です。

患者は、医者から「薬を出しておきます」と言われるだけであり、薬に対して詳しく説明されないケースもあります。

そのため、どのような薬なのかと心配になる患者もおり、定期的に薬剤を貰っている人を除いて薬について理解していない人が多いです。

調剤薬局で働いている薬剤師は、誰にでも説明できる知識をもち、柔軟に対応する必要があります。

また、仕事をやっていく以上、患者さんとうまくコミュニケーションを図ることも大切ですが、職場の同僚とも上手に人間関係を築いていかなければなりません。

調剤薬局の店舗によって薬剤師の人数は異なりますが、決して多人数ではないのです。

薬を作ったあともダブルチェックをするため、おのずと同僚同士のコミュニケーションが欠かせなくなります。

さらに、1日何十枚という数の処方箋で調剤するため、細かい作業が好きであることもポイントです。

患者や同僚とコミュニケーションが図れる人、そして何より「またこの調剤薬局利用したい」「次回もこの人に薬の説明お願いしたい」と思わせられるような人当たりの良さも必要になるでしょう。

薬剤師の転職でよくある失敗と後悔する人の特徴!

ドラッグストアや病院との違い

調剤薬局の仕事内容は、ドラッグストアと病院の業務内容も若干異なります。

病院で働く薬剤師の場合、調剤・製剤、服薬指導、薬歴管理、注射薬の調剤、医薬品情報の管理、医薬品の管理および供給、処方の設計などを行わなければなりません。

ドラッグストアで働く薬剤師の場合は、薬剤師以外の仕事と薬剤師としての仕事の2つをこなす必要があるのです。

ドラッグストアで勤務する場合、薬剤師以外の仕事にはレジやカウンターでのお客さんへの対応、商品の在庫管理や品出しなどが挙げられます。

ほかにも、発注や陳列、店舗内の販促活動、第二類第三類医薬品の販売も行うことになるのです。

また、店長になればスタッフ採用の際の面接や従業員のシフト管理なども行います。

多くのスタッフを抱えるケースが多いドラッグストアは、薬剤師としての仕事に集中したい人には不向きだといえます。

調剤薬局はきつい?

最近は調剤報酬のマイナス改定が続いており、それに伴い経営難に陥っている調剤薬局も増加傾向にあります。

そのため、収入をあげるどころか、さがることも覚悟しなければならないケースも増えているようです。

また、人間関係の影響を受にくい点も、調剤薬局がきついといわれる理由の1つでしょう。

調剤薬局の場合は、狭く限られた空間で仕事をするため、上司や同僚の薬剤師との人間関係が悪化すると気まずくなり、それが理由で退職してしまう人も多いです。

狭い職場の中で毎日顔を合わせながら仕事をしなければならず、1人でも気の合わない人がいたり意見の食い違いがあったりとなれば、大きなストレスにつながります。

窓口業務ではクレーム対応も仕事

さらに、一般的な会社のようなビジネスマナー・スキルなどは身につける機会が少ないため、クレームを受けることもあるのです。

調剤薬局の薬剤師はある一定の限られた空間の中で毎日仕事をするため、一般的な会社勤めのようにビジネスマナーを身につけることが難しいといえます。

大手ドラッグストアであれば、決められた研修期間や定期的な勉強会などがあることが特徴です。

しかし、小さな調剤薬局で長く勤務していた場合、ビジネスマナーが身に付いておらず、はじめて来局した患者に叱責されることもあります。

加えて、調剤薬局以外の職場へ転職しようと考えても、常識的なビジネスマナーが身に付いていなければ新しい職場を探すこと自体が難しくなるでしょう。

調剤薬局薬剤師の年収はどれくらい?

薬剤師の平均年収は553万円ですが、調剤薬局で働く薬剤師の年収は若干低くなっています。

調剤薬局の年収はおよそ350〜400万円であり、初任給はドラッグストアが最も多く、次いで調剤薬局、製薬企業、病院薬剤師の順に続くことが特徴です。

ただし、あくまでも平均であり調剤薬局ごとに異なるため、転職前にボーナスなども合わせて確認しておきましょう。

調剤薬局に転職できる条件はある?

転職するための条件は特に設けられていませんが、調剤薬局では1人1人の患者に合わせてスムーズに調剤を行い、症状を確認して薬を渡します。

そのため、ドラッグストアと比較すると患者の症状に向き合う機会が多いです。

病状や薬によっては医師に連絡を入れるなど、医療機関と関わるケースも増えるため、コミュニケーションスキルは必要になるでしょう。

調剤薬局への転職後はどんなキャリアがある?

調剤薬局で働き始めてから薬剤師としてキャリアを積む選択肢としては、管理薬剤師になり店長などへ昇進する、もしくは会社の本部へ昇進するケースが挙げられます。

調剤をメインで行っていくのか、本部で人材育成や経営に関わるのか、自分の考え方や薬剤師免許を活かせる方法を検討しましょう。

調剤薬局の転職におすすめ薬剤師転職サイト・エージェント

転職サイト・エージェントは数多く存在しますが、調剤薬局の転職に最適なものに絞って見ていきましょう。

こんな薬剤師転職サイトは選ぶな!後悔しない転職サイトの選び方

薬キャリ

薬キャリ

1つ目が、迅速な対応が人気の「薬キャリ」です。

実績は15年以上にのぼるうえに、医療業界に注力していたため調剤薬局で働きたい場合以外にも、医療施設、病院などに精通しています。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

2つ目が、面談を重視していることがポイントの「マイナビ薬剤師」です。

マイナビグループが運営している、薬剤師に特化した転職サイトであり、知名度を活かして全国の調剤薬局の求人を紹介しています。

加えて、応募者の面談に注力しているため、悩みを聞いたうえで適切なアドバイスをもらえることもポイントです。

マイナビ薬剤師の支店は全国主要都市に存在するため、地方在住の人でも登録しやすいでしょう。

マイナビ薬剤師の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

3つ目が、総求人No.1、日本調剤グループの「ファルマスタッフ」です。

大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービス1つであり、求人数も大手のリクナビ、マイナビに並ぶほどとなっています。

ファルマスタッフは、もともと日本調剤グループ内の調剤薬局をメインに扱った転職サイトでしたが、知名度の高さから、病院やドラッグストアなどの求人もたくさん掲載するようになりました。

また、口コミ評判で高い評価を受けているのが、面接同行サービスです。

面接同行サービスとは、面接に苦手意識のある転職者をサポートするためのものであり、面接に自信がない人にとって非常に役立つでしょう。

ファルマスタッフの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

4つ目が、コンサルタントが優秀で、初めての転職におすすめのリクナビ薬剤師です。

高い評価と転職実績がある人材紹介日本一のリクルートが運営する、薬剤師に焦点を当てたサイトとして人気があります。

多くの薬剤師に人気のあるリクナビ薬剤師ですが、特にドラッグストアの求人数は最大を誇り、ドラッグストアの転職に力を入れていることが特徴です。

さらに、人材紹介会社として最大手のリクルートならではの、専門知識や経験が豊富なコンサルタントのサポートも受けられます。

求人紹介に加え、希望の就職先に欠員が出たときなど、迅速に対応してくれるのです。

転職初心者の人は、実際に会って面談をしてくれるリクナビ薬剤師の転職コンサルタントに相談にするとよいでしょう。

リクナビ薬剤師の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコム

5つ目が、独立系・希望求人を徹底的に探してくれるアプロドットコムです。

1998年設立の薬剤師転職支援サービスですが、大手グループなどはなく独立した形で運用を開始しました。

転職したい人の要望に対して、しっかり寄り添うことで支持されています。

最寄駅の指定があれば、駅の周り全ての病院に連絡をして要望に応えようとする点がポイントです。

特定の会社からバックアップがあるわけではないため、偏った求人案内をされることがなく、平等な目線での転職活動ができます。

アプロ・ドットコムの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

このように、たくさんの転職サイトやエージェントが存在する薬剤師の転職は容易に行えますが、簡単だからこそ失敗することも少なくありません。

転職を成功させるコツは2つあり、まずは自分にとって譲れない転職の条件を洗い出すこと、次に、紹介したような薬剤師に特化した転職サイトを利用することです。

満足のいく転職ができるよう、いくつかの転職サイトを利用することをおすすめします。

それぞれに扱っている求人情報も異なるため、相性の良いサイトやエージェントを見つけるためにも、併用することが有効だといえるでしょう。

薬剤師におすすめの転職サイト比較ランキング【2018年】