神奈川県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

「薬剤師として神奈川県で働きたいけど、転職事情がよくわからない」「神奈川県の薬剤師の求人を探しているけど、どうやって探したらいいのか悩んでいる」そのような疑問や悩みを持っていませんか。

今回はそのような疑問や悩みを持っている方に向けて、神奈川県の薬剤師転職事情を紹介します。

最新求人事情やおすすめの薬剤師転職サイトも合わせて紹介しますので参考にしてみて下さい。

この記事を読んで、神奈川県での薬剤師転職活動を成功させましょう。

神奈川県の薬剤師転職事情

神奈川県の薬剤師転職難易度は、東京都とあまり変わらないくらいの難易度です。

神奈川県も東京都と同じように薬剤師の数は多いのですが、病院の数が圧倒的に少ないという特徴があります。

したがって神奈川県で病院勤務を希望している薬剤師にとっては、転職難易度が高いといえます。

ただし、神奈川県の病院は子育て支援体制が充実しているところが多いので、子育てしながら薬剤師として働きたい方に最適です。

病院勤務は難易度が高いですが、ドラッグストアや調剤薬局であれば比較的転職しやすい環境です。

平均年収はどれくらい?

年齢 39.6歳
勤続年数 5.2年
所定内労働時間 163 時間/月
超過労働時間 11 時間/月
総労働時間 174 時間/月
月給 38.9 万円
ボーナス 64.1 万円
年収 530.8 万円
全国順位 16 位

神奈川県で働く薬剤師の平均年収は530.8 万円ですが、年収相場は勤務先の形態によって異なります。

平均年収を勤務先の形態別に見てみると、ドラッグストアが450万~650万円、調剤薬局が400万~600万円 、病院が380万~500万円です。

また製薬会社は400万円~450万円です。働く場所によって平均年収が異なるので、自分のライフスタイルに合わせて最適な勤務先を選ぶことがポイントになります。

神奈川県の薬剤師の平均年収は全国平均と比べて高い水準にあるので、転職によって高い年収を得ることも可能です。

求人はどの地域が多い?

東京に次いで人口が2番目に多い神奈川県は、県庁所在地の横浜市以外にも、川崎市や藤沢市、鎌倉市などの大きな都市が多くあります。

それでは神奈川県のどの地域が一番薬剤師の求人数が多いのでしょうか。

次の項目で神奈川県の中で薬剤師の求人が多い地域を上位3位まで紹介します。

1位 横浜市

神奈川県で薬剤師の求人が多い地域の第一位は横浜市です。

神奈川県の薬剤師の求人は横浜市に集中しているという特徴があります。

横浜市に求人が集中しているので横浜市で転職するのは容易だと感じてしまいますが、周辺には帝京大学薬学部や横浜薬科大学など薬学部が併設されている大学が多くあるので、競争率は高い傾向です。

横浜市の求人では、アクセスに便利な横浜駅周辺や住宅が広がっている都筑区など横浜市なり六部のエリアが人気です。

2位 川崎市

横浜市に次いで薬剤師の求人数が多い神奈川県のエリアは川崎市です。

川崎市では、川崎駅周辺の調剤薬局の求人が人気です。したがって調剤薬局の求人が多いという特徴があります。

調剤薬局の次に多い求人はドラッグストアの求人です。

病院やクリニックの求人は少ない傾向ですが、フルタイムの他にパートタイムの求人があり、家庭と仕事を両立させたい方に最適です。

他にも川崎市には製薬会社などの企業の求人や漢方薬局などの求人があります。

3位 相模原市

神奈川県で薬剤師の求人が多いエリアの第三位は相模原市です。

相模原市は第一位の横浜市や第二位の川崎市に比べて、比較的条件のよい求人が多くあるという特徴があります。

相模原市の求人の中には、年収600万円を超える求人も何件かあるので、高収入の求人を探している薬剤師には最適な地域です。

相模原市の求人も川崎市など他の地域と同様に、調剤薬局やドラッグストアの求人が多い傾向です。

しかし、病院やクリニックの求人も比較的多く、マイカー通勤が可能なところ多いという特徴があります。

神奈川県の薬剤師求人の特徴

神奈川県の薬剤師の求人数は他の都道府県に比べて多い傾向です。

なぜなら県内にある薬局数が3,724軒で全国3位、病院数も342軒で全国5位と勤務先となる施設の十分な数があるからです。

また、神奈川県には北里大学病院や聖マリアンナ医大病院など大規模な病院も多くあり薬剤師の需要もあります。

年収を見てみると、神奈川県の薬剤師の平均年収は556万円で、全国第18位です。

薬剤師が神奈川県で働くと、どのようなメリットがあるかというと、様々な職種や職場があるので、自分の希望に合った勤務先で働くことができる点です。

交通の便も整っているので、通勤がしやすいという特徴があります。

フルタイム勤務以外にもパートタイム勤務の求人も多いので、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

神奈川県のおすすめ求人

次は神奈川県のおすすめ求人TOP3を紹介します。

神奈川県の薬剤師求人は具体的にどのような求人があるのかおすすめ求人を参考にしてみて下さい。

おすすめ求人を確認することによって、神奈川県の求人の特徴を知ることができます。

1位 灰吹屋薬局

勤務地 神奈川県川崎市多摩区西生田3-9-27
アクセス 小田急小田原線「読売ランド前駅」
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて、調剤業務、薬歴管理など
営業時間 月火水金/9:00~18:30、木土/9:00~18:00
処方科目 内科、整形外科など
休日 日曜・祝日
雇用形態 正社員
給与 【月収】29.0万円(22歳モデル)
【年収】480万円~550万円程度(30歳モデル)
※年齢、経験、能力を考慮のうえ、同社規定により決定
賞与(回数) 2(賞与用補足:2008年度実績:4ヵ月分)
昇給(回数) 1

正社員として安定して働きたいのであれば、この求人がおすすめです。

有給取得率も高いのでライフスタイルも充実させることができ、定期的に勉強会も開催されているので、薬剤師としてのスキルも上げることができます。

2位 広瀬病院

勤務地 神奈川県相模原市緑区久保沢2-3-16
アクセス JR横浜線「橋本(神奈川)駅」/京王相模原線「橋本(神奈川)駅」からバス15分
職種 薬剤師
仕事内容 病院内にて、薬剤師全般業務
営業時間 平日/8:30~17:00、土/8:30~12:30
当直勤務 なし
休日 完全週休2日制、慶弔休暇、夏季休暇、有給休暇、年末年始休暇
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 350万円~500万円程度(諸手当込)
※年齢、経験、実力を考慮し、会社規定により決定
新卒モデル年収 500万円程度(諸手当込)

子どもが小さいなどの理由で残業なしで働きたいのであれば、広瀬病院がおすすめです。

広瀬病院は保育施設も完備されているので、ワーキングマザーに働きやすい職場です。

マイカー通勤も可能なので、子どもと一緒に車で通勤して、病院内の保育施設に預けながら働くことができます。

3位 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

勤務地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-5
アクセス JR横浜線「新横浜駅」
職種 薬剤師
仕事内容 体外診断用医薬品 卸売販売業の管理薬剤師として、薬事関連業務、品質管理業務、医薬情報業務など
雇用形態 正社員
給与 月収26.0万円年収450万円~600万円
※年齢、経験、実力を考慮し、会社規定により決定
賞与 業績により支給
昇給 年1回
応募条件 薬剤師免許
企業での就業経験
※第2新卒歓迎
勤務時間 月~金 09時00分~17時30分(休憩60分)

管理薬剤師として企業で働きたいのであれば、この求人がおすすめです。

この企業は残業がほぼないので、結婚や出産などワークライフバランスに変化が起きても働きやすい環境です。長期で働きやすい環境があります。

神奈川県へ転職した薬剤師の体験談

神奈川県へ転職した薬剤師の体験談を紹介します。

神奈川県へ転職したことによってどのようなメリットやデメリットを感じているか体験談を通して確認してみて下さい。

転職した薬剤師の体験談を確認し自分と当てはめることによって、転職すべきかどうかを知ることができます。

結婚を機に転職しました

 

私は結婚を機に、都内の病院勤務から神奈川県内にある調剤薬局へ転職しました。転職の理由は単純に新居が勤務先から遠くなってしまうことと、なるべく残業をしたくなかったからです。転職先を探す条件としてまず考えたのが、出産しても働きやすい職場であるかです。年収が少なくなっても構わないので、残業がなく働きやすい職場を探しました。

私は前職を退職する前に転職活動をしていたので、面接などのスケジュール調整が大変だったです。しかし途中から転職スケジュールの管理までしてくれる転職サイトを活用したので、それからはスムーズに転職活動を行うことができました。神奈川県の求人は、調剤薬局の求人がとても多いので、自分に合った勤務先を見つけることができ、とても満足しています。

年齢 27歳
転職前年収 500万円
転職後年収 450万円

 

薬剤師のスキルを上げたくて転職しました

 

私は地方の調剤薬局で薬剤師として働いていたのですが、もっと薬剤師としてのスキルを上げたと考え、神奈川県で転職活動をしました。なぜ神奈川県を選んだのかというと、医療の最新情報を手に入れやすい環境が整っているからです。神奈川県には、東海大学病院や横浜市大市民総合医療センターなど大きな病院が数多くあり、医療系学会も多く開催されるパシフィコ横浜もあります。また求人数も多いので選択肢も多く、転職しやすい環境も薬剤師としてのスキルを上げるのに最適だなと思ったからです。

神奈川県の転職においてデメリットを感じることは、家賃や物価が高く、通勤ラッシュがすごいことです。しかし通勤ラッシュにはすぐ慣れ、生活する上で不便を感じることはありません。薬剤師専門の転職サイトに紹介してもらった神奈川県の病院で現在は働いていますが、以前よりも年収が上がり大変満足しています。その病院では定期的に勉強会も開催されているので、スキルアップもできそうです。

年齢 32歳
転職前年収 470万円
転職後年収 520万円

 

子育てを優先させるために転職しました

 

私は3歳と5歳の二人の子どもを育てながら調剤薬局の薬剤師として都内で働いていたのですが、子どものことを考え神奈川県のドラッグストアへ転職することにしました。前職では子どもが生まれてからも時短勤務を利用して、なんとか働くことができたのですが、下の子が3歳になってしまったので時短勤務を利用することができなくなってしまいました。

時短勤務がなくなると夜間も働かなくてはならなくなり、保育園の延長時間を利用しても間に合わなくなってしまいます。そこで思い切って子育て環境の良い神奈川県へ引っ越して、パートタイムとしてドラッグストアで働くことにしました。神奈川県にはパートタイムの求人情報も多くあるので、子育てと仕事を両立させたい薬剤師には最適な地域だと思います。私も自分のライフスタイルに合った職場を見つけることができたので、神奈川県の職場に転職して満足しています。

年齢 37歳
転職前年収 480万円
転職後年収 350万円

 

神奈川県でおすすめの薬剤師転職サイト

神奈川県に強い薬剤師転職サイトである薬キャリ、マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師の3つを紹介します。

神奈川県に強い薬剤師転職サイトには、一体どのような特徴があるのかについても詳しく紹介しますので参考にしてみて下さい。

ここで紹介した薬剤師転職サイトを利用して、自分にとって最適な転職先を見つけることがポイントです。

1位 薬キャリ

薬キャリ

薬剤師の転職サイトの代表格である薬キャリは、神奈川県で高収入を狙いたい方に最適な薬剤師転職サイトです。

他にも薬キャリは、休日多めの案件を多数取り扱っているという特徴もあります。

さらに神奈川県の薬剤師求人案件を調剤薬局から病院、企業までまんべんなく取り扱っているので、自分が希望する職場へ転職をしやすい傾向です。

経験豊富なキャリアアドバイザーがしっかりと転職サポートをしてくれるので、安心して利用することができます。

薬キャリ詳細ページ

2位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

神奈川県の企業で薬剤師として働きたいのであれば、マイナビ薬剤師がおすすめです。

マイナビ薬剤師は非公開求人を数多く持っており、その多くが企業の求人だからです。

質の高いキャリアアドバイザーが多く在籍しているマイナビ薬剤師は、利用者の満足度も高く、薬剤師転職支援サービスのランキングでは5年連続NO1に輝いています。

自分の条件に合った最適な求人を紹介してくれるので、求人数が多い神奈川県への転職もスムーズに行うことができます。

マイナビ薬剤師詳細ページ

3位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の魅力は、圧倒的な求人数を誇っていることです。

神奈川県の取り扱っている求人数も常時3,000件を超えているので、さまざまな条件の中から選ぶことができます。

リクナビ薬剤師には薬剤師専任のキャリアドバイザーがいるので、満足できる条件の求人をスピーディーに紹介してもらえるという特徴があります。

さらに求人の情報を事前に調査してくれます。転職までのスケジュールの管理もキャリアアドバイザーが行ってくれるので、働きながらでも転職活動をすることが可能です。

リクナビ薬剤師詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件