新潟県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

新潟県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

日本で5番目の面積を誇る新潟県は、米の産出量と清酒の消費量が日本一で、米以外の農産品も産出しています。

新潟県は広大なので、上越・中越・下越エリアと分かれていて、それぞれの地域で求人数に差があり、待遇面でも大きく異なります。

傾向として、新潟市を筆頭に調剤薬局の数が多く、大手調剤薬局チェーンから地域密着型の地場薬局まであります。

この記事では、新潟県の薬剤師転職事情を、最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイトなども含めて、徹底解析していきます。

新潟県の薬剤師転職事情

厚生労働省による、医師・歯科医師・薬剤師調査によると、新潟県の薬剤師の数は約4,000人になります。

そのうち、薬局勤務の薬剤師が半数以上を占め、6割に達しています。

他には、医療施設に勤務している薬剤師が2割、医薬品関係企業に勤める薬剤師が1割ほどになります。

薬学部のある大学は新潟県内で1校しかなく、卒業後の進路は6割が調剤薬局・ドラッグストアへの勤務、4割近くが病院への就職となっています。

しかし、新潟県には病院の数が限られているため、上京する学生が多い傾向です。

このように、ただでさえ不足している薬剤師が、都会に出てしまうこともあるため、慢性的な薬剤師不足が続いています。

その結果、新潟県で転職する薬剤師にとっては、転職しやすい環境であり、転職難易度は低くなっています。

平均年収はどれくらい?

新潟県の薬剤師の平均年収 587.9万円
平均月収 40.6万円
平均賞与 99.9万円
平均年齢 38.4歳
平均勤続年数 13.3歳
平均労働時間 165時間

新潟県で働く薬剤師の平均年収は、584.9万円です。全国平均よりも30万円以上高い金額になっています。

その背景には、3つほど理由があります。1つ目の理由は、新潟県が地方都市であることです。

一般的な仕事は、地方よりも都会のほうが高年収になる傾向ですが、薬剤師は異なります。

薬剤師は地方になるほど人手が足りず、高待遇で働くことができます。

2つ目の理由は、薬学部のある大学が1校しかないことです。

新潟薬科大学しか存在しないので、ライバルの数が少なく、薬剤師1人当たりの価値が高いです。

3つ目の理由は、高齢化です。新潟県は高齢化が進んでいるため、医療費が高くなり、薬剤師の活躍の場が増えます

。以上の理由から、新潟県の薬剤師は、高年収が期待できます。

求人はどの地域が多い?

新潟県には薬剤師が不足していて、高年収が稼げることが分かりましたが、新潟県は広大です。

どの地域を選ぶかによって、求人を探しやすいかどうかが変わります。

そのため、次は、新潟県で求人の多い上位3地域を紹介します。

1位 新潟市

80万人以上という、新潟県でダントツの人口を誇る政令指定都市、新潟市。陸・海・空の交通機関が充実し、高い都市機能を備えている新潟市は、海や山などの自然も豊かな地域です。

そして、食文化も豊富で、子育てにも適していて、とても過ごしやすいエリアになっています。

そんな魅力溢れる新潟市は、調剤薬局にドラッグストア、そして病院まで、薬剤師の勤務先も豊富です。

特に、調剤薬局の数が非常に多く、高い薬剤師人気を誇っています。

2位 長岡市

新潟県の中央に位置する長岡市は、県内外へのアクセスが優れている地域です。

JR上越新幹線に乗れば、東京駅まで100分程度で行けるアクセス環境になっています。

さらに、良好なアクセス環境だけでなく、長岡市は工業・商業も栄え、観光地としての人気もあります。

そんな長岡市は、新潟県で2番目の人口を誇る市であり、その関係から、調剤薬局の数が豊富です。

そのため、アクセス環境の良い地域で働きたい薬剤師に方にとっては、長岡市は良い選択になるでしょう。

3位 上越市

上越市は、本州の日本海側のほぼ中央、新潟県の南西部に位置している地域です。

平野部と山間部、そして海岸部が重なり合い、変化に富んだ多彩な魅力のあるエリアになっています。

上越市は、新潟県で3番目に人口の多い市になっていて、約20万人の方が暮らしています。

そのため、調剤薬局の数も多く、薬剤師にとっては選択肢のあるエリアです。

都市部から少し離れたところで、ゆったりと働きながら暮らしたいと考えている方には、上越市がおすすめです。

新潟県の薬剤師求人の特徴

新潟県の薬剤師人口は約4,000人と、新潟県の人口約230万人に対して、薬剤師の人口が大きく不足しています。

さらに、生活利便性の高い都市部に薬剤師が集中する傾向があり、地域によって偏りが見られます。

そのため、都市部の年収は平均的ですが、地方部になると高年収での求人情報が見つかる傾向です。

職種に関しては、都市部であれば、正社員からパート・アルバイトまで求人があります。

その一方、地方になると、正社員限定など選択肢が限られているケースが見受けられます。

勤務先は、都市部は調剤薬局からドラッグストア、そして病院まで幅広い職場から選択できます。

一方、地方部には調剤薬局がほとんどで、勤務先は限定されます。

新潟県のおすすめ求人

新潟県は、都市部と地方部で求人情報の傾向が違います。

都市部が良い、もしくは地方部が良いというシンプルなものではなく、それぞれに強みと弱みがあります。

それでは、新潟県のおすすめ求人トップ3を紹介します。

1位 株式会社ダイチク にいがた調剤薬局 長岡

勤務地 新潟県長岡市上条町字八ツ口362
アクセス JR信越本線 宮内(新潟)駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて、調剤業務、服薬指導、薬歴管理などを行う
雇用形態 正社員
給与 年収420万円以上(28歳モデル)
賞与 年2回(過去実績4.5ヶ月)
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
退職金
社員持株会制度
ストックオプション
休日・休暇 土曜日
日曜日
祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
慶弔休暇
出産・育児休暇
リフレッシュ休暇(最大10日間の連続休暇取得可能)

株式会社ダイチク にいがた調剤薬局 長岡は、JR信越本線 宮内駅から車で7分の、ロケーションの良い勤務先です。

こちらでは、薬剤師育成のための研修プログラムが充実していて、教育担当の薬剤師を作り、マンツーマン教育を行っています。

そのため、薬剤師として、しっかりとした教育を受けたい方は、株式会社ダイチク にいがた調剤薬局 長岡がおすすめです。

また、こちらのグループは430店鋪以上を全国的に配置しているので、全国を舞台に働くことも可能です。

新潟県以外でも働きたい考えがある方にとっても、この調剤薬局はおすすめです。

2位 株式会社カワチ薬品桜木ショッピングセンター店

勤務地 新潟県新潟市中央区女池南1-7-16
アクセス JR越後線 新潟駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて、OTC販売を実施する
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 月収30.2万円以上(23歳モデル)
年収450万円~500万円以上(24歳~30歳モデル)
時給1,800円~2,500円
賞与 年2回(平均4ヶ月)
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
団体生命保険
損害保険
厚生年金基金
財形貯蓄
退職金
社員持株会制度
資格取得(自己啓発)奨励金制度
慶弔見舞金制度
育児休暇制度
介護休職制度
社員割引制度
資金貸付制度
その他制度
休日・休暇 有給休暇慶弔休暇出産
育児休暇介護休暇

株式会社カワチ薬品桜木ショッピングセンター店は、新潟県の中で最も人気のある新潟市で働ける優良求人です。

都市部ですが待遇も良く、30歳で500万円以上の年収を稼ぐことができます。

さらに、福利厚生の充実ぶりが素晴らしく、資格取得奨励金制度や育児休暇制度、介護休職制度に社員割引制度など、数え切れないほどのサポートが受けられます。

また、薬剤師のスキルアップのために、教育研修やサポートシステムが充実しています。

さすがは東証一部上場企業と言える、質の高い職場環境が提供されています。

3位 株式会社世伸堂薬局世伸堂薬局

勤務地 新潟県上越市大潟区渋柿浜382-1
アクセス JR信越本線 犀潟駅
職種 薬剤師
仕事内容 調剤、服薬指導、薬歴管理などの保険調剤業務
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 年収620万円~720万円
賞与 年2回(過去実績4.5ヶ月)
福利厚生 雇用保険
労災保険
厚生年金保険
退職金
休日・休暇 日曜日祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇

株式会社世伸堂薬局世伸堂薬局は、新潟県で3番目の人口を誇る、上越市にある漢方薬局です。

最寄り駅は、JR信越本線 犀潟駅で、駅からは徒歩17分になります。

こちらの求人の最大の魅力は、待遇の良さです。給与が年収620万円〜720万円と、高額に設定されています。

そのため、薬剤師として高年収を稼ぎたいと考えている方に、おすすめの案件です。

この金額は、都市部ではなかなか見かけることができません。

また、高待遇でありながら処方箋枚数は1日35枚程なので、ハードワークでもありません。ゆとりがある環境で高年収を稼げるので、かなり人気のある求人です。

新潟県へ転職した薬剤師の体験談

ここまで、新潟県の薬剤師の求人動向を、おすすめ求人と合わせて紹介してきました。

次は、転職のイメージをつかみやすくするために、実際に転職した成功者の話を聞いてみましょう。

新潟県へ転職した3人の薬剤師の体験談を紹介します。

キャリアパスがしっかりしている

新潟県の地場薬局で働いていましたが、より大きな舞台で活躍したいと考えるようになり、転職サイトに登録しました。担当の方から複数の案件を紹介してもらいましたが、東北エリアで数十店舗を展開している大手調剤薬局に惹かれて、応募しました。結果、担当の方のサポートのおかげで転職に成功し、前よりもやりがいのある職場環境になりました。新しい職場では、経験を積むと薬局長になれるポジションで、キャリアアップが目指せます。また、幅広い年代の方が働いていて、アットホームで快適な職場環境です。マイカー通勤も可能なので、通勤の利便性も高く、ストレスの少ない職場です。キャリアアップを目指している方は、キャリアパスがしっかりしている大手の調剤薬局がおすすめです。
年齢 28歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 450万円
転職後の年収 470万円

待遇が改善した

諸事情で都会から新潟県に引っ越すことになり、薬剤師として新たな職場で働くため、転職活動を始めました。登録した転職支援サービスでキャリアアドバイザーに相談したところ、いくつか魅力的な案件を紹介してもらえました。その中でも引越し先に近い勤務先が見つかり、待遇も良さそうなので面接したところ、以前働いていた職場よりも高年収でオファーがもらえました。転職先は待遇が良くなっただけでなく、休日日数も増えたため、前よりも余裕のある生活が送れています。薬剤師に関しては、都会よりも地方のほうが、条件の良い求人がたくさんあります。
年齢 34歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 490万円
転職後の年収 550万円

通勤が楽になった

前職は良い待遇でしたが、生活利便性が低く、通勤のストレスも慢性化していたので、転職しました。転職サイト経由で紹介された求人は、とても人気のある勤務先で、高い倍率でしたが、なんとか内定を勝ち取れました。新しい職場は、新潟駅から徒歩3分の素敵な立地です。駅から3分なので、散歩感覚で着くほど便利な場所にあります。駅周辺は賑わっているので、仕事帰りに気分転換する場所もあります。また、全国展開しているドラッグストアなので、薬剤師が活躍できる場が豊富に用意されています。都市部の中心地で、恵まれた環境で働けているので、長期的なキャリアプランを考えています。
年齢 32歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 460万円
転職後の年収 480万円

新潟県でおすすめの薬剤師転職サイト

新潟県で薬剤師として働くのであれば、自分の力だけで努力するのではなく、情報の宝庫である転職サイトをフル活用しましょう。

しかし、具体的にどのような転職サイトを利用すれば良いのでしょうか。

最後に、3つの転職サイトを厳選して紹介します。

1位 アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコムは、1998年に創業された、薬剤師専門の転職支援サービスです。

市区町村・雇用形態・業種など、あらゆる項目からこだわり検索をすることができます。

さらに、転職支援サービスを利用すれば、キャリアアドバイザーのサポートも受けられます。

キャリアアドバイザーからは、履歴書・職務経歴書の書き方から、面接の心得など、転職に役立つテクニックやノウハウを吸収することができます。

新潟県の求人数1位なので、新潟県で転職をするのであれば、アプロ・ドットコムは外せません。

アプロ・ドットコム詳細ページ

2位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、大手調剤薬局チェーン、日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

当初は調剤薬局をメインに取り扱っていたので、調剤薬局の求人数は全国1位であり、薬剤師転職全体でも全国1位になっています。

ファルマスタッフでは、求人情報に記載されていない、職場の雰囲気や残業レベルなど、より深い情報をヒアリングすることができます。

そのような背景から、96.5%という高い転職相談満足度を誇っています。満足感のある転職相談を受けたい方は、ファルマスタッフに登録しましょう。

ファルマスタッフ詳細ページ

3位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、日本を代表する人材会社としての、ハイレベルなノウハウと優秀な人材が揃っています。

特に面接対策のレベルが高いので、希望の勤務先が明確な方、もしくは面接に不安を感じる方などは、リクナビ薬剤師の面接対策を受けるメリットがあります。

また、リクナビならではの営業力があるので、希望の勤務先があれば、交渉の際に強めにプッシュしてもらうことができます。

転職活動で強力なサポーターが欲しい方は、リクナビ薬剤師を選びましょう。

リクナビ薬剤師詳細ページ