病院薬剤師に転職するコツと失敗しない病院の選び方

病院薬剤師に転職するコツと失敗しない病院の選び方

薬剤師の資格を活かせる仕事は、ドラッグストアや調剤薬局など様々あります。

ですが仕事のやりがいや仕事を通して知識を得られること、さらに高年収が得られる可能性などを考えた場合「病院薬剤師」はとても魅力的な仕事になります。

多くの薬剤師が目指している病院薬剤師になるためのコツと、応募する病院の選び方をこの記事を読んでしっかり学んでください。

しっかり考え準備してから転職活動を始めることで、転職成功への道はグンと近づきますよ!

病院薬剤師へ転職するメリット・デメリット

この記事を読んでいる皆さんが病院薬剤師を志しているのには、きっと何かしらの理由があるはずです。

実際、病院で働きたいと考えている薬剤師さんは少なくなく、多いとは言えない求人を奪い合う状況にもなっています。

ですがもしかすると皆さんが思っている以外のメリットがあり、逆に考えていなかったデメリットもあるかも知れません。

それを踏まえた上で、もう一度だけ病院薬剤師を目指すかどうかを考えてみてはいかがでしょうか?

病院薬剤師へ転職するメリット

  • 知識を深めることができる
  • チーム医療の一員になったことが実感できる
  • 定期昇給が期待できる

病院薬剤師になる大きなメリットとは「仕事へのやりがい」と「スキルアップ」と言えるかも知れません。

また患者さんが元気になっていく姿を目の当たりにできたり、チーム医療を行う中での会話や論文などを通して多くの知識を手に入れることもできます。

薬剤師として一段と成長したい方にとっては、病院は最高の場所と呼べるのではないでしょうか?

病院薬剤師へ転職するデメリット

  • 夜勤があったり残業を求められることが少なくない
  • 初任給は高いとは言い難い
  • 精神的な負担を感じる場面がある

初任給が低めであるだけでなく、収入面だけで見ればドラッグストアや調剤薬局で働く方が高いということも実際すくなくはありません。

また働き先にもよりますが、夜勤があったり遅くまで残業したりと激務に追われてしまうか可能性も否定できません。

そして、これも病院によって違いますが、患者さんの命を預かるという大きなプレッシャーを感じてしまうこともあり得ます。

捉え方によっては、やりがいに繋がるかも知れませんが、楽な仕事ではないと考えておくほうが良いかも知れませんね。

まずは転職を希望する病院の種類を選ぼう

一口に病院と言っても全てが同じではありません。

「急性期・慢性期・回復期」のどこを受け持っているのかや、運営期間などによって呼ばれ方も仕事の中身も変わってくるのです。

これから本格的に転職活動を始める前に自分が働きたいと思う病院の種類を決めておくことで、仕事探しがスムーズに行える様になるはずですよ。

急性期病院

緊急に治療を行う必要がある病気や怪我をした方が、入院や手術を行うのが「急性期病院」です。

24時間体制で重症患者や急性疾患となった方に対しての治療も行いますが、2週間程度の入院期間であることが多く、長期入院する為の病院ではありません。

年齢問わず緊急に治療を必要とされる方は発生しますので、入院患者の年齢層は幅広くなっています。

2週間程度が過ぎ症状が落ち着いた患者さんは、後記する慢性期病院や回復病院に移っていくことになります。

慢性期病院

緊急を要する状況ではなくとも、長期間の治療が必要な場合は「慢性期病院」で入院したり治療を受けることになります。

生活習慣病などで入院される患者さんも多く、入院患者には高齢者の方が多いのも特徴です。

療養型病院と呼ばれることもありますが、寝たきりの方や幅広い介助が必要な方が多く入院されています。

回復期病院

「回復期病院」はリハビリなどを行い身体機能を回復させ、日常生活で必要な能力を取り戻すための病院です。

リハビリテーション病院などと呼ばれることもあります。

脳血管疾患や多発骨折などによって入院されることが多く、回復期病院で治療を受けている方も高齢者の割合が多くなっています。

疾患ごとに入院期間が定められており、一ヶ月から二ヶ月で転院する必要があります。

国公立病院

「国公立病院」とは国立病院と公立病院をまとめた呼び名であり、「公的病院」と呼ばれることもあります。

この2つには運営のされ方に違いがあり、国の予算によって運営されているのが「国立病院」、都道府県や市町村の予算によって運営されているのが「公立病院」となっています。

どちらで働いている方も基本的には公務員となりますので、比較的安定している仕事と考えられます。

ちなみに公立病院は地方自治体が運営しているので「自治体病院」とも呼ばれます。

民間病院

地域密着型の運営と治療をしていることがほとんどであり、「民間病院」は民間の医療法人により運営されています。

大小規模は様々ですが、国公立病院と違い税金から予算を得られるわけでもなく補助金なども期待できません。

多くの民間病院は都市部に集中しており、地方に行くほどに数が少なくなっていく傾向があります。

病院への転職を成功に導くコツ

病院薬剤師を目指した転職を成功させるのは、他の職種での転職を成功させるのとは少し違ったコツが必要となります。

何となく求人情報誌を眺めていたり、何気なく見つけた転職サイトに登録したとしても病院薬剤師にはよほど運が良くない限りは中々なることはできないはずです。

ですがコツと言っても決して難しいことではありませんので、これからご紹介する情報を参考にした上で転職活動をスタートしていただければ幸いです。

求人数が少ないから複数の転職サービスに登録する

薬剤師は有効求人倍率が10倍を超えており、はっきり言ってしまえば人材不足であり売り手市場です。

全職種での有効求人倍率が約1.4倍であることを考えれば、さらに人手不足であることが伝わるのではないでしょうか?

ですが病院薬剤師に限ってみれば、これは正しくはありません。

その証拠に求人数も少なく、その少ない求人を奪い合うことになってしまっているのです。

ですから少ないチャンスを逃さないためにも転職サイトや転職エージェントには複数登録する様にしてください。

せっかくのチャンスが知らないうちに通り過ぎていては、あとから後悔することすらできず勿体なさ過ぎますよね。

病院が求める人物像をリサーチする

一般的にですが、病院薬剤師には物事を深く考えることができたり研究熱心な方が向いていると言われています。

さらにチームとして動くことも多いのでコミュニケーション能力も高い方が働きやすいのも確かです。

ですがそれだけはでなく、各病院によって求めている人物像には違いがあります。

各病院のホームページに記載されている採用情報などを参考にして、求められている人物像をリサーチし、自分の考え方や性格・スキルにマッチした場所を探すことも大切です。

希望する種類とは違ってもまずは病院勤務の実績を積む

実は多くの病院では「病院薬剤師としての勤務実績」を高く評価してくれます。

それが例え応募したのと違う種類の病院での勤務実績だとしても、経験なしの方と比べれば大きなアドバンテージとなります。

ですから希望している種類と違う病院であっても、そこで働き実績を積む価値があるんです。

もちろん得られる知識には違いがあったとしても、得た経験は決して無駄にはなりません。

数少ないチャンスを確実に掴みたいと思うのであれば、積極的に行動し病院薬剤師としての実績を積んでおくことがその近道になるはずです。

病院薬剤師への転職は難しい?

転職先としての病院薬剤師はハードルが高いとよく言われます。

ですがドラッグストアや調剤薬局の薬剤師と比べて年収が低いこともあり、激務の職場も存在するのに転職が難しいなんて、何だか不思議な気がしませんか?

とは言っても実際転職するのは簡単ではなく、それにはもちろん理由があるんです。

新卒を育てる文化が根強い

病院薬剤師への転職を難しくしている理由の1つとして、「病院は中途採用を積極的には行わない」という文化とも言うべきものが挙げれらます。

ほぼほぼ新卒の薬学部出身者だけで枠が埋まってしまうので、中途採用をする必要自体がありません。

欠員が出た場合でも緊急でも無ければ翌年の新卒で補充することも多く、「新卒優遇」の考え方が病院薬剤師への転職を難しくしてしまっているのです。

求人数が少ないが人気は高い

新卒文化の影響もあり求人数自体が少ないのですが、さらにその数少ない求人を奪い合うことになるために競争率も高くなってしまいます。

病院薬剤師を目指す方の中には向上心が高い方も多く、採用されるのが非常に狭き門になってしまうことも少なくはありません。

求人数は少ないのに人気の高い仕事であるということをしっかり意識して、普段から心構えと出来うるだけの準備をしておく必要がありますね。

経験や実績をアピールしづらい

「病院薬剤師としての経験・実績」があれば、高く評価してもらえ転職できる可能性も高まります。

ですが、これは病院で働いたことのない薬剤師が、病院へ転職を果たすのは難しいということにもなります。

ドラッグストアなどで長く勤めていても、その経験や実績をアピールすることが難しいとうことが、病院への転職を難しくしている要因の1つであることは間違いありません。

求人のほとんどは慢性期病院

決して多いとは言えない病院薬剤師の求人ですが、そのほとんどは「慢性期病院」の求人です。

上記したとおり「病院での勤務実績」が高く評価される業界ですので、急性期病院を目指す方も経験を積むために、一旦は慢性期病院で働いてみるなどする必要まで出てきてしまいます。

そうして慢性期病院を目標としていなかった方までもが求人に応募することになってしまい、ある程度の数があるはずの慢性期病院の求人までもが競争率を高めてしまうことになってしまうのです。

病院薬剤師への転職におすすめ転職エージェント

病院薬剤師への転職には複数の転職サイトへの登録をおすすめしていますが、できれば1つか2つは「転職エージェント」へ登録してください。

さらになるべく「薬剤師の転職に強い」転職エージェントを選びましょう。

ここからは、なぜ転職エージェントに登録するべきなのか?

そして、どこに登録すべきかをお伝えします。

転職エージェントへ登録すべき理由

  • キャリアカウンセリングが受けられる
  • 各病院の内情など求人情報ではわからない情報を持っている
  • 非公開求人の紹介が期待できる

他にも職務経歴書の添削や面接対策が受けられることなど、転職エージェントを利用するメリットは幾つもあります。

特に上記した代表的なメリット3つは、転職を成功できるかどうかの鍵を握っているとも言えるものばかりです。

キャリアカウンセリングが受けられる

転職エージェントに登録したあとには、キャリアドバイザーやコンサルタントとの面談が行われます。

その中で皆さんがこれまで行ってきた職歴や資格などに関する情報収集を行い、最適な求人紹介を行ってくれます。

病院薬剤師にはなりたいと思っていても自分が選ぶべき病院がわからないという方も、このキャリアカウンセリングを通して進むべき道をハッキリさせることができるはずです。

「相談できる相手がいる」というだけでも、転職活動の不安を大きく減らすことができますよ。

各病院の内情など求人情報ではわからない情報を持っている

応募先を選ぶ際には求人票を参考にするはずですが、正直に行ってしまえば求人票だけではわからないことだらけのはずです。

おおよその月給や手当などの情報と簡単な仕事内容の説明だけが書いてあっても、他の求人と比較することは中々できません。

ですが転職エージェントならば、もっともっと詳しい情報を聞くことが可能です。

雰囲気や職場環境などの働きだしてみないとわかりにくい情報も聞けることもあり、応募先選びの大きな参考になります。

非公開求人が期待できる

多くの転職エージェントでは、一般にはオープンになっていない「非公開求人」を抱えています。

これらの求人は公開してしまうと応募が殺到してしまう危険が大きかったり、求人を出した企業が他社に知られることを避けたい案件であることが大半です。

病院薬剤師も応募が多く集まる求人の1つですので転職エージェントの非公開求人である可能性も高く、登録しなければその求人に出会うことすらできないかも知れないのです。

おすすめの転職エージェントはコレ!

これからご紹介する2つの転職エージェントは、質の高いサービスを提供してくれる「薬剤師向け」のサイトばかりです。

専門的知識が必要な仕事への転職には、その仕事に特化した転職エージェントを選ぶのが近道です。

皆さんも2つの内のどちらかには登録して確実にチャンスを掴んでください。

もちろん、この両方に登録したとしても全く問題はありませんよ。

薬キャリエージェント

薬キャリエージェント

  • 薬剤師登録者数No.1の転職エージェント
  • 医療業界専門のエムスリーグループが運営
  • 非公開求人多数、市場に出てない求人も探してくれる

10万人もの薬剤師が利用しているエムスリーグループが運営しており、医療業界との繋がりの強さから病院薬剤師の求人も多数見つけることができます。

また求人が出ていないとしても通勤圏内の職場に確認を取り、新たな求人の発掘まで行ってくれます。

薬剤師の転職に特化したサイトでありながら常時4万件以上の求人を抱えており、最短で即日10件の求人紹介も可能です。

薬キャリエージェントは、多くの求人から応募先を選びたい方や急いでいる方にもおすすめできる転職エージェントです。

薬キャリエージェント詳細ページ

ファーマキャリア

ファーマキャリア

  • 希望条件に合わせたオーダーメイド求人を作ってもらえる
  • コンサルタントの質が高く、対応が丁寧
  • 常時20,000件以上の求人を掲載

転職サイトであっても転職エージェントであっても、すでにある求人を紹介したり掲載するのが一般的です。

それに対してフォーマキャリアの「オーダーメイド求人」は、薬剤師さんが求める条件に合わせてオーダーメイドで求人を作成してくれるのです。

つまりこのサイトで紹介される求人は1点ものであり、他のサイトでは出会うことのできない求人とも言えます。

さらにコンサルタントの質にも定評があり、あえて担当する求職者の数を絞ることで丁寧な対応を実現させています。

ファーマキャリア詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件