山口県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

山口県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

山口県といえば、風光明媚な景色や温暖な気候で有名です。

歴史的建造物や天然記念物なども多く、言わずと知れた観光スポットも多くあります。

そんな山口県でも近年では、急激な高齢化社会に見舞われており、医師や看護師と同様に薬剤師の数が大幅に不足しています。

県内にも多くの病院やクリニック、診療所などの医療機関がありますが、その多くが薬剤師を求めているのです。詳細について見てみましょう。

山口県の薬剤師転職事情

山口県の病院やクリニック、診療所などの医療機関における薬剤師の転職難易度について気になる方も多いのではないでしょうか。

この点については、薬剤師になるための国家資格を所持していれば、過度に心配する必要はありません。

むしろ、山口県の医療機関では、薬剤師としての経験があれば、積極的に採用する意向を示すケースが増えています。

現役の薬剤師はもとより、ブランクがある薬剤師でも積極的に受け入れる医療機関が多いのも特徴といえます。

平均年収はどれくらい?

山口県で勤務する薬剤師の平均年収について見てみると、その勤務先によっても大きく異なることがわかります。

簡単ではありますが、下記の表にまとめてみました。

製薬会社 650万円
病院 575万円
調剤薬局 550万円
ドラックストア 400万円

あくまでも、平均的な数字となるため、一概にいうことはできませんが、やはり製薬会社での勤務が650万円と突出して高い年収を得ることができるようです。

薬剤師の資格を取得したからには、製薬会社の勤務にも憧れる人も多いのではないでしょうか。

次いで、病院勤務で575万円という年収を得ることができます。

それぞれの病院によって、夜勤や早朝勤務、シフト勤務などもありますので、応募する際には事前に確認することが重要となってきます。

求人はどの地域が多い?

山口県と一口にいっても、県内には多くの市町村があります。

県内で最も薬剤師の求人数が多いのはどの市町村かというところも気になるポイントではないでしょうか。

ここでは、上位の3つの自治体について見てみることにしましょう。

1位 下関市

堂々の1位になったのは、下関市です。下関市といえば、その存在を知らない人はいないといっても良いほどの知名度を誇ることでも知られます。

そもそも、人口数も約27万人を抱えるほどの大都市であり、県内でもナンバーワンです。

山口県内でも、他の都道府県と同様に過疎化や高齢化などの問題が取りざたされていますが、下関市はそのような課題にいち早く対峙することで、理想的な人口推移を実現してきました。

具体的には若い世代の人口が増えており、人口減少に歯止めがかかっているのです。

2位 宇部市

堂々の2位にランクインしたのが宇部市です。

宇部市についても、人口減少という課題に直面している自治体ということができます。

人口数は約16万8千人を誇りますが、高齢化率も高くなっています。

宇部市でも薬剤師の求人数が増加傾向を見せており、その背景にあるのが、急速に進む高齢化社会であることはいうまでもありません。

宇部市では自治体が中心になり、病院やクリニックなどの医療機関の誘致を進めた結果、人口10万人当たりの医療機関数も15施設を超えるなど改善傾向が見られます。

3位 山口市

薬剤師の求人数の3位に入ったのは山口市です。

山口市も山口県を代表する自治体の一つとして有名であり、人口約19万4千人を誇ります。

山口県の経済や行政の中心的役割を果たしている自治体といっても過言ではないほど、さまざまな活動が盛んです。

病院やクリニックなどの数も多く、入院施設を持つ医療機関が多いのも特徴といえるでしょう。

課題となっているのが、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の不足です。

山口県の薬剤師求人の特徴

山口県の薬剤師求人の特徴として挙げられるのは、一にも二にも求人数に対して、実際の供給量が足りていないという点です。

一言でいえば、引く手あまたの状況といえるのではないでしょうか。

そのため、山口県への移住や転職を検討している薬剤師にとっては願ってもない環境といえます。

年収については、病院勤務の平均年収でも575万円ほどとなっており、まずまずの高収入が期待できます。

また、職種や雇用形態についても、勤務する薬剤師のライフステージに合わせてくれるところも増えています。

必ずしも正社員としての採用にこだわることなく、パートタイマーや派遣、契約社員などといった働き方もあります。

育児休暇や時短勤務、フレックス勤務などを採用する病院も増加中です。

山口県のおすすめ求人

実際に山口県の求人について、どのような求人があるのかも気になるところです。

薬剤師として山口県内の診療機関で勤務するなら、少しでも待遇の良いところでの勤務を希望するのも当然のことです。詳細について見てみましょう。

1位 みどり病院

住所 山口県岩国市由宇町359-1
アクセス JR山陽本線(岩国〜門司) 由宇駅から車で10分
雇用形態 正社員
勤務時間 シフト制
給与 年収500万円~
福利厚生 各種保険
有給休暇
育児休暇
託児所完備

こちらの病院の魅力は、なんといっても託児所完備という点ではないでしょうか。

薬剤師の方の中でも、乳幼児を抱えながらの勤務という人も決して少なくありません。

そのような薬剤師にとってみれば、子どもを安心して預けることができるというメリットは計り知れないといえるでしょう。

また、給与についても、年収ベースで最低でも500万円が支給されますので、収入面の不安や不満を感じることもありません。

むろん、残業をすれば、基本給の他に残業手当が支給されます。

2位 山口若宮病院

住所 山口県山口市下小鯖1522
最寄駅 山口駅
雇用形態 正社員
勤務時間 3交代制
給与 年収580万円以上
福利厚生 各種保険
有給休暇
育児休暇
再雇用制度有

勤務時間が3交替制となっており、身体への負担が大きいことは否めませんが、その分収入が多くなるため、魅力的といえるでしょう。

夜勤や早朝勤務をどれだけこなすかによっても異なりますが、年収が580万円というのは嬉しいポイントです。

また、本人の希望が大前提となりますが、再雇用制度もありますので、シニア世代になっても勤務することが可能です。

各種保険や有給休暇も充実しているため、働きやすさという点では申し分ないといえるのではないでしょうか。

3位 林病院

住所 山口県山口市小郡下郷751-4
アクセス 新山口駅徒歩15分
雇用形態 正社員
勤務時間 9:00~18:00
給与 月給19.5万円〜24.5万円(相談可)
福利厚生 各種保険
有給休暇
育児休暇
社員寮完備

林病院が3位にランクインしました。こちらの病院の良さは、勤務時間が原則として昼間の時間帯のみとなる点です。

育児や家事などが忙しいママ薬剤師にとっては、見逃せない条件といえるのではないでしょうか。

夜勤や早朝勤務が無い分、収入も若干少なめとなりますが、経験の有無などによっては、相談に乗ってくれますので、要望があれば積極的に相談してみるのも良いかもしれません。

また、転職者にはありがたい、社員寮も用意されています。

住まいの確保が必要になる方にとっては嬉しい限りです。

山口県へ転職した薬剤師の体験談

これから山口県への転職を考える人にとって参考になるのが、実際にこれまでに山口県への転職を経験した人の率直な声や意見かもしれません。

いくら、イメージを膨らませて見ても、何かと不安はつきまとうものです。

これまでに山口県への転職を果たした人の体験談を見てみましょう。

辛かった長時間労働!辞めて正解

年齢 34歳
転職前年収 600万円
転職後年収 540万円

私が転職を決意したのは、薬剤師としての勤務自体には特段の不満もありませんでしたが、なんとなく都会での生活に息苦しさを感じるようになったのがきっかけです。大学進学のために上京し、そのまま東京都内の病院勤務となりました。年収は600万円もあり、同世代の会社員よりもかなり多くの収入をもらっています。しかしながら、連日のように続く長時間労働に嫌気がさすようになります。結局、退職することになり、生まれ故郷の近くにある山口県内の病院に転職することに。転職後は年収も大幅にダウンしましたが、毎日楽しく仕事をできている自分に満足しています。残業もほとんどすることなく、プライベートも楽しめます。

保守的な考え方に不満爆発!転職のきっかけに

年齢 47歳
転職前年収 620万円
転職後年収 620万円

私が山口県の病院への転職を決めたきっかけは、マンネリ化していた自分に対して「これではいけない」という気持ちが、どんどんと大きくなってきたことでした。実は転職する前の私は、薬剤師の中でも、責任ある立場としてさまざまなことを任されていました。シフト管理はもとより、新人薬剤師の教育指導なども引き受けていたのです。不満を持っていたのは、あまりにも大きな組織のため、なかなか自分の希望や意思が採用されることがない点です。院長や事務局長に相談を持ち掛けても、まともに相手にしてくれることはありません。そのため、私は小規模でも良いから自分の裁量や権限で色々なことができる病院への転職を決めました。責任は大きいですが、やりがいに満ちています。

女性独特の人間関係!限界を感じて転職

年齢 30歳
転職前年収 390万円
転職後年収 430万円

夢と希望を持って薬剤師の道を歩いてきましたが、あまりにも理不尽なことが続いたため、職場を変えたいという思いに至りました。前々から薬剤師が勤務する現場は女性が多いため、人間関係の難しさに直面する可能性が大きいことはわかっていたつもりです。でも、まさかここまで酷いものだとは想像もつきませんでした。あろうことか、リーダー格の薬剤師に目を付けられてしまったため、徹底的に厳しい職場環境に追い込まれてしまいました。シフトも自由に組ませてもらえず、何かと嫌がらせを受けることになります。そんな状況に耐える必要性を見出すこともできず、転職することにしました。今では、伸び伸びと仕事に打ち込めているため、後悔はありません。

山口県でおすすめの薬剤師転職サイト

山口県内の病院やクリニックなどの医療機関への転職を検討している薬剤師にとっては、どのようにして転職先を見つけたら良いのかという思いを持つ人も多いのではないでしょうか。

自らの手で一から転職先を探すことは至難の業といわざるを得ません。

そんな転職を希望する薬剤師の強い味方となるのが、転職サイトです。山口県内の求人に強い転職サイトについて見てみましょう。

1位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

山口県内への転職を検討している薬剤師に最もおすすめな転職サイトに選ばれたのが、マイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師といえば、知る人ぞ知る転職サイトとしても有名です。

なぜマイナビ薬剤師が山口県内の薬剤師の求人にも強いかという点については、担当者が薬局や病院、クリニックなどに足繁く出向いているからといえるでしょう。

現場の生の声を聞くことが、転職サイトの担当者に求められる最も重要なポイントです。

薬局や病院、クリニックなどの人事担当者に会って情報を得ることで、実際にどのくらいの人員が必要かなども着実に把握することができるでしょう。

また、マイナビ薬剤師は、厚生労働省のお墨付きも得ているため、社会的信用という点でも申し分ありません。

個人情報や機密事項の管理も厳重になされているため、安心して利用できます。

マイナビ薬剤師詳細ページ

2位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

堂々の2位にランクインしたのは、ファルマスタッフです。

ファルマスタッフも既に多くの薬剤師を薬局や病院、クリニックなどに送り込んできた実績があります。

山口県にもファルマスタッフの拠点があり、担当者が常に各現場の薬剤師のニーズの把握に努めています。

ファルマスタッフの強みは、日本調剤とのネットワークを最大限に活かしての取り組みができる点にあります。

そのため、転職希望者にとっても気になる、高収入案件などを多く持ち合わせているケースも少なくありません。

いわゆる非公開求人をたくさん持っているのも、ファルマスタッフならではといえるのではないでしょうか。

非公開求人は、薬局や病院、クリニックなどから、特定の条件を満たす人材が欲しいなどという場合が多いため、自ずと好条件が期待できます。

ファルマスタッフ詳細ページ

3位 薬キャリ

薬キャリ

薬キャリが3位に入りました。薬キャリは、言わずと知れた薬剤師向けの転職サイトであり、登録者の数もトップレベルといえるでしょう。

薬キャリといえば、そのスケールメリットには定評があり、親会社のエムスリーのネットワークを使うことができるのも、利用者にとってのメリットです。

また、転職希望者を何かとサポートしてくれるキャリアアドバイザーの質の高さも評判です。

面接での受け答えはもちろんのこと、職務経歴書や履歴書の書き方などについてもアドバイスや助言をしてくれます。

特筆すべきは、元々は薬剤師だったというキャリアアドバイザーも多く、薬剤師として勤務する上での心構えやリラックス方法まで教えてくれることもあります。

薬キャリ詳細ページ