30代から薬剤師を目指すのは無理?転職先は見つかる?

30代から薬剤師を目指すのは無理?転職先は見つかる?

医薬品のスペシャリストであり、医師や看護師と共に日本の医療を支える薬剤師。

専門性が高く、簡単にその資格を取得することはできません。

しかし薬剤師資格を持っていれば、場所を選ばず仕事を見つけやすくなりますし、何より他の仕事と比べてはるかに高い給与を手にできます。

そんな薬剤師は、現役の学生だけでなく、30代から目指すことも充分可能。今回は30代から薬剤師を目指すにあたっての注意点や、ねらい目の転職先業態などをご紹介していきます。

当サイトで人気の薬剤師転職サイト
大手マイナビ運営で安心!満足度No.1の転職エージェント
マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師
公開求人数 58,000件以上
対象年齢 20代~50代以上
対象エリア 全国
特徴 利用者満足度NO.1

公式サイトはこちら

30代を超えて薬剤師を目指す人は珍しくない

薬剤師になるためには、大学の薬学部で6年間勉強をして、国家試験に合格しなければなりません。

なので、薬剤師を目指すのは20代の大学生たちだけ…というワケでもないんです。

実は薬剤師の国家試験には年齢制限がなく、30代を過ぎてから薬剤師を目指す方もたくさんいます。

もちろん薬学部に入学しなければならないため、懸念点は多いでしょう。しかし資金や意欲さえあれば、今からでも薬剤師になることは充分に可能なんです。

働いてお金を貯めて薬学部のある大学に通う人は多い

30代から薬剤師を目指す方に多いのは、一度就職して自分でお金を貯めて、夢だった薬剤師への道を歩む方。

大学では薬学部への入学が叶わなかったけれど、やっぱりもう一度薬剤師を目指したい。そんな方は意外と多かったりします。

薬剤師を30代から目指すのは無理かな…?と心配になる必要はありません。

30代の未経験でも資格があれば十分転職は可能

薬剤師として働き始めるにあたって、30代という年齢はネックになるのでしょうか。

実は、他の仕事に比べると、そこまでネックにはなりません。求人サイトなどを見てみると、経験を問わない求人は多いですし、結婚や出産で離職したブランクがある方などを積極的に採用しようとする求人もあります。

特に地方などにおいては人手不足の現状もあるようなので、多少年齢を重ねていたとしても、そこまで大きな問題にはならないでしょう。

社会人経験があれば採用されやすい

社会人経験があるということは、基本的なビジネスマナーや敬語などは身に付いているはず。

また仕事への心構えやモチベーション管理なども、新卒の学生と比べてはるかに出来るはずです。

たとえ薬剤師としての経験がなくとも、こうした下地は転職活動において強みになるでしょう。

また、前職の業務内容によっては店舗運営や接客などで活かせるものもあるはず。ぜひ転職活動の際にはアピールしてください。

職場を選ぶ際は勉強できる環境を選ぶ必要あり

30代で薬剤師になった場合、同僚が自分より年下なんてことはざらにあります。

薬剤師としてのキャリアで後れを取ってしまっている分、職場を選ぶ際はスキルアップできるかどうかを重視しましょう。

特に学習機会が多く設けられており、定期的に勉強会や講習会に参加できる環境を選ぶとなおよいです。

今後薬剤師として活躍していくためにも、薬剤師としての知識を吸収できる安協を整えることを念頭に置いておきましょう。

30代超えて薬剤師を目指すときの注意点

薬剤師を目指すことは、誰でもできます。しかし目指す上でいくつかの注意点があります。

入学してから卒業まで6年間かかる

薬剤師になるためには、少なくとも6年間大学で勉強しなければなりません。30歳で入学したとして、卒業するころには36歳です。

年齢を重ねるということは、それだけ社会人としてのリスタートが遅くなるということ。

もちろん薬剤師の資格を手にできればそのハンデも少なくなるとは思いますが、そのくらいの時間が掛かるということは、当然念頭においておきましょう。

薬剤師試験のチャンスは一回だけ

薬剤師になるための国家試験は、年に1回しかありません。もしこの1回で合格できなければ、その1年は当然ながら薬剤師として働くことができません。

30代、つまり既卒の方は、現役の方に比べて合格率が低いと言われています。

これは薬剤師の国家試験に限ったことではありませんし、理由は諸々あると思いますが、モチベーションの維持が大きな要因です。

年齢のこともあり、勉強だけに打ち込むことへの引け目や将来への不安、色んな事情が相まって合格率を左右します。一概に全員に当てはまるワケではないのですが、30代から薬剤師を目指すのであれば、1回の試験で合格することが大きなポイントになると思います。

もちろん合格できずとも、1年後の試験をもう一度受けなおすことはできます。

相当の学費と生活費が必要

薬剤師になるために避けて通れないのが、お金の問題です。薬学部の学費は医学部並みに高く、6年間の学費なら、国公立で合計350万円ほど、私立でなんと合計1,200万円ほどかかると言われています。

しかもこれは学費のみ。これに食費や家賃などの生活費も入ってくると、相当な金額が必要になってきます。

親などの援助を受けられるならよいのですが、自分で学費を全て捻出しようとすると、相当努力して貯金しなければなりません。

「薬学部に通いながらアルバイトすればいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし現実的に不可能です。最初の2年ほどはまだアルバイトも出来るかもしれませんが、徐々に勉強が忙しくなり、参加必須の実習なども増え、とてもアルバイトを出来るような環境ではないでしょう。

何より、アルバイトが原因で勉強時間が減り、結果的に国家試験に落ちてしまえば本末転倒。やはり入学までに学費と生活費は確保しておく必要があります。

薬剤師になってもキャリアは一からスタートする

国家試験に無事合格して薬剤師になれたとします。当たり前ですが、年齢は30歳を過ぎていたとしても、キャリアはイチから。たとえ社会人経験があったとしても、関係ありません。

現役で薬剤師になった、自分より年下の先輩たちがたくさんいる中で仕事をしなければなりません。

もちろんこれは薬剤師の世界に限ったことではないでしょう。しかしスタートが遅いことによるハンデは、必ずあります。

周囲よりも役職に就くのが遅くなってしまったり、年収が上がるのも時間が掛かります。しかし年齢よりも実力や経験が重視されるのは、どんな仕事でも当たり前のこと。それを理解した上で、イチから努力していかなければなりません。

薬剤師になってからも勉強は常に必要に

薬剤師になったからといって、そこで薬学知識を身に着けるのは終わりというわけではありません。

実際に調剤薬局やドラッグストアで働き始めてからも、薬はどんどん新しく増えていきますから、常に知識を吸収していく必要があります。

また、薬剤師としての知識だけではなく、運営していくための効率的な仕事の進めかたなどを周囲から学んでいく必要があります。

最初から高収入は難しい

どの職種にも共通することなのですが、最初から高収入を目指すのは難しいといえるでしょう。

薬剤師としての経験が長い方が転職するのであれば、経験やスキルを買っていい条件で転職できる場合もあります。

しかし30代になって未経験の状態から薬剤師としてスタートする場合は、新卒と同じ扱いになりますから、経験やスキルを買ってもらえるのは稀です。

薬剤師に対して高収入を期待している人もいるかもしれませんが、前職の給与によっては年収ダウンしてしまう可能性もあります。

しかし今後キャリアを積み上げていくことによって、給与もそれに伴いあがっていきます。

もし30代から薬剤師を目指す理由が年収アップである場合は、現在の収入と薬剤師として働き始めた時の年収を比較してみてください。

30代超えて薬剤師になった人におすすめの転職先

薬剤師は、比較的将来安泰な仕事だといえます。

医療がある限り、薬剤師という仕事は求められます。最近では徐々に飽和しつつあると言われることもあるようですが、それでも求人サイトを見ると薬剤師の求人が溢れており、ニーズはまだまだ充分にあります。

では、30代から薬剤師として働く、となるとどうでしょう。

就職活動をするとなると、現役の新卒たちと同じ土俵で戦うことになります。企業としては、同じ未経験者を採用するなら、より長く働いてくれる若手を採用したいと思うのは当然のこと。30代という年齢がネックになり、思うように就業先を見つけられないこともあるかもしれません。

しかし、きちんと狙いを絞って転職活動をすれば、充分に勝機はあります。ここではねらい目の2つをご紹介していきます。

ドラッグストア

まず、ドラッグストアです。最近では調剤機能を持たないドラッグストア(薬局と名乗れない)も目立ってきましたが、調剤併設型ドラッグストアは世の中にたくさんあります。

実はドラッグストアで働く薬剤師は、病院薬剤師や調剤薬局薬剤師と比べて給与が高いのが特徴です。運営会社やエリアにもよるので一概には言えませんが、あるデータでは約50万円近く高いというものも見られます。

理由は大きく2点。一つは、ドラッグストア業態が好調で、近年業績を伸ばしていること。そしてもう一つは、勤務時間・休みが関係しています。ドラッグストアは病院や調剤薬局と比べて営業時間が長く、24時間・365日営業しているところも増えています。

土日の勤務や夜遅い時間の勤務などもあるため、体力的な大変さはあるかもしれません。また調剤以外に品出しや在庫管理、接客など、薬剤師からは敬遠される仕事も…。それゆえに、転職先としてはねらい目でもあります。

店舗数を増やしている企業の場合、実力や意欲さえあれば上のポジションも目指しやすいでしょう。

ドラッグストアへの転職ってあり?薬剤師の転職で後悔しないための秘訣

調剤薬局

調剤薬局も、店舗によってはオススメです。

実は調剤薬局の数は全国に5万件。コンビニよりも多いと言われており、今後は淘汰が進んでいく可能性があります。

そんな中でも安定して集客が見込めて、薬剤師たちからも人気が高いのが、商業施設内の調剤薬局です。

大型ショッピングモールなどには、だいたい病院や調剤薬局が入っています。立地柄お客様を確保しやすく、経営難の心配もありません。

もちろんドラッグストア同様に、土日の勤務や夜遅い時間の勤務などもありますが、それを補って余りある安心感もあります。

薬剤師が調剤薬局へ転職する秘訣!転職成功へ導くポイント

当サイトで人気の薬剤師転職サイト
大手マイナビ運営で安心!満足度No.1の転職エージェント
マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師
公開求人数 58,000件以上
対象年齢 20代~50代以上
対象エリア 全国
特徴 利用者満足度NO.1

公式サイトはこちら

薬剤師の仕事は今後も収入は安定している?

AIが薬剤師の現場に投入されると、薬剤師の仕事が無くなってしまうかもしれない。そんな記事やニュースを目にしたことはありませんか?

確かにAIの導入の可能性は示唆されており、薬剤師の仕事の現場は大きく変わる可能性があります。もしかすると、薬剤師の人数も減ってしまうかもしれません。

しかしこれは、何も薬剤師に限ったことではありません。どんな業界でも同じようにAIの導入がうたわれており、それを受けて人間がどんな価値を提示していくかを考えています。

特に薬剤師においては、近年『かかりつけ薬剤師』や『認定・専門薬剤師』など、人間だからこそできるような役割も新たに模索されており、薬剤師の在り方も変わってきています。

もちろん生き残っていくためには、自分自身が努力をしなければなりません。しかし、直ちに薬剤師の仕事が無くなるようなことはないですし、専門性の高い薬剤師の収入が大きく減っていくようなこともないでしょう。

他の職種に比べると、はるかに安定して高収入を得られる仕事ということに間違いはありません。

薬剤師専門の転職エージェントを有効活用しよう

30代で薬剤師として転職するのであれば、可能な限り薬剤師専門の転職エージェントを利用するようにしましょう。

特に30代になって薬剤師資格を取得した人であればなおさらです。

1人で求人を探して条件を比較することもできますが、時間も手間もかかってしまいます。

また自分一人で転職対策をしなければならないので、第三者に添削してもらうことも難しくなってしまいます。

薬剤師専門の転職エージェントを利用すれば、年代やスキル・転職条件に応じた求人を紹介してもらうこともできます。

登録すれば利用者1人につきコンサルタントが1人付いてくれますので、転職対策のサポートも受けられますし、転職のスケジュール調整も担当してもらえます。

未経験におすすめ薬剤師転職サイト・エージェント

未経験から薬剤師へ転職を考えている人には、こちらの転職サイト・エージェントがおすすめです。

薬キャリ

薬キャリ

現役薬剤師に最も選ばれている転職サービスといえば、「薬キャリ」です。

あなたの要望に合わせてオーダーメイドの求人を紹介してくれるので、他のサービスでは求人が見つからなかった方にもおすすめです。

一番多くの求人が集まる転職サイトなので、とりあえず登録しておいて間違いないサービスです。

運営元は医療従事者向けメディアを運営しているエムスリーですので、業界内からの信頼も厚いです。

求人情報に掲載されていないような、実際の内部事情を共有してもらうこともできます。

薬キャリ詳細ページ

薬キャリ公式サイト

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、実際に利用した人たちからの評価が高く、離職率が高いと評判の転職サービスです。

薬剤師の求人はもちろん、薬剤師取得見込みの学生や、登録販売者向けの求人も紹介しています。

マイナビ独自のネットワークで、全国の企業と繋がっているのも魅力で、大手の求人が多いのも特徴です。

マイナビ薬剤師の詳細ページ

マイナビ薬剤師公式サイト

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

転職サポートの充実度で選ぶならファルマスタッフがおすすめです。

あなたの一緒になって今後のキャリアを考えてくれるので、薬剤師としてのキャリアに悩んでいる方にもおすすめ。

また福利厚生が充実した大手薬局の求人や、薬剤師派遣の求人など幅広く紹介しているので、あらゆる働き方にも対応できます。

求人選びに悩んだら登録してみるといいでしょう。

ファルマスタッフ詳細ページ

ファルマスタッフ公式サイト

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアも薬剤師専門の転職エージェントです。

比較的新しいサービスではありますが、オーダーメイド求人という斬新なサービスで注目を集めています。

オーダーメイド求人では、利用者の求める条件に合わせて求人を作り替えてもらうことができます。

また、求人を出していない施設に対して、求人を出してもらえないか打診してもらうことも可能です。

せっかく薬剤師になれたのだからいい条件で働きたい!と考えている30代はぜひ利用を検討してみてください。

ファーマキャリアの詳細ページ

ファーマキャリア公式サイト

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は転職業界最大手ともいわれるリクルートが運営する転職エージェントです。

登録も簡単、これまでの他サービスでの紹介実績から、企業とのつながりも非常に多く持ち合わせています。

また、正社員求人に特化しており、転職の際に派遣求人を紹介されることはありません。

条件が良いとされる非公開求人も、全求人数の7割強といい条件で転職したいならぜひリクナビ薬剤師を利用してみてください。

リクナビ薬剤師の詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件