ドラッグストアへの転職ってあり?薬剤師の転職で後悔しないための秘訣

ドラックストアで働く薬剤師は、どのような業務をこなしているのでしょうか。

調剤薬局や病院で働く薬剤師とはどのような違いがあるのか、またどんな薬剤師におすすめなのかなど解説していきます。

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容

ドラッグストアで扱われる商品は多岐に渡りますが、なかでも「一般用医薬品」が大部分を占めており、医師からの処方箋が無くても購入し服用できる医薬品を指します。

テレビCMなどで宣伝をしている風邪薬や頭痛薬なども一般用医薬品の部類に入り、「大衆薬」や「市販薬」と呼ばれることも特徴です。

さらに、一般用医薬品は3つ種類の第一類医薬品=ニコチン貼付剤等、第二類医薬品=風邪薬等、第三医薬品=ビタミン剤等に分かれています。

そして、第一類医薬品と第二類医薬品は、指導や情報提供を登録販売者や薬剤師が対応しなければ販売できません。

薬剤師の仕事は、指定の医薬品を販売するときに行う指導や情報提供です。

ドラッグストアで薬剤師が購入や指導をする際には、間にカウンターがあり、カウンター越しで指導や医薬品の購入などをすることが特徴です。

そのため、「over the counter」の頭文字を取り、一般用医薬品のことを「OTC医薬品」とも呼ぶこともあります。

当然、薬剤師の仕事は医薬品の販売だけではなく、ドラックストアで働く以上はPOPの作成やレジ打ち、商品の陳列なども行うことになるのです。

また、調剤併設型ドラッグストアと呼ばれる店舗でも薬剤師が活躍しています。

ドラッグストアで働きながらも調剤薬局と同じような業務を日々行うため、薬剤師の中でも調剤についてのスキルや経験を積んでいきたいと考えている場合に最適です。

調剤併設型でも、仕事内容を調剤のみにする場合と、ドラッグストアでの一般用医薬品の販売やその他の業務も行う場合に分かれるケースがあります。

勤務場所はドラッグストアが良いが、可能な限り調剤に専念したいと考えている人は、あらかじめ仕事内容についての確認をしておきましょう。

調剤薬局や病院との違い

病院で働く薬剤師は、病院内で患者に対して薬の提供を行います。

また、ドラッグストなどでは販売されていない薬の調合である製剤業務や、救急患者を医師とともに対応する救命救急業務と呼ばれる仕事も行うことがあるのです。

ほかにも、あらかじめ注射器に必要な薬を入れておく、注射調剤業務などさまざまな仕事をこなします。

病院では忙しさと緊張の中で仕事をする事になりますが、薬剤師として達成感、充実感を求める人に向いている職場です。

ドラッグストアはきつい?

ドラックストアで働きたいと考えている人は、「地域の方の役に立てる仕事がしたい」という思いから、薬剤師を志した人も多いです。

何故なら、調剤薬局は処方箋をもらった時にだけ立ち寄る場所であるのに対し、ドラッグストアであれば、地域の人々が日々の生活の中で足を向ける場所であるため、それだけ密に触れ合う機会が増えるからです。

ドラッグストアでは、来店した人とのコミュニケーションが必要となり、症状や相談に合わせて臨機応変に対処する必要があります。

接客業ともいえるため、クレーム対応や厄介なお客さんへの対応なども必要なことがデメリットです。

しかし、不特定多数の人を相手にするため、コミュニケーションスキルは向上するでしょう。

ただし、ドラッグストアの薬剤師への転職を考えている場合、気を付けなければならないこともあります。

それは、名ばかり管理職を避け、残業代の支給や勤務時間を考えることです。

管理職についたものの残業代の支給がなくなると、転職前よりも給料が下がってしまうというケースがあります。

求人の場合、残業手当が支給されると明記されていることはもちろんですが、どの程度の残業代が支払われるのかは求人票だけではわからないため、実際に聞いてみることも大切です。

ドラッグストアは薬剤師から人気が高い?

収入の高い求人が多い薬剤師ですが、中でもドラッグストアは特に給与面での魅力が大きく、期待できる職場です。

ドラッグストアは大手企業が経営している場合も多く、その分、ほかの求人と比較しても待遇面おいて優れているものが多いでしょう。

ドラッグストアで勤務する一般薬剤師としての収入とは別に、店舗や会社で管理職などに就くことで役職手当を得ることができ、通常の給与に+αされることによって高い収入を得られる可能性もあります。

また、ドラッグストアは全国各地に多く展開しており、店舗数の増加と併せて営業時間も長くなる傾向があることが特徴です。

勤務地や勤務する時間帯、募集の人数の増加など、採用される側に有利な状況だといえます。

時短やパート、派遣など働き方を選べるため、ライフスタイルに合わせてられることも人気の理由です。

さらに、コミュニケーションスキルや薬剤師としてのスキルも身につくでしょう。

ドラッグストアに来店するお客さんの目的はさまざまです。

薬剤師として多くの人の心身の悩みや症例に触れることは重要であり、日常的に薬剤の経験を積めるだけでなく、相手の悩みを解決することでコミュニケーション能力を磨くこともできます。

ドラッグストアはどんな薬剤師に向いている?

ドラッグストアの薬剤師になるためには、様々なお客さんに対応するためのコミュニケーションスキルが重要です。

地域の方と密接な関わりを持つ仕事であり、相手の気持ちになって話を聞くこと、お客さんが抱える悩みを聞いて理解することで、最適なアドバイスができます。

そのため、人に喜ばれる仕事がしたいというホスピタリティ溢れる気持ちをもっている人が向いているといえるでしょう。

また、求人の多さと働きやすさから、雇用形態も正社員、パート・アルバイト、派遣と、多種多様です。

自身のライフスタイルに合わせた働き方が選べるため、薬剤師としてしっかり働きたいという人も、子育てと仕事の両立を考えている人にも向いている職場となります。

ドラッグストアで勤務する薬剤師の年収はどれくらい?

ドラッグストアで働く薬剤師の年収は、平均553万円であり、ほかの現場で働く薬剤師と比べると高いといえます。

薬剤師の初任給は、「ドラッグストア>調剤薬局>製薬企業>病院」の順で高いとされており、ドラッグストアの薬剤師には薬剤師手当として月5〜10万円程度支給されることが特徴です。

初任給が最も低いのは病院勤務の薬剤師であり、金銭面を考えると難しい選択肢になるかもしれません。

一方、病院の薬剤師は夜勤の手当が付くことである程度の収入が保障されますが、役職に付くまでの間は新卒入社とほとんど変わらない年収で勤務することになるでしょう。

薬剤師として働くうえで収入を重視するのであれば、ドラッグストアの薬剤師は非常に有効な転職先だといえます。

また、大手のドラッグストアであれば、法人向けのお得な保険に加入できたり、退職金積立や積立貯金などもあります。

しかし、大手は福利厚生の充実がある代わりに、年収ベースでは中小よりも低めの水準であることが多いです。

関西地方の大手ドラッグストアの求人では年収で450〜500万円程度の募集があります。

また、大手の薬局の場合は管理業務が煩雑で、事務作業がとても多いこともあるのです。

そのため、中小規模の薬局よりも拘束時間が長く、役職によっては残業が多くなるケースもあります。

安定性が抜群である反面、人によっては収入面や拘束時間は満足に至らない場合があるため、気になる場合は慎重に検討しましょう。

一方、中小規模の薬局の場合は大手に比べて高収入の場合が多く、関東地方の薬局では管理職が年収550〜600万円で募集されているケースもありました。

さらに、大手であればそれぞれの役職も揃っていますが、中小規模だと管理職候補を募集していることもあります。

ドラッグストアへ転職できる条件はある?

ドラッグストアへ転職するからといって、特別に資格が必要となるケースは少ないです。

薬剤師の資格さえ取得していれば、あとは選考に通過すれば薬剤師として働くことができます。

地方など人手が不足している地域であれば、比較的転職しやすい職場といえるでしょう。

しかし管理職などに応募する際には、ドラッグストアでのそれなりの経験や実績が求められます。

単に薬剤師としての仕事だけでなく、マネジメントや店舗の経営戦略なども考えて行かなければならないので、幅広い知識と経験が必要です。

また薬を必要としている方だけでなく、日用品などを買いに来たお客さんの対応もしなければならないので、接客技術も必要となってきます。

転職後はどんなキャリアがある?

ドラッグストアで働く薬剤師が、必ず正社員(常勤)でなければいけないのかというと、必ずしもそうではありません。

ドラッグストアの薬剤師は 「同じ店舗内のみで勤務すべきであるという規定以外にはほとんど制約がなく、アルバイト、パート、派遣でも勤務することが可能です。

ドラッグストアの薬剤師のキャリアは、専門職としての薬剤師からは多少外れるものになります。

もちろん、薬剤師としての専門性は必要ですが、地域の健康アドバイザーとして働くことが求められているためです。

専門的な薬剤師としてのキャリアだけではなく、店舗の売り上げを向上するためのマーケターとしてのキャリアや、店舗を管理するマネージャーとしてのキャリアが用意されています。

キャリアアップのためには、OJT研修や定期的な研修を通して、商品の詳しい知識や売れる商品はどのようなものかなどを学び、マーケティングスキルを高めることが大切です。

また、地域のお客さんから信頼を得るために、店舗におけるサービス、店舗の管理能力も学ばなければなりません。

調剤薬局や病院と比較すると幅広い仕事が求められますが、「マーケター」「マネージャー」になれるようなスキルを身につけていくことは昇進や年収アップにつながるでしょう。

ドラッグストアの転職におすすめ薬剤師転職サイト・エージェント

ドラグストアで働きたいと考えている薬剤師には、どのような転職サイトが適しているのでしょうか。

特に人気のある3つの転職サイト・エージェントを見ていきましょう。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビの強みは、他社にはない圧倒的な求人数と利用者満足度5年連続で1位という実績が挙げられます。

大手人材会社であるマイナビは、他社と比べて圧倒的求人数を誇り、要望にもしっかり応えてくれるでしょう。

また、マイナビは全国14か所に拠点を構え、専属コンサルタントが面談で悩みや希望などの相談に乗ってくれます。

支店がたくさんあるため、地方に住んでいる人でも活動しやすいことが魅力です。

さらに、職場の声をしっかりリサーチして状況を把握し、転職希望者に伝えています。

マイナビでは、コンサルタントが実際の職場へ足を運び、働く人たちの生の声を聞いているため、転職してから「思っていた会社と違う」というミスマッチが起こりにくいのです。

実際にマイナビを利用した20代の女性からは、マイナビを利用して良かったという口コミが寄せられています。

マイナビ薬剤師の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

以前の職場で人間関係にトラブルがあって転職を決意し、マイナビ薬剤師に登録しました。

マイナビ薬剤師は面談をしっかりしてくれるというところが大きなポイントで、転職先を実際に見て雰囲気を知っているコンサルタントの方と直接話せる点は本当によかったです。特に私は前回、人間関係のせいで転職しているため、同じことは繰り返してはならないと、新しい職場のことは詳しく知ってから入社したいと考えていました。コンサルタントの方が対面でしっかり相談に乗ってくれたり質問に答えてくれたりしていたので、転職先を決めた時には安心して働くことができると嬉しかったです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフの強みは高収入の求人が非常に豊富なことや、教育・研修制度も完備していることだといえます。

ファルマスタッフは時給4000円、年収600万円以上の求人が非常に多く、高収入求人は業界の中で最多掲載だといえるでしょう。

また、教育・研修体制を整えているため、キャリアアップを目指す人にも最適です。

加えて、派遣薬剤師の求人数は業界1位であり、福利厚生も完備しているなど充実したサポートを受けられます。

実際に利用した人からの口コミでは、時給の高い案件が多いことに対して評価しているものが目立ちました。

ファルマスタッフの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

結婚を機に時短勤務可能な職場を求めて転職をしました。ファルマスタッフは高時給の求人が多いので、短い時間しか働けない身としてはとてもありがたかったです。担当者の方が親身に相談に乗ってくださり、おかげ様で希望通りの職場へ転職することができました。ファルマスタッフは転職後のアフターフォローもしっかりしていたところも嬉しいポイントです。

薬キャリ

薬キャリ

薬キャリの強みは、医療専門ネットサービスをしているm3(エムスリー)が運営していること、面談不要、電話のみで相談できることが挙げられます。

m3が運営する薬キャリは、医療業界に非常に広いネットワークをもっているため、病院や製薬会社に転職したい人には非常に最適な転職サイトです。

登録後には面談不要、電話のみで相談できるため、忙しく時間がない人でも電話で担当者と話をして相談に乗ってもらえます。

ほかにも、小さな子どもがいるが薬剤師の仕事がしたいという、女性目線の求人を紹介している点も強みです。

実際に利用した女性からの口コミでも、母親業と薬剤師の仕事を両立できたという内容が見られました。

薬キャリの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

子供ができてからは、もう薬剤師として仕事をするのは難しいかなと感じていましたが、薬キャリに登録してから約2か月で働くママに優しい職場へ転職できました。薬キャリは家でも簡単に情報収集ができ、面談に行く必要もなかったので気楽に探すことができました。ブランクがあったのではじめは不安でしたが、今では毎日とても充実しています。薬キャリにとても感謝しています。

女性が多い薬剤師は、女性目線で転職活動をサポートしてくれる転職サイト・エージェントが人気を集めています。

いずれの転職サイト・エージェントも登録は無料です。

ドラッグストアへの転職を検討しているのであれば、準備段階として登録だけでも済ませておくと良いでしょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件