茨城県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

茨城県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

最近は、ドラッグストアでも調剤を行う所が増えてきて、薬剤師がお客さんに薬の説明をしている所もよく見かけます。

服薬指導や薬の管理だけでなく、病気の予防という観点からも薬剤師が活躍する場が多くなっています。

「認定薬剤師」や「専門薬剤師」といった資格もあり、薬剤師としてキャリアアップがしたいという人もいるでしょう。

今回は、茨城県の薬剤師転職事情についてまとめました。

求人や転職サイトについても紹介しているので、茨城県で薬剤師として転職をしたい人は参考にしてください。

茨城県の薬剤師転職事情

茨城県は、県内の大学に薬学部がないため、若手の薬剤師が少ないという問題を抱えています。

人手不足に加えて、高齢化人口が増加しているため、在宅医療の現場で活躍できる薬剤師の確保もしなければなりません。

病院やクリニックの薬剤師に関しては経験があるほうが有利になるでしょう。

「在宅療養支援認定薬剤師」や「プライマリ・ケア認定薬剤師」といった資格がある人は、医療、介護両方の現場で経験を活かすことができます。

「新卒」「未経験可」という求人もあるので、20代の若手薬剤師は転職しやすいといえます。

平均年収はどれくらい?

全国の薬剤師の平均年収 543万円
関東地方の薬剤師の平均年収 647万円
茨城県の薬剤師の平均年収 523万円

この表を見てもらうとわかるように、茨城県の薬剤師の平均年収は全国平均を下回っています。

関東地方1都6県の平均と比べてみると100万円以上も差があります。

薬剤師の給与というのは基本給の他に手当が含まれます。

「残業手当」や「資格手当」「住宅手当」の支給が多い所ほど給与は高くなります。

茨城県の薬剤師は、他県と比べると残業時間が短い傾向にあるのも、年収が低い理由といえるでしょう。

ただ、共働きの人や家族の介護をしている人からすると定時で帰宅できる方が、働きやすいですし、ワークライフバランスも実現しやすくなります。

転職をする時は、病院名や給与の金額だけでなく、福利厚生や通勤のしやすさも確認した上で応募するようにしましょう。

求人はどの地域が多い?

求人数が多い地域は、福利厚生や手当が充実している「優良求人」も多くなります。

茨城県では「水戸市」「つくば市」「日立市」が、薬剤師の求人数が多い地域です。

これらの市の薬剤師の求人の特徴について説明します。

1位 水戸市

水戸駅の南側である「駅南」という地域を中心に再開発が進んでいる水戸市は、「病院」「クリニック」「調剤薬局」「ドラッグストア」で薬剤師を募集しています。

電車通勤の他にマイカー通勤可という求人も多く、郊外からも通いやすい職場も少なくありません。

年収500万円以上の求人もあり、キャリアによっては「年収アップ」も目指せます。

正社員の他にパートでも募集している薬局もあり、子供が学校に行っている時間だけというように子育て中のママでも働きやすい求人の募集も目立ちます。

2位 つくば市

つくば市は「筑波研究学園都市」として知られています。

「筑波大学付属医学部病院」や「筑波メディカルセンター」といった、二次医療、三次医療専門の病院もあり、茨城県内では水戸市に続いて薬剤師の求人数が多い地域です。

規模が大きな病院の他に、調剤薬局やドラッグストアでの求人も多くなっています。

つくばエクスプレスの沿線の他に、JR常磐線の沿線が最寄り駅にも薬局があり、つくば市だけでなく、近隣の市町村からも通いやすい求人があります。

3位 日立市

日立市は茨城県の北東部にある地域で「日立製作所」の創業地として有名です。

JR常磐線の特急「ひたち」や「ときわ」を使うと上野まで90分で到着することから、東京のベッドタウンともいわれています。

求人は調剤薬局が多く、経験者だけでなく、未経験者やブランクありの人でも可能という薬局もあります。

調剤業務や服薬指導の他に、在宅医療に対応している薬局もあり、地域密着型の所が多くなっています。

福利厚生が充実して求人もあり、働きやすい薬局が多いのも特徴です。

茨城県の薬剤師求人の特徴

茨城県の薬剤師求人は公開されているものだけでも、1,000件以上あります。

業種では「調剤薬局」と「ドラッグストア」が多く、「病院」「クリニック」の求人は少なくなっています。

年収は300万円~700万円までと幅広く、20代の若手薬剤師でも「年収アップ」の可能性があります。

また、薬局で店舗管理をする「管理薬剤師」の求人もあり、薬剤師としてのキャリアアップを目指すという人にもよいでしょう。

雇用形態は「正社員」と「パート」が中心です。

時短勤務可や託児所完備、産休・育休の取得実績がある薬局も多く、子育て世代の人も働きやすくなっています。

また、未経験者やブランクがある人を受け入れている薬局も多く、研修や薬剤師の教育にも力を入れています。

茨城県のおすすめ求人

茨城県は、調剤薬局とドラッグストアの求人が目立ちます。

研修や教育に力を入れている所が多く、資格取得の支援、サポートをする薬局が多いのも特徴です。

ここでは、茨城県内でも手当、福利厚生が充実している、おすすめの薬剤師の求人をご紹介します。

1位 ファーマライズホールディングス株式会社 ファーマライズ薬局 水戸店

業種 調剤薬局
雇用形態 正社員
給与 【年収】450万円~700万円
福利厚生 社会保険
退職金
育児休暇制度(産休・育休実績あり)
介護休暇制度
育児・介護短時間勤務制度
勤務時間 月~土 9時~18時15分
休日 日曜・祝日 週休2日制

水戸市の調剤薬局「ファーマライズホールディングス」は、全国343ヶ所で店舗を運営しています。

大手の調剤薬局ということもあり「福利厚生」がしっかりしていて、育児休暇制度や介護休暇制度の取得も可能です。

また、時短勤務もできるので、育児や介護中の人でも働きやすくなっています。

ファーマライズホールディングスは、調剤未経験者からの応募も受け付けており、研修制度もしっかりしています。

「認定薬剤師」や「専門薬剤師」の資格取得者には「資格手当」の支給もあります。

また、近隣の店舗との提携もしているので、他店舗での勤務の時には「出張手当」も発生します。

店舗によっては在宅医療の現場で「服薬指導」をするということもできるので、薬剤師としてキャリアアップを目指している人にもよいでしょう。

2位 フロンティア薬局 日立店

業種 調剤薬局
雇用形態 正社員 パート
給与 【年収】400万円~700万円(正社員)
福利厚生 社会保険
退職金
育児休暇制度(産休・育休実績あり)
介護休暇制度
資金貸付制度
勤務時間 月~金 9時~18時(休憩60分・変形シフト)
休日 土曜日 日曜日 祝日

研修制度が充実している薬局で働きたい人におすすめなのが、フロンティア薬局日立店です。

内部での研修の他に、研修認定薬剤師の取得制度や通信教育、eラーニング利用による教育を支援しています。

薬剤師は接客業でもあることから、マナー教育も行っています。患者さん1人1人と丁寧に向き合いながら仕事ができます。

フロンティア薬局では、患者さんの健康管理のためのセルフメディケーションや生活習慣病を予防するための「予防医療」にも、力を入れており、地域医療の現場で活躍したい薬剤師に向いています。

こちらの薬局は土日が休みで残業時間も少なめなので、ONとOFFがしっかり切り替えることができ、ワークライフバランスも取りやすくなっています。

3位 イオンリテール株式会社 イオン薬局 水戸内原店

業種 ドラッグストア(調剤有り)
雇用形態 正社員 契約社員 パート
給与 【年収】420万円~550万円(正社員)
福利厚生 社会保険
退職金
総合共済会(イオングッドライフクラブ)
財形貯蓄
育児休暇
勤務制度(産休・育休実績あり)
介護休暇
勤務制度
勤務時間 月~金 9時~22時(休憩60分・変形労働制)
休日 シフト制 年間20日の長期休暇取得ができる

調剤経験者でドラッグストアへの転職を希望しているのなら、イオン薬局がおすすめです。

大手スーパーマーケット「イオン」の店舗内にあり、社員割引や総合共済会の「イオングッドライフクラブ」への加入というように福利厚生も充実しています。

雇用形態も正社員、契約社員、パートで募集があり、1日4時間から勤務が可能なので、子育てや介護中で長時間働くのは難しいという人にも働きやすい環境です。

こちらの薬局も研修制度が充実しており、職位別の新任研修をはじめ、薬剤師としての知識やスキルアップを目指す「専門研修」を行っています。

特に正社員は、調剤だけでなく、バイヤーやMRとしてのキャリアパスもあり、薬剤師として幅広いフィールドで活躍できる人材を求めているのもイオン薬局の良い所でしょう。

茨城県へ転職した薬剤師の体験談

「転勤」や「人間関係」は、職種に関係なく転職理由の上位にランクインします。

薬剤師の転職理由でも多く、エリア限定求人やアットホームな雰囲気の職場は人気があります。

ここでは、茨城県で転職を実現した3人の薬剤師の体験談をご紹介します。

転勤なしを希望して調剤薬局に転職

転職理由は、いままで働いていたドラッグストアが大手だったため転勤が何度かあったことが原因です。結婚をして、子供も生まれたことから、落ち着いて仕事がしたいと思い、調剤薬局への転職を希望しました。転職サイトのキャリアアドバイザーから紹介された求人のなかから、地域密着型の薬局を選びました。転職先はエリア限定で自宅からも通いやすかったのが、選んだ理由です。ドラッグストアではOJT専門だったため、調剤の経験がなく、患者さんへの服薬指導ができるか心配でしたが、先輩方が丁寧に指導をしてくれたため、仕事内容も覚えやすく、職場環境にも慣れることができました。ドラッグストアの時は、シフト制で勤務が不規則なのも悩みでしたが、今働いている薬局は完全週休2日制なので、家族と過ごす時間が増えたのも良かったです。
年齢 30歳
転職前の年収 450万円
転職後の年収 550万円

転職サイトのサポートを受けて2度目の転職を実現

転職は2度目になります。以前働いていた薬局は、人間関係が悪く、ストレスがない環境で働きたいと思い、あまり考えずに管理薬剤師として働ける所を選びましたが、これが大失敗でした。1人勤務ということもあり、休憩が取りにくく、昼休みも食事を済ませたらすぐに職場に戻るという状態で、以前よりも忙しく、その上残業する日も増えてしまいました。今回は、このような失敗は避けたかったので、転職サイトに登録し、キャリアアドバイザーに条件を伝えた所、現在、働いている薬局を紹介してもらえました。地域密着型で再就職も受け入れていることから人間関係もよく、働きやすい環境です。正社員の他にパートもいて、従業員数も多いため、1人勤務の頃に比べると精神的負担も少なくなりました。管理薬剤師の経験を考慮してもらい年収もアップしたので、長く働き続けられたらと思っています。
年齢 40歳
転職前の年収 580万円
転職後の年収 600万円

結婚で離職し、転職サイトを使って再就職

ブランクがあって再就職を目指すなら、転職サイトへの登録は必要です。転職サイトなら、専任のキャリアアドバイザーがいるので、転職条件に合った求人を紹介してもらえます。私は、独身の頃病院で勤務をしていたので、あまり忙しくない所と離職していた期間が長かったため、研修制度がしっかりしている所を希望しました。キャリアアドバイザーが紹介してくれた求人で「残業少なめ」「完全週休2日」とあったのが、今働いている調剤薬局です。ブランクがあって不安でしたが、面接対策や内定後の条件交渉もしてもらえ、思ったよりも早く再就職が決まりました。私の場合、転職活動が初めてで何をしたらよいのかわかりませんでしたが、キャリアアドバイザーがサポートしてくれたからこそ、再就職が実現しました。本当に感謝しています。
年齢 35歳
転職前の年収 390万円
転職後の年収 400万円

茨城県でおすすめの薬剤師転職サイト

働きながら転職活動するのはスケジュール調整が大変ですし、ブランクがあって再就職をする場合は本当に働ける場があるか不安になります。

薬剤師で転職を目指すなら、転職サイトを活用しましょう。

ここでは、茨城県の薬剤師におすすめの転職サイトTOP3を紹介します。

1位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

転職活動は初めてという人、条件に合った求人を紹介してほしいという人におすすめなのがマイナビ薬剤師です。

就職や転職の求人でおなじみのマイナビが運営する薬剤師専用の転職サイトということもあり、優良求人を多く揃えています。

薬剤師に評価が高いのが、転職サポートで求人の紹介の他に、面接対策や条件交渉も行います。

新卒、未経験者、産休・育休実績ありという求人が多く、長く仕事を続けたいという若手薬剤師は登録必須の転職サイトです。

マイナビ薬剤師詳細ページ

2位 ヤクジョブ

ヤクジョブ

調剤薬局での転職を希望する人におすすめなのが、ヤクジョブです。

「正社員」「パート」「派遣社員」の求人を掲載しており、ライフスタイルに合わせて求人を探せます。

転職サポートに登録すれば、専任のコーディネーターによる転職サポートも受けられ、「自宅の近く」「残業少なめ」「託児所有り」といった条件に合わせて求人を紹介してもらえます。

ブランク可という求人も多いので、薬剤師として再就職を希望する人にも強い転職サイトといえるでしょう。

ヤクジョブ詳細ページ

3位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

薬剤師の求人数が多く、大手調剤薬局やドラッグストアの求人も紹介してもらえるのが「ファルマスタッフ」です。

年収500万円以上の求人もあるので「年収アップ」という希望で求人を探してもらうこともできます。

正社員の他に、パートや派遣、紹介予定派遣の求人もあり、短期間だけやWワーク可能といった求人もあります。

「残業少なめ」や「勤務日相談可」という求人も多いことから、仕事と家庭の両立を目指すという人にもおすすめです。

ファルマスタッフ詳細ページ