薬剤師が出会いが少ない3つの理由と出会いを見つける8つの方法を解説!

薬剤師が出会いが少ない3つの理由と出会いを見つける8つの方法を解説!

薬剤師の方は「出会いが少ない」「このまま結婚できないかも」と悩まれていることが多いのではないでしょうか?

薬剤師は職業柄、たくさんの人と関わることはないので、出会いは少ないと言われています。

しかし、薬剤師でも出会いを見つける方法はあります。

この記事では薬剤師の出会いが少ない理由や、出会いを見つける方法などについて詳しく解説していきます。

薬剤師の出会いが少ないといわれる3つの理由

薬剤師は男性からも女性からも人気がある職業と言われているのですが、「出会いが少ない」とも言われている職業です。

なぜ、出会いが少ないと言われるのでしょうか?

薬剤師の出会いが少ない3つの理由について解説します。

職場によって出会える人に限りが出てしまう

薬剤師の職場は「ドラッグストア・病院・調剤薬局・製薬会社」などさまざまあるのですが、職場によって出会える人に限りが出てしまいます。

出会える人に限りが出てしまうと、恋愛に発展することは難しいですよね。

また、職場で頻繁にコミュニケーションを取る職業ではないため、出会っていても気付かないことがあります。

特に出会いが少ないと言われている職場をご紹介します。

調剤薬局だと閉鎖的で出会いが少ない

調剤薬局は病院でもらえる処方せんの内容を確認した上で、患者さんに薬を渡すことが基本的な業務です。

薬局の規模間も小さく働いている方も少人数です。

そのため関わるのは少人数の薬剤師と患者さんだけになってしまいます。

調剤薬局は閉鎖的な職場になるので、出会いが少ないです。

ドラッグストア勤務も出会える人が限られる

ドラッグストアは病院でもらえる処方せんに加えて、処方せんがない患者さんでも症状に合わせて薬を渡すことが基本的な業務です。

ドラッグストアで働いている薬剤師は調剤薬局よりも少人数で、1〜2人程度しか勤務しません。そのため出会える人が限られます。

患者さんとのコミュニケーションも少ないので、出会いが少ないです。

男性の少ない職場だから相手がいない

「薬剤師=女性が多い」というイメージがあると思います。実際に薬剤師の6割以上は女性です。

そのため男性が少ない職場になり、相手がいないという実情があります。

また薬剤師として勤務している男性は既婚者や年配の方が多いため、男性のいる職場でも恋愛対象にならないことが多いです。

忙しくて出会いを探せない

薬剤師は患者さんの命に関わる職業なため軽い気持ちで働くことができませんし、暇な時期がありません。

薬剤師は「ハードワーク」と言われる職業で、とにかく忙しいです。

そのため異性との出会いを探している時間がありません。

職場外で出会いを探したいものの、その時間すらないのが薬剤師の実情です。

薬剤師を辞めたいと思う瞬間ランキング!悩みを解決する方法は?

出会いがない薬剤師が出会いを見つけるための8つの方法

薬剤師の出会いが少ない理由についてお伝えしましたが、「異性と出会いたくない」と思っている方は少ないと思います。

出会えるものなら出会いたいですよね。

そこで薬剤師でも出会いを見つけられる方法をご紹介します。

「異性と出会いたい」と思っている薬剤師の方は参考にしてみてください。

とりあえず出会いを見つけるために行動してみる

薬剤師は出会いが少ないので、自分から行動しなければ出会うことは難しいです。

「出会いを見つける」ということを目的に行動をしてみると、意外にも出会いが見つかることは多いと思います。

ただし、具体的にどんな行動をすれば良いかわかりませんよね。

下記にて具体的な行動をご紹介するので、参考にしてみてください。

社会人の集まるサークルに所属してみる

職業を問わず、社会人が集まっているサークルがあります。

休みの日に運動をしたり、ゲームをしたり、飲み会を開いたり、さまざまなことをします。

その社会人サークルに所属することで薬剤師以外の職業の方とも出会えます。

サークルによっては100人以上が所属していることもあるため、出会える可能性は高いです。

友人のツテを使って合コンに参加する

薬剤師は女性が多い職業になるので、薬剤師以外の職業の友達が開いている合コンに参加するのも1つの方法です。

自分で合コンを開くとなると時間も手間もかかるので、友人のツテを使って合コンに参加するのが1番の方法でしょう。

また合コンは「恋愛したい」という気持ちの人が参加していることが多いので、恋愛に発展しやすいです。

学生時代の友達と会ってみる

出会いを見つけるためには、学生時代の友達と会ってみるもの1つの方法です。

社会人になってから学生時代の友達に会うと、学生時代に抱いていた感情とは違う感情を抱きやすく、恋愛に発展しやすいです。

また、同窓会などのイベントには積極的に参加しましょう。

参加するだけで出会いが見つかる可能性が高まります。

話す機会の多い勉強会に参加する

薬剤師は薬を提供することが仕事になるため、社会人になってからでも勉強会などに参加することがあります。

そのような勉強会に参加する場合は、話す機会が多い会を選びましょう。

話す機会が多いと出会いが見つかる可能性も高まります。

勉強会に参加している方は、ほとんど薬剤師になるので共感できることも多く恋愛にも発展しやすいでしょう。

地域の婚活イベントに参加してみる

地域の婚活イベントに参加することも出会いを見つける方法です。

「婚活イベントに参加」となると少し気が引けてしまいますが、結婚することを目的に参加している人は意外にも少ないです。

まずは出会いを求めて婚活イベントに参加している人がほとんどなので、軽い気持ちで参加できます。

婚活イベントに参加すると確実に異性と出会うことができるのでおすすめです。

出会い系アプリを活用してみる

近年は出会い系アプリなどの種類も増えてきて、しっかりとした恋愛ができるアプリも増えてきています。

そのため出会い系アプリを活用することで、出会いを見つけることができます。

ただし、出会い系アプリは一夜限りの関係を求めて登録している人もいるので、実際に会うことになった場合は、しっかり恋愛する気があるのか確認するようにしましょう。

ジムなど交流の多い施設を利用してみる

ジムなど人と人の交流が多い施設を利用していると、出会いが見つかる可能性が高まります。

その気がなくても交流が多い施設を利用していると、恋愛に発展していることもあります。

また、施設を利用するということは、出会うということ以外のメリットもあります。

施設を利用するときは、異性との交流が多い施設を利用するようにしましょう。

実は女性の薬剤師は男性人気が高い

出会いが少ない薬剤師ですが、女性薬剤師は男性人気が高いです。

「薬剤師と付き合いたい・出会いたい」と思っている男性は多く、男性にとって彼女にしたい憧れの職業でもあります。

女性薬剤師の男性人気が高い理由を3つご紹介します。

知的だから

薬剤師は高い学力がないと就職できない職業で、薬学部に入学することも国家試験に合格することも難しいです。

そのことから「知的」というイメージが強く、男性は知的な女性を好む傾向があります。

そのため女性薬剤師は男性人気が高いのでしょう。

安定した収入があるから

上記でもお伝えしましたが、薬剤師は高い学力と国家資格を必要とする職業なので、一般的なサラリーマンよりも給与が高い傾向があり、安定しています。

そのため男性からの人気が高いのでしょう。

やはり、給与が安定している女性と安定していない女性だと、安定している女性の方が魅力的だと思います。

薬剤師の平均年収はどくらい?転職を考えるべきラインは?

薬剤師への清廉なイメージがあるから

女性薬剤師は「清廉」なイメージがあると思います。

清廉とは、心が清らかで私欲がないということです。薬剤師という職業柄、そのようなイメージが強いのでしょう。

男性は清廉・心が清らかな女性を好む傾向があるため、女性薬剤師は男性から高い人気があるのでしょう。

男性の薬剤師も職場内でモテるかも

上記でもお伝えしているように、薬剤師の男女比率は約6:4で女性が多い傾向があります。

そのため4割にあたる男性薬剤師は、モテる可能性が高いです。

職場内で女性の方が多いと考えると、必然的にモテそうですよね。

ただし、同じ職業の男性を好まない方もいるので、100%モテるとは言えません。

男性薬剤師の転職成功の秘訣!職場選びのポイント

出会いの多い職場が良いなら転職を検討してみよう

上記でもお伝えしましたが、職場によって出会いの多さは変わります。

調剤薬局やドラックストアなどは出会いが少なく、製薬会社や病院だと出会いは多くなると思います。

そのため出会いを求める場合は、出会いが多い職場に転職してみましょう。

転職となると不安になることもありますが、薬剤師は国家資格を必要とする職業なので転職できないという心配は不要です。

希望条件に合わせて求人を選べる

転職する場合は、自分の希望する条件に合わせて求人を選ぶことができます。

出会いが多い職場に転職したいのであれば、病院・製薬会社に絞って求人を選ぶことが可能です。

職場以外にも給与や待遇などの条件を決めることもできるので、現職よりも満足のいく職場に転職できる可能性が高いです。

転職エージェントを利用するとより効果的

転職する際には「転職サイト」もしくは「転職エージェント」を利用することが多いと思うのですが、転職エージェントを利用すると希望通り転職しやすくなります。

さらに転職をスムーズに成功させることができて、求人も自分で探す必要もありません。

働きながら転職したい人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

薬剤師の転職におすすめエージェント

転職エージェントにはさまざまな種類があるため、「どの転職エージェントを利用したら良いのかな?」と悩むと思います。

その場合は薬剤師に特化した転職エージェントを利用するようにしましょう。

中でもおすすめできるエージェントを2社ご紹介します。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は大手人材紹介会社「マイナビ」が運営している薬剤師に特化した転職エージェントです。

そんなマイナビ薬剤師の魅力は「アドバイザーのサポート」です。

実際に利用した方からも好評で、初めて転職する方でも安心できるサポート体制になります。

転職に関する相談は全て受けてくれて、求人紹介や面接対策まで行ってくれます。

転職することに不安がある方はマイナビ薬剤師がおすすめです。

マイナビ薬剤師詳細ページ

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアは大手転職エージェントに比べると知名度は劣ってしまうものの、高い人気を誇っています。

そんなファーマキャリアの魅力は「独自の求人が多い」ことです。

他の転職エージェントでは取り扱っていない求人を多数取り扱っていて、希望する条件通りの求人を見つけやすいです。

また、派遣採用の求人はありません。

そのため正社員の求人の中から転職先を選ぶことができます。

幅広い求人の中から転職先を選びたい人は、ファーマキャリアがおすすめです。

ファーマキャリア詳細ページ

出会いの場を求めて薬剤師でも良い相手を見つけよう

この記事では薬剤師の出会いについてお伝えしましたが、出会いが少ない実情はあります。

ただ、自分から行動を起こせば薬剤師でも出会いを見つけることはできます。

行動の仕方がわからない場合は上記お伝えしている方法を参考にしてみてください。

そして出会いが多い職場に転職するのも1つの方法です。

転職エージェントを利用すれば希望通り転職できる可能性が高まるので、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件