薬剤師になるのは難しい?試験難易度や覚悟すべきポイントを徹底解説

薬剤師になるのは難しい?試験難易度や覚悟すべきポイントを徹底解説

薬剤師は薬科大学に6年間通い、国家資格に合格する必要があります。

そのため「薬剤師になるのは難しい」というイメージを持たれる方が多いのですが、薬剤師になることは難しいのでしょうか?

この記事では薬剤師になることが難しいと言われる理由、目指す上で必要な覚悟などについて詳しく解説していきます。

薬剤師になるのが難しいと言われる3つの理由

薬剤師は「給料が高い」「安定している」などという理由から、目指している方が多い職業になるのですが、薬剤師になることは難しいと言われています。

なぜ、薬剤師になることは難しいのでしょうか?

薬剤師になることが難しいと言われる3つの理由を解説します。

薬剤師になるために薬科大学への入学が必須になるから

薬剤師になるためには薬科大学に入学することが必須条件です。

「入学するだけ?」と思うかもしれませんが、薬科大学に入学することは非常に難易度が高いことで、何年も浪人して入学する人もいます。

薬科大学に入学すること自体が難しいことから、薬剤師になることは難しいと言われます。

薬科大学に入学することが難しい理由についてさらに詳しく解説します。

薬科大に入学するには高偏差値が必要

上記でもお伝えしましたが、薬剤師になるためには薬科大に入学する必要があります。

ただし、薬科大に入学するためには高偏差値が必要で、最低でも偏差値「60」は必要と言われています。

偏差値が60というのは非常に高い数字で、国公立の薬科大に入学したい場合は偏差値「70」以上必要です。

偏差値70は高校3年間勉強に没頭しても取ることが難しいでしょう。

入学試験の科目数が多い

一般的な大学の場合は理系と文系に分かれて、どちらかが入学試験の科目になります。

しかし薬科大の場合はとにかく入学試験の科目数が多いです。

理科(化学・物理・生物)、数学(数1・数2・数A・数B)、外国語(コミュニケーション英語1,2,3・英語表現1,2,3)以上のように科目数が多いです。

そのため試験に向けて勉強する内容が多くて、薬剤師になるための薬科大に入学することは難しいと言われています。

薬科大で卒業するハードルが非常に高い

薬科大に入学することも難しいのですが、卒業することも非常に難しいです。

薬科大は「6年制」で通常の大学よりも2年長いです。

2年長いと考えるだけでも卒業することが難しくなりますよね。

その他にも薬科大を卒業することが難しいと言われる理由について解説します。

単位を落としたら留年

薬科大では全ての授業の単位を取得しなければいけません。

万が一、単位を落としても「即留年」にはならないのですが翌年に再履修することになり、再履修しても取得できない場合は留年になる可能性が出てきます。

通常の大学では単位を落としても他の単位を取得できていければ問題ないのですが、薬科大で単位を落とすことは許されません。

試験科目が多いので対応しきれない

薬科大では薬剤師になるために必要な科目の勉強をします。

言い方を変えると、薬剤師の国家資格に受かれるように6年間勉強します。

「6年間も勉強するなら余裕じゃん」と思いますが、国家資格の試験科目は「物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病薬・薬物治療、法規・制度・倫理、実務」と7種類もあります。

さらに7種類の科目を徹底的に勉強するため、対応しきれずに単位が取れなくなってしまいます。

そのため薬科大は卒業するだけでもハードルが高いと言われています。

薬剤師の国家資格の取得率が非常に低い

薬剤師になるためには国家資格を取得する必要があるのですが、取得率が非常に低いです。

全体の取得率は「60%」前後で、在籍している薬科大によって取得率は変わります。

全体の取得率が60%前後ですと「低くないじゃん」と思いますが、国公立の薬科大が全体の平均を上げています。

また、国家資格の中でも80%〜90%の取得率を誇る資格もあるため、60%の取得率は低く、薬剤師になるのは難しいと言われます。

薬剤師になるために覚悟すべきポイント

薬剤師は「給与が安定している」「雇用に困らない」などというメリットがある職業です。

ただし、メリットがあるのは薬剤師になってからです。

薬剤師になるためにはいくつか覚悟しておくべきポイントがあります。薬剤師を目指している方は参考にしてみてください。

入学試験のために勉強時間を多く割かなくてはならない

上記でもお伝えしたように、薬剤師の第一歩は「薬科大学」への入学です。

ただし、薬科大に入学することは難易度の高いことなので、多くの時間を勉強に割く覚悟をしておきましょう。

特に国公立の薬科大を目指す場合は高校がない休みの日でも勉強する必要があります。

高校生活を勉強にささげる覚悟が必要です。

国家試験合格を見据えて高偏差値の薬科大を狙う必要がある

国家資格の合格率は偏差値の高い薬科大の方が高いです。

言い方を変えると、国家資格に合格するためには、少しでも偏差値の高い薬科大を目指す必要があるということです。

ただ、薬科大に入学する覚悟ではなく、少しでも偏差値の高い薬科大を目指す覚悟が必要です。

6年間を猛勉強に費やす必要がある

薬科大は6年制になるため、6年間を猛勉強に費やす必要があり、プライベートやバイトの時間までを削り勉強する覚悟を持っておきましょう。

また大学ですと「サークル・部活」などをイメージすると思いますが、とにかく勉強に時間を費やすことになります。

製薬会社など大手への就職は難易度が高い

薬剤師は国家資格を取得しているため雇用には困りませんが、製薬会社など大手企業への就職は難易度が高いです。

「薬剤師=雇用に困らない」ということは間違いないのですが、どんな企業にも就職できるわけではないです。

そのため製薬会社など大手企業への就職を考えている方は、勉強しながら就職活動にも力を入れる覚悟が必要です。

仕事と両立しながら勉強は難しい

薬剤師は国家資格に合格したときが知識のピークだと安定した生活は送れないです。

薬剤師になってからも「新薬」の勉強を続ける必要があり、働きながら勉強する覚悟が必要です。

また新薬の勉強以外にも薬科大では習うことのなかった薬を取り扱うこともあるので、日々勉強を続ける必要があります。

仕事と勉強を両立することは非常に難しいので、覚悟が必要です。

国公立と私立では学費の差が激しい

薬科大には「国公立」と「私立」があるのですが、入学しやすいのは私立・国家資格の合格率が高いのは国公立です。

そして最も違いがあるのが「学費」です。

国公立の場合は6年間で約350万円、私立の場合は約1,100万も学費がかかります。

国公立と私立では、約750万円もの差があります。

国公立に受かることができずに私立に入学することになった場合は、これほど学費に差が生まれることは覚悟しておきましょう。

30代から薬剤師を目指すのは無理?転職先は見つかる?

有資格者が薬剤師として働くのは難しいの?

薬剤師の国家資格を有している「有資格者」が薬剤師として働くことは「難しい」と言われることがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?

有資格者が薬剤師として働くことについて詳しく解説します。

資格さえあれば働き口はある

薬剤師の資格は国家資格になるので、有資格者であれば働き口はあります。

ただ希望する条件によっては、働き口がないかもしれません。

「せっかく薬剤師の資格を取ったのに働き口ないの?」と思われるかしれませんが、職場や勤務地を希望しないのであれば必ず働き口はあります。

地方や職場によっては薬剤師が不足している

全国的に薬剤師は不足していませんが、地方や職場によっては不足していることがあります。

具体的には「沖縄県・青森県・福井県」は薬剤師が不足している傾向があり、「ドラッグストア・調剤薬局」なども人手が不足している傾向があります。

反対に「東京都・大阪府」などは人手が足りていて、「病院・製薬会社」でも人手は足りています。

ブランクがあっても働ける可能性あり

有資格者は何年経っても有資格者(資格の更新や学術集会には参加する必要がある)になるので、ブランクがあっても働ける可能性があります。

さらに薬剤師は女性の比率が高い職業なので、結婚や出産で一時的に仕事から離れても採用してくれる企業が多いです。

ただし、ブランクがある場合は希望通りの採用になるかどうかはわかりません。

病院や企業の場合は新卒の方が有利

病院や製薬会社などの企業に勤めたい場合は、新卒の方が有利です。

一度ドラッグストアや調剤薬局などに勤めてしまうと、病院・製薬会社などに勤めることは難しいでしょう。

そのため「病院・製薬会社で働きたい」と思っている人は、新卒で就職することをおすすめします。

求人によっては働き方が固定されることもある

薬剤師の求人によっては、働き方が固定されることもあります。

例えば、「契約社員での雇用になります」「5年働いた上で正社員になれます」など働き方自体を固定される求人もあるので、固定されたくない人は注意が必要です。

ただし働き方が固定されている求人は採用されやすい傾向があるため、「とにかく薬剤師として働きたい」と考えている人にはおすすめです。

転職できない薬剤師の特徴と市場価値を高める方法

有資格者が薬剤師を目指すために利用すべき転職サイト

有資格者でも薬剤師として働いていない場合は多くありますが、せっかく資格を取得しているのであれば薬剤師として働きたいですよね。

また、薬剤師として働いているけど「職場が気に入らない」「給与に不満がある」などという場合は思い切って転職しましょう。

薬剤師におすすめの転職サイトを2つご紹介するので参考にしてみてください。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は大手人材紹介会社「マイナビ」が運営している薬剤師に特化して転職サイトで、薬剤師の求人しか取り扱っていません。

そんなマイナビ薬剤師の魅力は「転職ノウハウ」です。

マイナビは薬剤師以外にも、医者・介護・保育士・ゲームなどさまざまな分野に特化していて、幅広く求人を扱っている「マイナビ転職」も運営しています。

そのため質の高い転職ノウハウを所持していて、スムーズに転職を成功させることができます。

しっかりサポートもしてくれるので、早く転職活動を終わらせたい方はマイナビ薬剤師がおすすめです。

マイナビ薬剤師詳細ページ

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアは大手転職サイトに比べると知名度は劣ってしまうものの、転職者からは高い人気を誇っている薬剤師に特化した転職サイトです。

そんなファーマキャリアの魅力は「オーダーメイド求人」です。

オーダーメイド求人とは、すでにある求人を紹介するのではなく、転職者の希望に合わせて求人を作成してくれます。

そのため勤務地・給与・雇用形態などを伝えると希望に近い求人を提供してくれます。

希望通りの求人に転職したい場合は、ファーマキャリアがおすすめです。

ファーマキャリア詳細ページ

薬剤師になる難易度を把握して働き始められるように行動しよう

この記事では薬剤師になることについてお伝えしましたが、薬剤師になることは難しいことです。

薬科大に入学することも6年間単位を取得することも国家資格に合格することも全て難易度の高いことです。

そのため薬剤師になることは「難しい」ということを把握して目指すようにしましょう。

薬剤師はメリットしかないように見える職業ですが、目指す上ではさまざまな覚悟が必要になります。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件