秘書におすすめ転職サイト・エージェントランキング

現在「秘書」として働いている方も、上司との相性の問題や給与・待遇の問題で転職を志す時があるはずです。

秘書という仕事をしている方はキャリアアップの為に転職を繰り返すことも少なくはなく、実は秘書は他の職種よりも転職が身近な仕事と言えます。

転職活動を行うのに有効なのが転職サイト・エージェントの活用です。

皆さんのキャリアにふさわしい働き場所を紹介してくれたり、面接などに向けてのアドバイスをしてくれてたりと様々な方法でのサポートが受けられ頼りになります。

そんな転職サイト・エージェントの中でも「秘書の転職におすすめ!」な、10のサイトをランキング形式でご紹介します!

目次

1位 非公開求人が豊富で様々な業種に強い「DODA」

DODA

「秘書」としての転職を目指すのならば、非公開求人も豊富で様々な業種に対する専門的知識を持つキャリアドバイザーが在籍している「DODA」がおすすめです。

DODAは10万件を遥かに超える求人が常時集まる業界最大手の転職サイトです。

求人の大半はオープンでの募集がされていない非公開求人であり、このサイトでしか見つからない求人も多数。

秘書という仕事はオープンに募集されることはあまりありませんので、非公開求人の豊富なDODAは大変頼りになります。

さらに企業側から直接声をかけてもらえるスカウトサービスにより、WEB履歴書などの登録情報に興味を示した優良企業からスカウトを受けられる期待もあります。

登録情報の内、個人が特定できる「氏名・住所・連絡先」などは企業に公開されないことから在籍中に転職活動を行うのも安心です。

項目別おすすめ度
4.83
求人数
(5.0)
第二新卒
(5.0)
初めての転職
(4.5)
自分のペースで転職したい
(4.5)
大手
(5.0)
地方
(5.0)

DODAのメリット

  • 常時10万件以上の求人があり、秘書の募集を含む非公開求人の数も業界最大級
  • 様々な業界に強いキャリアドバイザーが最適な求人とのマッチングを行う
  • プライバシーに配慮されており、スカウトを受ける際にも企業側に個人情報が公開されない

DODAを実際に利用した人たちの口コミ・評判

某電機メーカー関係会社で秘書として働いていましたが、上司との相性が合わずに転職を決意しました。
特殊な仕事なので自分だけの力では転職先が見つかりませんでしたが、DODAに登録してキャリアドバイザーの方に話を聞いてもらうと、すぐに数社紹介してもらえました。
これだったら最初からDODAに登録すれば良かったです。

前の職場で秘書的な仕事をしていたので、転職でも同じ様な仕事を探していました。
DODAのキャリアドバイザーさんは私の話をしっかり聞いてくれて、理想に近い職場を紹介してくれました。
面接前に色々とアドバイスしてくれたのも凄く助かりました。

DODAの詳細ページ

2位 適切なサポートで理想の求人が見つかり内定率がアップする「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

頼りなる転職サイトとして知られるマイナビの転職エージェントサービス「マイナビエージェント」は、全求人の内の約80%が非公開求人であり秘書向けの求人も豊富です。

マイナビエージェントは知名度抜群なだけでなく、各種専門サイトも運営するほど幅広い業界の企業情報に詳しいのが特徴です。

「キャリアアドバイザーのサポート」も手厚いと評判で、「市場価値を高めるキャリアカウンセリング」により理想的な求人を紹介してくれます。

さらに「人事が採用したくなる面接対策」や職務履歴書の添削を行うことで内定率のアップが期待できるなど抜群のサービスを誇ります。

初めての転職にも2回目以降の転職にも強いので、このサイトだけで秘書としてのキャリアップを繰り返し行うことが可能です。

項目別おすすめ度
4.67
求人数
(4.5)
第二新卒
(4.5)
初めての転職
(4.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
大手
(5.0)
地方
(5.0)

マイナビエージェントのメリット

  • 「応募書類の添削&推薦状の作成&面接対策」を手厚く行うことで内定率アップ
  • 非公開求人も多数で専門知識も豊富なので、様々な業界の秘書業務が見つかる
  • 初めての転職でも安心して利用できる抜群の知名度

マイナビエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

非公開求人が8割ということなので、大半の求人は自分で見つけることができないのが少し不安でした。
でも、私の秘書としての経歴もしっかり聞き出してくれ、応募してみたいと思える求人を複数紹介していただけました。
面接対策としてのアドバイスも丁寧にしてくれたりと、色々と助けていただけて感謝しています。

「秘書としての転職」を希望しましたが、受付の仕事を紹介されたりして「少し違うかな?」とも感じました。
でも、自分の希望を再度きっちりと伝えれば軌道修正されて理想的な求人を紹介してもらえる様になりました。
私の様に秘書として転職できる大手転職サイトを探している方にも、マイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントの詳細ページ

3位 女性の転職に強いから秘書向け求人も見つかる「type転職エージェント」

type転職エージェント

type転職エージェントは女性の転職専門の専門サイトも運営しており、「女性の転職に強い」ことで秘書向けの求人を見つけられる期待も大きい転職サイトです。

キャリアドバイザーが交渉などをしっかりと行ってくれることで、利用者の7割以上が収入をアップしての転職に成功しています。

秘書としての仕事が見つかりやすいだけでなく、給与面を理由に転職を志した方にもおすすめすることができます。

type転職エージェントでは書類の添削だけでなく面接対策も行っています。

一社一社それぞれの企業のポイントを把握した上で、本番を想定した「模擬面接」を受けることができますので、面接に対する不安を抱えている方にとってとても頼りになる存在となってくれます。

項目別おすすめ度
4.58
求人数
(4.0)
第二新卒
(4.5)
初めての転職
(4.5)
自分のペースで転職したい
(5.0)
大手
(5.0)
地方
(4.5)

type転職エージェントのメリット

  • 7割を超える方が収入アップしての転職に成功
  • 「87%」もの利用者が満足と答えた、優秀なキャリアアドバイザーによるサポート
  • 女性の転職に強く、豊富な相談&転職実績を持つ

type転職エージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

収入面の問題が転職理由だったので、多くの方が年収アップに成功しているtype転職エージェントは理想的な転職サイトでした。
私は知らないサイトだったんですが、有名な場所みたいで求人数もサポートも充分でした。
特に面接のアドバイスは参考になりました。

女性の転職実績が豊富だと聞いて登録しました。
年間で5000人くらいが利用してるみたいで、「女性の転職に対する悩み」もよく理解してくれていたと思います。
仕事が秘書という特殊なものだったので、たくさんの求人を紹介してくれたわけではないですが、ちゃんと転職できたし私的には概ね満足です。

type転職エージェントの詳細ページ

4位 安心のAdeccoグループで顧客満足度No.1「Spring転職エージェント」

Spring転職エージェント

転職エージェント部門でオリコン顧客満足度No.1に選ばれた「Spring転職エージェント」は、専門分野に強いコンサルタントが各求職者にベストマッチする求人を提案してくれます。

数ある転職サイトの中で満足度ナンバーワンの転職エージェントとして選ばれたのは、Spring転職エージェントの「一気通貫型コンサルティングサービス」が高い成果を残しているからです。

このサービスではコンサルタントが求職者と企業の双方を1人で担当し、双方から必要な情報を収集し提供することによって失敗の無い転職を実現してくれます。

大手企業だけでなく優良中堅企業の求人も数多く掲載しており秘書向けの求人も多数抱えています。

世界最大級の総合人材サービス企業「Adecco」グループであり、信頼感とサービスの質も抜群のおすすめ転職サイトです。

項目別おすすめ度
4.67
求人数
(4.5)
第二新卒
(5.0)
初めての転職
(4.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
大手
(5.0)
地方
(4.5)

Spring転職エージェントのメリット

  • 顧客満足度調査で1位に輝いた丁寧で質の高いサポート
  • 総合人材サービス企業として世界最大の「Adecco」グループだから頼りになる
  • 「一気通貫型コンサルティングサービス」で求職者と企業が共に満足する転職を実現

Spring転職エージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

コンサルトさんから伝えてもらえる情報が詳しくて、自分の知りたいことを教えてくれるから企業選択がスムーズに行えました。
アデコのことは私は知らなかったのですが、アドバイスも参考になるし世界一の人材サービス企業グループだというのも納得のサービスでしたよ。

他の転職エージェントにも登録していたのですが、私としてはSpring転職エージェントの方が頼りになるなと感じて、途中からはここ一本に絞って転職活動を行いました。
私が求める条件に近い求人を紹介してくれたのと、企業情報が詳細だったのが良かったです。

Spring転職エージェントの詳細ページ

5位 ヘッドハンターから好条件のスカウトが受けられる「ビズリーチ」

ビズリーチ

ビズリーチは無料でも利用可能ですが、有料会員となることでビズリーチでしか見つからないかもしれない「秘匿性の高い求人」に応募することや、「一流ヘッドハンターからのスカウト」が受けられる様になります。

ハイクラス転職サイトとして知られるビズリーチですが、60,000件を超える非公開求人を掲載していることで、オープンにはあまり募集されていない一流企業の秘書としての転職ができる可能性があります。

「ヘッドハンター機能」を使い自分と相性の良いヘッドハンターを見つけ相談すれば、自分の希望に合う案件を紹介してもらいやすくなります。

この転職サイト通して転職が成功したことを報告しアンケートに答えるなど条件を満たせば、「お祝い(謝礼)」を受け取ることができるという少しお得なサービスも行っています。

項目別おすすめ度
4.50
求人数
(4.5)
第二新卒
(5.0)
初めての転職
(4.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
大手
(4.5)
地方
(4.0)

ビズリーチのメリット

  • 60,000件を超えるハイクラス向けの優良非公開求人
  • 自分に合う一流のヘッドハンターを検索機能で見つけられる
  • 有料会員となることで秘匿性の高い求人に応募できる

ビズリーチを実際に利用した人たちの口コミ・評判

有名企業の秘書募集の案件などを紹介して貰えました。
残念ながら私は面接で落ちてしまいましたが、凄く良い求人もあるので有料でも登録する価値はあると思います。
ヘッドハンターさんからのスカウトが来た時は、かなり嬉しかったですよ。

「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」なんてサイトに書いてあるから、登録しても何も紹介して貰えないんじゃないかと不安でしたが私にも求人を紹介をしてくれました。
大手とはまでは言えない規模ですが、待遇もよくて良い転職ができました。
思ったより秘書募集の求人があったのでおすすめです。

ビズリーチの詳細ページ

6位 転職活動に役立つツールとサポートが満載「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

転職支援実績ナンバーワンで非公開求人だけでも10万件以上という、業界最大級の求人数を誇る「リクルートエージェント」なら、充実したサポートを受けながら秘書求人を見つけることができます。

土日や平日の夜にキャリアアドバイザーとの面談が行えたりと、利用しやすい転職サイトとしても評判のリクルートエージェントでは、企業への応募や面接などの進捗管理が行える転職支援専用システムの「Personal Desktop」が用意されています。

このツールには効率的に職務経歴書が作成できる「レジュメnavi」も搭載されており、転職活動の強い味方になってくれます。

キャリアアドバイザーから応募書類や面接へのアドバイスを受けられるだけでなく、面接力向上セミナーなども開催し内定への可能性アップを様々な形でサポートしてくれます。

項目別おすすめ度
4.67
求人数
(5.0)
第二新卒
(5.0)
初めての転職
(4.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
大手
(4.5)
地方
(4.5)

リクルートエージェントのメリット

  • 転職業界最大級の求人数&転職支援実績ナンバーワン
  • 土日や平日の夜にキャリアアドバイザーとの面談が可能
  • 転職支援専用システム「Personal Desktop」が便利で役立つ

リクルートエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

転職活動に便利なツールが準備されていたりと「一歩先を行くサービスを行っている」という印象です。
実際、レジュメnaviとか凄い役立ちました。
あと、面接対策で過去に行われた質問の情報を教えて貰えたので参考になりました。

転職をしたいと思っていても「秘書としての転職」をどうしたら良いかわからなかったのですが、キャリアアドバイザーの方が細かなことからアドバイスをしてくれて助かりました。
企業の情報に詳しくて色々と教えてもらえるから、応募先選びも捗りました。

リクルートエージェントの詳細ページ

7位 適正診断で新たなキャリアが見つかる「エンエージェント」

エンエージェント

会長秘書職募集の求人なども見つかる「エンエージェント」では、適正診断を行うことで自分では把握していない特徴までもを分析し、新たなキャリアを発見することができます。

エンエージェントの適正診断で使われる「3E-p」は、約15分という短い検査時間ながら「性格特性・創造的志向・コミュニケーション力」などの偏差値と、10項目の職務の「職務適正」を分析することが可能です。

キャリアパートナーは面談で得た情報と適性検査の情報をミックスすることで適切な求人の紹介を行います。

求人への応募後は内定へ向けて、面接・職履歴対策を行い徹底サポートしてくれます。

企業と直接やり取りすることで得たリアルな情報を活用した、重要ポイントのアドバイスが受けられるので内定率も高まります。

項目別おすすめ度
4.08
求人数
(3.5)
第二新卒
(4.5)
初めての転職
(3.5)
自分のペースで転職したい
(4.5)
大手
(4.5)
地方
(4.0)

エンエージェントのメリット

  • 適正診断「3E-p」で新たなキャリアの発見ができる
  • 厚生労働省により「職業紹介優良事業者」として認定されている
  • リアルで詳細な企業情報を駆使した面接&書類対策で内定率を高めてくれる

エンエージェントを実際に利用した人たちの口コミ・評判

適正診断の結果とキャリアパートナーからのアドバイスで、今まで知らなかった自分の一面が知れた気がします。
それだけでもエンエージェントに登録した意味がありました。
サポートもきっちりしているので、これと言った不満もありません。

転職サイト選びに迷っていたのですが、適正診断が気になってエンエージェントに登録しました。
10分ちょっとのテストでしたが、応募したいと思える求人が幾つも紹介してもらえたので実際かなり効果的なテストだったのだと思います。

エンエージェントの詳細ページ

8位 豊富な求人数の2%弱が事務・秘書の求人「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアでは条件を指定しての求人検索だけでなく、キャリアアドバイザーからの求人紹介とスカウトという2つの方法で、急ぎの転職にも時間のない中での転職活動にも対応してくれます。

パソナキャリアでは取り扱っている求人の職種比率で、「事務・秘書」は全体の2%弱となっています。

秘書の仕事は求人の多い職種ではありませんので、この比率は決して少ないものではありません。

さらに、はっきりとサービス実績が公表されていることで、安心して転職活動を開始できるはずです。

既に25万人以上の方の転職をサポートしており、転職を成功した方の中の60%以上が年収アップを実現しています。

実績豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマンの書類添削や企業との交渉を行ってくれるだけでなく、内定後には退職交渉のフォローも行ってくれます。

項目別おすすめ度
4.25
求人数
(4.0)
第二新卒
(4.0)
初めての転職
(4.0)
自分のペースで転職したい
(4.0)
大手
(4.5)
地方
(5.0)

パソナキャリアのメリット

  • 25万人以上の転職をサポートし、転職成功者の60%が収入アップ
  • 時間がない方の転職活動に便利なスカウトサービスが利用可能
  • 求人全体の1.7%が「事務・秘書」募集の求人

パソナキャリアを実際に利用した人たちの口コミ・評判

パソナキャリアのサイトを見ていると秘書と事務の求人数が全体の1.7%という情報を見つけました。
「2%以下って少なくない?」とも思いましたが、確実に求人が存在してることと職種を考えたら低い比率ではないかなと考え登録しました。
予想は当たりだった様で、数社紹介してもらえ見事に内定をゲットして転職ができました。

担当してくれたキャリアアドバイザーの方が物腰の柔らかい男性で、ストレス無く転職活動が行えました。
決して頼りないってことはなくて、きちんと連絡事項は伝えてくれるし相談に乗ってくれアドバイスもいただけました。
たまたまかも知れませんが、良い担当者さんでした。
おかげで、転職も成功したしおすすめできるサイトです。

パソナキャリアの詳細ページ

9位 高精度のマッチングで理想の求人が見つかる「ワークポート」

ワークポート

転職活動に役立つ「転職コラム」で秘書の仕事についても詳しく解説している「ワークポート」では、豊富な求人数と高精度のマッチング能力を活かして希望条件にマッチする秘書向けの求人紹介を行ってくれます。

ワークポートの特徴の1つである「eコンシェル」は転職活動の進捗管理に役立ち、スマホからでも利用できて使いやすさも抜群です。

さらに転職決定人数No.1という実績が証明する転職コンシェルジュの的確で手厚いサポートで、1人では大変な秘書の転職活動の負担を減らし、理想の企業への内定を手助けしてくれます。

各業界・職種のスペシャリストが在籍していますので、専門分野の企業で働いていた方が経験を活かした転職をするのにもおすすめの転職サイトです。

項目別おすすめ度
4.50
求人数
(4.0)
第二新卒
(4.0)
初めての転職
(4.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
大手
(5.0)
地方
(5.0)

ワークポートのメリット

  • 転職活動の進捗確認に便利なスマホ対応「eコンシェル」が利用できる
  • 各業界のスペシャリストが在籍しているので様々な業界からの転職に強い
  • 高精度のマッチング&手厚いサポートで「転職決定人数NO.1」に選ばれる

ワークポートを実際に利用した人たちの口コミ・評判

CMで見かけるような大手と比べると求人数は少ないのかも知れないですが、紹介してくれる求人に的はずれなのが無いので信頼して利用できる転職サイトです。
的はずれな求人が無いから、振り回されず落ち着いて応募先選びができます。

前職場で感じた不満や問題点を伝えると、かなり自分に合った条件に求人を紹介してもらえました。
わりと良い求人を紹介してもらえたので積極的に転職活動が進められて、思ったより短期間で次の職場が見つかりました。

ワークポートの詳細ページ

10位 高い転職成功率と入社後定着率を誇る「JAIC」

JAIC

知名度では他の転職サイトに劣ることはあっても、80.3%という高い転職成功率と入社後定着率94.3%という実績がある「JAIC」は頼りがいで他社に劣ることはありません。

JAICは20代や女性向けの転職サイトも運営しており「20代・女性の転職に強い」という特徴がありますので、これらの条件を満たす方にとっては他のサイト以上に力強いパートナーになってくれるはずです。

転職成功率の高さは求職者の希望条件を満たす案件を紹介する提案力の高さと、内定へ向けてのサポートがしっかりしている証です。

入社後定着率が高いのは優良企業を紹介しているという証拠になります。

正社員の仕事の紹介に限定していて「スーツ着用で働く仕事が中心」というJAICは、未経験・フリーター・既卒など、これから正社員を目指す方にもおすすめです。

項目別おすすめ度
3.83
求人数
(3.5)
第二新卒
(3.5)
初めての転職
(3.0)
自分のペースで転職したい
(4.5)
大手
(4.5)
地方
(4.0)

JAICのメリット

  • 20代と女性の転職に特に強い
  • 転職成功率80.3%、入社後定着率94.3%という高い実績
  • 正社員に限定して優良企業の求人を紹介している

JAICを実際に利用した人たちの口コミ・評判

派遣で働いていましたが、正社員として就職したかったのでJAICに登録しました。
選んだ理由は転職成功率の高さと、転職先は正社員に限定されているとサイトに書かれていたからです。
私の問題なのか思ったほど案件紹介は無かったですが、サポートは丁寧で希望通り正社員として働くことができる様になりました。

ビジネス講座みたいなのとか色々と教育をしてくれるので、社会人として必要な知識をたくさん学ばせていただきました。
たくさんの企業に対して一度に面接が受けられる集団面接があって、私はそれで内定をいただきました。
JAICの担当の方は丁寧で嫌な印象は無かったです。

JAICの詳細ページ

秘書に求められる資格やスキルは?

秘書の仕事に対して憧れを持っている方も少なくはないはずですが、実際に働くにあたって「この資格やスキルが無いと秘書にはなれない!」という様な決まりはありません。

ですが、秘書として転職際に企業側が求めていることが多い条件というのは存在します。

その条件を高いレベルで満たすことができれば、内定を受けられる確率を大きくアップさせることが可能となります。

2級以上の秘書検定

秘書として仕事をする際に必要な能力を示すのに最適な資格と言えば「秘書技能検定」です。

この検定はスケジュール管理・マナー・文書作成などについての問題が出題されますので、合格すれば級に応じた秘書に必要な知識を持っているという証になります。

1級から3級までがありますが、転職時に持っていると評価されやすいのは「2級以上」と言われています。

これから転職活動を始めようと考えいるのであれば、転職活動と並行して「秘書検定2級以上」を目指してみるのも良いかも知れませんね。

語学力の高い人材を企業は求めている

国内だけでなく海外の顧客も抱えている企業では、語学力の高い人材は秘書としても歓迎されます。

海外から顧客が訪れた時の対応や、海外出張に同行した時のサポートや現地のホテルの予約などなど。

語学力が高いことで活躍できる場面はたくさんあります。

一番重宝されるのはやはり英語ですが、具体的にはTOEIC650点から700点ほどあると評価されます。

もし転職希望先が外資系など海外との繋がりが強い企業の場合には、TOEIC800点以上など高い英語力が必要となるかも知れません。

また英語だけでなく韓国語や中国語なども堪能な人材をより高く評価する企業もありますので、語学力を高めておくのは秘書にとって無駄にはなりません。

パソコンのスキルとビジネスマナーも重要

秘書として活躍するには事務的な仕事や接客力も求められます。

ですから、パソコンに関するスキルやビジネスマナーの実力を示すことができる資格や検定を持っていれば、転職が有利になるのは確実です。

  • ビジネス文書検定
  • ビジネス実践マナー検定
  • サービス接遇検定
  • 日商簿記検定
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト

この様な検定に合格していれば、わかりやすく実力を企業側に伝えることができますね。

全てを持っておく必要はありませんが、あればそれだけ評価されやすいのは事実です。

未経験からでも秘書になれる!

秘書の求人に申込むには「秘書としての経験」がある方が有利になります。

企業としても一から人材を育てるのではなく即戦力を求めたいと考える場合がほとんどですので、これは当然のことと言えます。

では経験が無ければ秘書にはなれないのかと言えばそうとも限りません。

実際、就職していきなり秘書になったという方はごくわずかで、多くの方は事務職などをしていて「秘書に抜擢された」ということがほとんどなのですから。

皆さんが今は秘書とは違う仕事をしていても、秘書になれる可能性はあるんです。

転職したいけどスキルがない…そんな方で転職できるコツを教えます

3年から5年の実務経験があれば実績は充分

未経験の方が転職先で秘書を目指すのであれば「実務経験」が必要になります。

社会人としての経験があるかどうかは企業側としては重要な要素ですから、少なくとも3年の実務経験が必要と考えてください。

長ければ良いというわけではありませんので、5年もあれば充分です。

もし転職先の企業で活かせる知識やスキルを持っていれば、書類審査や面接で有利に働く可能性もあります。

秘書としての経験がなくても秘書を目指すなら、現在働いている職場に近い業種の場所を選ぶのも良いアイデアです。

まずは事務職として入社し、そこから秘書を目指すというルートも時間はかかりますが悪くはありません。

何より大切なのは人柄とコミュニケーション能力

スキルや資格も大切ですが、秘書にとって何より重要と言えるのが「人柄」です。

顧客への対応を任すのにあたって、人柄が悪くては不安がつきまといます。

また上司のスケジュール管理など仕事上のパートナーになるのにも、人柄やコミュニケーション能力は重要です。

ただこれらは「相性」も大きく、働く職場にどんな人がいるかというのも大きく影響します。

逆に言えば転職先の上司と相性が良いと判断されれば、未経験でも採用される可能性はあるということですね。

秘書は新卒よりも転職者の方が有利

業種や職種によっては、ある程度の年齢の転職者よりも新卒などの若者が採用されやすいことがあります。

ですが「秘書」に限って言えば、新卒よりも転職者の方が断然有利なのです。

もっとも有利なのは「秘書としての経験者」であり、その次に来るのが「職務経験のある未経験者」となります。

新卒者を秘書として採用し育て上げるという企業は実際少なく、なるべく短時間で即戦力になる人材を求めています。

その為には秘書としての経験や社会人としての経験が優遇されるのです。

秘書の転職には転職サイト・エージェントの活用が必須です

秘書としての転職を志したとしても、求人情報誌などでは中々求めている案件と出会うことはできないはずです。

「秘書」というのは少し特殊な仕事なのもあってオープンな求人が行われることは稀で、ほとんどの場合で「非公開求人」として募集されているのがその理由です。

そんな非公開求人と出会うには「転職サイト・エージェント」に登録して紹介を受ける必要があります。

つまり「秘書として転職するには転職サイト・エージェントへの登録が必須」ということになります。

その中でも、今回のランキングで紹介した場所を選べば安心で頼りになりますよ。