30代の転職で役立つ資格まとめ【男性・女性版】

30代の転職に役立つ資格

30代の転職で、役に立つ資格は何なのだろうか。

せっかく勉強して無駄になってしまったら嫌だな。

資格があったからって採用されるわけではないというのは本当だろうか。

その不安な気持ち、わかります。

資格を取らないと資格を取っている人に比べて出遅れてしまっているようで、なぜか差をかんじてしまいますよね。

でも、大丈夫です。

この文章を読めば、どの資格を取得すれば転職に有利になるかを知ることが出来ます。

男性が取得するべき資格と、女性が取得するべき資格をご紹介いたします。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

業務に関連性のない資格は取得しなくて良い!持っていても履歴書に書かない!

資格があると何となく面接選考や書類選考に有利な気がして、職種に関連性の全くない資格を取得しようとします。

しかし、現実問題として、応募する職種に関連性のない資格が大量に羅列されているような履歴書は、落とされます。

資格を取得していたとしても、応募先の職種に関連性のない資格を履歴書に記載することは避けるようにしましょう。

内定が出ないばかりか、落ちる確率を自らアップさせてしまいます。

資格取得をした場合には、応募する求人によって履歴書に書くかどうかの取捨選択を行うようにしましょう。

業務と関係のない資格ばかり取得していると、本当にこの人はこの仕事をしたいのかなという疑いの目で採用面接の際に見られる可能性があります。

男性が取得しておくと面接選考で有利になる資格7選!

男性が資格取得しておくと転職で有利になる資格は、7個あります。

資格取得の難易度と、中途採用面接での即効性を考慮して紹介していきます。

30代の男性ともなると、基礎から入社後に業務の中で勉強するということは難しいです。

その不利を資格取得で知識がある状態にすることで、未経験でも転職を可能にすることができます。

30代の資格取得で大切なのは、基礎知識保有の証明と、業務適正のアピールのために使える資格です。

簿記2級

30代の男性が最も資格取得しておいて損のない資格が、簿記2級です。

この簿記2級ですが、未経験から簿記2級を持っているだけで大規模な病院での経理職に採用された方が身近にいらっしゃいました。

面接官としても簿記2級を持っているだけで経理職をやりたいのかなと連想してしまうくらい印象に残る資格です。

簿記2級は、管理部門志望者は絶対に資格取得するようにしておきましょう。

簿記2級の難易度は高く、有名大学の入試で有利になるくらいの資格です。

勉強時間はおよそ半年程度で取得できます。

仕事をしながら取得できる資格の中ではピカイチのコストパフォーマンスです。

経理のない会社はあり得ません。

企業は営利を追求する組織のため、経理の知識があるだけで仕事の内容の理解度が高くなります。

特に経理・財務を志望されている方にとっては、資格取得しておいて間違いのない資格です。

会社の帰りに資格学校などに通って資格取得するのも良いです。

社会保険労務士

人事部門を志望する男性が、未経験で人事に挑戦したい!と思ったら間違いなく社会保険労務士の資格が必要になります。

理由としては、人事業務はルーチンワーク(給与計算・社会保険・労働保険・年次処理・一次面接面接官)とクリエイティブワーク(内定決裁権を持って採用を行う)

人事企画や社員の採用計画策定、採用基準の制定、安全対策、就業規則改定)に大きく分かれます。

ルーチンワークは新卒の子が入って約3年で出来る状態になります。

30代から人事部門に行こうと考えているならば、30代にルーチンワークをいちいち教えている時間がありません。

労働法規などの知識や給与計算の知識は入社時には出来れば完璧であった方が嬉しいです。

人事になりたい!と考えている30代の方は、社労士の資格を取得しておいた方が無難です。

難易度は非常に高く、合格率は毎年下がっている難関資格の一つです。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は通称で宅建と呼ばれているくらいポピュラーな資格です。

法律で5名以上の規模の営業所に1人は宅建の資格者がいないといけません。

不動産売買の説明業務なども宅建の資格者がいないとできません。

需要はとても高く、宅建を持っているだけで重宝されます。

使い勝手がよく不動産業界では必須資格ですが、難易度も高いです。

1年間はみっちり勉強する必要があります。

不動産関係に転職したい場合には持っておくだけで注目される資格です。

不動産関係の営業職の方はみなこの資格を取るように指導されているくらいの重要な資格でもあります。

不動産関係に興味がある場合には取得しておいて損はありませんし、どの道、転職すれば絶対に資格を取るように会社から指導されます。

フォークリフト運転免許

30代で物流関係を志望する場合には、フォークリフトの運転免許は1週間以内で資格取得できますので、絶対に取るようにしておきましょう。

普通自動車運転免許を持っていればもっと短い時間で資格取得できます。

フォークリフトの運転免許は物流関係に転職しようとした際に、資格取得しておくと非常に便利です。

物流関係の採用担当者も喜びます。

物流業界では事務職であったとしても、現場でフォークリフトを操縦する機会があります。

また、この資格があるだけで物流会社によっては資格手当がつく会社もあります。

取るのは一瞬ですが、一生使える資格の一つです。

とりあえず持っておけば安心な資格の一つです。

税理士

経理部門に未経験で挑戦したい!と考えたときには税理士の資格があれば有利です。

簿記2級ももちろん有利ですが、簿記2級よりも難易度が高く、税務のエキスパート職です。

上場企業に30歳を過ぎても中途採用される可能性のある資格です。

一発逆転資格でもあります。

その分難易度は高く、何年も資格取得に時間がかかる可能性があります。

弁護士(企業内弁護士、インハウスローヤー)

弁護士の需要は非常に高いです。

特に昨今ではインハウスローヤーという雇われ弁護士も増えています。

以前であれば弁護士になれば年収3000万円は確定という状況でしたが、現在は状況は一変しています。

司法制度改革で弁護士の数が激増しました。

以前は弁護士の数自体が少なかったので、給料も高かったですが、東京ではすでに弁護士が余ってしまっています。

東京の有名私大を卒業して弁護士になったのにも関わらず、大阪の弁護士事務所に就職する人も多いです。

大阪ならまだ良い方でもっと地方の弁護士事務所に雇用されている弁護士もいます。

弁護士事務所に就職すらできない弁護士も増えています。

弁護士として事務所に修行に入っても、給料は遅配する上に、離婚訴訟ばかりを任されているのが現実です。

またボーナスがないという弁護士事務所も急増しています。

このように厳しい状況の弁護士ですが、インハウスローヤーという企業の雇われ弁護士として法務で仕事をするという求人が最近では増えてきています。

難関資格ですが、もしも取得しても先行きが暗いのであれば企業で活躍することを前提として資格取得を目指すのもありです。

司法書士は法律系最難関資格だが、唯一食える士業!

司法書士は難関国家資格です。弁護士よりも今や合格率は低いです。

弁護士が大学院に行かなければ資格取得できないのに対して、司法書士は大卒でも資格取得できるというところは社会人に有利です。

不動産会社の法務などに需要の高い難関資格でもあり、転職に有利どころか高待遇が期待できる資格の王様となっています。

もしも将来独立を目指している場合には司法書士事務所への転職は必須ですが、そこそこ安定した待遇でサラリーマンを続けたい!という場合にも法務などで重宝される資格なのでおススメです。

攻撃にも守備にも優れた資格です。

30代の女性が資格取得で転職に有利になる資格7選!

30代の女性が資格取得で有利になる資格は全部で7つあります。

それぞれ、資格取得の難易度だけでなく活用シーンも交えてご紹介いたします。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

ワードで文章を作成したり、エクセルで関数を使って計算式を作ったりという作業が出来ない中年層はかなりの数いらっしゃいます。

パソコンの出来る女性の需要はとてつもなく高いです。

古い大企業だと未だに、計算式が使えずに電卓で計算したものをエクセルに入力するという非効率な仕事を繰り返している方がいらっしゃいます。

中高年の社員はプライドが高くて、男性社員の後輩には中々聞こうとしません。

最後は結局丸投げになるのです。

男性には聞けなくても、女性社員の言うことには耳を傾けたり協力を仰ぐという年配社員もいらっしゃいますので、女性はこの資格の取得をおススメいたします。

資格取得も容易ですし、役に立ちます。

ファイナンシャルプランナー

金融機関に転職する上では最もメジャーな資格です。

生命保険の営業職などで活躍されている女性の方は多いですが、持っているだけで説得力の出る資格の一つです。

取得して損が無いと言えます。

取得難易度も低く、おススメの資格です。

3ヶ月ほどの勉強で資格取得できる上に、いま注目の資格です。

秘書検定

秘書をやってみたい!という場合には、秘書検定があると非常に有利です。

具体例を挙げると、社長室の秘書候補を探す際には、秘書検定を持っている女性を探してほしいという依頼が経営者から人事によく依頼が来ます。

役員は基本的に50代から60代の年配者が多いので、資格に安心感を持つ方も多いです。

3級と2級がありますが、そんなに難しい資格ではありません。

合格率は50%以上なので、基本書を書店で購入して読み込めば合格できます。

独学でも合格できますので、秘書業務に興味があるのであれば、書店で参考書を購入して勉強してみましょう。

医療事務

医療事務は時間から時間で帰ることが可能なので、女性には特におススメです。

病院で診療報酬の算定をしたりする、医療に関する事務のスペシャリスト資格です。

医療事務の資格取得は職業訓練校にコースが用意されているので、それを活用して資格取得するのがおススメです。

雇用保険に入っている場合には、お金を貰いながら勉強して資格取得することが出来ます。

また職業訓練校で求人紹介もしてもらえるので、ぜひ資格取得をしてみましょう。

医療事務に従事する方は、女性が圧倒的に多いです。

女性有利な資格と言えます。

TOEIC600点以上!

英検2級よりもTOEICの方がいまは信頼される時代です。

英検2級は1回資格取得すると、それ以降は試験を受ける必要はありませんが、TOEICは2年程です。

スコアを2年以上経過したものは書いてはイケナイというようなルールはありませんが、概ね2年程度が人事としては有効期限です。

グローバル企業に転職するならば必須の資格と言えます。

本気で外資系企業に転職してみたい!と思うのであれば絶対に600点以上は取得するようにしましょう。

外資系は女性が活躍する風土が整備されている企業も多く、もしも日系企業を脱してバリバリの仕事をしてみたい!と考える場合には、絶対に必要な資格です。

介護士

介護業界は人手不足でパニックになっています。

採用の説明会では、介護業界のブースだけは閑古鳥が鳴いています。

中途採用者の採用は困難を極めているのがこの業界の特徴です。

ほぼ看護の専門学校からの新卒採用だけに頼り切っており、なかなか中途採用者を集められていません。

介護士の資格があるだけでも転職しやすいです。

また需要が高いため、夫の転勤などについていかなければならなくなったときでも、転勤先でも仕事を見つけることが可能な資格です。

行政書士

女性におススメの法律資格は、行政書士が筆頭です。

学歴要件がありませんし、最も身近な法律を勉強することが可能です。

大卒以上でなければ取ることが出来ない資格ではないので、高卒や短大卒の女性でも資格取得可能です。

一般人にとって最も身近な法律屋さんと言われており、試験内容を見ても、資格取得をすれば有名大学の法学部卒と知識量で並ぶことが出来る資格です。

法務をどうしてもやってみたいという女性におススメです。

企業法務として求めているレベルの水準の知識と法律感覚を身に付けるにはうってつけの資格です。

資格取得難易度も弁護士、司法書士、社労士などよりも低いため、おススメです。

資格取得で大切なことはどう業務と関連性があるか!

就職したい会社の募集職種にマッチした資格を取得するようにしましょう。

資格取得は本人の配属適正などを良くも悪くも人事に見誤らせる可能性があります。

資格があるからこの部署に!というような安直な人事はいませんが、難関資格の取得者であれば本人の適性を無視して採用して部署配属を行うこともあり得ます。

資格はあくまでも就職先にこの仕事がしたい!という意欲を示すためのものです。

目先のことだけに囚われて資格取得を行うのではなく、本当に自分がやりたい仕事なのかどうかを先に確認してから資格取得をするようにしましょう。

よくあるパターンが、せっかく難関資格を取得したのにも関わらず、いざ就職してみると全くやりたい仕事ではなかったのですぐ辞めてしまうというパターンです。

資格と採用後に行う業務への適性は相関性がありません。

必ず資格を活かして転職をした場合に、自分自身が続けられる仕事がどうかを確認してから資格取得を行うようにしましょう。

新天地でのご活躍をお祈りしております!

30代におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2018年版】