30代の転職でおすすめの職種・業界!未経験でも転職可能!

30代の転職でおすすめの職種・業界

30代で転職先を考えている人におすすめなのは、一体どんな職種なのでしょうか。

なかには、「どこにも採用されなかったらどうしよう…」と不安になり、未経験の職種は避けて選ぶ人もいるかもしれません。

しかし、せっかくなら自分に合った職業を選びたいですよね。

今回こちらの記事では、30代の転職でおすすめの職業・業界をご紹介します。

30代の転職におすすめの職種の詳細

まずは、30代の転職におすすめの職種を紹介いたします。

特に未経験でも転職しやすいものをピックアップしていますので、参考にしてみてくださいね。

① 営業

営業職は、年代問わずもっとも転職しやすい職種と言われています。

多くの業種で必ず必要になってくるので、需要が大きいですね。

しかし営業職は、どうしても向き不向きが出てくる職種でもありますよね。

「コミュニケーション力に自信がない」「そもそも人と話すのが苦手』という人は、いくら転職しやすいと言っても営業職は避けたほうが無難でしょう。

「人と話すことが好き!」「プレゼン能力には自信がある』という方は、たとえ未経験であっても営業職に飛び込んでみるのもよいかもしれません。

② 介護

年々需要が増えてくる介護職ですが、常に人手不足状態が続いています。

実は介護業界には、30代・未経験での中途採用の人もたくさんいるのです。

非常に転職しやすい職業のため、「なにか新しいことを始めたい!」という方にはぜひおすすめです。

そして比較的、正社員にもなりやすい職種でもあります。

しかし常に人手不足ということは、それだけ人の入れ替わりが激しいということでもあります。

やはりかなりハードな仕事であるため離職率も多いです。介護業界への転職を考えている人は、そのあたりの覚悟も必要になりますね。

また体力勝負な仕事でもあるため、日々の体調管理も大事になります。

日勤・夜勤などのシフト制のため、身体が慣れるまでに時間がかかるかもしれませんね。

しかし向いていたとしたら、天職になりえる仕事でもあります!

③ドライバー

ドライバーのほとんどは中途採用であるため、こちらも転職しやすい職種といえます。

ドライバーと一口に言っても、タクシーやハイヤー、バス、トラックなどその種類はさまざまです。

特に最近は、東京オリンピックに向けて外国人観光客を集客しようとしています。

ドライバーはこれからもニーズの大きい職種といえるでしょう。

④ 経営コンサルタント

経営コンサルタントは、企業からの相談を受け、経営状態を分析し、経営を強化していくための提案や具体的なアドバイスを行う職業のことを指します。

経営コンサルタントになるために必要な資格などは特にありません。

基本的には、自ら経営コンサルタントと名乗ってしまえばその時点でなることはできます。

しかし、大企業を相手にするような戦略系コンサルティングファームとなると、そう簡単にはいけません。

担当するクライアントの所属する業界や、その業務に関する高度な専門知識、分析力や論理的思考力、プレゼンテーション能力、語学力などなど、幅広い能力を求められます。

⑤ サービス業

転職のしやすさでいうと、サービス業も欠かせません。

ひとくちにサービス業といっても、飲食業や接客・販売業など、あらゆる分野がありますよね。

向き・不向きがあるのは確かですが、積極的に募集をかけているため、求人もかなり多いです。中途採用も多く行っていますね。

ただサービス業への転職を希望する人はかなり少ないという事実もあります。

理由としては様々ありますが、「土日休みが取れない」「お盆や年末年始など、みんなが休むときに休めない」「飲食店では特に、夜勤がある」「立ち仕事が辛い」…などです。

サービス業は幅が広いため、「絶対無理!」と思ったとしても、求人をよく見てみると希望にマッチしたものが見つかるかもしれません。

会社の雰囲気や仕事内容などをよく見極めておきましょう。

⑥ 事務・管理部門

事務系の職種も未経験からの転職がしやすいと言われています。とくに女性からの人気が高いですよね。

事務職は未経験だったとしても、ある程度のパソコンスキルは必須にはなってきます。

「ワードやエクセルなんて触ったこともない!」なんていう人は、ちょっと厳しいかもしれません。

また事務職であればおすすめなのは、「一般事務」「営業事務」「総務事務」の3つです。基本的なパソコンスキルさえ身についていれば、挑戦してみる勝ちはありそうですね。

ちなみに、人事や経理などの部署は専門性が必要になってくるため、未経験だと厳しくなります。

30代の転職ではどんな経験が求められるか

30代の転職ともなると、20代の頃とは違って求められるものも大きくなってきます。

では具体的に、どのような経験・スキルが求められるのでしょうか。

① 即戦力として通用するキャリアやスキル

30代といえば、超戦力として活躍する時期ですよね。

20代の頃と違い、「ゆっくり1から教え込む」というよりは、入社してからなるべく早く戦力になってもらいたいというのが企業の本音なのではないでしょうか。

理想としては転職を希望する職種や分野に関する実務経験が3~5年ほどあると、企業からも即戦力として判断されるでしょう。

また直接の実務経験がなくとも、関連する分野の実務経験があれば優遇されることもありますよ。

② リーダーシップ

30代にはみんなをまとめるリーダーシップも求められます。

とくに即戦力として中途採用された場合は、入社後すぐにプロジェクトにおける重要な役割を任されてしまう場合も十分にありえます。

採用面接の際には、リーダーシップをアピールするのはなかなか難しいかもしれません。前職にてリーダーやマネジメントといった経験がある場合には、積極的にアピールするようにしましょう。

③ 適応力

30代には、適応力も求められます。こちらも面接のときにアピールするのは難しいですが、入社後必ず必要になるでしょう。

基本的に、年齢が上がれば上がるほど、適応力は失われていくものです。30代となるとギリギリの年代になりますね。

④ 協調性

30代には、協調性も求められます。

仕事はチームで行っていくため、会社のメンバーとうまく馴染めるのか、一緒に仕事をやっていけるのかを、企業側はよく見ているのです。

また30代ともなると、将来的には管理職をまかされることも多いのではないでしょうか。

その際に、自分の業務だけでなく、周りをよく見て協力し、組織全体で業績をあげることができるのかが重要になってくるのです。

⑤ 謙虚さ

スキルやキャリアとはちょっと違いますが、謙虚さも仕事をやっていくうえで重要です。

いくら即戦力となるような技術やスキルの持ち主だったとして、謙虚さがなければ企業側も一緒に仕事をやっていくのに困難になります。

企業側としては、たとえば前職で取締役などの重要な立ち位置にいたような人材が必ずしも欲しいか、と言ったらそういうわけではないのです。

求められるのは、企業の中で業績をあげたいという謙虚さと意欲、そして自分さえよければ…ではなく、周りと協力できるかどうかも大きな鍵になります。

30代から未経験・異業種でも転職できるか

ここまで30代の転職について紹介してきました。

転職を考えている30代の人たちのなかには、「まったくの未経験だと厳しいのではないかな」「今から異業種に転職なんて、本当に出来るのかな」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、たとえ未経験・異業種でも、きちんと戦略を立てて仕事を探せば、転職することは可能です!

いくつかポイントをご紹介します。

① 求人情報を集める

経験・未経験の前に、どのような求人があるのかしっかり見ておかなければ、やりたい仕事も見つかりません。

仕事を探す上で重要になるのは、どれだけ求人情報を持っているかです。これは新卒も中途も変わらないですよね。

転職エージェントを利用しながらも、転職サイトにいくつか登録しておきましょう。

特に転職サイトは、メールマガジンを登録していれば条件にマッチした求人を毎日配信してくれます

② 過去の栄光を持ち出さない

面接の際にありがちな失敗になるのですが、異業種への転職の際は特に、過去の栄光を引きずるのはやめましょう。

前の会社でどのような立場であったとして、次の会社では新入社員として扱われます。

また、職種の違う前職での実績は、あまり採用時に参考にならないことも多いのです。

未経験・異業種へ転職するためのコツはこちらの記事でも詳しく解説しています。

30代でも未経験の業種へ転職したい!異業種への転職を成功させる方法

30代の転職ではどんな資格を取得しておくと有利?

最後に、30代で転職するとなると、どのような資格を取得しておくべきなのでしょうか。

20代の頃とは違い、30代の転職となると、資格が重要な役割を果たします。

ここでは、30代の転職におすすめの資格をご紹介します。働きながらとれる資格もあるので、気になるものがあったらぜひチェックしてみてくださいね。

① 行政書士

行政書士とは、行政書類の専門家のことを指します。

書類代行業務を主なものとしており、主に役所へ提出するような申請書類作成や、手続きの代理業務を行います。

専門資格であるため、持っているとどこの企業でも評価は高くなるでしょう。

しかも専門資格の中では取得するのが簡単というのも特徴ですね。

② TOEIC

今の時代、英語は必須科目ですよね。TOEICは英検よりも、よりビジネス向きな内容となっているため、高得点を確保していれば就活に有利になるでしょう。

年に何回か受験ができるので、定期的に受験してスコアを更新しておきましょう。

その他、30代が取得しておくと転職で有利になる資格はこちらの記事で紹介しています。

30代の転職で役立つ資格まとめ【男性・女性版】

まとめ

以上が30代の転職におけるおすすめの職種紹介でした!

様々な分野の職種・業種を紹介しました。向き・不向きもあるかとは思いますが、なにか気になるものはありましたでしょうか。

就活のやり方次第では、未経験の職種にチャレンジすることも可能になります。

場合によって資格なども利用しながら、自分にぴったりの仕事が見つかると良いですね。

また本当に転職できるか不安な方は、転職サポートが充実した転職エージェントへの登録をおすすめします。

企業側への交渉力の強い転職エージェントであれば、多少の経験不足もカバーできるでしょう。

30代におすすめの転職エージェントは、こちらの記事でおすすめを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

30代におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2018年版】