救急救命士におすすめ転職サイト・エージェントランキング!

救急救命士におすすめ転職サイト・エージェントランキング!

救急の現場で、最初に患者の処置を担当する重要な職業『救急救命士』。

地方公務員として働く救急救命士たちも、他の自治体や別の職種へ転職することがあります。

とはいえ救急救命士の求人は少ないですし、救急救命士の経験・資格を活かせる別の仕事を探すのも大変な作業。

上手に転職活動を進めていくためには、転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービスを有効活用しなければなりません。

そこで今回は、救急救命士の仕事を探している方、また救急救命士から別職種に転職しようとしている方に、おすすめの転職サービス4選をランキング形式でご紹介します。

いずれのサービスも登録・利用ともに全て無料なので、ぜひ興味を持てるものに登録してみてくだあい。

求人数が少ない職種なので、一つのサービスに絞って使うのではなく、複数サービスを並行利用することをおすすめします!

1位 業界問わずの転職が可能!リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職経験がない方でも、おそらくリクルートの名前を知らない方はいないでしょう。

そのリクルートが運営する転職エージェントサービスが『リクルートエージェント』です。

求人保有数やユーザー数、紹介実績などどれを取っても業界トップクラスで、転職エージェントに登録する多く方が最初に登録するサービスのひとつです。

救急救命士の仕事を探している方、そして現在救急救命士をされている方が転職する際にも、おすすめの転職エージェントです。

転職エージェントなどの利用にあたって、あなた自身の個人情報をかなり細かく共有することになりますが、リクルートのように大手企業で情報管理がきちんとしていれば、安心してサービスを利用することもできます。

リクルートエージェント詳細ページ

リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントは業界最大手のサービスということもあり、おすすめポイントが多数。

その中でも、今回は下記の3つのポイントに絞って解説します。

  • 職種の幅が広いので資格や経験を活かした転職が可能
  • コンサルタントの質が高く個人に合ったサポートを受けられる
  • 全体の9割が非公開求人なので好条件の求人に当たりやすい

職種の幅が広いので資格や経験を活かした転職が可能

リクルートエージェントは、業界・職種・役職などを問わず幅広い求人を取り扱う総合転職エージェントです。

ゆえに、資格や経験を活かせる何かしらの仕事に出会える可能性が高いといえます。

例えば救急救命士の仕事を探している方はもちろん、救急救命士から別の職種への転職を考えている方にとっても使いやすいサービスです。

コンサルタントの質が高く個人に合ったサポートを受けられる

リクルートエージェントのキャリアコンサルタントは同業他社と比較してもスキル・知識レベルが高いと言われています。

これは同社が転職エージェントとして長年実績やノウハウを蓄積してきたからに他なりません。

キャリアコンサルタントの質が高いということは。

それだけ個々人に合わせた最適なサポートが受けられるということ。

つまり転職を成功に導く可能性も格段に高くなります。

救急救命士の経験や知識を活かせる別の職種なども的確にアドバイスしてもらえるはずです。

就きたい仕事などが決まっていない方は、ぜひキャリアの相談などもしてみてください。

全体の9割が非公開求人なので好条件の求人に当たりやすい

リクルートエージェントが保有している求人の9割近くは非公開求人と言われています。

非公開求人とは、企業戦略・採用戦略上他社に知られてはならない求人のことで、一般には公開されていません。

転職エージェントに登録後、条件にマッチするユーザーにのみ公開されています。

非公開求人は総じて好条件なことが多く、給与や待遇などが相場より高めです。

また転職サイトや公開求人にはないレア求人に出会えることもしばしば。

興味がある方は、ぜひ会員登録した上でキャリアコンサルタントにリクエストしてみましょう。

2位 若手の転職ならマイナビエージェント

マイナビエージェント

人材業界においてリクルートと双璧をなす大手企業、マイナビ。そのマイナビが運営する転職エージェントが、『マイナビエージェント』です。

マイナビエージェントは業界では珍しく20代~30代くらいの若手をメインターゲットにしており、経験が浅い方でも利用できるサービスです。

マイナビエージェント詳細ページ

マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントは若手の方にとって非常に使いやすいサービスです。

ゆえにおすすめポイントも多々あるのですが、今回は下記の4つのポイントに絞って解説します。

  • 転職者の年収平均が400万~と高年収に期待できる
  • 様々な業界の求人を検索可能!
  • 業種問わずの転職ができる
  • 現在のスキルや年収をもとにした適性診断を受けられる

転職者の年収平均が400万~と高年収に期待できる

マイナビエージェントを通じて転職した方の平均年収は400万円以上。

一般的な転職エージェントはハイクラス求人を中心に取り扱っているため、400万円以上は当たり前かもしれませんが、マイナビエージェントは若手メインのサービス。

ゆえに400万円以上という金額でも世間一般の相場と比較すると高年収に当たります。

もちろんさらに高い給与設定の求人もあります。

様々な業界の求人を検索可能!

マイナビエージェントの公式サイトでは、同社が保有する公開求人が全て検索できます。

様々な業界の求人、約20,000件を閲覧することができ、自分のスキルや希望に沿った求人がないかをチェックできます。

まだ志望業界や就きたい仕事が定まっていない方は、とりあえず求人をたくさん眺めてみながら、どんな仕事が自分に合っているか、何に興味を持てるかを探ってみてもいいかと思います。

業種問わずの転職ができる

一般的な転職エージェントの場合、経験やスキル、知識を活かして同業界・同職種内での転職がほとんどです。

しかしマイナビエージェントは若手をメインターゲットにしているため、経験が浅くても応募できる求人が多数掲載されています。

そのため、業種を問わず幅広い選択肢の中から仕事を選べます。

現在のスキルや年収をもとにした適性診断を受けられる

マイナビが提供する転職エージェントサービスの中に、『マイナビジョブ20‘』というものがあります。

こちらはより若手向けサービスで、20代だけが利用できるというもの。

このサービスでは無料で適性検査を受けることができ、自分自身の強みや特徴、どんな仕事に向いているかなどを知ることができます。

救急救命士から別の職種への転職を考えている方などは、こうした診断を受けながら将来のキャリアを考えてもいいかもしれません。

3位 年収UPを目指すなら!type転職エージェント

type転職エージェント

『type転職エージェント』は、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。

全国の求人を扱っていますが、中でも首都圏の一都三県の求人が中心。

特に「IT・Web業界」「ものづくり業界」「営業職」「販売・サービス職」「管理部門」「ミドル・エグゼクティブ」「女性」といったカテゴリーに強みを持っています。

type転職エージェント詳細ページ

type転職エージェントのおすすめポイント

type転職エージェントについても、下記3つのおすすめポイントに絞って解説していきます。

  • 登録者の7割が年収UPを実感!
  • 救急救命士から異業界への転職もできる幅の広い求人
  • 面接・職務経歴書の作成の苦手を克服できる対策アリ

登録者の7割が年収UPを実感!

転職後は、その企業の仕事の進め方をイチから学ぶことになります。

当然前職の経験を活かせることばかりではないため、給与が下がってしまうケースも多々あります。

しかしtype転職エージェント経由で転職した方については、実に7割が年収UPを実感しています。

得意業界・職種に特化して求人を扱っていることも背景にあるかもしれませんが、それにしてもこれは素晴らしい実績です。

救急救命士から異業界への転職もできる幅の広い求人

現在掲載されている公開求人は、約1万件。

しかもtype転職エージェントは保有求人数の約80%が非公開とのことで、この全体で5万件近い求人を保有していると推定されます。

取り扱い業界・業種も幅広いため、救急救命士から別の職種への転職を考えている方にとっても利用しやすいサービスだといえるでしょう。

面接・職務経歴書の作成の苦手を克服できる対策アリ

職務経歴書の作成は手間や時間がかかり、かつ内容も精査しなければならないため、苦手という方も多いはず。

また面接対策も同じで、企業ごとの志望動機・自己PRの作り分けや受け答えの下準備など、難しいことが多いと思います。

type転職エージェントは応募者一人ひとりの状況に合わせて時間を掛けて面接・職務経歴書の対策を行ってくれると評判です。

公式サイトでも『志望度の高い企業の受かり方』を大切にしていると銘打っており、ユーザーへの真摯な姿勢が伺えます。

4位 救急救命士の求人多数!げんきワーク

げんきワーク

最後に紹介するのは『げんきワーク』です。このサイトは転職エージェント機能がメインではないのですが、救急救命士の求人が多数検索できます。

ちなみに2020年2月25日現在、総求人数は130万件以上。

そのなかで救急救命士の求人は80件以上確認できました。

これほどまでに求人が多いのは、ハローワークの求人を検索できるためです。

げんきワークのおすすめポイント

げんきワークのおすすめポイントも、下記の3つに絞って解説します。

  • 救急救命士に特化した求人情報を掲載している
  • 法人経営の施設で働ける
  • 求人情報が詳細に書かれているので見やすい

救急救命士に特化した求人情報を掲載している

げんきワークに掲載されている救急救命士の求人は、80件以上(2020年2月25日現在)。

救急救命士の求人に限って言えば数ある転職サイトの中でもトップクラスの求人掲載数です。

救急救命士はそもそもの求人数が少ないため、より多くの情報を得られるサービスは貴重。

情報収集のためにも、ぜひげんきワークには登録しておきたいところです。

法人経営の施設で働ける

救急救命士の主な勤務先は、消防署などの消防機関。

しかしげんきワークに掲載されている求人は法人経営の施設がほとんどで、病院などの医療機関(民間病院・大学病院)のほか、タクシー会社、介護施設など選択肢が多様です。

消防機関から法人への転職をお考えの方は、ぜひこうした転職先を選択肢の一つとして検討してみてください。

求人情報が詳細に書かれているので見やすい

げんきワークに掲載されている求人は、総じて情報が詳細で、見やすく作られています。

情報がきちんと作り込まれているハローワークの求人が多いことも関係しています。

給与や待遇、勤務時間、勤務日数などは特に詳細に知りたいポイント。

転職エージェントの求人などは最低限の情報しか閲覧できないため、げんきワークのように詳細情報を見ながら選べるのは求職者にとってメリットです。

救急救命士の転職先ってどこ?

救急救命士から別職種への転職をお考えの方も多いと思います。

基本的に救急救命士は消防署で勤務することが多いのですが、転職先としてどんな選択肢があるのか、改めてまとめてみます。

別の地方自治体の消防

最も多い転職先として考えられるのは、現職とは違う自治体の消防署です。

現職の救急救命士の方であれば充分ご理解しているかと思いますが、地方公務員なので給与は比較的安定しています。

待遇・勤務体系などを見ても、将来にわたって長く働きやすい職場といえるでしょう。

しかし現職の救急救命士の口コミなどを見てみると、仕事の大変さ・厳しさに言及しているものも少なくありません。

救急の必要が無い方の呼び出しに対応したり、担当出来る処置の内容が限られていたり、患者の回復を見られず達成感が感じられなかったり…。

様々な面で仕事への辛さを感じて、法人への転職や別職種への転職を検討する人も多いようです。

医療法人運営の病院

医療法人が運営する民間の病院や医療施設、また国公立の大学病院などでも救急救命士は活躍しています。

救急機能がある病院が中心となりますが、こうした病院に転職する場合は、即戦力として迎えられます。

民間企業の場合、その法人の給与・評価体系によって給与が変わるため、自分がどれくらいの額を手にできるのかをきちんと確認しましょう。

場合によっては公務員の時より大幅に給与が上がることもあります。

医療系の民間企業

病院以外に、医療系の民間企業でも救急救命士のニーズがあります。

代表的なものとして、医療・介護タクシーを運営するタクシー会社や、介護施設、救護所の救護員などがあります。

いずれも救急救命士として積んだ経験を活かして即戦力としての活躍が期待される職場ばかりです。

また医療系民間企業ではありませんが、大学や専門学校など医療分野の教育機関にて、学生の指導をする教員として迎えられる求人も少ないながらあります。

現場での仕事ではなく、後輩の指導・育成という新しいミッションにやりがいを感じている方も多いようです。

求人・専門性に長けた転職サイト・エージェントを利用して転職を成功させましょう!

救急救命士の仕事は、そもそもの母数が少ないことから、転職サイトや転職エージェントで見かけることがあまりありません。

だからこそ求人数や専門性に長けた転職サービスを上手に活用することで、転職活動をスムーズに進めることが大切です。

今回ご紹介した転職サイトや転職エージェントは、世の中に多々ある転職サービスの中でも特に救急救命士への転職、そして救急救命士からの転職におすすめのものばかりです。

まだ利用する転職サービスを決めていない方は、ぜひ今回の記事を参考にしながら試しに登録していただければと思います。

転職エージェントのキャリアコンサルタントの知識や経験を借りながら、転職を成功に導いてください!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件