ラーメン屋へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

ラーメン屋へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

脱サラリーマン生活をして、ラーメン店を出店したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、人気のラーメン店を出店することは大変です。人気のラーメン店を作るためには事前調査も大切なのではないでしょうか。

そこで本記事ではラーメン店として転職できる転職サイトの紹介や、ラーメン店の年収などの情報を紹介します。

ラーメン屋への転職におすすめ転職サイト・エージェント

クックビズ

クックビズ

クックビズとは飲食店に特化した転職サイトです。このサイトでは飲食店業界にて月収35万円以上の求人が多数見つかります。

また、3万円の就職お祝い金をもらうことも可能です。全国展開している求人サイトで全国で約50,000件もの飲食店業界の求人案件があります。

非公開求人も多数あるため、このサイトでしか出会えない案件も多数です。キャリアアドバイザーの質も高く、紹介時の親身な対応はもちろんのこと、転職後もしっかりとしたサポートが受けられます。

会員登録はウェブから約30秒にて完了します。キャリアアドバイザーとは面談を実施し、面談時には仕事を紹介してもらえます。

入社時には、キャリアアドバイザーから、書類対策や面談対策を手厚く受けられます。

クックビズ詳細ページ

キンキンラーメン修行道

キンキンラーメン修行道

キンキンラーメン修行道は、ラーメン屋として開業したい、もしくはアルバイトしたい、転職したいという気持ちを叶えてくれる転職サイトです。

あらゆるエリアでのラーメン店の求人を案内している転職サイトでもあります。

まずは、有名ラーメン店への転職をすれば下積み経験にもなるのではないでしょうか。その後、個人開業をする際にも力になってくれるサイトです。

開業する際には、スープの命となる鶏ガラや豚ガラの業者を紹介してもらうことが可能で、ラーメンには欠かせないチャーシューや麺の仕入れも紹介してもらえます。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、希望の求人が見つかる転職サイトです。リクナビは大手の転職サイトで転職者の8割以上が利用しています。

あらゆる業界の転職支援をし、そのノウハウを惜しみなく提供してくれるため、信頼できる転職サイトと言えるのではないでしょうか。

リクナビNEXTだけの限定求人が85%もあるため、このサイトでないと出会えない求人が多数あります。

その求人は約9割が生写真案件であるのが特徴です。このサイトに登録すると転職活動の効率化ができ、スカウト登録をすることで転職の選択肢が多くなります。また、転職エージェントの質が高いのも魅力です。

リクナビNEXT詳細ページ

エン転職

エン転職

エン転職も非公開求人が多い転職サイトです。約8割が非公開求人ですので、エン転職に登録しないと出会えない求人ばかりです。

また、現社員や元社員の口コミが豊富に記載されているため、転職先における職場の生の声などの情報を得やすいです。

メール配信サービスがあり、会員登録時に登録した内容にマッチした求人案件は、自動的にメール配信されますので必要な求人情報を見逃すことがありません。

キャリアコンサルタントの質も高く、企業の調査能力が高いため、転職先の面接対策なども教えてもらうことが可能です。

エン転職詳細ページ

ラーメン屋に必要な資格・条件

ラーメン店も飲食店です。そのため、開業するためには食品衛生責任者と防火管理者の資格が必要です。

食品衛生責任者は、食品関係の営業をする場合に設置義務のある資格です。

この資格を取得するためには、知事が指定した養成講習会を受講し、食品衛生関連法令や食品を衛生的に取り扱うために必要な知識を取得する必要があります。

防火管理者については、多数の人々が利用する建物の火災による被害を防止するための防火管理にかかる消防計画を作成して、防火管理上必要な業務である防火管理業務を計画的に行う責任者を言います。

消防法では、一定規模の防火対象物の管理権限者は、有資格者の中から防火管理者を選任して、防火管理業務を実施せねばならないとされています。

また、お客様が安心してラーメンを食べられるお店づくりを心がけることが大切です。

そのためには、メニューの豊富さも大切になるかもしれません。

学生のためのボリューム重視のメニューや、ヘルシー志向の女性のためのヘルシーメニューなども取り入れることが必要です。また、豊富な座席数を確保して、ゆっくりと食べてもらえる環境づくりも大切です。

ラーメン屋の仕事内容

ラーメン店の仕事内容はとてもシンプルです。ラーメン屋店長としては美味しいラーメンをお客様に提供することです。

ただし、一般の飲食店スタッフとは異なり、ただ決められた通りに調理するだけでは人気のラーメン店になることは不可能です。

ラーメン店は常に他のラーメン店に負けないように、多くの顧客を引きつけるメニューを考案し、麺やスープにこだわる必要があります。

そのためには、食材の仕入先や各種業者とのやりとりを重視し、他店と差別化を図れるような独自の取り組みをする必要があります。

オーナーとして働く場合、経営者としてどのように店を繁盛させていくか、日々売上の動向や集客面に目を光らせる必要があります。

ホールスタッフの仕事

ラーメン店の仕事を大別するとホールスタッフの仕事とキッチンスタッフの仕事に分けられます。ここではホールスタッフの仕事を紹介しましょう。

ホールスタッフの仕事としては「来店案内」、「オーダー注文」、「レジを利用した会計業務」、「ドリンクサーバーへの補充」、「清掃」などが挙げられます。

ラーメン店でのホールスタッフの仕事は、他のイタリアンやフレンチなどと同等と考えてよいでしょう。

しかし、イタリアンやフレンチなどよりもカジュアルなスタイルで行えます。

多くの場合、ラーメン店でもハンディ端末が導入されているので、その使い方を学ぶための研修などが実施されます。

開店前には簡単な仕込みを実施したり、テーブルにはしや調味料などの備品を配置するなどの簡単な業務を実施します。

営業時間になるとお客の接客を実施しますが、ラーメン店では顧客回転率が高く、麺を伸ばさないためにスピーディーな接客が求められます。

ラーメン店は混雑する時間帯とそうでない時間帯がはっきりしていますので、ピーク時になると店内を慌ただしく動くことになるでしょう。

キッチンスタッフの仕事

ラーメン店のキッチン業務は、スピーディーに料理を作らなければならないため忙しそうに感じますが、食材に関してはあらかじめ仕込みが終わっていることが多いため、その材料を混ぜたり炒めたりなど、比較的簡単な調理でできるのがラーメン店の特色です。

小規模のお店であれば、焼場や揚場など調理する場が統一されている場合があります。

キッチンスタッフの仕事としては、仕込み作業があります。ラーメンの仕込みは、特にスープに関して長時間煮込むことが多く、火加減を調整しなければならないため、長時間鍋のそばを離れられません。また、食材も重く力仕事を強要されることが多い傾向です。

また、仕込みにかかる時間は扱うスープによって異なります。

あっさり系の鶏ガラ醤油は比較的所要時間が少なく短時間で作れますが、濃厚豚骨などの場合は、鶏ガラが溶け出すくらいまで煮詰める必要があり、1日中仕込み作業に集中することがあります。

ラーメン屋の仕事はきつい?

ラーメン店の仕事はきついのでしょうか。まずは、ホール担当での仕事を見ていきましょう。

ホール担当は接客がメインの仕事です。ホール担当の仕事内容は、食券の受取やオーダーが代表的な仕事内容です。

その他には、水やおしぼりの提供です。料理が完成したら出来上がった料理の提供業務があります。

お客様が料理を食べ終われば、空いたお皿の片付け業務があります。また、人気ラーメン店ともなると満席になることもあります。

そのような場合には満席時のお客さんを誘導することもお客さんのストレスを緩和します。時には調理補助をすることもあり、ドリンクを作ることもあるでしょう。最後にはホールの清掃業務が待っています。

また、ラーメン店での調理担当の仕事内容としては、スープや具材の仕込み作業があります。営業時間中においてはお鍋やお湯の温度管理をしなければなりません。

当然ですが営業時間中はラーメンやサイドメニューの調理が必要です。また、在庫の確認や発注作業も実施しなければなりません。調理と合わせて洗い物を実施し、調理場を清掃することも大切です。

ラーメン屋の年収事情

脱サラリーマン生活をしてラーメン店として独立を狙う人にとっては年収が気になるところでしょう。

結論から記載するとラーメン店の平均年収は480万円です。しかし、働き方のスタイルによって異なります。スタイルごとの年収の違いを表にしてみたので参照してください。

ラーメン店店長 530万円
ラーメン店店員 350万円
フランチャイズ加盟店 780万円
ラーメン屋開業・自営業のオーナー 880万円
海外での現地採用 280万円

この表を参照してもわかるように自営業のオーナーとしてラーメン店を開業すると最も年収が高くなるようです。

しかし、条件があります。その条件は人気店となること。ラーメン店の平均年収は480万円ですが、ラーメン店の店長となれば平均年収は、520万~530万円となることもあります。

人気店ともなれば、年収700万~800万円となるようですが、その労働環境は過酷なようです。

それでもフランチャイズ店として加盟したり、自分でラーメン店を開業しておいしいという評判が取れれば、年収800万~900万円となることもあるようです。

ボーナスの実態は?

ラーメン店に就職してボーナスはもらえるのでしょうか。多くのラーメン店ではボーナスが支給されるようです。その金額を表にしてみましたのでご参照ください。

20~24歳 68.4万円
25~29歳 85.2万円
30~34歳 93.6万円
35~39歳 106.8万円
40~44歳 120.0万円
45~49歳 134.4万円
50~54歳 144.0万円
55~59歳 142.8万円
60~65歳 142.8万円

この表を見てもわかる通り、ラーメン店員として働いた場合、50~54歳が最もボーナス額が高いようです。ラーメン店の場合は基本給の4カ月程度がボーナス額となるようです。”

地域で年収は異なるのか

ラーメン店の従業員として働いた場合地域によって収入は異なるのでしょうか。

実際、地域によってその収入は変化するようです。年収が高い地域を中心に紹介しますので参考にしてください。

東京都 672.0万円
大阪府 576.0万円
愛知県 528.0万円
北海道 432.0万円
福岡県 480.0万円

以上のような結果となっています。最も年収が多いのが東京都、ついで大阪府、愛知県と続いています。

北海道や福岡県が高年収となっているのは北海道ラーメンや、福岡とんこつラーメンが有名になっているからではないでしょうか。

ラーメン屋はどんな人に向いている?

ラーメン屋に向いている人は、とにかくラーメンが好きな人。しかも、最高の味を追求し、常に新しいラーメンを追求できる人が向いていると言えるのではないでしょうか。

ラーメン屋の店長として現役で活躍している人は、頭の中にラーメンのことしかない人がほとんどです。

ラーメンはシンプルなようで、奥の深い料理で、味の追求をしているかどうかで、ラーメン店の真価が問われてしまいます。

ラーメンを心の底から愛し、スープの調合や麺や具材などにとことんこだわり抜く人が向いていると言えるでしょう。

そして、現状に満足せず、常においしいラーメンを提供したいという人が向いていると言えます。

また、新しいラーメンの開発にはとても時間がかかります。その開発をするには長時間労働もしょうがないでしょう。そんな長時間残業に耐えられる人も向いています。

ラーメン屋への転職は難しい?

では、ラーメン店への転職は厳しいのでしょうか。ラーメン店での仕事は接客の仕事と調理の仕事があります。

接客での仕事は大きな声を出さなければならないのが最初の難関のようです。

しかし、これは努力次第。大きな声を出すことは比較的短時間で慣れることが多いようです。また、ラーメン店ではお客様を待たせないためのキビキビとした動作が必要です。

キビキビとした動作も慣れの問題で、比較的短時間で接客マナーや段取りよく仕事を進める能力が身につきます。

一方、調理の仕事はどうなのでしょうか。調理場の仕事でもキビキビとした動作が必要ですが、慣れの問題のようです。

もし、経営者として厨房で働くなら、ラーメン店の印象は店主の人柄や考え方で職場の雰囲気が大きく変わります。

最近はちょっとした厳しい口調でパワハラと言われてしまう職場もあるため、ラーメン店とは言え横暴な態度は控えるべきです。従業員のことを考慮しながら運営する姿勢が大切です。

ラーメン屋へ転職した人たちの口コミ・評判

私は5年間サラリーマンとして働いていましたが、上司から細かいことを指摘され、そのいうことを聞くことに嫌気が指していました。できれば自分の裁量でビジネスがしたいと思ったのです。私はラーメンが好きなのでラーメン店を開業することを思いつきました。しかし、これまで働いてきたのとは異業種なので、転職サイトを利用することにしました。登録したらキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれました。キャリアアドバイザーからは、最初にフランチャイズ店にて修行することを勧められました。そのため、フランチャイズ店に就職することにしました。転職活動はコンサルタントの協力があってスムーズに行えました。
27歳 男性
私は長年製造業にて営業をしていましたが、課長職となると同時に独立して自分の会社を持ちたくなりました。そこで思いついたのがラーメン店。自分はラーメンが好きなので、ラーメン店の営業には自信がありました。そこで、ラーメン店に強い転職サイトに登録。その後はキャリアアドバイザーと相談しました。キャリアアドバイザーからは独立することを勧められました。そのため独立することを考え始めました。自分自身でラーメン店を経営することを決意したのです。最初は自信がありませんでしたが、キャリアアドバイザーと話しているうちに自信がつき始めました。現在ではラーメン店の店長として働いています。
35歳 男性
一般企業にて課長試験に受かった際に、労働基準法やマーケティング、マネージメントについて学んだため、自分でも会社を起こせる自信がつき始めました。そんな時に独立したいと思い始めたのです。そこで考えたのがラーメン店の経営。それなら自分でも経営できる気がしました。そこで、ラーメン店への転職を決意しました。転職の際には転職サイトを利用しました。キャリアアドバイザーがついてくれてとても心強かったです。キャリアアドバイザーのおかげもあって転職活動はスムーズでした。おかげさまで自分のお店を持つことができました。
31歳 男性
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件