ウエディングプランナーへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

ウエディングプランナーへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

多くの人々が人生で最高の瞬間となる結婚式。

そんな結婚式をコーディネートできるウエディングプランナーの仕事はとてもやりがいがある仕事と言えるでしょう。

ウエディングプランナーの仕事はチームワークが大切です。職場ムードの調査には転職サイトや転職エージェントを利用してはいかがでしょう。

この記事ではウエディングプランナーが利用しやすい転職サイトについて紹介し、ウエディングプランナーの転職事情を紹介します。

ウエディングプランナーへの転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

1位 Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、IT系や外資系、営業系、管理部門系などの求人が豊富にある転職エージェントです。

この企業は厚生労働大臣の認可を受けた職業紹介会社でもあるのです。このサイトでは優秀な転職コンサルタントがついてくれます。

このコンサルタントは転職に関する適切なアドバイスをしてくれることで、転職者のスムーズな転職を実現してくれます。

この転職エージェントを利用するメリットは、求人情報の紹介を受けられることと、書類選考に関するサポートや面接に関するサポートが受けられることです。

Spring転職エージェント詳細ページ

2位 マイナビ転職エージェントサーチ

マイナビ転職エージェントサーチ

マイナビ転職エージェントサーチは、常時70,000件以上もの求人を公開している、大手の人材派遣サイトを運営するマイナビグループが運営している転職エージェントサービスです。

転職を考えたことがありネットなどで調べた人は「マイナビ」をよく見たことがあるのではないでしょうか。

それほど知名度が高い転職エージェントサービスです。このサイトでは勤務地や年収などのこだわり条件で仕事を探すことも可能です。

キャリアアドバイザーがつき転職を全力でサポートしてくれるのも定評があります。

マイナビ転職エージェントサーチ詳細ページ

3位 ブライダルビズ

ブライダルビズ

ブライダル専門の求人サイトであるブライダルビズは、経験豊かなキャリアアドバイザーにより転職サポートが受けられます。

このサイトではブライダル業界独自のデータベースを保有しているため、豊富なブライダル業界の仕事の紹介を受けられます。

まだ、ブライダル業界への転職を決意していない人も、業界動向リサーチのために会員登録できます。

会員登録をするとキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるため、ブライダル業界に興味があることを相談しても良いかもしれません。キャリアアドバイザーは転職時には全力でサポートしてくれます。

ブライダルビズ詳細ページ

4位 ソラキャリ

ソラキャリ

ソラキャリはウエディングプロデュース会社が母体となっている転職サイトです。

そのため、ウエディング業界への転職情報も充実傾向です。

このサイトでは、正社員だけではなく短期の仕事など、求職者のライフスタイルに合わせて、最適な仕事を紹介してもらえます。

また、ブライダル経験者による手厚いサポートが受けられるので安心です。現場経験豊富なキャリアカウンセラーが求職者に寄り添うようにサポートしてくれます。

キャリアのちょっとした相談にもLINE相談室にて対応してもらえます。転職の際には就職先への提出書類の添削や、面接対策などを親身に実施してくれます。

ソラキャリ詳細ページ

ウエディングプランナーに必要な資格・条件

ウエディングプランナーになるにあたって必要な資格は特にはありません。しかし、所有していると有利な資格があります。それは、全米ブライダルコンサルタント協会認定資格です。

日本の場合は、「ブライダルプランナー検定1級」と「ブライダルプランナー検定2級」が存在しています。この資格は誰でもが試験を受けられるため、新卒の学生さんやブライダル業界への転職希望者が多く受験しています。この資格では日本のウエディングの他に海外のウエディング事情も学べます。そのため、ワールドワイドなブライダル事業を手がけられます。

その他の資格としては、アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定が日本ブライダル文化振興協会により実施されています。この資格は日本のブライダル事業に特化していて、日本での結婚式に精通した人材を育成することを目的としています。

ウエディングプランナーの仕事内容

ウエディングプランナーはどのような仕事をしているのでしょうか。この仕事は結婚式をした人はお世話になっているはずです。ウエディングプランナーは挙式をあげるカップルに対して各種アドバイスをするのが仕事なのです。さらには結婚式全体のコーディネートもお願いできます。日本では、結婚式を挙げる場合、招待状の送付から、当日かける音楽の手配、披露宴の食事のメニュー選定などいろいろと検討すべき項目がありますが、これらに対して全てウエディングプランナーが相談に乗ってくれます。

結婚するカップルの意向を汲み取りながら、その夢を叶える責任の重い仕事です。カップルとコミュニケーションする能力も必要です。

提案・営業

ウエディングプランナーの仕事の第一段階は、結婚するカップルの意向をヒアリングすることです。

また、自分の結婚式場を利用してもらえるように営業活動も合わせて実施します。そのためには、自分の結婚式場でしか提案できないオリジナルの演出などを提案することもあります。

また、カップルの予算に合わせた挙式を準備することも大切です。結婚式業界は顧客獲得のために提案力や営業力を強めているので、このような営業業務はウエディングプランナーとして大切な業務です。

事前準備・当日

挙式を予定したカップルが、その結婚式場にて結婚したいという意思を表明してくれた時点から、ウエディングプランナーによる挙式の事前準備が始まります。

カップルと相談して式の日取りを決定し、その日から逆算してスケジュールを立てていくのです。その際にはカップルと頻繁に打ち合わせをして、結婚式のスタイルを考えていきます。しかし、打ち合わせが多いとカップルに負担となるため必要最小限の打ち合わせ回数に止めることも大切です。

式の大枠が決まったら、当日の司会者や照明、音響の担当者を手配します。また、カップルの要望に合わせて司会者や音響担当者、照明担当者との打ち合わせも実施します。新郎のドレスやヘアメイクの相談に乗ったり、事前の写真撮影などにも対応します。

ウエディングプランナーの仕事はきつい?

何かと華やかに見えるウエディングプランナーの仕事ですが、実際にその仕事についている人にとっては何かと不満があるようです。例えば給与の問題です。ウエディングプランナーはカップルからヒアリングをすることが多い仕事ですが、挙式当日には式場内を走り回ることもあり激務なのです。そんな中、仕事に対して給与が合わないという不満を持つウエディングプランナーもいるようです。

また、休暇がないことに不満を持つウエディングプランナーもいます。基本的には、ウエディングプランナーも年末年始や夏季休暇、有給休暇、慶弔休暇を取れます。日常の休暇もシフト制でひと月に8日程度の休暇が一般的です。ただし、結婚式は土日祝日に実施されるため、基本的には平日しか休めません。そのため、世間とは休みがずれてしまい、友人と疎遠になりがちで、充実した休暇が取れないと不満を漏らすウエディングプランナーもいるようです。

なお、残業についてはどうなのでしょうか。結婚式は顧客にとっては一生に一度のことなので、簡単に終わる要件ばかりではなく残業は日常茶飯事とのことです。担当するカップルの結婚式当日は朝早くから会場にスタンバイします。1日1組結婚式をするペースで仕事をし、式が終わってからの空き時間は新規顧客獲得や事務処理などやることが多く、残業もしなければならない状況のようです。

ウエディングプランナーの年収事情

日本の平均年収 422万円
ウエディングプランナーの平均年収 315万円
宿泊施設のフロント業務の平均年収 298万円
ホール・サービススタッフの平均年収 300万円

この表を見てもわかる通り、ウエディングプランナーの年収は日本の平均年収には届かないものの、ホテルのフロント業務やホールスタッフの平均年収を上回っていることがわかります。それでは、年齢ごとのウエディングプランナーの年収の推移を紹介します。

20~24歳 196.7万円
25~29歳 256.2万円
30~34歳 295.2万円
35~39歳 323.5万円
40~44歳 323.5万円
45~49歳 368.6万円
50~54歳 384.0万円
55~59歳 378.4万円
60~64歳 283.7万円

この表を見てわかるように、年収のピークは50~54歳であることがわかります。ウエディングプランナーとして高年収を稼ぐにはある程度の経験が必要なようです。”

月給やボーナスについて

月給やボーナスについてはどうなのでしょうか。最初に年齢別の月給の目安を紹介します。

20~24歳 13.5万円
25~29歳 17.6万円
30~34歳 20.3万円
35~39歳 22.2万円
40~44歳 23.9万円
45~49歳 25.3万円
50~54歳 26.3万円
55~59歳 26.0万円
60~64歳 19.5万円

上記の月収を参照しても50~54歳が最も月収が高いことがわかります。それでは、年齢ごとのボーナス額を見てみましょう。

20~24歳 34.8万円
25~29歳 45.3万円
30~34歳 52.2万円
35~39歳 57.2万円
40~44歳 61.6万円
45~49歳 65.1万円
50~54歳 67.8万円
55~59歳 66.9万円
60~64歳 50.1万円

このデータを見ると、年収や月収と同じようにボーナスについても50~54歳が最もボーナスが高いことがわかります。”

年収を上げるのに必要なことは

ウエディングプランナーが固定給を上げるにはどうしたら良いのでしょうか。

そのためには、職位や等級をあげキャリアアップすることが大切です。多くの会社では職位や等級に関して要件が定義されているはずですので、その要件を満たす知識やスキルを身につけることが必要です。その要件は会社により異なりますが、列記すると以下の通りです。

  • 新規顧客に対して打ち合わせができる
  • 新規顧客に対して打ち合わせを月間決められた回数以上できること
  • 難易度が高い顧客対応を含めて打ち合わせを月に決められた回数以上できること
  • クレーム処理対応を単独でできるかどうか
  • メンバーのマネージメントや組織のコントロールができるか
  • 先輩としてメンバー育成ができるか
  • プランナー以外のスタッフと円滑なコミュニケーションが取れ式全体のマネージメントができるか

これらは、あくまで一例ですが多くの企業ではこのような要件が求められています。基本的には職位に応じた対応ができるかどうかが求められるのです。

年収を上げるにはボーナスを上げるのも一つの手段です。

では、どうしたらボーナスが上がるのでしょうか。ボーナスを上げるためには、会社から求められている成果を出すことです。その成果の基準となるKPIの定義も確認しておくと良いでしょう。これらのミッションをこなすためには単純にスキルを磨くことです。

ウエディングプランナーはどんな人に向いている?

さて、ウエディングプランナーに向いている人はどんな人なのでしょうか。結婚式の時には挙式するカップルはもちろんのこと参列者にも喜んでもらわなければなりません。そのため、ウエディングプランナーは心の底から人を喜ばせたいと常日頃から考えているサービス精神旺盛の人が向いています。

ウエディングプランナーは、多くの挙式を経験することで、次はもっと良い挙式をしたいと考えられる向上心がある人が向いています。常に、前向きなアイディアを出すことで、より良い挙式を企画できる力が必要なのです。

ウエディングプランナーはカップルとの出会いを大切にしなければなりません。カップルとしっかりと信頼関係を結ぶことが大切なのです。そのためには、ウエディングプランナーはどんな人とでも親身になれる能力が必要です。

ウエディングプランナーへの転職は難しい?

ウエディングプランナーとして働くためには、特に資格が必要というわけではなく、学歴についても大抵高卒以上であれば入職できます。これらの条件を加味するとウエディングプランナーになるには、さほど困難な状況でないと言えます。ウエディングプランナーが所有していると有利になる資格として「ブライダルプランナー検定1級」と「ブライダルプランナー検定2級」、「日本ブライダル文化振興協会認定資格」などがありますが、これらはウエディングプランナーとして就職した後に取得を目指しても問題ないでしょう。

ウエディングプランナーは近年人気が高まっている職業ですが、離職率が高いのも現実です。しかし、離職の理由は社員が女性であることが多く、結婚や出産を機に退職するというケースが多いため離職率が高い傾向のようです。

ウエディングプランナーへ転職した人たちの口コミ・評判

私はしばらく、製造業の事務職をしていました。私も年頃となり友人の結婚式に出席することも多くなりました。友達の結婚式に出席している時、結婚式を陰で支えるウエディングプランナーの姿を目にすることも多かったのです。そんな姿を見ているうちに憧れるようになりました。私もまだ20代後半になったばかりのため憧れの職業に転職しても良いのではないかと思いました。転職の際には転職サイトを利用しました。ついてくれたキャリアアドバイザーのおかげで転職も順調に終了できました。
26歳 女性
私自身も結婚を経験していましたが、結婚式の際に対応してくれたウエディングプランナーの人に好感触を持っていました。私もこんな仕事をしたいとしみじみと思うようになりました。私は夫に転職を相談したら、夫は心から応援してくれました。どうしても転職を成功させたくて、転職サイトへ登録しました。最近はウエディングプランナーの仕事も人気の仕事と聞いていましたが、私でもすんなりと転職ができてよかったと思っています。
29歳 女性
商社の営業補佐として4年間ほど働いていましたが、ある時動画配信サイトのドラマを見ていて感動しました。そのドラマは主人公がウエディングプランナーでした。少し幼稚な理由なのですが、そのドラマの影響でウエディングプランナーになりたくなりました。そこで、思い切って転職サイトに登録。その後は、キャリアアドバイザーのアドバイスを受けることになりました。キャリアアドバイザーとは意気投合でき、全力で私の転職を支援してくれました。そのおかげがあって無事に転職に成功しました。
24歳 女性
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件