ホテルスタッフへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

ホテルスタッフへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

ホテルでキビキビと働いているホテルスタッフを見て憧れの気持ちを持った人もいるのではないでしょうか。

ホテルスタッフの仕事はチームワークが大切で、職場ムードの良さが大切です。ホテルスタッフとして転職する場合は、事前に転職先の職場ムードを確認しておきましょう。

そこで、この記事ではホテルスタッフに適した転職サイトや、ホテルスタッフへの転職事情を紹介します。

ホテルスタッフへの転職におすすめ転職サイト・エージェント

ワークポート

ワークポート

ワークポートは、約50万人の人々が選んでいる転職エージェントで、約16年の実績があるため安心して転職サポートを任せられます。

専任のキャリアアドバイザーから、求人の紹介、面接対策、資料作成のアドバイスなどを受けられます。

この転職エージェントは転職決定率ナンバーワンで、いろいろな転職サイトの中でも、最も多くの求職者に対して転職を成功させた実績があるのです。

さまざまな業種を扱っている転職エージェントですが、中でもクリエイティブ系やIT系の職種に関して強みを持っているのが特徴です。

ワークポート詳細ページ

doda

doda

dodaは、日本最大級の転職エージェントサービスです。多くの非公開求人があり、dodaに登録しないと出会えない求人ばかりです。

保有案件は非公開求人も含めると10万件を超えます。

スカウトサービス機能もあるため、このサイトに登録すると求職者のプロフィールが企業に公開され、そのプロフィールを見た企業からスカウトを受けることもあるのです。

取り扱っている職種も豊富で、もちろんホテルスタッフの求人もあります。転職エージェントは転職の始め方から、求人の探し方、面接対策などいろいろなことを教えてくれます。

doda詳細ページ

ホテル求人ドットコム

ホテル求人ドットコム

ホテル求人ドットコムは、ホテル業界や飲食業界、調理業界専門の転職サイトです。

レストランの求人やホテルフロントの求人、ホテル支配人の求人、ウエディングプランナーの求人などが豊富です。新着求人も多いため、企業側の採用意欲が高い案件も豊富です。

このサイトにもスカウト機能があり、登録した情報は企業に公開され、そのプロフィールを見た企業の人事担当者からスカウトされることもあるのです。ホテル業界に転職したい人にぴったりの転職サイトです。

ホテル求人ドットコム詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは東京への転職が有利な転職サイトです。

古くから転職関係の業務をしている大手のリクルートによる運営のため、それだけでも安心感が持てるのではないでしょうか。

全求人の約80%である20万件が非公開求人となっているため、リクルートエージェントに登録しないと、これらの非公開求人は目にできません。

会員登録をするとキャリアアドバイザーがついてくれて、求人者のスキルにあった求人を紹介してくれます。転職の際には、提出書類の添削や面接対策など、独自情報を教えてもらえます。

リクルートエージェント詳細ページ

ホテルスタッフに必要な資格・条件

ホテルスタッフとして採用されるための資格はありません。しかし、この業界の関連資格はあるため、資格を持っていないよりは、資格を持っていた方が採用時に有利となるでしょう。さて、関連資格は「ホテル実務技能認定検定」と「ホテルビジネス実務検定」があります。これらの資格は、民間の機関による資格です。

ホテル実務技能認定検定は、お客様への対応、食事、宿泊などホテル業界にて必要な専門分野語学力が習得できる資格です。宿泊に関する基本的なサービスと、言葉遣いなどの接客マナーを学べます。

ホテルビジネス実務検定は、宿泊や宴会、飲食などに関するサービス業務など、ホテルにて務める上で必要な知識を身につけられます。この資格の合格率は60%〜80%と合格しやすい傾向です。

ホテルスタッフの仕事内容

ホテルスタッフの仕事は、大きく分けると宿泊部門と飲食部門、宴会部門、営業部門、管理部門があります。

宿泊部門と飲食部門はホテルスタッフのメインの仕事となるため後述します。宿泊部門に関しては、ホテルに宿泊する人のために実施する業務で、飲食部門はホテル内のレストランで食事をするお客様をサポートする業務です。

宴会部門は、予約管理などを実施する「宴会予約業務」、宴会内容をアレンジしたりする「宴会サービス業務」などがあります。営業部門では、自社のホテルをセールスする「セールス業務」、市場規模や顧客分析を実施する「企画・マーケティング業務」、ホテルを宣伝する「広報業務」があります。

管理部門には、一般の企業と同様に、経理や総務、人事などがあります。

宿泊部門と飲食部門の仕事内容

宿泊部門に関しては、ホテルの受付カウンターでのチェックイン・チェックアウトなどをする「フロントの業務」、ロビーに待機し客室への案内を実施する「ベルパーソンの業務」、ホテルの正面玄関で待機し車のドアやホテルのドアを開ける「ドアマンの業務」、宿泊者のあらゆる希望に応える「コンシェルジュの業務」、客室の清掃を担当する「ハウスキーピングの業務」があります。

宿泊部門の業務は、ホテル側の人と利用客の接点となる業務ですので、宿泊部門スタッフの対応一つで、利用者が持つホテルのイメージが変わってきます。

飲食部門では、レストランの入り口に立ち、お客を席まで案内する「レシェプショニスト業務」、メニューの説明やオーダーを取る業務をする「ウェイター・ウエートレスの業務」、宿泊者から電話で食事のオーダーを受け食事を運ぶ「ルームサービスの業務」があります。

ホテル内にあるレストランもホテルにとっては重要な部門ですので、飲食部門スタッフの対応一つで、ホテルに対するイメージも随分と変化してきます。

ホテルスタッフの1日の流れ

ホテルスタッフの業務の1日のイメージをつかむために、フロントスタッフとレストランスタッフの仕事の1日の流れを紹介します。

フロント業務は24時間体制となるため、フロントスタッフは「早番」「遅番」「夜勤」のシフト制が採用されています。シフト交代時間前に出社し、予約や伝言などの引き継ぎ作業を実施します。その後、受付対応や会計業務を実施します。朝から勤務するときは帰りは夕刻となり、昼から勤務すると帰りは夜、夜から勤務すると帰りは翌朝です。

レストランスタッフの場合の勤務時間はレストランの営業時間にて決定します。顧客の回転が早いランチタイムや、ディナータイムがとても多忙です。ディナーの際には予約リストの確認やコースの確認などを実施します。

ホテルスタッフの仕事はきつい?

ホテルスタッフは職種にもよりますが、重い荷物を持たなければならないことがきついと思う人が多いようです。また、お客のクレーム対応に追われることもつらいとされます。例えば、トイレが汚いとか、Wi-Fiの速度が遅いなど、自分が悪くなくてもクレームを言われることが多いのです。特にクレーム対応に追われるのが、ベルパーソン業務や、フロント業務をしている人です。

特にフロント業務やベルパーソン業務をしている人は早朝勤務や深夜勤務があることが大変なようです。特に夜から朝にかけての仕事はつらいと言われています。また、ハウスキーピングをしている人は、汚い仕事をしなければならないというつらい業務もあります。

ホテルスタッフの年収事情

ホテルスタッフの年収の平均を調査すると320万円でした。平均年収推移は240万円から600万円です。

勤務するホテルによって年収も異なるようです。それでは大手の年収が上位のホテルについてランキング形式にて紹介します。

  1. 1位:阪急阪神ホールディングス:平均890万円前後
  2. 2位:西武ホールディング:平均770万円前後
  3. 3位:京王電鉄グループ:平均:740万円前後
  4. 4位:東京急行電鉄グループ:平均720万円前後
  5. 5位:ホテルオークラ:平均600万円前後

ホテルスタッフといっても、勤務ポジションによっても異なってきます。

新卒社員の平均給与は20万円前後、短大や専門学校卒業の場合は17万円程度であることが多い傾向です。

ホテル業界は競争が厳しく、ホテルスタッフは全般的に給料が高くないことで知られているのです。

年齢によるホテルスタッフの年収推移

ホテルスタッフについても、経験年数が多いほど年収が上がる傾向です。その結果、年齢に応じて年収が異なっています。そこで、年齢ごとの年収を以下に紹介します。

20~24歳 294.8万円~324.8万円
25~29歳 389.6万円~439.6万円
30~34歳 404.0万円~504.0万円
35~39歳 417.6万円~521.6万円
40~44歳 465.1万円~586.1万円
45~49歳 534.4万円~656.4万円
50~54歳 593.3万円~703.3万円
55~59歳 587.4万円~697.4万円
60~65歳 374.7万円~697.4万円

このデータを見てもわかるように50~54歳の年収が最も高くなっています。

男性と女性の年収を比較

この項では、ホテル業界にて最も大手と言われている帝国ホテルの男性と女性の年収を比較してみます。

20~24歳・男性(女性) 294.8万円~324.8万円(294.8万円~324.8万円)
25~29歳・男性(女性) 419.4万円~469.4万円(389.6万円~364.8万円)
30~34歳・男性(女性) 454.4万円~554.4万円(404.0万円~418.3万円)
35~39歳・男性(女性 469.8万円~573.8万円(417.6万円~432.9万円)
40~44歳・男性(女性) 504.9万円~625.9万円(465.1万円~486.4万円)
45~49歳・男性(女性) 579.0万円~701.0万円(534.4万円~544.8万円)
50~54歳・男性(女性) 641.1万円~751.1万円(593.3万円~583.7万円)
55~59歳・男性(女性) 634.8万円~744.8万円(587.4万円~578.9万円)
60~65歳・男性(女性) 407.0万円~744.8万円(374.7万円~578.9万円)

この表を見てもわかるように、女性も新卒として入った時にはあまり男性と収入差がないものの、年齢を重ねるとともに男性に対して女性の収入が低くなる傾向にあります。

男性も女性も50~54歳が年収は最も多い傾向です。

ホテルスタッフはどんな人に向いている?

ホテルスタッフとは、お客様をおもてなしすることが仕事です。人のために何かおもてなしをしたいという願望が強い人が向いています。ホテルスタッフにとっておもてなしの心であるホスピタリティを持つことはとても大切なことなのです。

自分がお客になってホテルを利用することを考えると、相手が話しかけやすい人であると助かるのではないでしょうか。ホテルスタッフのようなサービス業の場合は、話しかけやすい存在であることが大切です。そのためには常に笑顔を保ち、人に対して親切であることが大切です。

ホテルスタッフは頭を使う仕事ですが、時にはフロア内を走り回ることもあります。そのため、フットワークが良いことが大切です。紹介したようにホテルスタッフにはいろいろな業務がありますが、それぞれの持ち場の人と連携が必要なためコミュニケーション能力も必要です。

ホテルスタッフへの転職は難しい?

ホテル業界は、第三次ホテルブームを迎えていて、続々と新しいホテルが建っています。そのためホテル業界では深刻な人手不足に悩まされているのです。このことを考慮するとホテルスタッフとしての転職はさほど困難ではないでしょう。実際にホテル業界への転職率も高い傾向です。

ただし、ホテル業界は離職率が高いのも事実です。ホテル業界で長く働くためにはそれなりの覚悟が必要です。一方、ホテル業界の人の転職率が高い理由として、ホテル業界は転職によりキャリアアップすることが多いという事実もあります。

ホテル業界で年収をアップさせるためには、転職をしてキャリアアップをするのも一つの手段かもしれません。

ホテルスタッフへ転職した人たちの口コミ・評判

私はこれまで、商社にて海外との取引をしていました。そのため、働いているうちに英語力を自然に身につけられました。仕事をする時には海外にてホテルで滞在することもあり、常にホテルマンのサービスには感銘を受けていました。ホテルマンは英語ができると良い仕事ができることもわかり始めました。私はホテルマンというサービス業に興味を持ち始めました。英語ができれば、一流のホテルマンになれるかもしれないと思ったのです。そこで、転職サイトに登録しました。転職エージェントからはホテルマンとして働ける可能性が大きいといってもらえたので、紹介されたホテルを受けてみました。エージェントのおかげがあって無事に転職できました。
26歳 男性
私は長年家電量販店にて接客業に携わっていました。職場では外国人が来ることもあり、当時の職場でも英語を勉強して、接客をする上では問題がないほど英語力がつきました。私は、接客業として頂点とも言えるホテルスタッフの業務につき始めたいと思い始めました。転職を決意する前から転職サイトには登録していました。ある日、キャリアスタッフにホテルスタッフのことを聞いてみました。話を聞くと、やはりホテルスタッフとして働きたくなりました。思い切って職場を紹介してもらうことにしたのです。転職活動をしてみると、思ったよりは楽に内定をもらえました。
29歳 男性
大手商社にて10年ほど働いていましたが、仕事もマンネリ化し働くことに対してのモチベーションが保てなくなりました。それは、業務が単調であったこともあります。そんな時、かつてホテルを舞台としたホテルマンのテレビドラマを見て感銘を受けたことを思い出しました。ホテルであれば、いろいろなお客様との出会いがあり、刺激も大きいのではないかと思ったのです。そこで転職サイトに登録して、アドバイザーに相談しました。相談したところ転職にチャレンジすることにしました。転職サイトを利用した転職は思っていたよりスムーズでした。
31歳 女性
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件