バイヤーへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

バイヤーへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

バイヤーの仕事は、売れ筋の商品を見極め、買付を進めるのが仕事です。

買付を行う対象は、洋服や食品、日用雑貨など多岐に渡ります。

必要に応じて海外にも出かける機会のあるバイヤーへの転職を検討する際には、実際の仕事内容や年収などの情報収集を行い、対策を事前に立てておくのが良いでしょう。

ここでは、転職活動を進めている方に向け、おすすめの転職サイトを紹介していきます。

バイヤーへの転職におすすめ転職サイト・エージェント

doda

doda

dodaでは、バイヤーやマーチャンダイザー職の特集も組まれ、多くの企業で募集記事が掲載されています。

売れ筋の商品の見極めを行い、自社店舗や通販サイトで扱う商品を揃えるバイヤーと、販売戦略の立案を行うマーチャンダイザーには共通な部分も多く、dodaのような特集を組んでいる求人サイトを活用すれば、希望の業界へのバイヤーでの転職を実現できる確度は上がっていくことでしょう。

転職にあたって必要になる経験年数や資格などの情報も掲載され、事前に対策を組みやすいのもdodaならではの特徴です。

求人サイトの部類のなかでは、老舗の部類にも入り、多くの方が利用している求人サイトとして知られます。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが転職サポートをしてくれる求人サイトとして広く利用されています。

中小企業やベンチャー企業などの独占案件も多く、他の求人サイトでは見受けられないような募集情報が掲載されている場合もあります。

バイヤーのような人気職の場合は、就業にあたって競合も多かったりするのも実情です。

転職を希望する方が、専任のアドバイザーによる丁寧なサポートを受けることができるマイナビエージェントを活用することで、希望の就業先への採用も見えてくるでしょう。

マイナビエージェント詳細ページ

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTには、自分のキャリアや資格を登録すると、転職を希望する業界から勧誘を受けることができるスカウト機能が導入されています。

大手企業が運営する求人サイトとして高い信頼を得ているリクナビNEXTならではの高い安心感で、いままでにも多くの方がバイヤー業務への転職を実現しています。

バイヤーやマーチャンダイザーへの転職を検討していても、日々の業務が忙しく転職活動の時間を思うように取れない方でも、リクナビNEXTを利用すれば、相手企業からのオファーを受けることが可能になります。

人気の高いバイヤー職への転職を成功させるには、スカウト機能のあるリクナビNEXTを利用していくのが効率的です。

リクナビNEXT詳細ページ

Green

Green

Greenは、上場企業からベンチャー企業、外資系に至るまで幅広い求人が掲載されている点が人気です。

採用者が発生した時点で費用が発生する成果報酬型の料金体系をGreenでは採用しているため、求人にコストを掛けることが難しい小規模な事業者であっても求人を掲載している場合が多く、他では見つけることができない希少な求人を探せる点もGreenの魅力となっています。

サイト内の気になる求人情報をマーキングすると、定期的にレコメンドメールが送られてくる機能も提供され、効率的なバイヤー職への転職の実現が可能になります。

Green詳細ページ

バイヤーに必要な資格・条件

バイヤーに転職するに際しては、特別な条件は必要ではありません。応募する上での条件はないのですが、事前にバイヤーに関連した資格は取得しておいたほうが良いでしょう。

日本商工会議所が主催する販売士検定など、マーケティング関連の知識を証明する資格を取得しておけば、バイヤー職に応募する際にも高い評価を得ることができるようになります。

大手企業など、海外に買付に行く機会のあるバイヤー職へ応募する際には、語学に関する資格を取得しておくのも良いでしょう。

英語や中国語などの語学検定の資格を取得しておけば、国際的な商取引を行う企業へバイヤー職として就職活動を進められるようになるものです。

バイヤーの仕事内容

バイヤーの仕事は売れ筋の商品を見極め、自店や通販サイトに仕入れるのが仕事です。

買付業務は国内だけには留まることはなく、時には海外に出かけて買付を行うことも発生していきます。

常にトレンドや業界分析を行い、他社と比較した売れ筋商品を、いかに安く仕入れ、多くの売上を計上できるかを検討するのがバイヤーの仕事になります。

新規商品の買付だけではなく、既存の商品の売り方を見直し、売上改善を施す場合もあったりするのがバイヤー業務になります。

自社の売上を向上させていくために、いかに商品を揃えていくかを考え、販売戦略の策定にまで関わっていく責任のある仕事がバイヤー業務の仕事です。

売れ筋商品の買付

バイヤーは日頃から売れ筋商品の見極めを行うために、業界のトレンドや競合他社の動向を視野に入れての売れ筋商品探しを行っていきます。

問屋巡りや、新商品の発表会への参加、必要に応じて海外に買付にいくなど、バイヤーの仕事は思っているよりも体力のいる仕事です。

バイヤーに求める能力

バイヤーに求められるのは、いかに多くの売上を上げることが可能な商品を見つけられるかです。

インターネットや雑誌、新聞などのメディアを通じ、何が受け入れられているかのトレンド情報を仕入れ、自分なりに売れ筋の予測を行うことが求められます。センスでできる仕事のイメージを抱く方もいますが、バイヤーに求められる資質には、論理的な思考能力も挙げられます。

売れ筋商品を仕入れた場合に、どのように売上を計上していけるかを考えた販売戦略の立案も求められます。

売上目標がある以上は、仕入れに失敗したからと諦めるわけにはいきません。売り方を見直し、高い売上を実現できる販売体制を構築するのもバイヤーの仕事になっていきます。

販売戦略の立案

バイヤーの業務は売れ筋商品の見極めだけではなく、商品の適正に応じた販売戦略の立案も行っていきます。

自分が仕入れた商品をどのような販売戦略で営業展開していけば、多くの売上の計上に結びつけていけるかを考えるのも、バイヤーの重要な仕事になります。

マーチャンダイザーとも呼ばれる販売戦略の立案は、仕入れた商品の価値を最大限に活かし、多くの売上へと結びつけていくためには大切な仕事なのです。

販路の拡大

仕入れた商品の売上を拡充するにも、販売チャネルが自社に無くては思うような売上を実現することもできないものです。

売り出す商品に適した販売網を開拓し、最大限の売上の実現を目指していくのも、バイヤーの責務です。

商品を仕入れるだけではなく、商品に適した販路を開拓し、大きな売上に結びつけていくのも大切な仕事になります。

仕入れ先への交渉から、現場の管理に至るまで、幅広い範囲で業務を行うのがバイヤーの仕事となっていきます。

バイヤーの仕事はきつい?

バイヤーの仕事はきついと言われます。

量販店での販売員などの普通の仕事と比べるとバイヤーの仕事には、高い裁量権が与えられ、常にプレッシャーを抱えながら仕事をしている方も多いものです。

多くのデータを元に、自信を持って仕入れを行った商品であっても、実際に売り出した際には、思うようなヒットを得ることができずに悩むケースも珍しくはありません。

当初の計画通りの売上を見込むことができないため、自分で販路の拡大を行っていったりすることも、バイヤー業務では多かったりするのです。

仕入れを行う際も、取引先が決まっているわけでもなく、売れ筋の商品を安く仕入れるためには、全国中飛び回る必要も生じていくのです。

時には海外にも渡り、自社で販売する商品を仕入れる必要も出てきたりと、考える以上に体力を要する仕事でもあるのです。

バイヤーの年収事情

バイヤー職の方の年収も業界によって違っていくものです。バイヤーの仕事として挙げられる代表格に、アパレルや百貨店の業界があります。

普通の販売員に比べ、どちらの業界も年収ベースは高くなり、年齢とキャリアを積んでいくことで高い給与になっていくものです。以下に年代別の年収推移を紹介します。

20代 400万円
30代 500万円
40代 600万円

アパレル業界のバイヤーの年収

バイヤーの仕事の代表格として挙げられるのが、アパレル業界になります。

洋服のブランドを立ち上げるために、商品の仕入れを進めるのがアパレルでのバイヤー業務になります。

自社ブランドの新規立ち上げの際には、国内だけではなく、海外までも買付に伺うことも有り得るのが、アパレル業界でのバイヤー職の業務範囲になります。

業界のトレンドに沿った商品の仕入れを進め、自社のオリジナルブランドとして育てるための商品を、国内外のデザイナーから仕入れていくだけではなく、必要に応じて社内のパタンナーとの連携を行い、商品として育てていく重要な仕事になります。

重要な責務を追う立場にあるのが、アパレル業界でのバイヤー職ですから、他の販売職に比べると年収は高い傾向が見られます。

百貨店業界のバイヤーの年収

百貨店でのバイヤー職は、多くの商品を仕入れる重要な仕事になります。

百貨店のように多品種を扱う大型店舗では、バイヤーの方も担当する業界によって部署が分かれていたりもするものです。

文房具を扱うバイヤーの方の場合には、問屋巡りや合同展示会で気になる製品を探していったりと、様々なコネクションを活用して売れ筋商品の開拓を進めていくことが必要になります。

百貨店の販売員に比べると仕事に対しての責任も高く、仕事内容に応じた年収をもらえるのも百貨店でのバイヤー職の特徴でもあります。

バイヤーはどんな人に向いている?

バイヤーに向いている人は、流行に敏感であることが重要です。

自社が属している業界のトレンドを把握し、今後売れいきが伸びることを見込める商品の早期買付を進めるのが、バイヤー業務の仕事になります。

自分の感性だけではなく、ターゲットとなる顧客層の嗜好を意識した正確な分析を行うことができ、論理的に売れ筋商品を見つけていくことができる分析能力を持つこともバイヤー業務に携わる方には必要となっていきます。

業種によっては海外に買付に行く機会も発生していきます。海外とのやり取りにも抵抗なく、業務を進めていける人材を求める企業も多いものです。

バイヤーへの転職は難しい?

バイヤーへ転職するには、一般の販売員などに比べると敷居が高い印象を持つ方が多いものです。

商品知識や営業力だけではなく、売れ筋商品に関するデータの収集を行い、論理的な分析を進めることを可能にするスキルを必要としていくものです。

売上目標に応じた適切な商品の仕入れを行い、結果を出すための販売網の開拓を進めていくことが、バイヤーには求められていくのです。

自分の感性だけで商品選びをするのではなく、市場データを元にした予測値をもって関係者を説得できる分析能力とプレゼンテーション能力がバイヤーには必要となっていきます。

バイヤー業務への転職には、信頼できる転職サイトの活用を進めるのも良いでしょう。

求人サイトによっては、経験豊富なエージェントが丁寧に対応を行う場合もあり、希望の就職先への転職を後押ししてくれるケースも多いものです。

自分のキャリアや資格だけでは、希望の転職先への就業が難しいと感じる場合には、求人サイトの活用を検討するのも良いでしょう。

バイヤーへ転職した人たちの口コミ・評判

販売員を長くやっていたのですが、将来を考えたスキルアップとして、売れ筋商品を仕入れるバイヤー職への転職を考えました。アパレル業界への転職を行ったのですが、バイヤー業務は思った以上にやりがいもあり、収入もアップして良かったです。自分が考えたブランドを海外にまで仕入れに行くようなこともあり、自社の売上を上げるためには、バイヤー業務は重要だと感じさせられます。長時間に及ぶ勤務や、土日の出張も多かったりしますが、バイヤー業務に就いたことで、やりがいを持って仕事に挑むことができるようにもなり、本当に良かったと感じています。
百貨店でバイヤー職で転職を行いました。スーパーで販売員をしていた経験を元に、もっと扱う商品の幅を広げようと考え、多品種を扱う百貨店でのバイヤー業務への転職を考えました。百貨店では、多くの商品を扱い、部署によってバイヤーも数多く存在しています。自分は食料品のバイヤー職に就き、デパ地下の惣菜関係の仕入れを担当することになりました。日々の売れ行きを見ながら、こんな商品があったら良いなと言う企画を現場と相談しながら、仕入れ元へ交渉するという、責任ある仕事です。仕事は大変ですが、自分が企画した商品が多くの方に受け入れられた際の達成感もあり、バイヤー職へ転職して本当に良かったと感じています。
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件