バスガイドへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

バスガイドへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

バスガイドは女性が憧れる職業の一つです。もしバスガイドに転職したいと思ったら、必要な情報を集めましょう。

正確な情報を得ることで転職活動もしやすくなります。情報を得るためには転職サイトや転職エージェントの力を借りると良いかもしれません。

この記事ではオススメの転職サイトやバスガイドの仕事内容などについて紹介します。

バスガイドへの転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

バスガイドとして転職するには、転職先の内部事情などをよく調べる必要があります。

会社によって待遇なども異なるでしょう。内部事情を知るためには転職サイトやエージェントを利用すると良いのではないでしょうか。

この項では、オススメの転職サイトやエージェントについて紹介します。

1位 doda

doda

転職業界最大手である、インテリジェンスにより運営されている転職サイトです。

転職業界ではナンバー2の位置付けとなっていて、リクナビに次いで知名度が高いサイトです。この転職サイトはエージェントサービスとセットになっていて、本気で転職したい人が多く登録しているサイトです。

このサイトには、スカウト機能があるため、会員登録時のパーソナルデータが企業に紹介されます。その時点で企業が登録者に興味がある場合は、企業の方からスカウトメールが来ることもあります。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、登録者の未来を開く転職を全力でサポートしてくれる転職サイトです。

転職する場合転職先が自分の理想にあっているかはわかりません。マイナビエージェントではエージェントがあらかじめ転職先の内部事情を調べて教えてくれるので安心です。

また、自分の市場価値がどのくらいなのかもわからないものです。マイナビエージェントは登録者の市場価値を高めるキャリアカウンセリングを実施してくれます。なお、採用担当者が会いたくなるような応募書類の作成方法も伝授してもらえます。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、約32万人に選ばれている信頼できる転職サイトです。

この転職サイトには一般求人には掲載されていない非公開求人が約20万件も登録されています。キャリアアドバイザーも経験豊富なことで定評があり、利用者の希望やスキルにあった求人をスピーディーに紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは、企業への提出書類の添削や面接対策を実施してくれる上、リクルートエージェントが独自に調査した企業情報を教えてもらえます。

リクルートエージェント詳細ページ

エン転職

エン転職

エン転職も保有求人案件の8割が非公開求人です。エン転職でしか出会えない求人案件が多数です。

エン転職のサイトには、現役の社員や元社員などが投稿したリアルな口コミが多数掲載されていて、とても参考になります。

会員登録をしておくと、自分が登録した希望条件にマッチした求人案件が発生した場合、自動的にメールで知らせてくれるので、求人情報を見逃す心配もありません。

エン転職のエージェントはあらかじめ転職先の面接内容などを調査してくれるので、面接対策もしっかりと行えます。

エン転職詳細ページ

バスガイドに必要な資格・条件

バスガイドになるために必要な資格はありません。学歴は高卒以上が求められるケースが多いです。

実際にバスガイドとして働いている人は観光系の専門学校卒業者も多い傾向です。しかし、持っていた方が就職は楽になると言う資格はあります。

それは、「旅程管理主任者」で、この資格はいわゆるツアーコンダクターの資格です。この資格には国内旅程管理主任者と総合旅程管理主任者の2種類があります。

国内旅程管理主任者は国内のツアーコンダクターとなりますが、総合旅程管理主任者は海外旅行のツアーコンダクターもできる資格ですので、もし資格を取るとしたら総合旅程管理主任者の資格を取得すると良いでしょう。

ただし、総合旅程管理主任者は誰でもがすぐに取れる資格ではありません。旅行業法で定められた一定の添乗業務を経験していることなど、実務経験が必要です。

バスガイドの仕事内容

バスガイドの仕事は観光バスや貸切バスに乗車して、旅先の観光情報を提供したり、車窓の様子を解説しながら、乗客を楽しませるのが仕事です。

また、バスへの乗り降りの誘導や、車内サービスを実施しながら、乗客の体調管理、ツアーの時間管理など、乗客がツアーを楽しめるように、さまざまな業務を実施します。

他にも、バスのバック時の誘導や車内点検など運転手を助ける役割も担っています。いろいろな観光地に出かけられる魅力的な仕事ですが、ツアー内容によっては早朝から深夜まで働いたり、泊りがけの仕事が入ったりなど、一概に楽な仕事とは言えません。

バス内での乗客対応

バスガイドの役割の一つは、バス内での乗客の対応です。旅行のスケジュールや観光スポットの詳しい情報などを提供します。

さらには車窓から見える景色についても案内します。この役割を遂行するには事前調査が必要で、時には現地に出向いて事前調査をすることもあります。

また、乗客の体調管理も実施しています。その他には、車内にてオーディオ機器の取り扱いを実施し、時にはカラオケをしたり、ラジオを流したりなど乗客が喜ぶように音響管理を実施します。車内ではお茶出しやタオルを配ることもあります。

観光地についたら、乗客の下車誘導や観光地での誘導案内、集合時間の告知などを実施します。観光地では、訪れた先の名所や歴史スポットの案内や、どのように建てられた建造物なのかをわかりやすく説明します。

車掌業務

バスガイドのもう一つの役割は車掌業務です。車掌業務の基本的な業務はドアの開閉です。

その他、目的地に着いた時の駐車時に周囲の安全確認やバスのバック時にはバックの誘導を実施し運転手をサポートします。万が一、事故が発生した時には乗客の誘導を実施します。また、ツアーの出発前には車内の備品を点検し乗客が降車した後には簡単な車内清掃をします。

最近のツアーバスにはトイレがついていることもあり、トイレ掃除をすることもあります。

なお、宿泊をするツアーの場合は、翌日の準備も実施します。立ち寄り先の資料を集め、車内でのビンゴ大会の景品の手配、ビンゴカードの手配などを実施することもあります。

バスガイドの仕事はきつい?

バスガイドは毎日多くの人とコミュニケーションする仕事です。そのほとんどの人が初めて会う人で、その性格も人それぞれです。

乗客の中には話をしっかり聞いてくれなかったり、時間や集合場所を守ってくれない人もいるでしょう。

どんな乗客が来たとしても冷静に対応し、丁寧な対応をしなければいけないのが苦労ポイントです。そんな時には仕事がきついと感じることもあるかもしれません。

また、一緒に乗車する運転手とのコミュニケーションも大切です。バスガイドをしていると毎回組む運転手も異なるため、中には相性が悪い人もいるかもしれません。

しかし、運転手がいないとバスは動きませんので、どんな運転手と組むことになっても、いつも笑顔でいなければならないのも苦労ポイントと言えるでしょう。

バスガイドの年収事情

厚生労働省の賃金統計基本調査によるとバスガイドの平均年収は男性の場合249.0万円、女性の場合187.9万円です。では、年齢別平均年収について表にしてみましょう。

20~24歳 231.3万円
25~29歳 119.8万円~169.8万円
30~34歳 94.7万円~194.7万円
35~39歳 97.5万円~201.5万円
40~44歳 105.4万円~226.4万円
45~49歳 131.5万円~253.5万円
50~54歳 161.6万円~271.6万円
55~59歳 159.4万円~269.4万円
60~65歳 159.4万円~269.4万円

この数値は、国税庁の年齢別階層年収との比率で独自計算した結果です。

もっとも年収が多い年齢層は50~54歳です。また、勤務地によっても年収は異なります。年収が多いエリアを抽出して表にまとめると以下の通りです。

東京都 403.2万円
愛知県 316.8万円
大阪府 345.6万円
北海道 259.2万円
福岡県 288.0万円

ボーナスは?

バスガイドとして働くと、どのくらいのボーナスがもらえるのでしょうか。

バスガイドの場合は基本給の4倍程度のボーナスが支給されるようです。そのボーナス額を年齢別に紹介します。

20~24歳 57.8万円
25~29歳 42.4万円
30~34歳 48.7万円
35~39歳 50.4万円
40~44歳 56.6万円
45~49歳 63.4万円
50~54歳 67.9万円
55~59歳 67.3万円
60~65歳 45.8万円

この結果を見てわかるように、50~54歳が年収と同様に最もボーナス額が多い傾向です。年収データとボーナスデータを見ればわかる通り、バスガイドの年収はさほど高いわけではありません。しかし、勤務年数に応じて年収が上がっていく仕組みになっています。バスガイドの場合は、状況に応じてさまざまな手当が加算していくことが年齢とともに年収が上がる理由です。

特にバスガイドにとって有益な手当は、時間外手当や宿泊手当、距離手当です。勤務年数が上がるほど、長距離乗務が可能となるため、これらの手当が増え年収も上がっていくのです。

年収を上げるにはどうしたらいい?

さて、バスガイドが若くして年収を稼ぐにはどうしたら良いのでしょうか。バスガイドとして働くとしても少しでも高収入を得たいものです。

バスガイドの場合は長く勤めてベテランとなり役職をつけることで年収500万円程度まで収入を上げる人もいるようです。

しかし、ベテランのバスガイドとなると、あえて正社員ではなくフリーランスとして独立している人もいるようで、その中には正社員の時よりも高年収になったという事例もあります。独立するのも年収を上げる良いアクションかもしれません。

バスガイドはどんな人に向いている?

さて、バスガイドはどんな人に向いているのでしょうか。バスガイドに向いている人の最初の特徴は、「サービス精神が豊かな人」です。バスガイドも接客業なので、損得勘定なしで、人に親切にできる人が向いています。また、「旅行が好きな人」も向いています。それは、バスガイドが観光地を案内する仕事のためです。観光地についても歴史などを調べなければなりません。これは、旅行が好きでないと続けるのは困難でしょう。

また、「ユニークでユーモアがある人」も向いています。乗客を楽しませるためにはユーモアが必要なのです。特に自然に笑顔でいられ、明るい性格の人がバスガイドに向いています。

バスガイドは時には、話を聞かない乗客や約束を守らない乗客を相手にしなければならないこともあり、「忍耐力がある人」が向いているとも言えます。なお、旅行をしているとトラブルに巻き込まれることもあります。そんな場合は臨機応変な対応が必要です。そのため「臨機応変に対応できる人」が向いています。

バスガイドへの転職は難しい?

バスガイドになるために必ず必要な資格はありません。ただし、多くのバスガイドの職場は高卒以上が条件になっているため、高卒以上であれば、バスガイドへの転職が可能です。ただし、バスガイドは経験がモノを言う職種ですので、他業種からの転職は若干不利になる傾向があります。未経験者の場合は、将来のポテンシャルが見込める若い人が、転職には有利な傾向です。

その結果、実際の募集は長期的な教育という観点から、新卒やバスガイドの経験者が優先される傾向です。一般的にバスガイドとして入社すると、会社でみっちりと研修が実施されます。企業によっては入社後に、国内旅程管理主任者の資格を取ることを必須としている場合もあります。

バスガイドへ転職した人たちの口コミ・評判

私は、高校生の時に修学旅行にて素晴らしいバスガイドさんと出会いました。その時から、バスガイドへの憧れを持っていました。新卒の時は、一度バスガイドを諦めて、一般事務の仕事に就いたのですが、4年ほど働いたのちに、やはり、バスガイドになりたくなりました。バスガイドの中途採用は難しいと聞いていたので、転職サイトを利用しました。いくつかのバス会社に申し込みましたが、年齢が若いのが功を奏したようで、いくつかのバス会社に合格できました。その中でも、職場ムードが良さそうな職場を選び転職しました。
26歳 女性
新卒の時から、ツアー会社でバスガイドとして働いていました。しかし、なかなか年収が上がりません。バスガイドのキャリアには自信があったため、年収アップのために転職をしてみようと思い立ちました。キャリアアップを実現するために転職サイトを利用しました。コンサルタントへは、できれば管理職のようなキャリア組として転職したいことを伝えました。2週間ほど経った頃、やっと自分の希望が叶えられる求人案件をコンサルタントが見つけてくれました。コンサルタントの協力もあって、無事に転職に成功しました。
31歳 女性
長い間営業補佐として働いていましたが、会社の休みを利用していろいろと旅行しているうちに、バスガイドの仕事に憧れを持ち始めました。いろいろなところに旅行に行けるのが羨ましかったのです。しかし、バスガイドとして転職するには、バスガイド業界の知識があまりにもなかったため、転職サイトに登録してキャリアコンサルタントに相談しました。キャリアコンサルタントの話によると、20歳代であれば、バスガイドへ転職できるかもしれないとのことでした。そこで新しい職場を探してもらいました。キャリアコンサルタントはいくつかの職場を見つけてくれて自分でも納得できる案件が見つかりました。転職活動はキャリアコンサルタントのおかげでスムーズでした。
29歳 女性
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件