三菱自動車に転職するなら?年収・難易度・評判徹底解説!おすすめ転職サイト・エージェント

三菱自動車

国内自動車メーカーでも大手にあたり、同じく国内自動車メーカーの日産の傘下の企業に当たる三菱自動車。

三菱グループは100年以上日本の産業を支えてきた日本最古の自動車メーカーであり、企業の規模を縮小しても国内自動車メーカーでは大手で人気も高く、年収や待遇も優れています。

そこで、三菱自動車に転職することを希望している場合、どのように転職活動を進めていけばよいのでしょうか。

ここでは、三菱自動車の年収・待遇に加えて評判やおすすめの転職エージェントなどを紹介します。

一目で分かる三菱自動車の評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

三菱自動車はどんな会社?

会社名 三菱自動車工業株式会社
設立 1970年4月22日
資本金 2843億円
従業員数 13,222人
本社所在地 東京都港区芝五丁目33番8号
代表者 カルロスゴーン
事業内容 自動車及びその構成部品、交換部品並びに付属品の開発、設計、製造、組立、売買、輸出入その他の取引業・金融業

事業方針・経営理念

三菱自動車は、「お客様第一主義」をモットーとし、安全性・環境への配慮を全力で追及しています。

また、お客様が自動車に乗る楽しさと、長く乗ることが出来る安全性・耐久性を両立させた自動車づくりをしています。

そして、三菱自動車にしかないこだわりを持った自動車づくりを継続して提供することを理念としています。

事業内容

  • 自動車及びその構成部品、交換部品並びに付属品の開発、設計、製造、組立、売買、輸出入その他の取引業
  • 金融業

自動車及びその構成部品、交換部品並びに付属品の開発、設計、製造、組立、売買、輸出入その他の取引業

三菱自動車は「Drive your Ambition」をブランドメッセージとして掲げており、常に技術の革新に努め、より安全で安心かつ便利なクルマ社会を目指して自動車製造を行っています。

金融業

日産自動車と提携し、幅広い金融オプションを用意することで三菱自動車製品の購入をサポートします。

そのため、自動車製造だけでなく金融関連の職歴がある方にもおすすめの企業と言えるでしょう。

売上

三菱自動車の2016年度の売上は1兆9,066億円となっており、国内企業でもトップクラスの売上と言えるでしょう。

営業利益も1,380億円をこえており、経営も安定しています。

三菱自動車の給与は年功序列制度なので、勤務年数が長ければ長いほど給与も上がるシステムとなっていますが、毎年しっかり昇級が行われており、安定して働くことが出来ると言えるでしょう。

従業員数

三菱自動車の従業員数は三菱自動車単体で13,222人、グループ企業の従業員も合わせると29,604人となっています。

三菱自動車系列でこの従業員数であり、三菱グループ全体となると世界トップクラスの従業員数となっており、日本国内だけでなく海外でも有能な人材を取り入れるために中途採用を積極的に行っています。

三菱自動車の転職難易度

三菱自動車はやはり大手企業なので人気・倍率も高く、しかも一定の就業経験・資格が条件となっていることが多いです。

また、時期によって掲載されている求人も異なるので、転職を考えているのであれば自分が希望する職種の募集が行われているか確認してから応募しましょう。

また、三菱自動車は海外の企業とも取引をする機会が多く、職種によっては英語力が必要な場合もあります。

応募要項

車載ECU(ダイアグノーシス)設計開発

勤務時間 8:15~17:15(フレックスタイム制あり)
応募資格
  • KWP2000, UDSに準拠したダイアグノシス通信仕様の作成又はソフトウェア作成の経験
  • ODXによる診断データ作成の経験
有利となる知識・経験
  • 車載ECUの設計・開発業務(仕様作成、ソフトウェア、ハードウェア)
  • 通信(CAN、イーサーネット)に関する設計・開発業務
  • TOEIC 600点以上の英語力
給与 経験とスキルを考慮して当社規定により決定
各種手当
  • 社宅
  • 独身寮完備
  • 通勤手当
  • 家族手当て
  • 各種社会保険完備
賞与・昇給 非公開

 

EVマーケティング

勤務時間 8:45~17:45(フレックスタイム制あり)
応募資格
  • 大卒以上
  • TOEIC700点以上の英語力
  • 普通運転免許
  • PC操作スキル
  • 自動車、EV事業に興味のある方
  • 積極的に仕事へ取り組む姿勢
有利となる知識・経験 自動車会社または部品メーカー(Tier1)にて商品計画、マーケティング経験
給与 経験とスキルを考慮して当社規定により決定
各種手当
  • 社宅
  • 独身寮完備
  • 通勤手当
  • 家族手当て
  • 各種社会保険完備
賞与・昇給 非公開

経理

勤務時間 8:45~17:45(フレックスタイム制あり)
応募資格
  • 大卒以上
  • 経理に関する基礎知識
  • 語学能力(英検2級又はTOIEC650点程度)
有利となる知識・経験
  • 日商簿記2級以上
  • 税務知識(税理士試験科目合格以上)
  • 経理に関連する実務経験者(3年以上歓迎)
  • 製造業における経理業務の経験(管理会計業務)
  • EXCELスキル(中級以上:マクロ組成等)
  • 車に対する知識、興味(簡単なパーツの名前等の知識)
給与 経験とスキルを考慮して当社規定により決定
各種手当
  • 社宅
  • 独身寮完備
  • 通勤手当
  • 家族手当て
  • 各種社会保険完備
賞与・昇給 非公開

募集中の職種

開発系

車両の設計・開発等を行います。

グローバルマーケティング&セールス

海外企業を対象とした商品販売やマーケティングを行います。

事務系

財務・経理・法務など会社を経営していく上で必要な事務作業を行います。

商品戦略

市場データを分析し、ターゲットとするユーザーなどといった情報を設定し、商品を製造する準備段階で必要なデータを統計します。

デザイン

自動車をはじめとする三菱自動車製品のデザインを担当します。

ITソリューション

企業を経営していくために必要なシステムやソフトウェアの開発を行います。

医務系

産業医として社員の健康維持のための指導や健康診断などといった医療行為を行います。

品質保証

品質維持・向上のための品質監査業務を行います。

生産技術

工場で商品を製造するための手順や設備の設定を決めます。

生産・製造

工場のコスト管理や物流業者との取引を行います。

三菱自動車の年収はどれくらい?

三菱自動車の平均年収は698万円となっています。三菱自動車の平均年収は年々上昇傾向にあり、しかもスキルや勤務年数を積むことで着実な昇給を期待することが出来ます。

技術職・一般職の平均は600万円台ですが、総合職のみであると平均が900万円台に上がっており、三菱自動車での転職は総合職がねらい目かもしれません。

また、役職が付けば1,000万円台に到達する人もおり、長期的に働く職場としても良いでしょう。

転職後の昇給はしやすい?

三菱自動車は毎年昇給される定期昇給制度となっているため、長期的に安定して働くことが出来ます。中途採用の場合も、しっかりとスキルを考慮したうえで給与を設定してもらえるので安心です。

また、ある程度の勤務年数があると役職をもらうことが出来、30代で課長レベルまで到達している人もいます。

ボーナス・賞与は貰える?

三菱自動車では、毎年賞与・ボーナスを受け取ることが出来ます。

三菱自動車の相場は大体毎年80万円程度となっており、他の国内の大手企業と比べても平均的な額と言えるでしょう。

また、大半の企業はボーナスの額に景気が大きく影響しますが、三菱自動車の場合は財閥系列の大企業ということもあり、社員のボーナスの額は毎年大きく変動していません。

三菱自動車の福利厚生・待遇は充実している?

三菱自動車は大手企業ということもあり、かなり福利厚生が充実しています。

しかも女性の管理職も増えてきていることから、女性が働きやすい環境づくりに力を入れている企業と言えるでしょう。

残業時間

基本的に人手が足りており、残業は繁忙期以外は滅多にありません。

もちろんサービス残業は存在せず、残業をしたらその分だけ残業代が付くので安心です。

また、フレックスタイム制を導入しており、自分の好きな時間に出勤することが出来るため、家庭と仕事を両立しやすい環境も整っています。

しかし、部署によっては残業が当たり前となっている部署もあり、忙しい部署とそうでない部署でかなり差があると言えるでしょう。

休日・休暇

三菱自動車の休日は基本的に土日の週休2日制となっており、休日出勤は基本的にありません。

祝日やゴールデンウィークなどといった長期の休みもしっかり休むことが出来ます。

また、基本的に月1日、年に1回は2日連続の有休の消化を推奨しており、有休の希望も通るので安心です。

福利厚生

  • 各種社会保険加入、退職年金加入
  •  各種財形貯蓄、各種貸金制度
  •  カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度)
  •  ボランティア休業制度
  •  育児・介護休業制度
  •  積立休暇制度
  •  フレックスタイム勤務制度
  •  社員・高齢者再雇用制度
  •  独身寮、社宅設備
  •  体育文化活動ほか
  • 各種契約施設
    (三河湾リゾートリンクス、社会保険協会の各種契約施設など)

三菱自動車ではこのような福利厚生制度が用意されています。

カフェテリアプランを使って旅行に出かけたり、家電を買ったりと色々な使い方が出来るのでこの制度を活用している人も多いです。

三菱自動車へ転職するまでの流れ

  1. 公式サイト・転職サイト・人材紹介会社からエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接

三菱自動車に転職するまでの流れはこのようになっています。

エントリーに関しては、公式からでも転職サイトを利用してでも選考に影響はありません。

書類選考で条件を満たしている人を選別し、面接という流れであり、基本的には面接は1回のため、1回で全力を出し切る必要があります。

基本的には内定後1~2か月での入社となっていいますが、引継ぎの状況などを考慮して3か月まで待ってもらうことも可能です。

三菱自動車へ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 32歳
性別 女性
前職 開発エンジニア
転職理由 キャリアを積むことができる職場を探していた
前職でもエンジニアをしていましたが、下請けで月収が安定しておらず、ある程度経験も積むことが出来ていたので大手に転職しようと思い、三菱自動車をはじめとするいくつかの自動車メーカーのエンジニア職に応募しました。唯一通ったのが三菱自動車だったのですが、現在はITソリューション部門で、企業内システムの開発を担当しています。自社システムなので、前職と比べても納期に余裕があり、残業もめったにないので安心しています。2年間産休・育休を取っていたのですが、やはり自分がいない間に仕事内容も変わっており、復職後はまた仕事に慣れるのに時間がかかって大変でした。他の企業と違って英語スキルも要求されるので、転職活動の際はTOEICの勉強が一番大変だった記憶があります。
年齢 39歳
性別 男性
前職 アカウントプランナー
転職理由 自分のスキルをもっと活かせる職場で働きたかったため
元々海外生活も長く、英語を活かした職場で働きたいと思っていたのですが、大学時代に就職活動が上手くいかず、一般企業の営業職として働いていました。待遇に関しては問題なかったのですが、マーケティングなども担当させてもらうようになって、やはり英語を活かせる国際的な職場で働きたいと思い、大手の三菱を選びました。大手なので前の職場よりもプロジェクトの規模が大きく、結果が要求されますが、やればやるだけ評価がされる現在の職場に魅力を感じています。ただ、忙しい時期になると残業が当たり前になってしまうので、そこの改善は必要かと思います。

三菱自動車への転職におすすめ転職サイト

三菱自動車への転職を考えているのであれば、自分ひとりで転職活動を進めるよりも、転職サイト・転職エージェントを頼って転職活動をするのがおすすめです。

転職サイト・転職エージェントは大手から中小企業まで幅広い企業への転職活動のサポートをしており、転職のノウハウも持っています。

やはり三菱自動車は大手なので、しっかりとした対策をして転職活動をしないとなかなか中途採用は難しいです。

そのため、転職サイト・転職エージェントを活用して転職活動を進めましょう。

自動車メーカーの転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

DODA

DODA

DODAは転職サイトの中でも最も掲載数が多い最大手と呼べる転職サイトです。

大手企業への転職実績も多く、三菱自動車をはじめとする大手企業への転職を考えているのであれば、ぜひDODAに登録しておきましょう。

また、DODAでは色々な企業の求人を掲載しているだけでなく、エージェントサービスも取り扱っています。

エージェントサービスでは、全国8か所にあるDODAの拠点にて転職エージェントと直接会って、面接練習や応募書類の添削などといった大手企業への転職に欠かせない対策をすることが出来ます。

また、一般的な転職エージェントは利用者一人に対してエージェントが一人付く形式となっていますが、DODAの場合は利用者一人に対してキャリアアドバイザーと企業の採用プロジェクト担当の二人のエージェントが担当してくれます。

そのため、キャリアアドバイザーからは面接の日程調整サポートを、採用プロジェクト担当からは企業の人事担当者がどんな人材を欲しているのかという情報をもらうことが出来、転職者目線と企業目線の2つの視点からのサポートを受けることが出来ます。

また、DODAは非公開求人が充実しています。非公開求人は大手企業のものが中心となっており、大手自動車メーカーの求人も取り扱っています。三菱自動車を希望している場合、三菱自動車関連の非公開求人もエージェントから紹介してもらうことが出来るので安心です。

また、カウンセリングをして適性がある可能性がある場合、希望する職種以外の職業も紹介してもらうことが出来ます。

DODAの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

indeed(インディード)

indeed

indeedはDODAとは異なり、転職エージェントサービスは取り扱っていませんが、色々な求人サイトに掲載されている求人をまとめて検索することが出来るのでとても便利です。

そのため色々な求人を見比べて、どの職場が自分にとってベストなのか情報収集をするために良いサイトと言えるでしょう。

indeed自体は登録する必要はありませんが、indeedに掲載されている求人に応募する場合は、その求人が掲載されている転職サイトに登録をしなければいけません。

また、色々な転職サイトに掲載されている求人を掲載しているだけなので、非公開求人は見ることが出来ないため、ある程度給与が高い求人はなかなか見つからないと言えるでしょう。

indeedの魅力はやはり作りがかなりシンプルであるという点です。

一般的な転職サイトを利用する場合は色々な条件にチェックしたりと手間がかかってしまいますが、indeedの場合は希望する職種・関連ワード・勤務地を入力するだけなので、検索が面倒と言う方にはおすすめと言えるでしょう。

indeed(インディード)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です