奈良県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

奈良県に薬剤師として転職をする際に、どこの職場も同じようなものだと考えていませんか。

奈良県内では薬剤師の人手は足りておらず求人が多く転職しやすい地域です。

ただし、転職先を安易に決めてしまうと自身の希望に合わなかったなどの理由で失敗してしまう場合もあります。

ここでは、奈良県の最新の薬剤師転職事情を説明します。その上で、奈良県内の薬剤師転職に強い転職サイトを紹介します。

奈良県の薬剤師転職事情

“奈良県は豊富な世界遺産や歴史的な情緒あふれる街並みが人気な観光スポットです。

奈良県で薬剤師として転職する難易度は基本的に容易であると言えます。

県内にある大学には薬学部は存在しておらず、奈良県で働く薬剤師の多くは他県の大学で学んでからUターン就職をするというパターンが多いです。

また、薬剤師を求めている薬局・医療機関・医療品関連企業では人手不足に悩まされています。

厚生労働省の調査によると、奈良県の人口10万人に対する薬剤師は約190人です。

全国平均の人口10万人に対する薬剤師の人数は227人です。また、奈良県にある薬局の数も人口10万人に対して37店舗であり、全国平均の38店舗と比べると少ないことがわかります。

奈良県内では薬剤師の人手は不足していて、薬剤師への求人は多くあります。そのため、奈良県で薬剤師へと転職するには引く手あまたであり容易であると言えます。

平均年収はどれくらい?

奈良県 777万円
静岡県 684万円
青森県 670万円

都道府県別の平均年収は年度によって常に変動していますが、奈良県の薬剤師の年収は全国的に見てもトップレベルです。2018年度の結果だけを見ると、奈良県の薬剤師の平均年収は全国で一番高いです。奈良県の平均年収は全国平均の543万円よりも、243万円上回っています。

薬剤師の平均年収を増加させる要因は多くあります。中でも地域ごとの需給関係は年収に対して大きな影響を与えます。

人口に対して薬剤師の需要が足りている地域に関しては年収が低くなり、逆に人口に対して薬剤師需給が足りない地域は年収が増加する傾向にあります。

奈良県では人口に対する薬剤師の需給が足りていないため、平均して年収が高い傾向にあるのです。

このことから、奈良県外から奈良県へ転職する多くの場合は年収が上がると考えてよいでしょう。”

求人はどの地域が多い?

奈良県内に転職を考える上で忘れてはならないのはどの地域に転職するのか、ということです。

奈良県内の地域でもっとも薬剤師の求人を行っているのはどの地域でしょうか。

ここからは奈良県内の地域別に求人量を詳しく調べていきます。その中から上位3位までの地域を紹介します。

1位 奈良市

奈良県内で最も多くの薬剤師求人が多いのは奈良市です。

奈良県内で最も人口の多い奈良市には多くの薬局・病院が集中しています。

そのため、薬剤師の転職先も多く存在しています。

薬局や病院からの薬剤師の求人が多く、正社員としての就職から契約社員・パートタイマー・アルバイトと就労形態も様々です。

他県から奈良県に薬剤師として転職する際には、求人が最も多い奈良市であれば有利に転職を進めることが出来るでしょう。

2位 橿原市

奈良県内で2番目に薬剤師の求人が多いのは橿原市です。

橿原市には多くの調剤薬局が集中しており、ここからの求人が多いことに特徴があります。

調剤薬局からの求人雇用形態は正社員から契約社員・パートタイマー・アルバイトなどがあります。

橿原市にある調剤薬局のほとんどが地域密着型の中小規模薬局であり、大手の薬局は少ない傾向にあります。

そのため、アットホームな職場環境もあり、転職後の就労期間は長い傾向にあります。

3位 生駒市

奈良県内で薬剤師の求人が3番目に多い地域は生駒市です。

生駒市は奈良県内の都市部である奈良市へのアクセスに非常に便利な場所に位置しているため、人口の多い地域です。

人口の多さと共に奈良県の都市部や郊外からの人の移動が活発なため、薬局も多くあります。

生駒市にある薬局のほとんどが正社員としての求人を行っています。

また、紹介予定派遣制度を利用している薬局もあるので派遣社員として就労し、やがて正社員になることも出来ます。

奈良県の薬剤師求人の特徴

“奈良県で薬剤師として転職するのは他の地域に比べて容易であり、年収も増加する可能性は高いです。

奈良市などの都市部には大手の薬局も展開していますが、多くの求人は中小規模の薬局がほとんどです。

正社員としての募集はもちろんのこと、契約社員・パートタイマー・アルバイトなど様々な雇用形態で募集しています。

そのため、時間に制約のある人でも安心して転職できる地域であると言えます。

また、紹介予定派遣の制度を利用している会社もありますので、派遣として就労した後でも正社員になるチャンスもあります。

地域に根差した薬局が多いため、顧客を抱えている薬局が多いのも特徴です。

利用者一人一人と対峙して薬を提供することも多くなってくるので、コミュニケーションのスキルも必要とされます。

奈良県のおすすめ求人

奈良県で薬剤師として転職する際には、条件の良い求人を探す必要があります。

年収だけではなく、職場の雰囲気や福利厚生など様々な面からの視点が必要です。

実際にネットで調べた求人のなかからおすすめの求人TOP3を紹介します。

1位 株式会社阪神調剤薬局阪神調剤薬局市立奈良店

資格 薬剤師免許
雇用形態 正社員
給与 月収27万円、年収398万円(初任給)
勤務時間 月~金曜日は午前9時から午後6時まで(休憩60分)
土曜日は午前9時から午後1時(休憩0分)
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
財形貯蓄
退職金
育児休暇制度
借り上げ社宅制度
休日・休暇 週休2日制
祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
慶弔休暇
出産・育児休暇

おすすめポイント:初任給の給料は平均よりも少ないですが、一般薬剤師から店長に、さらにブロック店長へと就労中にキャリアアップできる可能性が非常に高いです。

当然のことではありますが、キャリアアップすれば年収も上がっていきます。

また、正社員への手当の制度や福利厚生制度も充実しているので安心して働くことが出来ます。

会社の研修等を利用して、キャリアアップを目指すのであればこの求人がおすすめです。

2位 ビックリ―株式会社ピーター薬局

資格 薬剤師免許
雇用形態 正社員
給与 322万円~600万円(年収)
勤務時間 月水金は午前9時から午後7時まで(休憩60分)
火は午前9時から午後3時まで(休憩60分)
木は午前9時から正午まで(休憩0分)
土は午前9時から午後1時(休憩0分)
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
退職金
資格取得
奨励金制度
育児休暇制度
介護休職制度
資金貸付制度
奨学金制度
駐車場使用無料
休日・休暇 完全週休2日制

おすすめポイント:この会社では社員の教育やステップアップに対して力を入れています。

この会社の方針として薬剤師の仕事には専門的な知識だけではないという考えがあります。

勉強会や研修などを行い、社員のスキルやコミュニケーション能力の向上を図りより良い薬局にしようと努力しています。

そのため、薬剤師としてだけではなく、様々なスキ

ルを身に付けたいという人にはおすすめの会社です。

3位 医療法人新生会高の原中央病院

資格 薬剤師
雇用形態 正社員
給与 月収22万円~30万円以上
勤務時間 月~金は午前8時30分~午後5時まで(休憩50分)
土は午前8時30分~午後1時(休憩0分)
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
厚生年金基金
退職金
育児休暇制度
休日・休暇 4週7休制
日曜日・祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
慶弔休暇

奈良市内にある大きな総合病院での勤務です。この総合病院では様々な科目があり、患者数も多いため、薬を処方する量も非常に多いです。

幅広い業務であるために専門的な知識があれば優遇されます。

また、病院内では科目ごとに分かれた研修も行っていますので、専門的な知識を得たいという人にもおすすめの求人です。

また、休日や休暇をきちんととることが出来るので、公私ともに充実させたいという人にもおすすめです。

奈良県へ転職した薬剤師の体験談

転職を決める際には実際に転職をした人の体験談を参考にしましょう。

ネットなどの転職情報だけでは知りえない職場の雰囲気なども知ることが出来ます。

自身にあった職場を見つけるためにも、状況の似た人を参考にするとよいでしょう。

東京で働いていた37歳の男性が奈良県に転職し年収アップ

年齢 37歳
転職前の年収 540万円
転職後の年収 680万円

 

私は東京都で薬剤師として働いていました。薬剤師に関わらず、多くの求人は東京に集まると思い転職は考えていませんでした。しかし、私が勤めていた大手薬局の上司と馬が合わずに職場を変えようと思うようになりました。転職サイトに登録して薬剤師の転職求人を探していると、地方の方が東京よりも年収が良いということを知りました。

結婚もしていなかったので、思い切って奈良県に引っ越しました。転職サイトのコンサルタントが紹介してくれた薬局では勉強会なども積極的に行っていて、活気のある会社でした。最初に提示されていた年収でも私にとっては十分でしたがコンサルタントを通して就職したこともあり、前の職場よりも年収がぐんと上がりました。これは嬉しい誤算でした。

 

総合病院で専門的な知識を吸収したいと考えた30歳の女性薬剤師の体験談

年齢 30歳
転職前の年収 430万円
転職後の年収 550万円

私は薬剤師として大手の薬局で働いていました。給料も悪いわけではないし、職場の人も皆良い人で楽しく働いていました。しかし、薬剤師を志した最大の理由は病気で困っている多くの患者に薬を届けたいということでした。その夢をかなえるためにはどうしても総合病院に行く必要がありました。総合病院への転職を成功させるために転職サイトを利用しました。

転職サイトのコンサルタントの人は総合病院からの求人があれば常に紹介してくれました。総合病院の求人は人手不足の薬剤師業界でも厳しく、何度か試験を受けて転職が成功出来ました。総合病院での勤務は想像以上に目まぐるしく大変です。しかし今では、年収も前より貰えるようになりましたし、なにより様々な科目で専門的な知識を吸収出来ることが嬉しいです。”

上司からのパワハラが原因で転職した26歳男性

年齢 26歳
転職前の年収 360万円
転職後の年収 480万円

 

私が転職を希望したのはあまりにもひどいパワハラを上司から受けていたからです。その内容は詳しく書けませんが、私にはとても耐えきれないものでした。それでも働かなければ生活をしていくことが出来ないので転職サイトに登録し働きながら次の就職先を探しました。コンサルタントの方に私の悩みを打ち明けると親身になって新しい職場を探してくれました。

コンサルタントの方からは職場の雰囲気が良い求人を紹介してもらいました。コンサルタントの人が職場内の雰囲気まで把握していることにびっくりしました。アットホームな明るい雰囲気の職場で働きたいと思っていたのでコンサルタントの方がおすすめしてくれた生駒市の小さな薬局に転職しました。コンサルタントの人が言った通りとても職場環境の良い職場です。地域に密着した薬局で利用者とも直接話す機会が増えてとても楽しい毎日を過ごしています。今までの生活が嘘のようです。

 

奈良県でおすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師として奈良県に転職する際には、奈良県に強い薬剤師の転職サイトを利用するのも大事です。

転職サイトによっては、公式な求人にはない物件を紹介してくれるところもあります。

また、自身の希望に合った転職サイトにしなければ、転職活動がスムーズにいかない場合もあります。

1位 薬キャリ

薬キャリ

薬剤師の転職サイトとしてはナンバーワンの利用者数を誇る転職サイトです。

薬キャリが扱う求人の多くは高年収や好条件です。

また、サイトに登録をすることで、このサイトを実際に利用して就職した人のインタビューを見ることが出来ます。

実際に働いている人の意見を知ることは転職を決める上で非常に有益な情報になりますし、希望にもなります。

さらに、薬キャリのスタッフが転職時に転職先の人事と話し、提示されていた給料よりも好条件で就職させてくれることもあります。

薬キャリ詳細ページ

2位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の専門アドバイザーは利用者の希望をカウンセリングで親身に聞き込み、希望に合った仕事を紹介してくれます。

母体となるマイナビと同様にマイナビ薬剤師も求人数の多さに特徴があり、利用者は多くの求人から自身に合った転職先を選ぶことが出来ます。

専門のアドバイザーは転職までのフォローだけではなく、転職後のアフターフォローも心掛けています。

転職後に働き始めて、自身が思った職場と違うと思った場合は他の職場に転職することも可能です。

マイナビ薬剤師詳細ページ

3位 ヤクジョブ.com

ヤクジョブ

薬剤師の転職・派遣に特化したサイトであり自身の希望に合わせた求人を見つけやすいです。

サイト内がわかりやすく整備されていて、誰でもが自身の希望にあった検索方法で求人を見つけることが出来ます。

例えば、雇用形態で探したいと思えば正社員・パート・アルバイトなどの項目から自身の希望の形態を選び検索をかければ、雇用形態別の求人を見られます。

地域別にも見ることが出来ますので、奈良県で薬剤師として転職先を探すのであれば、検索方法が簡単なヤクジョブ.comがおすすめです。

ヤクジョブ.com詳細ページ