SEからへの異業種への転職完全ガイド!転職先の種類や方法について徹底解説

SE 異業種 転職

今の仕事に不満を持っているIT業界のSE(システムエンジニア)のみなさん!

SEだから同業種でしか転職できないなんて思っていませんか?

それは大きな間違いで、実はSEから異業種への転職を成功させている人は大勢いるんですよ!

そこで気になるのがそのSEがどんな転職の方法で内定を獲得したかですよね!

この記事ではそんなあなたのために、異業種への転職を成功させたSEの転職先や内定を獲得するためのポイントについて解説していきます。

SEが異業種への転職をするなら20代までに

SE 異業種転職

SEの皆さんが異業種へ転職したいのであれば、最低でも20代までに済ませておくことをおすすめします。

20代は社会人の中でも特にエネルギッシュな人材です。

仮に異業種から未経験で転職をしても、ポテンシャルで採用してもらえることがあるため、転職先を見つけやすいです。

しかし30代以降になると、異業種へ転職するには企業側が求めている「即戦力」の人材でなければ、転職先を見つけづらくなります。

20代であれば、SEとしての知識とともにポテンシャルを重視した採用を受けられる可能性が上がりますので、ぜひ試してみてください。

SEが成功できる異業種転職先5パターン

SEが成功できる異業種転職先5パターン

SEから異業種への転職先というと、いまいちピンとこない人もいますよね。

SEが異業種への転職を成功させるには、下記の条件を満たしている必要があります。

  • SEとしての知識が活かせる
  • SEで培ったコミュニケーションが活かせる

これらを満たす異業種の転職先は、以下の3つです。

  • 異業種の社内SE
  • Web系エンジニア
  • ITコンサルタント
  • フリーランス
  • 営業
  • 事務職

以下で詳しく解説していきます。

異業種の社内SE

現在企業内でもどんどんデジタル化が進んでおり、社内でシステムを管理できる人材が求められています。

社内のシステム管理部に転職し、社内のシステム開発やシステムトラブルの対応を行います。

通常SEの業務では、クライアントから決められた納期に合わせて、システムを構築することが求められます。

無理な納期を設定されて、仕事に追われることも多いのが現状です。

しかし社内SEであれば、企業内の部署間でのやりとりで済みますので、仕事の状況に合わせて納期の交渉が可能です。

IT業界に限らず、飲食やサービス、不動産業界など、幅広い業界で求められている人材のため転職先を見つけやすいのも大きなメリットです。

社内SEで働くデメリット

社内SEは社内で制作したシステムのほかに、外注したシステムの管理業務も並行して行うことになります。

つまり自分で作っていないシステムに関しても、管理下に置かねばならず、新しいシステムの導入時には実際に使っている人以上にシステムを熟知する必要があります。

またシステムを作ったとしても社内での運用になるので、作ったシステムを社外に販売して実際に使われているのを見るという達成感は味わえないことが多いです。

レバテックキャリアを使って社内SEに転職できる?

社内SEに転職するには?必要なスキル・年収事情や仕事内容を徹底解説

Web系エンジニア

Web系エンジニアとはSNSやソーシャルゲーム、通販サイトなどのECサイトのサービスを開発していくエンジニアのことです。

最近ではwebサイトの需要が高まっており、web系エンジニアもそれに伴って需要が増加しています。

比較的新しい業種であるため、働き方も柔軟に選択できる所が多いようです。

ですが、開発の作業が多いため、高いプログラミングスキルを求められるため、SEでコードを書いていなかった人やプログラミングに苦手意識を持っている人には厳しい業種であるといえるでしょう。

逆にいえば、コードを書くのが好きであれば天職ですので検討してみてくださいね。

SEからWEB系へ転職すべき3つの理由と失敗しないための注意点

Webエンジニア

SEが厳しい納期に追われていることが多い一方でWebエンジニアは厳しい納期はありません。

また、SEだとシステムの利用ユーザーの意見を聞くことはできませんが、Webエンジニアであれば利用ユーザーの意見を取り入れることができます。

Webサービスを展開している企業のほとんどは自社サービスのため、柔軟性を持っている企業が多いです。

特に人間関係の面でその傾向が強く、SEとPMではプロジェクト内での格差がありますが、Webエンジニアにおいては、プロジェクトの中で格差があることはありません。

Webデザイナー

WebデザイナーはSEのスキルが直接関係する業種ではありませんが、先ほども述べたように、Webサービスの需要の拡大に伴って需要が増加しています。

この業種を選択したSEの多くはもともとWebデザインに興味があった人のため、興味関心がある方はぜひ転職を検討してみてはいかがでしょうか。

Web系エンジニアのデメリット

SEの環境とは異なり自由な社内環境が用意されていることが多く、うまく適応できないこともあります。

またSEのように作業内容とキャリアが結びつきづらく、キャリアアップを狙っている人には、厳しい世界になることもあります。

作成したデザインを運用するスキルも求められるので、ただ開発するだけでは仕事がうまく回らないこともあります。

ITコンサルタント

SEの異業種転職の中にはSEの上流工程よりもさらに上を担当するITコンサルタントへ転職する人がいます。

SEは顧客やプロジェクトメンバーとのコミュニケーションや、マネジメント能力を駆使して業務を行っていきます。

コンサルタントも同様に顧客とのコミュニケーションや、業務のマネジメント能力が必要なのでSEで培った能力を活かすことのできる業種です。

SE時代に上流工程を担当していた、あるいはプロジェクトの中心で活動をしていた人におすすめの転職先といえるでしょう。

また、ITコンサルタントに転職することで年収を上げることもできますので今の年収に不満がある人にもオススメです。

ITコンサルタントのデメリット

SEとは異なりコミュニーションを重視される職場なので、人との交流が苦手な人には向きません。

またクライアントの要望に合わせてシステムの導入までを担当するので、IT関連の知識やシステムの用意まで幅広く対応することになります。

現場とのコミュニケーションも重要になるので、現場を知っている以上クライアントとの均衡を取るのが難しくなります。

フリーランス

SEとして経験を積んでいるのであれば、フリーランスのSEとして活動するのも視野に入れましょう。

フリーランスと聞くと在宅で仕事をするイメージが強いですが、基本的に企業と契約後に企業に常駐して作業をするのが一般的です。

他のフリーランスや社員と連携しながら作業を行うので、案件によってかかわる相手が変わるので、人間関係で悩みたくない人におすすめです。

企業と一対一で契約しますので、給料も自分で交渉できます。

フリーランスとして活動すると、自由な時間も自分で好きなように設定できるので、ワークライフバランスを重視した働き方を求めている方は検討してみてもいいかもしれません。

フリーランスのデメリット

フリーランスでエンジニアとして活動しようとすると、企業に注目してもらうためのポートフォリオが必要になります。

また案件を途切れさせないように、その都度案件の終わりのタイミングで、仕事と並行しながら案件を獲得しなければなりません。

企業に所属していないので、確定申告を自分で行う必要がありますので、年度末付近になると業務以外で時間を使うことも多くなります。

レバテックフリーランスの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

SEから離れて別の職種で働く道もある

ここまで異業種について紹介してきましたが、もちろん全く違う業界に進むパターンも存在します。

ですが、全く違う業界への転職はかなりリスクの高い行為ですので、自分のスキルの見極めが必要であるといえるでしょう。

営業職

SEの業務は顧客の要求するシステムの開発に関する連絡が主になりますので、コミュニケーション能力が高い人でなければ続けていけません。

営業職というと、企業によって様々な商品を扱いますのでそれなりに商品知識は必要ですが、SEとして発揮してきたコミュニケーション能力が活かせる職場です。

顧客との会話が好き、相手の要求にこたえるのが好きな人に向いているといえるでしょう。

また、IT機材などの販売を行うような企業に転職することで、SE時代の知識を駆使した営業をすることもできますので、自分のSEとしての知識を生かしたい方はIT関連の営業に転職することをおすすめします。

事務職

事務職はイメージ通り、パソコンに様々なデータ入力や文書作成を行う業務を担当します。

パソコンに触れる機会が多いため、SE時代の知識を活用することができます。

実績次第では会社のIT部門の担当になることができますので、社内でのキャリアアップも見込めます。

年収に関しては、上で挙げたような業種よりは少なくなりますが、SE時代よりは残業が少なくなりますので、ライフスタイルを重視した働き方をしたい方にはとても魅力的な業種であるといえるのではないでしょうか。

SEにおすすめの転職先とは?キャリアアップを成功させるには?

SEの異業種転職で求められるスキルは3つ

システムエンジニア

SEが異業種へ転職を行う際に企業が重視するスキルは、主にSEとして普段の業務で活かしてきたものばかりです。

その企業が重視するスキルは次の通りです。

  • 分析力
  • プログラミングスキル
  • SEで培ったコミュニケーション能力

以下でこの三つのスキルについて解説していきます。

分析力

SEの業務においては分析力が欠かせません。

顧客の提示したデータや顧客との対話を通じてそのニーズと問題点をとらえる際に使用します。

この分析のおかげでシステムの開発が円滑に進むといっても過言ではありません。
SEの持つ分析力は経験でしか身に付けることができませんので、異業種でも重宝されやすい能力として知られています。

プログラミングスキル

Web系エンジニアへの転職で欠かせないといわれているプログラミングスキル。

SEの中でも全くプログラミングに触れていないという方は多いですが、日々練習しておいて損はないスキルです。

IT業界の中では、Webサービスの展開により、プログラミングスキルを持つ人材不足が深刻化しています。

そのため、企業側の需要を満たせるプログラミングスキルが重要であるといえるのです。

SEで培ったコミュニケーション能力

その業種でも重要といえるコミュニケーション能力ですが、SEはこの能力を普段から使って仕事をしています。

コミュニケーション能力もやはり経験によって培われる能力ですので、それを保有し、普段から業務で使用しているSEは企業にとってプラスをもたらす人材であるといえるでしょう。

特に上流工程に携わっていたSEなら、クライアントや他のチームとの調整にも携わっていることもあるでしょう。

仕事上、相手との調整を行いながら仕事を進めていく業界も多いです。

また、異業種や異業界へ転職した際に、他社のエンジニアとのコミュニケ―ションを取れる人材としても重宝されやすい傾向にあります。

エンジニアとコミュニケーションを取る際には、相手の持つ知識について何かしら関心がなければなりません。

社内にエンジニアと同じ知識を持つ人材がいれば、エンジニアとのコミュニケーションを任せることもできるのです。

SEの転職に求められるスキルと資格!転職に成功するSEのの特徴とは?

SEが異業種での転職を成功させるための4つのポイント

SEが異業種転職で成功

SEが異業種での転職を成功させるためには、以下の4つのポイントを把握しておきましょう。

  • 自分が売り込めるポイントを洗い出す
  • 企業体制を調べる
  • 転職で逆にスキルが落ちないか
  • 積極的に学ぶ姿勢を見せる

以下で詳しく解説していきます。

自分を売り込めるポイントを洗い出す

自分を知っているようなつもりでも、自分ではわかりきれていないことがほとんどです。

そのため、自分について転職前にしっかりと見つめなおしておきましょう。

それを通して自分の強みを理解することができ、アピールポイントづくりにもつながります。

以下でその詳細について紹介します。

将来自分が何をしたいのかをしっかり考える

転職をした後に自分が何をしたいのかをしっかり考えることはとても重要です。

例えば、転職した先でキャリアアップをして会社の重要な役職に就きたい、あるいは自分で企画を持って主体となって活動したいといったように、具体的かつ長期的な目標や見通しを立てましょう。

そうすることで自分が今後の人生で大切にしていきたい軸を再認識することができます。

自分がSEを通して経験してきたことやスキルを洗い出す

自分の将来について考えたら、自分の現在に目を向けましょう。

これまでのSE業務の中で自分が身に付けてきた知識は何か、経験で他の人とは違う何かを持っているかどうかを分析しましょう。

そうすることで転職活動の際に自分のアピールポイントを作りやすくなります。

企業体制を調べる

企業を知るとは、企業の情報収集を行うことです。

企業の情報収集を行い、企業理解を身に付けることで、転職した際に生じるミスマッチを減らすことができます。

ミスマッチを減らすための企業を知る方法は以下の通りです。

  • 企業の社風を知るべし
  • 企業の求める人物像を分析する
  • 実際に働いている人のライフスタイルを調べる

以下でその詳細について紹介していきます。

企業の社風を知るべし

自分の転職を検討している企業の社風について調べておくことはとても重要です。

社風は企業によって様々です。

そのため、合うか合わないかの差が大きく出てきます。

自分に合わない社風で働くことで精神的なストレスを感じてしまい、働き続けることが困難になる可能性があります。

社風は公式サイトや転職エージェントを通じて知ることができますので、侮らずにしっかりと分析しておくことをおすすめします。

企業の求める人物像を分析する

応募したい企業の求める人物像をしっかりと分析しておきましょう。

社風と同様に企業の求める人物像も千差万別。

企業の求める人物像と自分の人物像が合致するかどうかの材料になります。

合致しなければ、社風と同様に無理をして働かなければならないリスクがありますので気をつけましょう。

実際に働いている人のライフスタイルを調べる

その企業で実際に働いている人のライフスタイルを調べておくことも、転職を成功させるうえで重要です。

企業のサイトや転職サイトの情報だけ鵜呑みにしてしまうと、その中にある嘘の情報に気付けない可能性があります。

そのため、実際に現場で働いている人のライフスタイルを参考にしてください。

ライフスタイルに関しては、転職エージェントを利用することで手に入る場合がありますので積極的に活用しましょう。

転職で逆にスキルが落ちないか

「今の職場が残業が多すぎて辞めたい…他の職場に転職したい…」と悩んでいる方も多いでしょう。

しかし転職自体が逃げの姿勢になっていないかを、いまいちど確認してみましょう。

いざ異業種に転職して、今よりも楽な職場に転職できたとしましょう。

周りとの給料の差を感じて、再度転職しようとしても、楽な職場で身に着けたスキルをアピールしても意味はありません。

転職することで、スキルを磨くのではなく現状維持かスキルが落ちてしまう場合には、転職を思いとどまるか自分を高められる職場を探すほうが生産的です。

他の職種に比べてSEは、特にスキルアップやキャリアアップのために転職する機会が多いです。

今後キャリアアップのために転職できるように、スキルを磨ける職場を優先的に選んでいきましょう。

積極的に学ぶ姿勢を見せる

SEで異業種に転職するとなると、業務面で生かせることはあっても、SEの知識が成果に直結するとは限りません。

異業種でも積極的に学ぶ姿勢を見せることで、職場に順応しようとする姿勢を見せましょう。

学ぶことが好きとアピールすることで、採用担当者からの印象も良くなります。

SEが異業種に転職するなら面接に全力を注ごう

異業種SE 面接

異業種に転職する際は職務経歴書のみで自分をアピールするのではなく、面接を活かして面接官に実感を伴ったアピールを行いましょう。

面接でアピールする際に気をつけるべきことは次の3点です。

  • 面接の準備を怠らない
  • 異業種で活かせるスキルのアピール
  • 知識習得への貪欲な姿勢のアピール
  • 良く見せようと面接で見栄を張らない

以下で詳しく説明していきます。

エンジニアの面接で好印象を与える逆質問とは?事前の想定が勝負の決め手

面接の準備を怠らない

面接の準備をしっかりと行ったつもりでも、企業にアピールするポイントの整理が不十分な人が多いです。

特に、アピールポイントを並び立てるだけで相手に伝わりづらい、実績の分かる資料がないといった相手へ伝わるかどうかを意識していない場合がほとんどです。

そのため、相手へ伝えることを意識した面接の準備を行うようにしましょう。

異業種で活かせるスキルのアピール

SEの能力がどれだけその業種で通用するかをアピールをしましょう。

例えばプログラミングスキルをアピールしたいときは、自分で作成したポートフォリオの提示や、自分の関わったプロジェクトの製品をアピールしましょう。

そうすることで企業に採用するメリットを伝えることができます。

知識習得への貪欲な姿勢のアピールも忘れずに

また、ITエンジニアのイメージで「IT業界の新しい知識を常に勉強している」というものがあります。

そのため、企業の採用担当者もあなたが知識を吸収することに貪欲な姿勢を持っているかどうかを見る可能性があります。

知識を吸収することに貪欲であれば、異業種の知識も吸収することに対して貪欲であることをアピールすることに繋がります。

そのため、自分がSE時代に知識を吸収するためにどんな努力をしたかを筋道立てて話すようにしましょう。

良く見せようと面接で見栄を張らない

面接を受ける際に注意していただきたいのが「見栄を張らない」ということです。

転職者の中には自分を良く見せようと、自分の持っている能力よりも高いレベルであるという嘘をつく人がいます。

その嘘をついた状態で転職してしまうと、転職先で自分の能力に見合わない仕事を担当することにもなりかねませんので気をつけましょう。

また、嘘をつくことで職場での信頼を失うことにも繋がります。

職場での人間関係にも影響を及ぼしかねませんので、自分の能力をそのままアピールするようにしましょう。

SEから別業界へ転職できる方法と業界について徹底解説!

SEが転職で失敗しがちな2つのポイント

ここからは、SEが転職で失敗しがちな2つのポイントを解説していきます。

  • 誰にも頼らずに転職活動をおこなう
  • 転職活動を後回しにする

このようなポイントに当てはまるSEは、基本的に転職に失敗する可能性が高くなります。

いずれかに当てはまるSEは、改善をするようにしましょう。

誰にも頼らずに転職活動をおこなう

誰にも頼らずに転職活動をおこなうことは、SEが転職で失敗する原因の一つです。

特にSEが陥りがちなのは、すべてネットで調べて完結してしまうというポイントです。

求人サイトを参考にするSEが多いのですが、これこそが危険なのです。

求人サイトに掲載されている情報だけでは、その企業について詳しく知ることができません。

つまり、情報が少ないのです。

そのため、何かしらの決め手がない限り、ネットの情報のみで転職を判断することは失敗に繋がるのです。

転職活動を後回しにする

転職活動を後回しにすることも、SEが転職で失敗する原因の一つです。

SEは仕事が忙しいため、優先度が低いと転職を後回しにしてしまいがちです。

後回しにすればするほど、年齢を重ねることになり、転職の難易度が上がります。

そのため、思い立ったらすぐにでも転職活動をしないと、SEは転職のタイミングを失ってしまうのです。

転職活動を円滑に進めたいなら転職エージェントの利用がオススメ

SE 異業種 転職エージェント

ここまで異業種への転職活動を行う際には「知ること」が大切だと紹介してきました。

知るためにはやはり、情報収集が必要になってきます。

ですが転職活動を行う際は働きながら同時並行でというケースがほとんどですので、そこまで時間を割けないのが現実ですよね。

ですが、転職エージェントを利用すれば、転職に際する負担を軽減してくれます。

そのため、転職に関する負担を少しでも減らしたいという方は、是非転職エージェントの利用をおすすめします。

自分では集めきれない情報を提供してくれる

転職エージェントは、登録者の情報に基づいてその人に合った求人情報やその企業の特色について紹介してくれます。

転職者一人では集めきれないような情報を提供してくれますので、利用しない手はありませんよね。

非公開求人がゲットできる可能性がある

実は転職サイトに求人を載せずに、転職エージェントのみに求人を出すいわゆる「非公開求人」を出す企業が多いのを知っていますか?

転職エージェントに登録することでその非公開求人をゲットできるチャンスが上がります。

選択肢が広がりますので選択肢を多く持ちたい方におすすめです。

社内SEの求人の案内が多い

転職サイトや転職エージェントでは、社内SEの求人案内が多いことでもしられています。

社内SEの環境で仕事をしたい方には、利用が向いているでしょう。

またSEなどIT業界の転職に強みを持つサービスを利用すると、Web業界の求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

自分の求める求人の特徴に合わせたサービスを利用していきましょう。

SEの異業種への転職にオススメな転職エージェント

ここからは私が異業種への転職を考えているSEのみなさんにオススメする転職エージェントを紹介していきます。

両方ともSEの異業種への実績のあるエージェントなので安心して利用できますよ!

レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT業界の転職エージェントといえばこのレバテックキャリア。

IT・webエンジニアの転職に特化しているため、Webエンジニアへの転職を検討している方におすすめです。

非公開求人数も多く、ITの知識に精通したエージェントが揃っていますので分からないことがあっても安心です。

レバテックキャリア詳細ページ

マイナビIT AGENT

マイナビエージェントIT

転職業界大手マイナビが提供する転職エージェントである「マイナビエージェントIT」。

対応地域は東京・横浜・大阪・名古屋・札幌・福岡と限られてしまいますが、大手ならではの情報力を活かした求人数は業界トップレベルです。

元々マイナビはIT関連の会社とのパイプを持っているため、安心して利用できます。

求人の内容も大手の企業が中心で、年収・スキルアップを検討している方にはうってつけの転職エージェントといえるでしょう。

マイナビIT AGENT詳細ページ

自分と企業を知って異業種への転職を成功させよう!

SEは異業種でも通用するスキルをたくさん持っています。

そのため、それを活かした転職先選びを行っていきましょう。

また、通用するスキルを理解するためには自己理解が必要不可欠です。

そのため、転職する前に自分をしっかりと分析しておくことをおすすめします。

自分の分析が終わったら、今度は企業を知ることに着手し、スキをなくしていきましょう。

そうすることで面接の際にアピールできるポイントを整理できます。

もし情報収集や分析を自分だけでは出来ない!といった場合には、転職エージェントにとよることをお勧めします。

そうすることで働きながら転職活動を効率的に進めることができますよ!

知ることを徹底させて異業種への内定を勝ち取ってしまいましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件