レバテックキャリアを使って社内SEに転職できる?

レバテックキャリアを使って社内SEに転職できる?

レバテックキャリアは、IT・WEB業界だけでなく、エンジニア関連の求人を多く紹介している転職エージェントです。

それぞれの職種に精通したコンサルタントが転職サポートを担当しており、あなたのスキルや経験にふさわしい優良求人を紹介してくれます。

今回は社内SEへの転職を考えている人のために、レバテックキャリアを使って社内SEへ転職できるか解説していきます。

そもそも社内SEとはどんな仕事?

社内SEとは読んで字のごとく、企業内でシステムに関する仕事をするシステムエンジニアのことです。

企業内といっても社内での受託開発ではなく、純粋にその企業のシステムを手掛けるエンジニアです。

仕事の幅や内容は企業によってかなり異なります。

例えばその企業の業務システム開発やインフラの設計などを行う場合もあれば、その会社で使うPCのセットアップやトラブル対応などをすることも。

企業規模が大きければ役割分担がされていますが、中小企業の場合は『システム・パソコン周りの何でも屋さん』というケースも多々あります。

もし社内SEに応募しようと考えている場合は、求人情報に書かれている仕事内容をよく確認し、自分でも担当できるかを見て応募するようにしましょう。

詳細が分からなかったり、仕事の割合が不明確だったりという場合は、採用担当に直接電話などで聞くのも良いかもしれません。

採用担当もシステムに詳しいわけではないので、求人情報で全てを網羅するのも難しいはずです。

平均年収はどれくらい?SEの中でも高い?

エンジニア系の専門サイトによる情報だと、システム系のエンジニアの平均年収は約500万円。

これに対して社内SEは約510万円となっており、大差はないものの、エンジニアの中でも比較的給与額が高いほうだといえます。

とはいえ、キャリアアップだけが給与アップにつながるわけではないかもしれません。

システムエンジニアであれば、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントにキャリアアップすることで給与額を上げていくことができるかもしれませんが、社内SEの場合はそうはいきません。

どんなに上流の仕事ができるようになったとしても、昇格や昇給はその企業ごとの評価が左右します。

企業への貢献をはじめ、評価テーブル次第で年収額が変わってくるため、この点についても応募前や入社前にきちんと確認しておかなければなりません。

とはいえ一般的な認識としては、社内SEはその企業に属してずっと仕事をしていくため給与額が安定しているといわれています。

安定的に、将来の不安なく仕事ができるというのは、IT系の中でも安定を求める方にとってメリットだといえるでしょう。

社内SE求人の人気は高い?

前述のとおり、安定的に長く仕事ができることもあり、社内SEの人気は高いといえます。

例えば転職サイトなどに掲載される社内SEの募集には常に多数の応募が集まり、他のIT系職種と比べてもはるかに倍率が高くなっています。

もちろん社内SEではないほうがいいという方もいます。

社内SEは安定的な反面、最新の技術に触れる機会が少なかったり、専門外の雑務的な仕事も多かったりと、システムエンジニアとして第一線で仕事をしていきたい方にとっては多少刺激が少ない環境かもしれません。

レバテックキャリアに社内SEの求人は多い?

レバテックキャリアには64件の社内SEの求人が掲載されています。

レバテックキャリアのサービス規模を考えると、これはかなり多い数字です。

レバテックキャリアがクライアントから信頼され、社内SEという重要ポジションの採用を任されているという表れだと思われます。

実際にどんな求人が紹介されている?

実際にどのような社内SEの求人が紹介されているか少しだけご紹介します。

1つ目は、食品メーカーの社内SEです。

製造系の情報システムを手掛けることが多いようで、管理職候補として迎えられます。

将来的に役職に就けることはもちろん、裁量労働制なので働き方も柔軟に選べそうです。

この募集は、年収額も450万円~550万円と比較的高めでした。

2つ目は、ネットマーケティングのベンチャー企業です。

PCのセットアップやトラブル対応、複合機の設定、社内ツールの作成など仕事がかなり多岐にわたっています。

ベンチャーということもあり、業務がまだ定まっておらず、何でも屋のような立ち位置かもしれません。様々な仕事に触れるチャンスが多いといえるでしょう。

他にもインフラ系のリーダー募集やビッグデータを担当する社内SE、社内システム部門の部長候補、IT戦略担当など、かなりハイクラスな求人も目立ちました。

前述もしましたが、これほどまでに会社の中核を担う仕事の募集を任されるのは、相当の信頼を集めている転職エージェントだという裏付けになると思います。

非公開求人でさらなる優良求人を紹介してもらえる

サイト上で公開されている求人は64件でしたが、転職エージェントの場合、非公開求人のほうがほとんどです。

あまりに条件が良く、公開してしまうと応募が殺到してしまう場合や、企業戦略上外部に情報を漏らしたくない場合などに、求人を非公開にします。

こうした非公開求人は、サービスに登録することで紹介してもらえるようになります。

公開求人以上に魅力的な求人もたくさんあると思いますので、ぜひまずはサービスに登録してみましょう。

もちろんレバテックキャリアは無料です。

ちなみにレバテックキャリアの求人登録数は4,000件ということなので、公開求人の倍以上の非公開求人がある計算になります。

他の転職エージェントより社内SEの求人は多い?

転職エージェントは、各社非公開の求人をたくさん保有しています。

そのため掲載案件のみで単純比較はできません。

全国に支社を持つ大手転職エージェントはさすがに社内SEの公開案件も多いですが、大手を除くとさすがに64件もの公開案件を保有するエージェントは確認できませんでした。

この点からも、レバテックキャリアは多数の社内SE案件を保有している会社だといえます。

社内SEに向いているのはどんな人?

では、どんな人が社内SEに向いているのでしょうか。

採用されやすい方の傾向や企業が求める人物像から、少しだけ紐解いてみたいと思います。

一企業のシステム面を、長期的に育てていきたい方

常駐派遣や受託派遣の場合、様々な企業のシステム開発に携わることになります。

しかし社内SEは基本的に自社のシステムに関する仕事のみを担当します。

ですので、一社と深く関わりシステム面から成長を支えていきたいという志向性の方に向いている仕事です。

会社のシステム面を支えるということは、指示された通りに動くだけの仕事ではないということ。

会社が抱える問題点や業務上の改善点を常に探し、それをシステムによってどう解決していくかを考えていきます。

あなたの仕事で会社全体の業務が大きく改善されることもあるでしょう。そうしたやりがいにも触れられる仕事です。

将来にわたって安定的に仕事をしていきたい方

社内SEがいる会社は比較的規模も大きく、安定しているといえます(もちろん、システム開発会社が安定していない、というわけではありません)。

システム開発の会社は小規模なことも多く、将来の安定性に不安を感じている方も少なくありません。また激務ゆえに長く働けるのかという不安もあるでしょう。

社内SEであれば企業の安定性もさることながら、働き方や勤務時間も改善されるため、安定的に長くシステムに関する仕事をしていきたいという方に向いています。

どんな仕事にでも挑戦したい方

社内SEは、企業のシステム部門に関するあらゆる仕事を請け負っています。

会社によってはPC・メールソフトのセットアップや、コピー機の修理、社内システムの開発、営業ツールの作成、ときにはインフラの保守などまで任されることもあるでしょう。

自分で仕事を選ぶのではなく、どんな仕事にも挑戦していきたいという人に向いている仕事だと思います。

自分で知識や情報を得ようとできる方

システム開発の会社にいると、仕事の中で新しい技術に触れたり、ときにはセミナーに参加して技術について学んだりすることもあると思います。

しかし社内SEの場合は、こうした機会が減ります。

新しい技術やツールについて常に自らアンテナを張って情報を取りに行かなければなりませんし、場合によっては自分でセミナーを探して参加することもあるでしょう。

誰に言われるでもなく、自分で勉強できるような探求心のある方に向いています。

社内SEに興味がある人にはレバテックキャリアがおすすめ

ここまで、レバテックキャリアについての解説を行ってきましたが、もう一つ、社内SEに興味をもっている方にレバテックキャリアがオススメな理由があります。

それは、レバテックキャリアが企業から信頼されている、ということ。

社内SEの中でも重要ポジションの募集も多いことから、レバテックキャリアのキャリアコンサルタントに対して、おそらく企業の役員や採用担当者は信頼を寄せていると考えられます。

信頼されていれば企業の内情も詳しくヒアリングできるでしょう。

となれば、どんな人を求めていて、どうすれば採用に至りやすいかも少なからず把握できているはずです。

しかもレバテックキャリアはIT系に特化したサービスなので、キャリアコンサルタントたちも当然ながらIT業界についての知識が豊富。

業界の動向やキャリアプランについて細かく相談することもできるでしょう。

このように求人数や求人の質、企業との関係性、キャリアコンサルタントの質など総合的に見ても、社内SEを目指している方にとってレバテックキャリアはオススメのサービスだといえます。

レバテックキャリアの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!