栃木県のエンジニア転職完全ガイド!栃木県のおすすめ求人の探し方

栃木県のエンジニア転職完全ガイド!栃木県のおすすめ求人の探し方

栃木県といえば、東京をはじめとした首都圏エリアに本社を持つ大企業の工場や研究所、開発部門などが多いことでも知られ、たくさんの工業地帯があり、モノづくりの拠点となっています。

そのため、転職して働きたいという人にとってもおすすめのエリアです。

転職自体が初めてで不安という人も多いかもしれませんが、その点は心配は無用。地元に強い転職サイトの力を借りれば活動自体もスムーズです。詳細について見てみましょう。

栃木県でおすすめのエンジニア転職サイト

エンジニアとして栃木県で活動したいと考えている人にとっては、一にも二にもパートナー探しが大切です。

自らで転職先を見つけるのではなく、優良な求人情報を多く持った転職サイトとタッグを組むことが成功の近道となります。

栃木県内に拠点を持つ転職サイトについて見てみましょう。

1位 マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITは栃木県内のエンジニアの転職にも大きな強みを持っています。

その強さの原動力となっているのが、取引先企業の多さといえるでしょう。上場企業はもとより、中小企業やスタートアップ、ベンチャーに至るまでの幅広い企業とのパイプを持っています。

常時15,000件を超える企業からのタイムリーな求人情報が入手可能です。

ベンダーやメーカー、ゲーム系などとたくさんのカテゴリーやジャンルの仕事があるため、転職希望者には是非ともおすすめしたいサイトの一つです。

マイナビエージェントIT詳細ページ

2位 レバテックキャリア

レバテックキャリア

エンジニアの転職に圧倒的な強さを誇るのがレバテックキャリア。首都圏エリアの強さにも定評がありますが、栃木県内でも同様です。

システムエンジニアやプログラマーとしての活動を目指すなら、レバテックキャリアは欠かせない存在と言っても過言ではありません。

支持される理由の一つに、企業側と行う年収交渉に長けていることが挙げられます。

これまでにも、転職者が満足できるような年収を多く実現させてきた実績があります。

レバテックキャリア詳細ページ

3位 パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフは派遣に特化しているのが特徴です。時給ベースでは2,500円以上という高額時給で勤務できる案件も少なくありません。

また、正社員としての勤務を希望する人には紹介予定派遣制度もありますので、心配は無用といえるでしょう。

一定の期間を経た後に双方の合意によって正社員登用も可能です。

パーソルテクノロジースタッフでは、スキルアップやレベルアップに向けての講習会や勉強会も定期的に行うなど、サポート体制も整っています。

栃木県のエンジニア転職事情

栃木県内では人手不足の状況が顕著になっており、エンジニアを取り巻く環境でも同様です。

エンジニアやプログラマー、クリエイターなどのIT技術者の数の不足が深刻化しています。

全産業で見ても人口減少の影響を受ける形で人材が足りていない中、IT技術者は引く手あまたの状況といえるでしょう。

そのため、これから栃木県内への転職を検討する人には好機といえるかもしれません。

むろん、高い年収を得るためには、しっかりとしたスキルやノウハウを持ち合わせていることが条件となります。

平均年収はどれくらい?

20~24歳 323万円
25~29歳 375万円
30~34歳 428万円
35~39歳 477万円
40~44歳 501万円
45~49歳 545万円
50~54歳 524万円
55~59歳 519万円
60~64歳 456万円

栃木県内で働くエンジニアの年収については、上記のようになっています。

全体の平均は、およそ489万円となっており、栃木県内全体の約433万円と比較しても50万円以上も高いのが現状です。

年代別で見た場合には20歳代だけが400万円以下となりますが、これはエンジニアとしての経験値が少ないことに起因しているといえるでしょう。

最も年収が多くなるのは40歳代後半となり、平均で545万円にものぼります。こちらの表はあくまでも平均値です。

年収1,000万円をこえるような高額の年収を得ているエンジニアも多いため、全体の平均を押し上げる形にもなっています。

また、配属される部署によっても異なるため予めチェックしておくことが重要です。

求人はどの地域が多い?

地方創生や地方活性化といった国家レベルで進む取り組みもあり、栃木県への注目度も増しています。

首都圏エリアから栃木県内への移転を決める企業も増加中です。それに伴い、求人数も多くなってきました。上位の3つのエリアを見てみましょう。

1位 宇都宮市

宇都宮市といえば、栃木県の県庁所在地でもあり人口は50万人を超える大都市と言っても言い過ぎではありません。

そのため、県内でも有数の商業地帯となっています。ありとあらゆる業界の工場や研究所が進出しており、北関東随一のエリアとしての様相を呈しているといっても良いでしょう。

数多くの企業の進出に伴い、エンジニアの求人数も増加。転職サイトの多くが事務所やオフィスを構えて活動中です。

2位 小山市

小山市は栃木県内において、宇都宮市に次ぐ人口の多さを誇る自治体です。

JR宇都宮線や東武鉄道などの鉄道アクセスの良さに加えて、高速道路や国道などの交通インフラの整備が進んでいることも発展の理由といえるでしょう。

「小山工業地帯」と称されるエリアには日本を代表する企業も少なくありません。

コマツや三和シャッター工業、富士通などといった名だたる企業が進出しています。エンジニアやプログラマー、クリエイターの活躍の場もたくさん用意されています。

3位 栃木市

宇都宮市と小山市に次いで、第三位にランクインしたのが栃木市です。栃木市も鉄道や道路の交通アクセスの良さが成長の原動力となったことは間違いありません。

安定した物流網が確保されることで、産業も大きく伸びることになります。

栃木市の成長の背景として挙げられるのが、自治体や行政によるバックアップです。

企業の誘致を促すために、税制優遇はもとより用地や人材確保のためにかかる費用の一部負担などを進めてきました。その甲斐もあり市内に活気が生まれといっても良いでしょう。

栃木県のエンジニア求人の特徴

栃木県内で見られるエンジニア求人の特徴としては、先ず第一に徐々に求人数自体が増えていることが挙げられます。

エンジニアやプログラマー、クリエイターといったIT技術者を確保したい企業は、ハローワークや無料求人雑誌、転職サイトなどの多くのルートを使って人材確保に乗り出しています。

2019年3月時点でのデータによれば、1,500件を超えるという多さです。いわゆる「売り手市場」となったこともあり、年収も増加傾向が見られます。

経験の有無によっても異なりますが、平均でおよそ450万円という高さ。特筆すべきは求める雇用形態について、より自由度が見られる点です。

正社員はもとより、派遣社員や契約社員も積極的に採用する動きが見られます。

栃木県のおすすめエンジニア求人

栃木県内で実際に募集されているエンジニア求人に注目していきます。

年収はもとより、休日数や福利厚生の充実度合いなども気になるところです。

どうせ働くなら、少しでも好条件の職場を見つけたいのがエンジニアの本音かもしれません。詳しく見てみましょう。

1位 ジャパニアス株式会社

年収 355万円~530万円程度(24歳~45歳モデル)
賞与 80万円程度(年2回支給)
手当 住宅手当(家賃最大50,000円まで会社負担)
地域手当(一人暮らしが対象)
退職金 勤続3年以上が対象
勤務時間 9:00~18:00
休日 完全週休2日制
夏季・年末年始休暇・リフレッシュ休暇・アニバーサリー休暇
その他 月間残業30時間程度

年収や賞与をはじめとして、全体的な収入のレベルについては平均的といえるでしょう。

注目すべきは、充実した手当です。5万円という上限はあるものの、家賃の大部分を負担してくれるのは助かるはずです。

加えて、一人暮らしなら地域手当も支給されます。これなら、首都圏エリアからの転職でも安心です。月間30時間程度とされる残業では、働いた分だけしっかりと稼ぐことができます。

2位 昭和電工株式会社

年収 450万円~630万円程度(24歳~45歳モデル)
賞与 150万円(6月及び12月)
手当 住宅手当(最大100,000円まで)
家族手当(配偶者30,000円第一子20,000円第二子15,000円)
退職金 勤続3年以上が対象
勤務時間 配属先により異なる
休日 完全週休2日制
夏季・年末年始休暇・リフレッシュ休暇・ピットイン休暇
その他 社員食堂、社内託児所あり

上場企業でもあり、資本力やスケールメリットの面では申し分ありません。

年収の450万円~600万円という水準もさることながら、夏と冬に支給される賞与の合計が150万円というのも嬉しい限りです。

単身者や夫婦共働きにもありがたいのが社員食堂や社内託児所の完備ではないでしょうか。とりわけ、保育施設の確保が難しいとされることを考えれば至れり尽くせりの環境です。

3位 ランスタッド株式会社

年収 323万円~440万円程度(24歳~45歳モデル)
賞与 100万円(年2回合計)
手当 住宅手当(一律30,000円)
遠隔地手当(単身世帯主が対象)
家族手当(配偶者20,000円子供一人につき10,000円)
退職金 勤続3年以上が対象
勤務時間 9:00~18:0012:00~21:00
休日 交替制(月間休日数10日)
夏季・年末年始休暇・リフレッシュ休暇
その他 社内貯蓄制度あり

まだまだ、業界内でも新鋭企業としての位置付けですが、これからの成長が期待できるとして注目を集めています。土日祝も含めての交替制を導入していることから、平日休みが取れるというメリットもあります。

また、将来に向けてしっかりと貯金がしたいという人には社内貯蓄制度を活用することもおすすめです。低金利が続く国内金融機関に比べて、優遇されたパーセンテージでの貯蓄ができます。この社内貯蓄制度は、これから結婚して家庭を築く若い世代には特におすすめといえるのではないでしょうか。

栃木県へ転職したエンジニアの体験談

現実に栃木県内の企業への転職を果たしたエンジニアも多く存在します。

これから、同じように栃木県内での勤務を検討する人にとっては、参考になるかもしれません。「実家が栃木県内だから」や「なんとなく栃木県に魅力を感じる」などと理由は人それぞれです。ここでは3人の体験談を紹介します。

1.あまりの忙しさに転職を決意

私が栃木県への転職を決意したのは、あまりにも忙しい毎日に嫌気がさしてしまったからです。正直言って、前職の仕事自体に対しての不満や不安は全くありませんでした。むしろ、社会人としての経験を積むことができたことに対して感謝しています。元々、理系大学を卒業したこともあり、エンジニアとして働くことに決めました。入社してから数年間はとにかく無我夢中で会社のためにと思って働きました。忙しい時には月間の残業時間が80時間を超えることもしばしばです。あまりの忙しさに月に何度かもらえる休日も、疲れ果てて何もできずに終わることも少なくありません。私は転職先を見つけることにしました。とりあえずは転職サイトに登録して活動を開始すると、栃木県内に気になる企業を見つけたのです。年収はおよそ100万円ほど下がることになりますが、プライベートの充実も図ることができるため満足しています。
29歳 転職前年収:490万円 転職後年収:390万円

2.実家への思いから転職に

元々、実家が宇都宮市にあるため栃木県への転職を検討するようになりました。私自身、高校を卒業すると同時に上京して大好きだったゲーム作成の道を目指すことになります。実は当時私の背中を押してくれたのが両親でした。私はそんな両親の期待に応えようという思いで業務に邁進することで、いつの間にかプロジェクトリーダーにも抜擢されるまでになります。部下の育成も任されるなど順風満帆な日々を送っていました。エンジニアとしての日々に没頭していた私ですが、父親が病気で倒れたことをきっかけに栃木に戻ることを決めます。いくつかの転職サイトに登録し、栃木県に拠点を構える企業を探しました。アドバイザーのサポートもあり、満足のいく転職先を見つけることに成功。実家の両親の面倒もみながらエンジニアとして忙しい日々を送っています。
38歳 転職前年収:440万円 転職後年収:380万円

3.自らの危機感からの転職先探し

転職を決意することになったのは、「このままではいけない」という強い危機感を持ったことがきっかけです。大学卒業後に某有名企業に就職した私は、システムエンジニアとしての道を歩むことになります。既に同じ部署に配属されてから10年以上が経ち、ある程度のスキルやノウハウも持ち合わせています。業績も安定しており、これといって不満はありませんでした。しかしながら、数年前から毎日の仕事に対しての物足りなさを感じる自分がいました。私は、転職サイトに相談してキャリアアドバイザーから、色々と助言やアドバイスをもらううちに、転職への興味関心を強く抱きます。栃木県を選んだのは、過去に栃木県内に拠点を置く企業の担当者となり、何度も足を運んだ経験からです。「いつか栃木で働いてみたい」という気持ちが心のどこかにあったのかもしれません。アドバイザーの献身的なサポートもあり、前職を続けながら活動できたため、だいぶ助かりました。
43歳 転職前年収:430万円 転職後年収:420万円
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件