ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

エンジニアとの仲間内で、ForkwellScout(フォークウェルスカウト)という名前を聞いたことがある方もいるのでは無いでしょうか。

エンジニアとして転職するのであれば、しっかりした転職サービスを利用したいと思うのが当たり前ですよね。

そこで今回は、ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の利用者の口コミを元に他のサービスと比較したメリット・デメリットを紹介します。

目次

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)って何?

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)は、エンジニアの転職に特化したスカウトサービスです。

誰もが知る大手IT企業から、新しい技術に意欲的な中小ベンチャー企業と、幅広い優良企業が登録しています。

またフォークウェルスカウトは、他のスカウトサービスとは異なり、一括メールなどを排除しているため、採用までの確度が高いのも大きな特徴です。

魅力的な求人があれば本気で転職したい、そんなエンジニアにおすすめの転職スカウトサービスです。

求人数 約1500件
利用料金 無料(転職希望者)
運営会社 株式会社 grooves(グルーヴス)
エージェントサービス 関連サービスあり
サイト設立 2014年3月
面談可能時間 平日:11:00~19:00、休日:電話、Skypeのみ対応可能
会員数 20,000人
本社所在地 東京都港区南青山5-4-27 Barbizon104 7F

一目で分かるForkwellScout(フォークウェルスカウト)の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
求人情報に嘘はない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)のメリット

  • ITエンジニアに特化している
  • 一斉送信のスカウトメールがない
  • 指定企業をブロックすることができる
  • 企業を訪問すれば手当がある

ITエンジニアに特化している

業界を限定していますので、効率的に転職活動をしたいという人には打ってつけです。

細かい話になりますが、登録をする際のプロフィールの入力もITエンジニア用に作られているため、エンジニアとして自身をアピールしやすいプロフィール情報を作成することが容易です。

自分の得意言語もアピールできますので、習得言語についてしっかり記入しておきましょう。

しっかりとプロフィールを入力することで企業側の目に留まりやすくなるので、早く転職活動を進めたい転職者はどんどん記入することをおすすめします。

一斉送信のスカウトメールがない

ForkwellScoutのスカウトメールには一斉送信的なものはなく、プロフィール情報を企業側が閲覧して本当に関心を持った人にのみ送る個別的なものだけです。

それというのも、ForkwellScoutシステムにおいては同一内容のメールを一斉に送信することができないようになっているからです。

そのため、利用者は本当に自分を必要としてくれている企業に出会うことができるわけです。

スカウトを受けられると自信を持って転職できる

他のサービスと異なり、実際に企業が欲しい人材のみに送られるスカウトですので、転職へ対する気持ちが上向きになります。

転職するとなるとみんな内定をもらいたいがために、自分をつくったり会社に悪印象を与えてしまいかねない込み入った質問を避けてしまうなど、自信が見られないように見られがちです。

ですが、ForkwellScoutのスカウトなら「相手が自分に興味を持ってくれている」ということを前提に採用活動をすすめることができますから、自信を持って面接や面談にいくことができます。

本来の自分自身を出せる転職活動ができるのはめったに出来ないですよね。

指定企業をブロックすることができる

勤務しながら転職活動をしている人の場合は、職場の人材担当に自身のプロフィール情報を見られる可能性があります。

そうなると転職活動をしていることが発覚してしまいます。

転職をしていることが周りにバレてしまうと、転職をするまで現在の職場で居心地が悪く感じてしまうこともあるでしょう。

そのようなことを避けるために、ForkwellScoutでは現在勤務している企業など特定企業が閲覧できないようにブロックすることができるのです。

自分の会社が自分にスカウトを送らないようにすることができるので、バレを避けることが出来ます。

企業を訪問すれば手当がある

ForkwellScoutを通して企業を訪問すれば1000円のギフト券をもらうことができます。

1回訪問するたびにプレゼントされて回数に制限はありません。

その代わり、訪問してから1週間以内に申請しないといけませんので、訪問した後はくれぐれも忘れることのないように注意する必要があります。

Forkwell Scout公式サイト

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)のデメリット

  • スカウトメールは正式リリースではない
  • ITエンジニア以外の職種には不向き
  • 求人数が少ない
  • エンジニア未経験者はスカウトをもらえない可能性が高い

スカウトメールは正式リリースではない

企業からの一斉送信のないスカウトメールはとても魅力的ですが、まだベータ版であって正式にリリースされていません。

もちろん、ベータ版とはいってもスカウトメールサービスを利用することはできますが、今後予期せぬ事態が生じて現在提供されているサービスに変更点が出てくる可能性もまったくないというわけではないのです。

ITエンジニア以外の職種には不向き

ForkwellScoutはあくまでもITエンジニアに利用者を限定しているサービスなので、その他の職種の人は利用できません。

求人数が少ない

大手の転職サイトと比較すると、ITエンジニアに特化している分、求人数は少ないです。

ですがその分コストをかけてでも採用活動を進めていきたい積極的な企業が揃っているので、良い企業に巡り会えないとは言い切れません。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)のスカウトサービス

スカウトサービス自体はForkwellScout以外の転職サイトでも提供されていますので、それほど珍しいものではありません。

プロフィール情報を入力してそれを公開して求人企業がそのプロフィールを見て関心を持てば、その企業はスカウトメールをその求職者に送ります。

受け取った求職者が興味を持てば応募をして面接に進むわけですが、ForkwellScoutのスカウトメールは他サイトとは異なる特色があります。

一斉送信のスカウトメールがない

大手の転職サービスにありがちですが、スカウトメールが来たから応募したのにその企業から落とされてしまった…。という声をよく聞きます。

一般的にスカウトサービスは、転職サービス側が転職者の希望条件とマッチングした求人を自動的に送信しているのです。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)では、スカウトメールを送るのはスカウト先企業です。

自社に来て欲しい人材しかスカウトメールを送信しないため、マッチング率が非常に高いのです。

そのため、スカウトをもらった企業に興味があれば積極的に応募することをおすすめします。

スカウトメールに対するフィードバックとしてskypeが採用されている

スカウトメールを送ってきた企業に対して、通常は見送りか応募するかの二者択一になりやすいのですが、ForkwellScoutにおいては求職者の関心度からさまざまなフィードバックをすることが可能になっています。

全く関心がなかったり、話を聞くくらいなら構わないという気持ちだったり、大いに関心がある場合など人によって関心度は異なります。

全く興味がなければ見送りということで問題ありませんし、非常に興味がある場合なら応募して面接を受ければいいのですが、関心度がその中間あたりだと対応に困ってしまうでしょう。

そうした人のために、skypeを利用したビデオチャットが用意されています。

これなら企業に直接訪問することなく採用担当者から話を聞くことができますし、企業側に全く興味がないことをアピールすることも可能です。

話を聞いて関心を持てばその場で面接を依頼すればいいわけです。

エンジニア未経験者はスカウトをもらえない可能性が高い

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)はエンジニアに特化したスカウトサービスですが、やはりサービスのメインターゲットは「エンジニア経験者」です。

入力フォームにもエンジニアとしてのPRポイントや経歴に関して入力し、それを元に企業がスカウトを送ってくれるシステムになっていますから、PRできる要素や経験がない未経験者は不利になってしまうでしょう。

そういった方は別の未経験者歓迎の求人が豊富にある転職サイトを利用するようにしましょう。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の求人数と質のレベルは?

ForkwellScoutの求人数は大手の転職サイトに比べて数が少ないです。

すべての求人数を合わせても1000件未満となっています。これはITエンジニアに特化しているからです。

ただし、ITエンジニアの求人に限ればその数は決して少なくありません。

大手企業のものから自社開発系のベンチャー企業まで広範囲をカバーしています。

特に、大手企業からの下請けとして働くのではなく、自身で開発することを希望するエンジニアを求めている求人が多いので、そうした企業を求めている人はマッチングの確率が高いでしょう。

口コミの中には、メガベンチャーからのスカウトをもらえた利用者もいるので、質が低いとは言えないでしょう。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)はどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
4.00
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(3.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
初めての転職
(3.0)
大手
(5.0)
地方
(3.0)

ForkwellScoutを利用するのに向いている人は以下のような人です。

  • ITエンジニアとしての転職を希望しているエンジニア経験者
  • 採用に前向きな企業と出会いたい人
  • スカウトを通して自身の市場価値を知りたい人

ITエンジニアへの転職を希望していて、転職活動を円滑に進めたい人です。

一括送信されたスカウトがありませんので、採用に真剣な企業と出会う可能性が高いです。

さらに、自身の市場価値を知りたい人にもいいでしょう。

スカウトメールがどのくらい来るかで自身の価値を見極めることも可能です。

Forkwell Scout公式サイト

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)では交流イベントも開催される

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)ではエンジニア同士で交流を深めて、技術向上や人脈を広げるために交流イベントを開催しています。

都内だけでなく様々な地域で開催されているので、地方住みでも参加することが可能です。

この交流イベントには様々な地域からエンジニアが集まるので、他業界のエンジニアの話や今後のキャリアについての相談を同じ目線で交わすことが出来ます。

また、交流会だけでなくForkwellScout(フォークウェルスカウト)が主催のエンジニアに関する知識の勉強会も開催されています。

こちらは参加できなくてもwebで資料が開示されますので、他の利用者に遅れを取ることは少ないと言えるでしょう。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)で転職するまでの流れ

フォークウェルスカウトの利用の流れ

  1. プロフィール作成
  2. スカウトを受け取る
  3. 気に入った企業へアプローチ
  4. 面接後に内定ゲット

プロフィール作成

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)を利用するためには、まず企業からスカウトが貰えるようにプロフィールを作成していきます。

  • 氏名
  • 連絡先
  • 経験技術とレベル
  • 勤務経験・経験企業
  • 現在の状況(転職への関心度)
  • 希望条件・やりたい・目指したいこと
  • 希望勤務地
  • 携わりたい技術
  • 生まれ年
  • 年収

経験技術の入力画面

勤務経験

現在の状況

希望条件

希望勤務地

希望条件・関わりたい技術

 

上記の項目を登録すれば、プロフィール作成は完了です。

希望条件など細かく設定しておくことで、企業度のマッチング精度を高めることができます。

またこの際、ブロック設定を忘れずにしておくことで、現在、勤めている企業からの身バレも避けることができます。

企業からのスカウトメールを受け取る

プロフィールを作成したあとは、定期的に企業からスカウトメールが届くようになります。

※条件によってスカウトの頻度は異なります。

フォークウェルスカウトの場合、一斉送信等はかなり排除されているので、熱量の高いスカウトメールが多いのが特徴です。

気に入った企業へアプローチ

スカウトが届いた企業の中から、気に入った企業にはあなたからアプローチをかけることができます。

その際、あなたからは「面接を受けたい」「食事に行きたい」「話を伺いたい」「ビデオチャットをしたい」など、熱量に応じて提案することができます。

気軽にスカウトをもらった企業から話を聞くことができるので、少しでも気に入った企業があれば、積極的にアプローチすることをおすすめします。

時間が無い時や、求人情報のみでは見えてこないような企業の魅力について知りたい場合にも、対応できるのは非常に助かりますよね。

面接後に内定ゲット

面接まで話を進めて、互いに合意が得られれば内定ゲットです。

ただしエージェントサービスとは異なり、年収の交渉などはあなたが行うことになるので、内定受諾前にしっかり話を詰めておきましょう。

万が一、契約後に条件が異なるといった自体に陥った際には、フォークウェルスカウトに仲介を頼むことも可能ですが、エージェントサービスと比べると100%あなたの味方になってくれるとは言い難いのが現状です。

そのため、コンサルタントに100%委ねる方針をとらないように心がけましょう。

基本的に自己責任で転職活動を行うサービスと考えておきましょう。

フォークウェルスカウトの使い方!スカウト機能を使いこなそう!

フォークウェルスカウトとフォークウェルエージェントの違いとは?

フォークウェルにはスカウト機能が充実した「フォークウェルスカウト」の他にも、エージェント経由で転職を進める「フォークウェルエージェント」もあります。

フォークウェルスカウトであれば、気に入った求人が見つかるまで、自分のペースで転職活動を進めることができます。

一方、フォークウェルエージェントでは、コンサルタントがあなたの要望に沿った求人を紹介してくれるので、効率よく転職先を探すことができます。

フォークウェルスカウトとフォークウェルエージェント、両者のメリット・デメリットを把握して、どちらを利用すべきか選ぶことをおすすめします。

フォークウェルスカウトとフォークウェルエージェントの違いとは?あなたはどちらを利用すべき?

初めての転職ならフォークウェルエージェントがおすすめ

初めてでどのように転職活動を進めていけばいいか分からない、一人で転職できるか不安という方は、フォークウェルエージェントがおすすめです。

コンサルタントが一緒になって今後のキャリアプランを考えてくれるだけでなく、面接対策なども行ってくれるので、履歴書の書き方や面接が不安な方でも安心です。

フォークウェルエージェントでは、他の転職サイトには紹介されていない独占求人も多く紹介しているので、なかなか良い求人が見つからないという方も一度相談してみるといいでしょう。

スタートアップ企業や最近話題のweb系の求人が多い傾向にありますので、最近話題で将来性が期待できるこの2つの業界へ入りたいというエンジニアにもおすすめできますよ。

エンジニアとして活躍していた経験のあるコンサルタントにサポートしてもらうことができるので、専門知識のある人にサポートしてもらいたい!というエンジニアのニーズも満たすことができるでしょう。

エンジニアに紹介する企業もスキルや要望をしっかり考慮したうえで選定しているので、自分の希望を伝えるとそれに即して対応してくれるとの評判もあります。

良い求人があれば…という時はフォークウェルスカウトがおすすめ

急いで転職したいわけではないけれど、良い求人があれば…という方はフォークウェルスカウトがおすすめです。

プロフィールを登録しておけば、定期的に企業からスカウトメールが届くので、自分がどのくらい評価されているのか把握することができます。

自分の市場価値を知ることで、今後のキャリアプランも考えやすくあるので、ある程度経験を積んだエンジニアは一度はスカウトサービスに登録することをおすすめします。

いち早く転職したいならForkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)もおすすめ

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)は、エンジニアの転職に特化した転職サイト・エージェントです。

スカウトやエージェントサービスとは異なり、自分で求人を探して、気に入ったものがあれば自分から応募することができます。

誰もが知る大手IT起業から、先鋭気鋭のベンチャー企業の求人まで、幅広く紹介されているのでいち早く自力で転職したいエンジニアにはおすすめです。

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)のメリット

  • こだわり検索で特徴ごとに求人を検索しやすい
  • 応募段階で希望年収を提示できる
  • 一回面談するだけで1000円分の面接サポート手当がもらえる

こだわり検索で特徴ごとに求人を検索しやすい

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)では、他の転職サイトとは異なる基準で、それぞれ特徴ごとに求人が分類されているので、より要望に合わせて求人を検索することができます。

たとえば開発言語や開発環境、またチーム構成など、エンジニアからすれば絶対に知っておきたい情報をもとに求人を絞り込むことができます。

勤務体制や顧客情報など、求人情報に細かく記載されているので、転職後のミスマッチが少ないのもおすすめポイントです。

応募段階で希望年収を提示できる

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)は、求人に応募した段階で希望年収を提示できるのも大きな特徴です。

一般的な転職サイトの場合、実際に面接をして入職前提になってから年収交渉が始まります。

そのため交渉が決裂した際には、かなりの時間と手間をロスしてしまいます。

その点、Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)では、事前に希望年収を提示できるので、無駄なら労力をカットすることができます。

一回面談するだけで1000円分の面接サポート手当がもらえる

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)を通して企業と面談するだけで、毎回1000円分のサポート手当をもらうことができます。

何度でもこのサービスは適用されるので、気軽に企業と面談をしてちょっとしたお小遣いをもらえます。

転職先がなかなか見つからないときは、面談に向かうのも億劫になりますが、こういった気遣いがあれば根気強く転職活動を続けられるでしょう。

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)のデメリット

  • 基本的に転職サポートはなし
  • 未経験者には不向き

基本的に転職サポートはなし

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)では、エージェントサービスとは異なり、基本的に転職サポートを受けることができません。

そのため忙しい中転職先を探している方や、はじめての転職で一人では不安という方には不向きです。

前述したように、フォークウェルではエージェントサービスも運営しているので、サポートが必要なときにはフォークウェルエージェントがおすすめです。

未経験者には不向き

Forkwell Jobs(フォークウェル ジョブス)は、未経験向けの求人情報が少なく、また求人情報もある程度業界知識が必要なので、未経験者には不向きな転職サービスです。

またエージェントサービスもないので、異業種への転職にもおすすめしていません。

ある程度知識のある業界・業種の中で、こだわり条件で求人を探したい方におすすめの転職サービスです。

Forkwell pressでエンジニアに関する最新情報を集めよう

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)では、登録関係なくエンジニアに関する最新情報を集められるForkwell pressを運営しています。

このサイトではエンジニアに関する最新情報はもちろんのこと、業界内での動向やForkwellScoutが主催したイベントの様子などの記事を閲覧することが出来ます。

スマホからも閲覧することができるので、スキマ時間に情報を収集することが可能です。

エンジニアのSNS「Forkwell(フォークウェル)」も利用しよう

実はForkwellScout(フォークウェルスカウト)を運営する会社は、エンジニアがキャリアアップに役立てられるようなSNS「Forkwell(フォークウェル)」をリリースしています。

以下では「Forkwell(フォークウェル)」の機能や活用法を紹介しています。

エンジニアとしてのスキルをアピールできる

エンジニアとして働く皆さんは、自分の運用できる言語や作成したコードでスキルをアピールしなければなりません。

特に企業と案件ごとに契約しているフリーランスのエンジニアは、自分のスキルをアピールしなければ案件を獲得できません。

「Forkwell(フォークウェル)」はこれまで作成したコードやシステム等を公開し、第三者にエンジニアの皆さんのスキルを可視化できるようにしたSNSです。

これを見ることで、エンジニアがどれだけの力量を持っているのか、言語分野はどれが得意なのかを他のユーザーに評価してもらえます。

案件を受注してくれる企業に出会えるかも

Forkwell(フォークウェル)は、案件を受注してくれるエンジニアを募集している企業も活用しています。

Forkwell(フォークウェル)は自身のスキルや成果物に対して、第三者からの評価を受けることができますので、評価が高ければ高いほど企業の目にも止まりやすくなります。

また、エンジニアの皆さんが活躍できるかどうかの判断材料にもなりますので、自分の開発言語にあったオファーを受けやすくなるのです。

通常案件を受注するサイトを利用していると、自分に合わない案件を提示されることもありますが、Forkwell(フォークウェル)を利用することでエンジニア・企業双方のミスマッチをなくすことができるのです。

同時にForkwell Portfolioを利用しよう

Forkwell(フォークウェル)では、関連サービスとしてForkwell Portfolio(フォークウェルポートフォリオ)というポートフォリオサービスを展開しています。

成果物をFolkwell(フォークウェル)で掲載する際に気になるのが「コードを公開しなければならない」ということ。

コードを公開することに抵抗感がある方もいるでしょう。

Forkwell Portfolio(フォークウェルポートフォリオ)では、登録した成果物のコードは登録者以外には公開されない仕組みになっています。

成果物を閲覧する際も第三者にはコードの内容は開示されません。

「成果物を公開したいけど、コードの中身まで見られるのは…」と考えている人はForkwell Portfolio(フォークウェルポートフォリオ)も併用しておきましょう。

Folkwellと同じ会社が運営しているので、連携させることも可能です。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)を利用するなら関連サービスも利用しよう

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)はエンジニア専門の転職サービスです。

ここまで紹介してきた通り、関連サービスがいくつもあります。

これらの関連サービスも同時に活用することで、エンジニアとしてのあなたの魅力を最大限にアピールできます。

オンライン上で自分を売り込んでいくために活用できるサービスばかりですので、ForkwellScout(フォークウェルスカウト)を利用する際は、ここで紹介したようなサービスも利用することをおすすめします。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の口コミ一覧

スカウトサービスに問題なし

年代 30代
性別 男性
前職 SE
年収 400万円

スカウトサービスはベータ版ではありますが、一通りの機能を使うことができて、何の問題もありません。実際に登録してすぐに企業からスカウトメールが来ました。

ビデオチャット面談から内定ゲット

年代 20代
性別 男性
前職 SIer
年収 380万円

自分を必要とする企業に出会いたいために登録してみました。ある企業からスカウトが来ましたが、関心がそこまで高くなかったので、skypeで対応したところ担当者の話に引き込まれて一気に第一志望になりました。面接を受けて無事内定をもらうことができました。最初は関心がそこまで高くなくても担当者とオンライン上で話をしてみると、私のように心変わりすることもあるかもしれません。積極的にスカウトメールを活用することをおすすめします。

スカウトメールの対応に追われる

年代 20代
性別 女性
前職 プログラマー
年収 320万円

スカウトメールが一斉送信のものじゃない分、丁寧に対応しなければならないと思うようになって、逆にそれが面倒くさく感じました。自分には合っていなかっただけかもしれませんが。

誰もが知るメガベンチャーからもスカウトが来て嬉しかった

年代 30代
性別 男性
前職 Webアプリケーションエンジニア
年収 620万円

今後のキャリアを考えて、もっと大きなプロジェクトに携わりたいと思って登録しました。1週間で10社程度からスカウトメールが届いて、中には誰もが知るメガベンチャーの採用担当者からのメールもあったので、すごく嬉しかったですね。いろいろ吟味して、挑戦的なサービスに挑戦している中規模ベンチャー企業へ転職しました

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の運営会社はどんな会社?

ForkwellScoutは転職支援サービスの1つです。

他の転職サイトとは異なりスカウト型の転職支援サービスを提供していますので、自身を必要としてくれている企業にめぐり合うことができます。

主にゲーム業界に転職したい人が利用している傾向が強いです。

ForkwellScoutの運営会社はgrooves株式会社であり、会社の設立は2014年3月なのでサービスが開始されてからそこまで時間は経っていませんが、登録する価値が十分にある転職サイトの1つと言っても過言ではありません。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です