ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

スカウトメールは転職活動において、求職者にとっても企業側にとっても重要なものです。

ForkwellScoutでは他の転職サイトとは異なるスカウトメールサービスを実施しています。

ここではForkwellScoutのメリットやデメリットに触れながらその特徴について広く紹介していきます。

ForkwellScout

Forkwell Scoutの公式サイトはこちら

一目で分かるForkwellScout(フォークウェルスカウト)の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の運営会社はどんな会社?

ForkwellScoutは転職支援サービスの1つです。

他の転職サイトとは異なりスカウト型の転職支援サービスを提供していますので、自身を必要としてくれている企業にめぐり合うことができます。

主にゲーム業界に転職したい人が利用している傾向が強いです。

ForkwellScoutの運営会社はgrooves株式会社であり、会社の設立は2014年3月なのでサービスが開始されてからそこまで時間は経っていませんが、登録する価値が十分にある転職サイトの1つと言っても過言ではありません。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)のメリット

  • ITエンジニアに特化している
  • 一斉送信のスカウトメールがない
  • 指定企業をブロックすることができる
  • 企業を訪問すれば手当がある

ITエンジニアに特化している

業界を限定していますので、効率的に転職活動をしたいという人には打ってつけです。

細かい話になりますが、登録をする際のプロフィールの入力もITエンジニア用に作られているため、エンジニアとして自身をアピールしやすいプロフィール情報を作成することが容易です。

一斉送信のスカウトメールがない

ForkwellScoutのスカウトメールには一斉送信的なものはなく、プロフィール情報を企業側が閲覧して本当に関心を持った人にのみ送る個別的なものだけです。

それというのも、ForkwellScoutシステムにおいては同一内容のメールを一斉に送信することができないようになっているからです。

そのため、利用者は本当に自分を必要としてくれている企業に出会うことができるわけです。

指定企業をブロックすることができる

勤務しながら転職活動をしている人の場合は、職場の人材担当に自身のプロフィール情報を見られる可能性があります。

そうなると転職活動をしていることが発覚してしまいます。

そのようなことを避けるために、ForkwellScoutでは現在勤務している企業など特定企業が閲覧できないようにブロックすることができるのです。

企業を訪問すれば手当がある

ForkwellScoutを通して企業を訪問すれば1000円のギフト券をもらうことができます。

1回訪問するたびにプレゼントされて回数に制限はありません。

その代わり、訪問してから1週間以内に申請しないといけませんので、訪問した後はくれぐれも忘れることのないように注意する必要があります。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)のデメリット

  • スカウトメールは正式リリースではない
  • ITエンジニア以外の職種には不向き
  • 求人数が少ない

スカウトメールは正式リリースではない

企業からの一斉送信のないスカウトメールはとても魅力的ですが、まだベータ版であって正式にリリースされていません。

もちろん、ベータ版とはいってもスカウトメールサービスを利用することはできますが、今後予期せぬ事態が生じて現在提供されているサービスに変更点が出てくる可能性もまったくないというわけではないのです。

ITエンジニア以外の職種には不向き

ForkwellScoutはあくまでもITエンジニアに利用者を限定しているサービスなので、その他の職種の人は利用できません。

求人数が少ない

大手の転職サイトと比較すると、ITエンジニアに特化している分、求人数は少ないです。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)のスカウトサービス

スカウトサービス自体はForkwellScout以外の転職サイトでも提供されていますので、それほど珍しいものではありません。

プロフィール情報を入力してそれを公開して求人企業がそのプロフィールを見て関心を持てば、その企業はスカウトメールをその求職者に送ります。

受け取った求職者が興味を持てば応募をして面接に進むわけですが、ForkwellScoutのスカウトメールは他サイトとは異なる特色があります。

一斉送信のスカウトメールがない

求職者には1人1人異なる内容のスカウトメールが送られてきます。

スカウトメールに対するフィードバックとしてskypeが採用されている

スカウトメールを送ってきた企業に対して、通常は見送りか応募するかの二者択一になりやすいのですが、ForkwellScoutにおいては求職者の関心度からさまざまなフィードバックをすることが可能になっています。

全く関心がなかったり、話を聞くくらいなら構わないという気持ちだったり、大いに関心がある場合など人によって関心度は異なります。

全く興味がなければ見送りということで問題ありませんし、非常に興味がある場合なら応募して面接を受ければいいのですが、関心度がその中間あたりだと対応に困ってしまうでしょう。

そうした人のために、skypeを利用したビデオチャットが用意されています。

これなら企業に直接訪問することなく採用担当者から話を聞くことができますし、企業側に全く興味がないことをアピールすることも可能です。

話を聞いて関心を持てばその場で面接を依頼すればいいわけです。
ForkwellScout

Forkwell Scoutの公式サイトはこちら

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の求人数と質のレベルは?

ForkwellScoutの求人数は大手の転職サイトに比べて数が少ないです。

すべての求人数を合わせても1000件未満となっています。これはITエンジニアに特化しているからです。

ただし、ITエンジニアの求人に限ればその数は決して少なくありません。

大手企業のものから自社開発系のベンチャー企業まで広範囲をカバーしています。

特に、大手企業からの下請けとして働くのではなく、自身で開発することを希望するエンジニアを求めている求人が多いので、そうした企業を求めている人はマッチングの確率が高いでしょう。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)はどんな人に向いている?

ForkwellScoutを利用するのに向いている人はどのような人でしょうか。

ITエンジニアへの転職を希望していて、転職活動を円滑に進めたい人です。

一括送信されたスカウトがありませんので、採用に真剣な企業と出会う可能性が高いです。

さらに、自身の市場価値を知りたい人にもいいでしょう。

スカウトメールがどのくらい来るかで自身の価値を見極めることも可能です。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)で転職するまでの流れ

まずは、ForkwellScoutの公式サイトに行ってプロフィール情報を入力して登録します。

このとき希望条件を細かく入力することでスカウトメールの精度を高めることができます。

プロフィール情報を公開する際にはブロック設定も忘れないようにしましょう。

スカウトメールに対して、応募するなりビデオチャットをするなりフィードバックをします。

応募の意思があれば書類選考、面接で合格すれば無事内定になります。

ForkwellScout(フォークウェルスカウト)の口コミ一覧

ForkwellScoutの口コミを紹介していきます。

20代男性

スカウトサービスはベータ版ではありますが、一通りの機能を使うことができて、何の問題もありません。実際に登録してすぐに企業からスカウトメールが来ました。

30代女性

自分を必要とする企業に出会いたいために登録してみました。ある企業からスカウトが来ましたが、関心がそこまで高くなかったので、skypeで対応したところ担当者の話に引き込まれて一気に第一志望になりました。面接を受けて無事内定をもらうことができました。最初は関心がそこまで高くなくても担当者とオンライン上で話をしてみると、私のように心変わりすることもあるかもしれません。積極的にスカウトメールを活用することをおすすめします。

30代男性

スカウトメールが一斉送信のものじゃない分、丁寧に対応しなければならないと思うようになって、逆にそれが面倒くさく感じました。自分には合っていなかっただけかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です