レバテッククリエイターの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

レバテッククリエイターは、フリーランスの業務委託や派遣案件に特化したサイトです。

ここ数年でフリーランス向けのサービスは増えてきましたが、その中でレバテッククリエイターはどんな特徴があるのでしょうか。

フリーランスとして仕事を探す以上、サイトの特徴やサイトの信用性は非常に重要な項目になります。

これまでどんな案件を紹介してきたか、どんな対応をしてきたかって気になりますよね。

今回は、実際にレバテッククリエイターを使って仕事を得た方の口コミをもとに、メリットやデメリット、どんな方に向いているのかなどを検証していきます。

これをみて、レバテックリエイターを利用するかどうかの判断材料にしてみてくださいね!

目次

一目で分かるレバテッククリエイターの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

その他、レバテックが運営する転職サービスが気になる方は、こちらの記事をご参照ください。

レバテッククリエイターの口コミ一覧

年齢 30代前半
性別 男性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 450万円
転職後の年収 450万円
転職理由 前職のプロジェクト完結に伴い

請け負っていたプロジェクトの簡潔に伴って、レバテッククリエイターに登録しました。結果として、とても良い結果になったと思います。

カウンセラーのアクションやレスポンスが早く、安心できました。また単に早いだけでなく、対応に熱意を感じることができ、この人になら任せられると思えたのも心強かったように思います。熱意といっても無暗に案件を推してくるのではなく、こちらの希望やスキル、キャリアプランなどに耳を傾け、最適なものを選ぼうという姿勢が感じられました。

今後案件を探す際も、ぜひリピートしたいと思っています。

年齢 20代後半
性別 女性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 300万円
転職後の年収 520万円
転職理由 労働環境の悪さ

 

前職では正社員として働いていました。残業や休日出勤の多さなどもあり、今後長く働くことを考えると、やはり難しいと思うようになっていました。そんな中で友人からフリーランスを勧められてレバテッククリエイターに登録しました。

フリーランスは初めてということもあって不安だったのですが、担当のテクニカルカウンセラーの方がとても親身に相談に乗ってくれて、フリーランスとしての働き方についてを細かく教えてくださいました。

結果として現在は年収も大きくUPさせることができ、フリーランスとして時間を有効に使いながら仕事ができています。

 

年齢 30代前半
性別 男性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 400万円
転職後の年収 500万円
転職理由 給与アップのために

 

以前は会社に属して働いていましたが、30代になり、自分の給与額に疑問を持つようになりました。400万円という金額で生活ができていないわけではなかったのですが、友人などの話を聞くと、自分が正当に評価されていないような気がしていました。

勇気はいりましたが、年収を上げるために、とフリーランスで仕事をしていくことを決意。まずは知人が登録していたレバテッククリエイターに、私も登録してみました。

最初は不安ばかりだったのですが、カウンセラーの方と話をしていく中で、自分でも請け負える案件の中には、かなり報酬が高いものも。結果として1つの案件にフリーランスとして参画し、今では年収500万円以上は稼げています。

 

年齢 30代後半
性別 男性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 550万円
転職後の年収 700万円
転職理由 よりレベルの高いプロジェクトを求めて

 

もともとフリーランスとして、長年取引のある企業から案件を請け負っていました。継続的に依頼を頂ける反面、似たような業務が続いてしまったり、慣れで難なくこなせるようになってしまったりと、クリエイターとしてあまり成長できないような環境にもなっていたように思います。

そこでよりレベルの高いプロジェクトに身を置いて自分を高めたいと思い、レバテッククリエイターに登録しました。正直、自分に担当できるのだろうかというほど難易度の高いプロジェクトもありますがスキルアップのために積極的に請け負っています。もちろんそれに応じた報酬も頂けているので、以前に比べて年収額も150万円近く上がりました。

レバテッククリエイターはIT関連のフリーランス特化型転職サイト!

レバテッククリエイターは、ITの技術を持っているフリーランスのクリエイターに案件を紹介するサイトです。

取り扱っている案件の業界の幅も広く、システム系から最近人気のWEB、ゲーム業界の案件を取り扱っています。

サポート体制も整っており、案件の紹介のほか、案件に携わっている際に生じた問題や悩みについての相談にも乗ってくれると評判です。

それぞれの案件単価も、フリーランスの案件を紹介するサイトの中でも特に高く設定されていますので、自分の実力に見合った報酬を受け取ることができます。

また運営会社がレバテッククリエイターの他にも、IT業界に特化したサービスを提供しているので、正社員を目指したくなったときも切り替えやすいです。

案件の対象地域や勤務期間等の詳細な情報に関しては、以下の表にまとめてありますので是非参考にしてください。

公開案件数 619件
非公開案件数 公開案件数の3倍
対象エリア 東京都内
雇用形態 常駐型フリーランス、派遣
給与形態 月給、時給
案件単価(月給) 300,000~800,000円
    (時給) 案件により異なる
勤務期間(月) 3ヶ月~6カ月
    (週) 週3~5日
サイト利用料 無料
運営会社 レバテック株式会社

レバテッククリエイターの取り扱い職種・使用言語

レバテッククリエイターでは業界を問わずに様々なクリエイターの案件を取り扱っています。

取り扱い職種の詳細についていかにまとめましたので、自分の専門分野がないか確認してみてください。

業界 職種
Web業界 Webデザイナー、HTMLレコーダー、UI・UXデザイナー、フロントエンドエンジニア
アニメ業界 Flashクリエイター、2Dデザイナー、キャラクターデザイナー、イラストレーター、アニメーター
ゲーム業界 DTPデザイナー、3Dデザイナー、モーションデザイナー、エフェクトデザイナー、Webディレクター、ゲームディレクター、アートディレクター、ゲームプロデューサー、ゲームプランナー、シナリオライター、グラフィックデザイナー

また、レバテッククリエイターで募集されている開発言語は以下の通りです。

  • Javascript
  • PHP
  • CSS
  • HTML5
  • HTML
  • CSS3

自分が得意・専門としている言語はみつかりましたか?

レバテッククリエイターの給与は末〆、翌月15日支払い

フリーランスとして働く際に不安になるのが、給与支払がどの時期にされるかということ。

他のサイトでは今月働いた分は翌々月に支払うという体制を取っているところもあるので、お金のやりくりの面からも使用する前に知っておきたいところですよね。

レバテックフリーランスでは月末に給与を計算し、翌月15日に支払う体制を取っています。

そのため、給与計算や生活費のやりくりをする際は上記の日程を考慮してください。

特に他のサイトを利用して案件を受注していた人は、前回の給料日から時間が空いてしまうこともあるので注意が必要です。

レバテッククリエイターの利用者口コミからみえるメリット

  • フリーランス向けサービスの中では案件の単価が高い
  • テクニカルカウンセラーのサポートが手厚い
  • フォロワーによる継続サポートで、安心して仕事ができる
  • 案件を自分で検索・比較できる
  • 週5案件を豊富に取り扱っている
  • 案件紹介までがスピーディー

フリーランス向けサービスの中では案件の単価が高い

フリーランス向けのサービスは、クラウドワークスやランサーズをはじめ世の中に多々あります。

その中でレバテッククリエイターは、『案件単価が比較的高い』ことが特徴です。

フリーランス向けサービスを活用したことがある方なら分かるかもしれませんが、案件に対してフリーランスの数が多いため、どうしても案件単価が低くなりがちです。

結果的にフリーランスにとっては、労力の割にあまり稼げない、という現状があります。

しかしレバテッククリエイターの場合は、月額50~60万円などの高単価案件も目立ち、業務に対して正当な評価を得られるといえます。

もちろんその分クライアントの目も厳しくなるでしょう。

もちろんいきなり高単価な案件が不安という方には、フリーランス初心者向けの案件も豊富にそろっているようなので、遠慮なくカウンセラーに相談してみてください。

自営業・フリーランス・個人事業主から正社員へ再就職する方法!採用されやすくなるコツを教えます

テクニカルカウンセラーのサポートが手厚い

レバテッククリエイターに登録後は、テクニカルカウンセラーとカウンセリングを行います。

このカウンセリングでは、あなたのスキルや経験、キャリアプランなどを細かく話し合い、案件紹介の方向性を決めます。

この面談の質が高いことも、レバテッククリエイターの評判のひとつです。

彼らは業界情報・職種情報について日々最新のものを把握しており、相談をすると精度の高い返答がきます。

またフリーランスならではの、税務や節税対策についての相談も可能。

特にフリーランス初心者の場合、業務以外の部分は不安が多いと思います。

こうした相談ができる方が近くにいるのは、非常に心強いのではないでしょうか。

フォロワーによる継続サポートで、安心して仕事ができる

案件が決まるまではテクニカルカウンセラーがサポートしてくれますが、実はその後のサポートが手厚いのも特徴です。

案件決定後は『フォロワー』という専任のサポート担当がおり、プロジェクトの進め方や次回プロジェクトの紹介など、逐一電話で相談に乗ってくれます。

また電話での相談だけでなく、フォローランチなどで直接コミュニケーションを取ることもできます。案件のことだけでなく、フリーランスとしての仕事の仕方など、なんでも相談できる存在です。

案件を自分で検索・比較できる

レバテッククリエイターでは案件をテクニカルカウンセラーが紹介してくれます。

ですが、中には自分で案件を検索して、自分の目で比較したいという人もいるのではないでしょうか?

レバテッククリエイターでは、案件を紹介してもらうほかに自分で案件を検索できる機能もあります。

第三者の目線と自分の目線で選んだ求人で、より満足度の高い案件で活躍することができるでしょう。

週5案件を豊富に取り扱っている

フリーランスとしてクリエイターで活躍したい方の中には、バリバリ週5で働きたいと考えている方もいるでしょう。

通常フリーランスと聞くと週2~3日案件が多いのが相場です。

しかしレバテッククリエイターでは、週2~3日案件はもちろんのこと、週5日入れる案件も多く取り扱っています。

自分の希望する勤務時間に合わせて案件を選ぶことができるので、その時の状況に合わせた働き方をすることができます。

案件紹介までがスピーディー

レバテッククリエイターでは案件を紹介するまでに、一度テクニカルカウンセラーと面談をしなければなりませんが、面談は登録後すぐに対応してもらえるとの口コミが多く寄せられています。

すぐに仕事が欲しい方や面談をすぐに終わらせたい方には、うってつけであるといえるでしょう。

職務経歴書やポートフォリオもテンプレートが用意されているので、作成で時間がかかる心配もありません。

また、紹介される案件は上でも紹介したように、条件を考慮したミスマッチの少ないものが多いので、自分に合った案件にすぐにとりかかることもできるんです。

レバテッククリエイターの利用者口コミからみえるデメリット

  • 地方案件がほとんど掲載されていない
  • 正社員求人はない
  • 経験が浅いと案件がかなり限られる
  • 職種によっては週2~3の案件が少ない

地方案件がほとんど掲載されていない

レバテッククリエイターに掲載されている案件は、600件弱。

このうち95%以上は関東の案件です。一部大阪の案件が20件ほどありますが、それ以外の地方案件は皆無。

IT関連の企業が都内に集中していることがその原因のようです。

そのため首都圏在住の方以外は、なかなか使いにくいサービスになっています。

また在宅で作業可能な案件もほとんどないのが実情です。

在宅勤務を希望していたり、関東以外の地域で案件を見つけたい場合は他の案件紹介サイトを利用すべきでしょう。

正社員求人はない

基本的にフリーランス向けのサービスですので、正社員の求人は掲載されていません。

これはサービスの特性ですのである種仕方がないこと。

正社員求人を探したい方は、転職サイトや転職エージェントサービスなどを活用することをオススメします。

ちなみにサービスに登録後、正社員を希望していることをカウンセラーに伝えれば、系列サイトなどで保有する正社員案件を紹介してくれることもあるようです。

もしも正社員求人に興味があるのであれば、レバテックキャリアなども利用してみてはいかがでしょうか?

経験が浅いと案件がかなり限られる

高単価案件が多い反面、どうしてもフリーランス初心者向けの案件は少ないのが実情です。

ゼロではありませんが単価も安く、数自体がほとんどない状態。

とくにweb関連の案件は経験者が優遇される傾向にありますので、初心者が手を出しにくい印象です。

フリーランスとしての経験が浅いうちは、他サイトで案件を受けるなどしてスキル・経験を蓄積してからレバテッククリエイターを活用していくのがオススメです。

もちろんスキルによっては最初から請け負える案件もあると思いますので、細かい点についてはカウンセラーに質問してみるのが良いのではないでしょうか。

職種によっては週2~3の案件が少ない

メリットの部分でクリエイターの案件は週5日の案件を多く取り扱っていると紹介しました。

ですがクリエイターの方の中には、週2~3の案件で少しずつ働きたいという方も多いはず。

実は、週2~3の短い期間の案件はクリエイターの職種のよっては案件が少ない場合があります。

特にWeb系の案件は、週3の条件が少ない状況が確認されています。

レバテッククリエイターで転職するまでの流れ

  1. レバテッククリエイターへの会員登録
  2. テクニカルカウンセラーと面談
  3. 条件が合えば企業と面接し、契約へ
  4. 業務スタート

レバテッククリエイターへの会員登録

まずはサイト上から会員登録を行います。

登録は簡単で、トップページのフォームから以下の情報を入力していけばOKです。

  • 希望の働き方(フリーランス、派遣、正社員など)
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • スキルシート(任意)
  • ポートフォリオ(任意)

スキルシートとポートフォリオに関してはあくまで任意ですが、あなたのスキルを提示することで案件の決定確率は高くなりますので、ぜひ登録することをオススメします。

なおファイルのアップロードではなくURLの登録も可能ですので、提示可能なWebサービスなどがある場合はぜひ登録してみてください。

テクニカルカウンセラーと面談

登録後は、テクニカルカウンセラーから電話が入ります。

だいたい1~3日程度で電話がかかってくるので、その期間は電話に出れる状況を作っておきましょう。

電話面談ではあなた自身のスキルや経験、そして今後のキャリアプランについて細かくヒアリングされます。

このヒアリング内容をもとに案件を紹介してもらえますので、ぜひ詳細に相談してみましょう。

条件が合えば企業と面接し、契約へ

希望の案件が見つかったら、カウンセラー経由で応募。

応募の際の書類作成についてもアドバイスをもらえます。

書類選考に通過すれば面接へ。もちろん、面接対策も行ってくれます。

業務スタート

企業との条件が合致すれば、契約へ。実際にその企業での案件がスタートします。

ちなみにレバテッククリエイター経由の案件はほとんどが常駐案件なので、実際に企業での勤務となるケースが中心です。

案件がスタートしたのちは、終了1ヶ月ほどを目途に、次の案件の紹介をしてもらえます。

案件紹介だけでなく、現在のプロジェクトの進め方など、細かくフォローしてもらえるのもレバテッククリエイターの特徴です。

レバテッククリエイターではどんな案件が多い?

フリーランスで仕事を探している皆さんは、自分の開発言語や専門領域の仕事を受注したいですよね。

レバテッククリエイターで特に多い案件の種類は以下の3つです。

  • ゲーム関連
  • web制作
  • ソシャゲ・アプリ関連

みてみると最近にぎわっている業界の案件が多い印象です。

案件を出している企業規模もテレビやネットで名の通っている大手企業から、規模が比較的大きい中小企業までと多彩です。

レバテッククリエイターのサポート体制ってどうなの?

レバテッククリエイターは何度も紹介している通り、フリーランスやフレキシブルに働きたい方向けの転職エージェントです。

実はレバテッククリエイターは利用者のサポートをするために、3つの担当者が協力しています。

それぞれ担当業務を絞ることで、最大限にサポートできる体制を実現しています。

以下では担当者ごとの特徴を紹介していきます。

アドバイス担当!テクニカルカウンセラー

テクニカルカウンセラーはアドバイスを主に担当します。

一般的な転職エージェントでいうと、キャリアアドバイザーやコンサルタントのような立ち位置です。

メリットの部分でも紹介した通り、テクニカルカウンセラーは利用者からどんな案件を希望するか、得意とする言語は何かなどを丁寧にヒアリングし条件に合った案件を紹介してくれます。

テクニカルカウンセラーは、ただヒアリングをして条件に合った求人を紹介するわけではありません。

どんな質問にでも答えられるように、IT業界内の情報や知識を常に吸収しています。

技術面に精通したテクニカルカウンセラーもいますので、業務上の悩みも相談できるのではないでしょうか。

情報収集担当!企業担当

レバテッククリエイターでは、企業を訪問し紹介する案件を集める担当として企業担当をおいています。

企業に実際に足を運んで担当者と実際に面会してから情報を集めていますので、企業側からの信頼度も高いです。

また、企業の情報だけなくテクニカルカウンセラー同様に業界内の動向についても把握していますので、企業のニーズを汲みとることにも長けています。

また案件を集めるだけでなく、クライアントとの面会の際に同行してもらうこともできますし、案件の報酬や労働条件の改善に向けた交渉も担当してもらえます。

企業でいう営業に近い立場の方々ですね。

サポート面に強み!フォロワー

フォロワーはレバテッククリエイターで紹介された案件に参加しているエンジニアやクリエイターを対象に、現状確認や何か不満が無いかなどのヒアリングを行います。

案件を紹介するだけでなく、紹介後のアフターフォローを行ってくれる専門のスタッフがいるエージェントは他にないのではないでしょうか?

契約に関する相談も請け負っているので、契約を更新したい場合の手続きも担当してもらえます。

レバテッククリエイターの運営会社はどんな会社?

レバテッククリエイターは、レバテック株式会社が運営しています。

同社はレバテッククリエイター以外に『レバテックフリーランス』『レバテックキャリア』『レバテックエキスパート』といった目的別サービスを運営しています。

設立こそ2017年8月と浅いですが、ローンチからわずか1年ほどで、業界内でも存在感のあるサービスを育てるほどの実力を持っています。

またレバテックの親会社はレバレジーズ株式会社という会社で、ITと人材に特化したメディア・マーケティング・人材アウトソーシングなどの事業を手掛けています。

売上は年間190億円以上を誇り、『ベストベンチャー100』にも認定されたことがあるほど。

業界大手のバックボーンのもとで運営されている企業ですので、安心してサービスを活用できるのではないでしょうか。

レバテッククリエイターはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.17
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(2.0)
自分のペースで転職したい
(4.0)
初めての転職
(2.0)
大手
(3.0)
地方
(3.0)
  • クリエイターとしての経験を活かしたい人
  • 初めてフリーランスとして案件を探している人
  • 週に多い日数で働きたい人
  • IT、Web、ゲーム業界に絞って案件を探したい人
  • 正社員として働くのが難しい人
  • フリーランスで高収入を稼ぎたい人

レバテッククリエイターはフリーランスに特化したサービスです。

在職中に転職活動(案件探し)をしたい方や、自分のペースで仕事を探したいという方にはぴったりのサービスではないでしょうか。

その反面、業界特化型のサービスのため、ITやWeb、デザインなどの業界以外の方には全く向いていません。

ある程度スキルがある方を対象にしたサービスのため、第二新卒者にもあまり向いていないのではないでしょうか。

もちろんスキルによっては受けられる案件もありますので、ぜひキャリアカウンセラーに相談してみてください。

またサービスの特性上、大手企業の案件もほとんど掲載されていません。

大手企業ともなればフリーランスではなくやはり企業に依頼を掛けるケースが多いため、もし大手案件に興味があるのであれば、相応の案件を受けている企業に正社員として就職することをオススメします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件