レバテッククリエイターの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

レバテッククリエイター

“レバテッククリエイターは、フリーランスの業務委託や派遣案件に特化したサイトです。

ここ数年でフリーランス向けのサービスは増えてきましたが、その中でレバテッククリエイターはどんな特徴があるのでしょうか。

今回は、実際にレバテッククリエイターを使って仕事を得た方の口コミをもとに、メリットやデメリット、どんな方に向いているのかなどを検証していきます。

一目で分かるレバテッククリエイターの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

その他、レバテックが運営する転職サービスが気になる方は、こちらの記事をご参照ください。

レバテッククリエイターの口コミ一覧

年齢 30代前半
性別 男性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 450万円
転職後の年収 450万円
転職理由 前職のプロジェクト完結に伴い

請け負っていたプロジェクトの簡潔に伴って、レバテッククリエイターに登録しました。結果として、とても良い結果になったと思います。

カウンセラーのアクションやレスポンスが早く、安心できました。また単に早いだけでなく、対応に熱意を感じることができ、この人になら任せられると思えたのも心強かったように思います。熱意といっても無暗に案件を推してくるのではなく、こちらの希望やスキル、キャリアプランなどに耳を傾け、最適なものを選ぼうという姿勢が感じられました。

今後案件を探す際も、ぜひリピートしたいと思っています。

年齢 20代後半
性別 女性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 300万円
転職後の年収 520万円
転職理由 労働環境の悪さ

 

前職では正社員として働いていました。残業や休日出勤の多さなどもあり、今後長く働くことを考えると、やはり難しいと思うようになっていました。そんな中で友人からフリーランスを勧められてレバテッククリエイターに登録しました。

フリーランスは初めてということもあって不安だったのですが、担当のテクニカルカウンセラーの方がとても親身に相談に乗ってくれて、フリーランスとしての働き方についてを細かく教えてくださいました。

結果として現在は年収も大きくUPさせることができ、フリーランスとして時間を有効に使いながら仕事ができています。

 

年齢 30代前半
性別 男性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 400万円
転職後の年収 500万円
転職理由 給与アップのために

 

以前は会社に属して働いていましたが、30代になり、自分の給与額に疑問を持つようになりました。400万円という金額で生活ができていないわけではなかったのですが、友人などの話を聞くと、自分が正当に評価されていないような気がしていました。

勇気はいりましたが、年収を上げるために、とフリーランスで仕事をしていくことを決意。まずは知人が登録していたレバテッククリエイターに、私も登録してみました。

最初は不安ばかりだったのですが、カウンセラーの方と話をしていく中で、自分でも請け負える案件の中には、かなり報酬が高いものも。結果として1つの案件にフリーランスとして参画し、今では年収500万円以上は稼げています。

 

年齢 30代後半
性別 男性
前職 WEBディレクター
転職前の年収 550万円
転職後の年収 700万円
転職理由 よりレベルの高いプロジェクトを求めて

 

もともとフリーランスとして、長年取引のある企業から案件を請け負っていました。継続的に依頼を頂ける反面、似たような業務が続いてしまったり、慣れで難なくこなせるようになってしまったりと、クリエイターとしてあまり成長できないような環境にもなっていたように思います。

そこでよりレベルの高いプロジェクトに身を置いて自分を高めたいと思い、レバテッククリエイターに登録しました。正直、自分に担当できるのだろうかというほど難易度の高いプロジェクトもありますがスキルアップのために積極的に請け負っています。もちろんそれに応じた報酬も頂けているので、以前に比べて年収額も150万円近く上がりました。

 

レバテッククリエイターのメリット

  • フリーランス向けサービスの中では案件の単価が高い
  • テクニカルカウンセラーのサポートが手厚い
  • フォロワーによる継続サポートで、安心して仕事ができる

フリーランス向けサービスの中では案件の単価が高い

フリーランス向けのサービスは、クラウドワークスやランサーズをはじめ世の中に多々あります。

その中でレバテッククリエイターは、『案件単価が比較的高い』ことが特徴です。

フリーランス向けサービスを活用したことがある方なら分かるかもしれませんが、案件に対してフリーランスの数が多いため、どうしても案件単価が低くなりがちです。

結果的にフリーランスにとっては、労力の割にあまり稼げない、という現状があります。

しかしレバテッククリエイターの場合は、月額50~60万円などの高単価案件も目立ち、業務に対して正当な評価を得られるといえます。

もちろんその分クライアントの目も厳しくなるでしょう。

もちろんいきなり高単価な案件が不安という方には、フリーランス初心者向けの案件も豊富にそろっているようなので、遠慮なくカウンセラーに相談してみてください。

自営業・フリーランス・個人事業主から正社員へ再就職する方法!採用されやすくなるコツを教えます

テクニカルカウンセラーのサポートが手厚い

レバテッククリエイターに登録後は、テクニカルカウンセラーとカウンセリングを行います。

このカウンセリングでは、あなたのスキルや経験、キャリアプランなどを細かく話し合い、案件紹介の方向性を決めます。

この面談の質が高いことも、レバテッククリエイターの評判のひとつです。

彼らは業界情報・職種情報について日々最新のものを把握しており、相談をすると精度の高い返答がきます。

またフリーランスならではの、税務や節税対策についての相談も可能。

特にフリーランス初心者の場合、業務以外の部分は不安が多いと思います。

こうした相談ができる方が近くにいるのは、非常に心強いのではないでしょうか。

フォロワーによる継続サポートで、安心して仕事ができる

案件が決まるまではテクニカルカウンセラーがサポートしてくれますが、実はその後のサポートが手厚いのも特徴です。

案件決定後は『フォロワー』という専任のサポート担当がおり、プロジェクトの進め方や次回プロジェクトの紹介など、逐一電話で相談に乗ってくれます。

また電話での相談だけでなく、フォローランチなどで直接コミュニケーションを取ることもできます。案件のことだけでなく、フリーランスとしての仕事の仕方など、なんでも相談できる存在です。

レバテッククリエイターのデメリット

  • 地方案件がほとんど掲載されていない
  • 正社員求人はない
  • 経験が浅いと案件がかなり限られる

地方案件がほとんど掲載されていない

レバテッククリエイターに掲載されている案件は、600件弱。

このうち95%以上は関東の案件です。一部大阪の案件が20件ほどありますが、それ以外の地方案件は皆無。

そのため首都圏在住の方以外は、なかなか使いにくいサービスになっています。

また在宅で作業可能な案件もほとんどないのが実情です。

正社員求人はない

基本的にフリーランス向けのサービスですので、正社員の求人は掲載されていません。

これはサービスの特性ですのである種仕方がないこと。

正社員求人を探したい方は、転職サイトや転職エージェントサービスなどを活用することをオススメします。

ちなみにサービスに登録後、正社員を希望していることをカウンセラーに伝えれば、系列サイトなどで保有する正社員案件を紹介してくれることもあるようです。

経験が浅いと案件がかなり限られる

高単価案件が多い反面、どうしてもフリーランス初心者向けの案件は少ないのが実情です。

ゼロではありませんが単価も安く、数自体がほとんどない状態。

フリーランスとしての経験が浅いうちは、他サイトで案件を受けるなどしてスキル・経験を蓄積してからレバテッククリエイターを活用していくのがオススメです。

もちろんスキルによっては最初から請け負える案件もあると思いますので、細かい点についてはカウンセラーに質問してみるのが良いのではないでしょうか。

レバテッククリエイターで転職するまでの流れ

  1. レバテッククリエイターへの会員登録
  2. テクニカルカウンセラーと面談
  3. 条件が合えば企業と面接し、契約へ
  4. 業務スタート

レバテッククリエイターへの会員登録

まずはサイト上から会員登録を行います。

登録は簡単で、トップページのフォームから以下の情報を入力していけばOKです。

  • 希望の働き方(フリーランス、派遣、正社員など)
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • スキルシート(任意)
  • ポートフォリオ(任意)

スキルシートとポートフォリオに関してはあくまで任意ですが、あなたのスキルを提示することで案件の決定確率は高くなりますので、ぜひ登録することをオススメします。

なおファイルのアップロードではなくURLの登録も可能ですので、提示可能なWebサービスなどがある場合はぜひ登録してみてください。

テクニカルカウンセラーと面談

登録後は、テクニカルカウンセラーから電話が入ります。

電話面談ではあなた自身のスキルや経験、そして今後のキャリアプランについて細かくヒアリングされます。

このヒアリング内容をもとに案件を紹介してもらえますので、ぜひ詳細に相談してみましょう。

条件が合えば企業と面接し、契約へ

希望の案件が見つかったら、カウンセラー経由で応募。

応募の際の書類作成についてもアドバイスをもらえます。

書類選考に通過すれば面接へ。もちろん、面接対策も行ってくれます。

業務スタート

企業との条件が合致すれば、契約へ。実際にその企業での案件がスタートします。

ちなみにレバテッククリエイター経由の案件はほとんどが常駐案件なので、実際に企業での勤務となるケースが中心です。

案件がスタートしたのちは、終了1ヶ月ほどを目途に、次の案件の紹介をしてもらえます。

案件紹介だけでなく、現在のプロジェクトの進め方など、細かくフォローしてもらえるのもレバテッククリエイターの特徴です。

レバテッククリエイターの運営会社はどんな会社?

レバテッククリエイターは、レバテック株式会社が運営しています。

同社はレバテッククリエイター以外に『レバテックフリーランス』『レバテックキャリア』『レバテックエキスパート』といった目的別サービスを運営しています。

設立こそ2017年8月と浅いですが、ローンチからわずか1年ほどで、業界内でも存在感のあるサービスを育てるほどの実力を持っています。

またレバテックの親会社はレバレジーズ株式会社という会社で、ITと人材に特化したメディア・マーケティング・人材アウトソーシングなどの事業を手掛けています。

売上は年間190億円以上を誇り、『ベストベンチャー100』にも認定されたことがあるほど。

業界大手のバックボーンのもとで運営されている企業ですので、安心してサービスを活用できるのではないでしょうか。

レバテッククリエイターはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.17
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(2.0)
自分のペースで転職したい
(4.0)
初めての転職
(2.0)
大手
(3.0)
地方
(3.0)

レバテッククリエイターはフリーランスに特化したサービスです。

在職中に転職活動(案件探し)をしたい方や、自分のペースで仕事を探したいという方にはぴったりのサービスではないでしょうか。

その反面、業界特化型のサービスのため、ITやWeb、デザインなどの業界以外の方には全く向いていません。

ある程度スキルがある方を対象にしたサービスのため、第二新卒者にもあまり向いていないのではないでしょうか。

もちろんスキルによっては受けられる案件もありますので、ぜひキャリアカウンセラーに相談してみてください。

またサービスの特性上、大手企業の案件もほとんど掲載されていません。

大手企業ともなればフリーランスではなくやはり企業に依頼を掛けるケースが多いため、もし大手案件に興味があるのであれば、相応の案件を受けている企業に正社員として就職することをオススメします。