WEBディレクターはフリーランスで働ける?フリーランスで働くメリット・デメリットを解説

WEBディレクターはフリーランスで働ける?フリーランスで働くメリット・デメリットを解説

正社員として働いていると、会社に対する不満や、職場での人間関係に関する悩みなどを抱えることがあると思います。

そのような不満・悩みから転職を考える方は多いですが、WEBディレクターの場合は「フリーランスで働いてみようかな?」と考えることがあるのではないでしょうか?

この記事ではフリーランのWEBディレクターとして働くことが可能なのか、フリーランスとして働くメリット・デメリットをご紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

WEBディレクターはフリーランスで働ける?

WEBディレクターはフリーランスで働くことが可能です。

実際にフリーランスのWEBディレクターとして働いている方は多く、フリーランスを目標としている正社員も多い傾向があります。

WEBディレクターは正社員でもフリーランスでも仕事内容が大きく変わらず、求められるスキルなども同じなので、フリーランスで働くことを目指しやすいです。

そして、フリーランスの場合はクラアントからの信用が肝心なので、WEBディレクターとしての経験が長ければ長いほど、働きやすいと考えられます。

フリーランスWEBディレクターの平均年収

フリーランスWEBディレクターの平均年収は、450万円〜500万円と言われています。

会社に勤めているWEBディレクターの平均年収が400万円〜450万円と言われているため、フリーランスの方が約50万円〜100万円多いです。

しかし、フリーランスのWEBディレクターは年収の幅が広く、最低年収は100万円を下回っています。

反対に年収が1,000万円以上になっているWEBディレクターもいますが、正社員の方が年収は安定していると考えられます。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

フリーランスのWEBディレクターで働くメリット

正社員からフリーランスのWEBディレクターになることを悩んでいる方は、事前にメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。

フリーランスになった後に後悔しないためにも、メリットとデメリットを比較して判断することをおすすめします。

まずは、正社員からフリーランスのWEBディレクターになったメリットをいくつかご紹介します。

収入の上限がない

フリーランスのWEBディレクターは、利益が全て自分のものになるため、収入の上限がありません。

正社員の場合は100万円の案件でも、1,000万円の案件でも、WEBディレクターとしての給料は変わらずに、会社の利益だけが増えます。

フリーランスは自分が会社であり、従業員になるため、働けば働くだけ収入が増えます。

上記でもお伝えした通り、正社員よりもフリーランスのWEBディレクターの方が、高収入を得ている割合が多いです。

働く時間・場所などの自由度が高い

正社員の場合は会社に出勤する必要がありますが、フリーランスのWEBディレクターは働く時間・場所は決められておらず、自由度が高いです。

自宅で仕事をしても良いですし、近くのカフェなどで仕事を行うことも可能です。

また、朝・昼・夜問わず、好きな時間に仕事を行えます。

さらにフリーランスで働くことは、自分で休日を作れることもメリットの1つになるでしょう。

フリーランスのWEBディレクターは、正社員よりも圧倒的に自由度が高いです。

自分の好みで案件を受けられる

正社員の場合は会社や上司の方針によって受ける案件が決まりますが、フリーランスのWEBディレクターは自分で受ける案件を決められます。

案件の内容・期間・報酬額など全てを自分の好みで受けることができるため、仕事に対するやりがいは感じやすいでしょう。

また、「仕事をやらせれている」という感覚ではなく、「仕事を自分でやっている」という感覚になり、仕事に対するモチベーションは高まりやすく、楽しさは感じやすくなると思います。

WEBディレクターとは?仕事内容やWEBディレクターに向いている人の特徴を解説

フリーランスのWEBディレクターで働くデメリット

上記でフリーランスのWEBディレクターとして働くメリットをお伝えしました。

次はフリーランスで働くデメリットをご紹介します。

上記でお伝えしたメリットと比較して、判断してみてください。

自分で営業を行う必要がある

フリーランスのWEBディレクターは、自分で営業を行う必要があります。

正社員の場合は、会社内に「営業担当」という部署があり、WEBディレクターが自分から案件を取りにくいことはないですが、フリーランスの場合は全て自分で行う必要があり、正社員よりも業務内容が増えます。

「営業をしてみたい」「自分で案件を取りたい」と考えているWEBディレクターにとっては、デメリットではないかもしれませんが、「WEBディレクターとしての仕事だけをしたい」と考えている方にとっては、大きなデメリットになるでしょう。

収入が不安定

フリーランスのWEBディレクターは収入に上限がない分、安定性が欠けています。

上記でお伝えした通り、フリーランスWEBディレクターの最低年収は100万円を下回っています。

また、4月の収入が50万円だったとしても、5月の収入は0円になるかもしれません。

会社に勤める正社員のように、「毎月、給料が振り込まれる」という概念はフリーランスにはなく、収入は不安定です。

自己管理の徹底が必要

フリーランスのWEBディレクターは、上司という存在はいなく、会社に属しているという概念もないため、自分で自分を徹底的に管理する必要があります。

「自己管理を徹底することがデメリット?」と思われるかもしれませんが、正社員からフリーランスになると、まず自己管理することが難しいと感じられる方が多いです。

フリーランスのWEBディレクターでは、「明日にやれば良いか」が許される環境で仕事をするため、自己管理の徹底が必要になります。

WEBディレクターとしてのスキルを明確化しにくい

WEBディレクターは自分自身のスキルや知識を明確化しにくいという特徴があり、フリーランスの場合は案件を獲得しにくいというデメリットにつながります。

自分自身を1つの商品として営業を行う必要がありますが、スキルと知識を明確化しにくいため、想像以上に案件を獲得できないことが多いです。

プログラマーの場合は共通言語の「プログラミング言語」があるため、スキルは明確化しやすく案件も獲得しやすいですが、WEBディレクターの場合は難しく、デメリットの1つとして考えられます。

会社に対する不満・悩みがある場合は「転職」がおすすめ

フリーランスのWEBディレクターで働くメリット・デメリットをお伝えしましたが、会社に対する不満や悩みがある場合は「転職」することをおすすめします。

WEBディレクターがフリーランスで働くことは、メリットよりもデメリットの方が多く、仕事柄、難しい部分が多いです。

また、IT業界は市場を拡大し続けているため、WEBディレクターの需要は高まっています。

そのため自分の希望通りに転職を成功させられる可能性が高いです。

ただし、「会社に勤めることがストレス」「自分でお金を生み出したい」という場合は、フリーランスで働くことをおすすめします。

フリーランスのWEBディレクターとして働く場合は、退職する前にさまざまな企業の方と関係を築いておくことをおすすめします。

収入・待遇のアップを目指すことが可能

上記でお伝えした通り、WEBディレクターの需要は高まっているため、転職することで収入・待遇をアップさせることが可能です。

転職では「年収が下がる」「待遇が悪くなる」などというイメージがあるかもしれませんが、WEBディレクターの場合は例外です。

需要が高まっている職業なので、スムーズに希望通りの転職を成功させられる可能性が高いでしょう。

フリーランスで働く理由が年収や待遇に関する場合は、転職を選択肢に入れて考えることをおすすめします。

WEBディレクターの転職を成功させるポイント

フリーランスではなく、正社員のWEBディレクターとして転職することをおすすめしましたが、自分の希望通りに転職を成功させることは簡単ではありません。

自分の希望通りに転職を成功させるには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

WEBディレクターの転職を成功させるポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

具体的な実績を伝える

WEBディレクターは自分のスキルと知識を明確化しにくいという特徴があるため、面接ではWEBディレクターとしての具体的な実績を伝えることが大切です。

採用担当者は面接で採用・不採用を決める必要があるため、具体的な内容のものを好みます。

数字やクライアントから評価されたエピソードなどを加えると、WEBディレクターとしてのスキルをアピールできます。

1日でも早く転職活動をスタートさせる

中途採用を行っている企業では「1日でも長く働いて欲しい」という思いがあるため、1日でも早く転職活動を行い、年齢が若いうちに転職することが大切です。

転職市場では年齢が若ければ若いほど、需要が高まり、自分の希望通りに転職を成功させやすくなります。

また、年齢が若いうちに転職することで、転職先の職場にも馴染みやすくなるでしょう。

WEBディレクターとして転職を成功させるには、1日でも早く転職活動をスタートさせることが大事です。

転職エージェントを活用する

WEBディレクターとしての転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントでは、求人紹介や面接対策、日程調整など転職に関することは幅広くサポートしてくれて、転職サイトには公開されない「非公開求人」も紹介してくれます。

非公開求人は、高収入・高待遇な求人が多い傾向があるため、満足のいく転職先を見つけやすくなります。

そして、転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが1人付くため、転職の経験がない方でも安心して転職活動を進められます。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば、登録してみてください。

未経験でWEBディレクターに転職することは可能?求められるスキルをご紹介

フリーランスのWEBディレクターとして働くことはおすすめしない

この記事ではフリーランスのWEBディレクターとして働くことについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEBディレクターは自分のスキル・知識を明確化しにくいという特徴があるため、フリーランスとして働くことはおすすめしません。

会社に対する不満や悩みがある場合は、正社員として転職することをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にして、正社員として働くのか、フリーランスとして働くのか決めてみてください。

今後もWEB業界は需要が高まり続ける?今後も需要が高い職種とは?

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件