企画職への転職で求められるスキルとは?企画職は未経験でも転職できる?

企画職への転職で求められるスキルとは?企画職は未経験でも転職できる?

市場の動向や消費者のニーズを考えながら企画を立案する「企画職」は、新卒からも転職者からも人気のある仕事です。

他の仕事をしながら企画職への転職を目指している方は多いと思いますが、「企画職に転職するには、どんなスキルが求められるのだろう?」と悩むことがあるのではないでしょうか?

この記事では企画職への転職で求められるスキルについて解説します。

未経験から転職を目指すことや、転職を成功させるポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも企画職とは?

企画職とは、自社商品・サービスの課題解決を目指して、マーケティングを行い、最適な企画を立案する仕事です。

代表的な企画職は、「商品企画・宣伝広告企画・営業企画」があります。

それぞれの職種で対象となる商品・サービスは異なりますが、企画立案・実行・検証・改善という流れは共通していて、どの職種でも同じスキルが必要とされています。

企画職では、企画を立案する前にマーケティングを行うことから、企業によってはマーケティング職に区別されていることもあるため、転職を考えている方は、しっかりと求人情報を確認するようにしてください。

企画職で求められるスキル5選

企画職は、ただ単に企画を立案するだけではなくので、さまざまなスキルが求められます。

なかでも企画職への転職を成功させる上で、必要になるスキルを5つご紹介します。

企画職への転職を考えている方は、下記のスキルを参考にしてみてください。

企画力

企画職は言葉の通り、企画を考える仕事なので、企画力は必要不可欠です。

上記でお伝えした職種によって、企画の内容は異なりますが、企画を考えるという仕事内容は共通しているため、企画力がなければ企画職としての役割を果たすことができないでしょう。

また、最適な企画を考えるには、「創造力」も必要になります。

企画を考えるベースとなるアイデアを生み出すことができなければ、魅力的な企画を考えられません。

企画職では、創造力と企画力が1セットで求められるスキルとして考えられます。

プレゼンテーション能力

企画職は企画を考えるだけではなく、考えた企画をプレゼンテーションする必要があります。

どれほど魅力的な企画を考えても、その魅力を伝えることができばければ、企画職としての役割を果たせないので、プレゼンテーション能力が求められます。

企画力を補えるほどのプレゼンテーション能力があれば、どんどん成果を上げられるでしょう。

コミュニケーション能力

企画職では、営業部署や開発部署など、業務内容が異なる方とも頻繁にやり取りを行うため、高度なコミュニケーション能力が求められます。

また、社内だけではなく、クライアントやお客様など社外の方ともやり取りをするため、企画職にとってコミュニケーション能力は高いほど活躍しやすいです。

コミュニケーション能力は、上記でお伝えした「プレゼンテーション能力」の向上にもつながるスキルだと考えられます。

そして、コミュニケーション能力があれば、転職時に採用担当者からの信頼を得やすくなり、転職成功率が高くなるでしょう。

情報収集スキル

魅力的な企画を考えるには、さまざまな情報を収集する必要があります。

「どのような商品がトレンドになってるのか」「どのような宣伝が効果的なのか」など、とにかく情報を収集する必要はあるので、企画職には情報収集スキルが求められます。

情報収集スキルが高いと、魅力的な企画を考えられる可能性が高くなり、その企画が目標達成につながる可能性も高いです。

そして、近年では「口コミやSNSで調べ尽くしてから購入する」という消費者が増えていることから、「インフルエンサーマーケティング」の導入が広がっています。

そのためトレンドを抑えた情報収集や、SNSを駆使した情報収集スキルが求められます。

業界に関する幅広い知識

企画職では、「自社商品・サービスの課題解決を目指して、マーケティングを行い、最適な企画を立案する」ことが仕事なので、業界に関する幅広い知識が求められます。

例えば、IT業界に企画職を目指している場合は、IT業界に関する幅広い知識が必要になり、製造業の企画職を目指しているのであれば、創造業に関する幅広い知識が必要です。

企画職として業界に関する知識が備わっていないと、魅力的な企画を立案することも、その企画を採用してもらうことも難しくなります。

業界に関する深い知識は必要ないですが、幅広い知識が求められます。

企画職は未経験でも転職できる?

企画職は未経験でも転職することが可能です。

転職サイトなどには「未経験歓迎!」と掲載されている求人が多く、未経験で企画職への転職を成功させている方は多数います。

ただし、企画職の転職では、社会人経験や業界・現場経験が重要視される傾向があるため、未経験でも業界経験が豊富な必要があります。

また、未経験の場合は実績や経験をアピールできないため、資格取得やセミナー受講など、事前に学んでいることをアピールすることが大切です。

企画職は未経験でも転職することが可能ですが、業界・現場経験をしっかりと積んでいる必要があります。

社内異動で企画職を目指す

未経験から企画職を目指す方法は、転職ではなく、「社内異動」という選択肢があります。

他の部署でしっかりと成果を上げていれば、社内異動の希望が通る可能性があり、転職よりも難易度は低いと考えられます。

しかし、社内異動は頻繁に行われません。

企画部署内で人手が足りなくなった場合のみ、社内異動は行われるため、いつ企画職になれるかわからないというデメリットがあります。

「すぐに企画職になりたい」という思いがある方は、他の企業への転職が最適な選択肢になります。

企画職への転職を成功させるポイント

未経験でも企画職への転職を成功させることは可能ですが、簡単なことではありません。

企画職への転職を成功させる上で、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

自分の希望通りに転職を成功させるためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

企画職で必要になるスキル・知識を身に付ける

中途採用では即戦力で働ける人材が求められることが多いので、上記でお伝えした企画職で必要になるスキル・知識を身に付ける必要があります。

必要になるスキル・知識を身に付けることで、「即戦力で働ける」と判断してもらいやすくなります。

また、企画職で必要になるスキル・知識を身に付けた過程を伝えることで、仕事に対する関心の高さもアピールできます。

未経験でも上記のスキルを身に付けていることはあると思うので、まずはキャリアの棚卸しをしてみてください。

企画職で役立つ資格

未経験で必要になるスキル・知識を身に付けるには、資格を取得することをおすすめします。

資格を取得することで必要になるスキル・知識を身に付けることができ、採用担当者からも信頼されやすくなります。

企画職への転職でおすすめの資格は下記の通りです。

  • ビジネスキャリア検定
  • 販路コーディネーター
  • 商品プランナー など

上記の資格に加えて、業界に関する知識を証明できる資格もおすすめです。

ただし、あくまで資格取得は1つのアピールポイントに過ぎないので、時間を割き過ぎないように注意してください。

面接の対策を怠らない

中途採用では、面接を重要視している採用担当者が多いです。

面接は転職者と採用担当者が初めて会う機会であり、転職者の人柄や考え方を深く知ることができるチャンスだけ考えていることが多く、面接の内容で採用・不採用を決めている採用担当者は多くいます。

そのため企画職への転職を成功させるには、しっかりと面接対策を行う必要があります。

社会人になってから面接を受けることはなかったと思うので、受け答えから表情、身だしなみなど、基礎的なことをしっかりと抑えておくことをおすすめします。

転職活動と仕事を両立する

企画職への転職を成功させるには、「退職するべき」と考えられる方が多いですが、転職活動と仕事を両立することが大切です。

退職することで転職活動に割ける時間は増えるのですが、無職という経歴が付いてしまいます。

また、「早く転職先を決めないと…」と焦りが出てしまい、ミスマッチを起こしてしまう可能性があるため、働きながら転職活動を行うようにしてください。

働きながら転職活動を行うことで、「転職しない」という選択肢を持てるので、心に余裕がある状態で転職活動を進められます。

転職エージェントを活用する

企画職への転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・書類添削」などで、転職サイトには公開されない「非公開求人」も紹介してくれます。

また、登録者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心してスムーズに転職活動を進められます。

入社後のカウンセリングやサポートを行ってくれる転職エージェントが多いため、転職後も安心です。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば、登録してみてください。

企画職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

企画職の転職にはdodaがおすすめ

doda

企画職への転職では、「doda」がおすすめです。

dodaは総合型の転職エージェントで、業界最大級の実績・求人数を誇ります。

dodaが取り扱っている求人は7万件を超えていて、非公開求人を含めると10万件以上になります。

そのうち企画職の求人は約3,000件で、大手企業からベンチャー企業まで幅広く取り扱っています。

そんなdodaは、大手企業が運営していることもあり、転職に関するサポート体制が充実しています。

また、業界に関するキャリアアドバイザーが在籍しているので、業界ならでの転職サポートをしてくれます。

転職未経験者でも安心できるサポート体制が整っているため、企画職への転職では、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

企画職への転職ではさまざまなスキルが求められる

この記事では企画職への転職で必要になるスキルをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

企画職の業務内容は多岐に渡るため、さまざまなスキルが求められます。

この記事でお伝えしたスキルは最低限必要になるものなので、1つでも欠けてしまうと転職成功率が低くなります。

そして、企画職は未経験からでも転職することが可能です。

この記事でお伝えした内容を参考にして、企画職への転職を成功させましょう。

企画職の平均年収はどれぐらい?企画職として年収を高める方法とは?

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件