企画職の平均年収はどれぐらい?企画職として年収を高める方法とは?

企画職の平均年収はどれぐらい?企画職として年収を高める方法とは?

仕事をするモチベーションを維持するには、職場環境や仕事に対するやりがいなどが重要になってきますが、「年収」は最重要の項目になると思います。

納得できる年収をもらいながら仕事をすることがモチベーションの維持につながるのですが、年収に対する不満を抱きながら仕事をしている方は多いのではないでしょうか?

この記事では企画職の平均年収や、年収を高める方法などをご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

企画職の平均年収はいくら?

企画職の平均年収は、450万円〜500万円と言われています。

日本の平均年収が約430万円だと言われているため、日本の平均を少し上回っています。

企画職は「花形の職種」と言われることもあり、各職種の中では平均年収が高い方です。

また、男性と女性では平均年収に差があり、男性の場合は「約580万円」、女性の場合は「約430万円」と言われています。

女性は結婚・出産などライフイベントがあるため、年収が高くなりにくいと考えられます。

年齢別の平均年収

企画職は年齢によって平均年収が異なります。

年齢別の平均年収は下記の通りです。

20代 約360万円
30代 約520万円
40代以上 約660万円

企画職では経験が重要視されることが多いため、年齢が高くなるにつれて年収も高くなります。

特に30代で年収が高くなる方は多く、20代でどれだけの経験を積んでいるのかが肝心です。

企画職で年収1,000万円以上稼ぐことは可能?

企画職で年収1,000万円以上稼ぐことは可能です。

実際に企画職として年収1,000万円以上稼いでいる方は存在します。

企画職として年収1,000万円以上稼いでいる方は、全体の5%程度と言われています。

フリーランスで働くことが難しい職種なので、年収1,000万円以上稼いでいる方は、大手企業の役職に就いているケースが多いと考えられます。

企画職でインセンティブ制度を設けている企業が少ないため、役職に就いていない状態で年収1,000万円以上稼ぐことは難しいです。

年収1000万以上の割合は5%!?目指せる職業と高給取りの落とし穴を解説

企画職として年収を高める方法

企画職として働いていて、年収に対する不満を抱いている方は多いでしょう。

そこで企画職として年収を高める方法をご紹介します。

自身のキャリアプランによって最適な方法は異なるため、キャリアプランを考えながら参考にしてみてください。

企画職として他の企業へ転職する

企画職で年収を高める方法として最もおすすめなのが、他の企業へ転職することです。

平均年収が高い企業へ転職することができれば、企画職としてすぐに年収を高められます。

また、企画職として転職しているため、「転職後に活躍できなかった」「仕事が合わなかった」という心配が必要ありません。

転職するときには、企業が掲載している求人情報を確認するため、今の年収よりも高い企業を見つけ出すことは可能です。

転職して年収を高めることは可能なのか?

企画職として転職して年収を高める方法をおすすめしましたが、「転職したら、年収が下がらない?」と不安を抱いている方は多いと思います。

転職では年収が下がる可能性もありますが、年収が高くなっている割合の方が多いです。

実際に転職して年収が上がった割合は「40.4%」で、下がった割合は「36.1%」になるため、転職して年収は高められます。

1つの企業に勤務し続ける

近年、「年功序列制度を設けていない企業が増えてきている」と言われていますが、勤続年数が年収に反映されることは多いため、企画職で年収を高める方法として、1つの企業に勤務し続けるということが挙げられます。

また、1つの企業の勤務し続けることで、企画職として成果を上げやすくなり、昇進しやすくなります。

ただし、この方法では、すぐに年収を高めることができません。

勤続年数が増えることで年収が高まるため、「将来的に年収を高めたい」と思っている方におすすめです。

役職に就けるように成果を上げる

企画職に限らず、役職に就くことができれば年収は高くなるため、企画職で年収を高める方法として、役職に就くということが挙げられます。

役職に就くためには、企画職として成果を上げるだけではなく、人としての評価を得る必要があります。

また、上層部の方々が推薦することで役職になれるケースが多いため、良好な人間関係を築くことが大切です。

ただし、この方法もすぐに年収を高めることはできないため、「将来的に年収を高めたい」と思っている方におすすめです。

企画職から平均年収の高い職種へ転職する

企画職の平均年収は450万円〜500万円ですが、それ以上の平均年収を誇っている職種はあるため、年収を高める方法として、企画職から異業種へ転職することが挙げられます。

異業種へ転職することは「未経験」という扱いになるため、転職することで年収を高めることは難しいですが、将来的には年収が高くなっている可能性があります。

企画職という職種にこだわりがなく、「将来的に年収を高めたい」と考えている方は、平均年収の高い異業種へ転職する方法も考えられるでしょう。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

企画職として年収を高める転職を成功させるポイント

転職で年収を高めることは可能ですが、決して簡単なことではありません。

しっかりと転職に対する対策を行い、年収を高めるポイントを抑える必要があります。

企画職として年収を高める転職を成功させるポイントをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

自分のスキル・実績を具体的にアピールする

中途採用を行っている企業では、「企画職としてすぐに働ける人材」を求めていることが多いため、転職では自分のスキル・実績を具体的にアピールすることが大切です。

具体的にアピールすることで、企画職としてすぐに働ける人材だと判断され、採用率が高くなります。

スキル・実績を具体的にアピールするときは、明確な数字や、上司・クライアントからの評価を含めると、採用担当者に伝わりやすくなります。

ただし、話が長くなることはマイナスな印象を与えるため、注意してください。

年収を重要視していることを伝えない

転職者の重要視することが年収であっても、応募した企業には伝えないことが大切です。

年収を重要視していることを伝えると「年収で弊社を選んだ」と判断されて、採用率がグンと低くなってしまいます。

また、年収を重要視していることを伝えなくても、勘付かれてしまうと意味がないため、面接時の受け答えなどには注意する必要があります。

しっかりと企業に関する研究を行い、年収以外で魅力的に感じた点を、面接でアピールするようにしてください。

転職エージェントを活用して「非公開求人」に応募する

求人には「公開求人」と「非公開求人」があります。

公開求人は、転職サイトなどに公開されている求人で、自由に応募できます。

非公開求人は、転職サイトなどに公開されていない求人で、転職エージェントからの紹介がなければ、応募できません。

非公開求人は、高待遇・高収入な求人が多いため、転職エージェントを活用して紹介してもらうことが大切になります。

また、転職エージェントでは、求人紹介以外にも、面接対策や企業との条件交渉などをサポートしてくれます。

転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心して転職活動を始められます。

企画職への転職で求められるスキルとは?企画職は未経験でも転職できる?

おすすめの転職エージェント

企画職として年収を高めるには転職エージェントの活用が大切なのですが、多くの企業がサービスを提供しているため、「どの転職エージェントが良いのだろう?」悩まれると思います。

そこで年収を高めやすい転職エージェントを2社ご紹介します。

転職エージェントは、併用しても問題ないため、気になるものがあれば、登録してみてください。

doda

doda

dodaは業界最大級の総合型転職エージェントです。

全国各地の求人を7万件以上取り扱っていて、非公開求人を含めると、10万件を超えています。

大手企業が運営していることもあり、大手企業から業績を伸ばしているベンチャー企業まで、幅広く取り扱っています。

そんなdodaは、転職に関するサポート体制が充実しています。

求人紹介から面接対策はもちろん、日程調整、書類添削など、幅広くサポートしてくれます。

さらに、各業界に精通しているキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界ならではのサポートを受けられます。

サポート力を重要視したい方には、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの転職に特化した転職エージェントです。

取り扱っている求人は10万件を超えていて、求人の30%が年収1,000万円以上になっています。

厳選された1万5,000社の企業が求人を掲載しているため、企画職として年収を高められる可能性が高いです。

そんなビズリーチは、スカウト型の転職エージェントになります。

登録することで優秀なヘッドハンターや、企業の採用担当者から直接オファーが届く仕組みになっていて、積極的に転職活動を行わなくても、転職が成功する可能性があります。

ハイクラスの転職エージェントを希望される方は、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

企画職の平均年収は450万円〜500万円

この記事では企画職の年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

企画職の平均年収は450万円〜500万円で、日本の平均を少し上回っています。

年収1,000万円以上稼ぐこともできる仕事で、新卒からも転職社からも高い人気を誇ります。

企画職の年収に対して不満を抱いている方は、平均年収の高い企業へ転職することをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にして、企画職として年収を高める転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件