企画職への転職が向いていない人の特徴5選!向いていない人は転職を諦めるべき?

企画職への転職が向いていない人の特徴5選!向いていない人は転職を諦めるべき?

企画職は自社商品・サービスの目標達成を目指して、最適な企画を立案する仕事で「花形の職種」と言われることがあるほど、人気があります。

人気のある企画職への転職を考えている方は多いと思いますが、「自分は企画職に向いているかな?」と悩むことがあるのではないでしょうか?

この記事では企画職への転職が向いていない人の特徴を5つ解説します。

企画職の具体的な仕事内容などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも企画職とは?

企画職とは、自社商品・サービスの目標達成を目指して、マーケティングを行い、最適な企画を立案する仕事です。

企画職の仕事内容は大きく5つに分けることができて、企業によってそれぞれ部署が用意されているケースもあります。

企画職への転職を考えている方は、具体的な仕事内容を理解して、「自分にあっている仕事なのか」ということを把握することが大切です。

企画職の基本的な仕事内容を3つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

企画職に向いていない人の特徴5選

上記でお伝えした通り、企画職の業務内容は多岐に渡るため、向いている人と向いていない人に分けられます。

企画職に向いていない方が転職してしまうと、転職したことを後悔することになるため、企画職に向いていない人の特徴をいくつかご紹介します。

下記の特徴を参考にして、企画職への転職を考えてみてください。

コミュニケーション能力がない人

企画職は「企画を考える人」と思われることが多いですが、最も大事なスキルは「コミュニケーション能力」になるため、コミュニケーション能力がない方は企画職に向いていないです。

企画職では、担っている仕事内容が異なる部署(開発部署・営業部署など)や、クライアント・お客様などの社外の方とコミュニケーションを図る機会が多いため、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

コミュニケーション能力がないと、良い企画が思いついても、上手くプレゼンすることができずに、不採用で終わってしまいます。

さらに、コミュニケーション能力があっても、コミュニケーションを図ることが苦手・嫌いな方に、企画職は向いていないでしょう。

すぐに結果を求めてしまう人

企画職では、「企画立案・実行・検証・改善」というサイクルを1カ月〜2カ月間程度で回すため、企画職として結果が出るまで、数カ月の期間がかかります。

そのためすぐに結果を求めてしまう方は、企画職に向いていないでしょう。

すぐに結果を求めてしまう方が企画職へ転職すると、仕事に対するモチベーションを維持できずに、退職してしまうケースが多いです。

企画職では結果が出るまで、最短でも1カ月はかかるため、結果をあまり気にしない方が向いている仕事になります。

情報収集することが苦手な人

上記でお伝えした通り、企画職では情報収集した結果をもとに企画を立案するため、情報収集スキルが欠かせないです。

そのため情報収集することが苦手な人は、企画職に向いていないでしょう。

情報収集スキルがなくても企画を立案することは可能ですが、その企画が目標達成することは考えにくいです。

さらに、トレンドやSNSに関する理解も必要になります。

情報収集スキルに加えて、トレンド・SNSに関する理解が深い方は、企画職への転職が向いていると考えられます。

機敏に行動できない人

企画職は、基本的に「0→1」を生み出す仕事です。

過去の商品の売れ行きや、商品に関する需要・取材、競合他社の調査など、企画を考えるまでにやるべきことが多く、他の部署に企画を説明する機会も多くあります。

そのため「明日やれば良いか」「後で調べれば良い」と考えてしまい、機敏な行動ができな人は、企画職に向いていないです。

機敏に行動できる人は、「0→1」を生み出せる可能性が高くなり、他の部署からも信用されやすくなります。

スケジュール管理が苦手な人

上記でお伝えした通り、企画職では社内・社外に関わらず、さまざまな方と関係を築きます。

そのためスケジュール管理を徹底して行う必要があり、スケジュール管理が苦手な人は企画職に向いていないです。

「ある程度のスケジュール管理ができていれば良い」という程度の話ではなく、分単位でのスケジュール管理が必要になります。

1つでもスケジュールが遅れてしまうと、せっかく企画したことが流れてしまう可能性も考えられます。

企画職として目標を達成するのであれば、分単位でスケジール管理する能力が求められます。

向いていないと感じた人は企画職に転職すべきではない

上記で企画職に向いていない人の特徴をお伝えしました。

もし、「向いていない」と感じられた場合は、企画職へ転職することはおすすめしません。

向いていない人でも企画職への転職は成功しますが、転職後に後悔することになります。

その場合はもう一度、転職することになり、社会的な信用を失ってしまう可能性があります。

ただし、「企画職で働くことが夢だった」という方は、転職してみることをおすすめします。

上記でお伝えした内容はあくまで「特徴」になるため、実際に企画職として働いていると、予想以上の成果を上げられる可能性があります。

企画職が向いていないと感じたときにおすすめの転職先

企画職が向いていないと感じた方は、「どんな職種へ転職しよう」と悩まれると思います。

そこで企画職が向いていないと感じた方におすすめの転職先を2つご紹介します。

未経験からでも転職できる職種をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職

企画職が向いていないと感じた方には、営業職がおすすめです。

企画職同様に、コミュニケーション能力は必要としますが、結果はすぐにわかります。

企業によっては、1日に何度も営業を行うため、数カ月単位で結果がわかるということはありません。

また、営業職は、転職市場において最も求人数が多い職種になっていて、納得できる転職先を見つけやすい傾向があります。

未経験からスタートする方が多い職種でもあるため、営業経験がなくても採用してくれる企業が多いです。

未経験でも営業に転職できる?営業職への転職のポイント!

IT関連の仕事

IT関連の仕事とは、エンジニアやプログラマー、WEBマーケターのことを指します。

IT関連の仕事が転職先におすすめな理由は、需要が高い職種だからです。

IT業界の需要が高まることで、IT関連の仕事も需要が高まり続けていて、人手不足を抱えている企業が増えています。

さらに、今後IT業界が衰退することは考えにくいため、需要は高まる一方だと推測されています。

IT関連の仕事は「専門的な資格が必要」と思われる方が多いのですが、無資格の未経験でも採用してくれる企業は多くあります。

しかし、無知な状態で転職することは難しいです。

転職を成功させるには、IT業界と転職する職種に関するある程度の知識は必要になります。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

転職を成功させるには「転職エージェント」の活用が必須

転職する職種に関わらず、転職を成功させるには「転職エージェント」を活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的に受けられるサポートは、「求人紹介・面接対策・書類添削・日程調整・条件交渉」などで、登録者に対して担当のキャリアアドバイザーが1人付くため、転職経験がない方でも、希望通りの転職を成功させられる可能性が高くなります

。また、転職サイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるため、転職先の選択肢が広がります。

おすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

企画職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

企画職に向いていないと感じた人は他の職種へ転職しよう

この記事では企画職に向いていない人の特徴をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

企画職の仕事内容は多岐に渡るため、向いている人と向いていない人に分かれます。

企画職への転職が向いていないと感じられた場合は、企画職以外の職種への転職をおすすめします。

向いていない人が企画職へ転職してしまうと、後悔するケースが多いです。

この記事でお伝えした内容を参考にして、企画職へ転職するのか、判断してみてください。

企画職から転職する人は多い?転職する理由とおすすめの転職先をご紹介

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件