企画職への転職で志望動機は重要視される?例文や知っておくべきポイントを解説

企画職への転職で志望動機は重要視される?例文や知っておくべきポイントを解説

転職するときには、応募企業に対して「志望動機」を伝える必要があります。

志望動機では「なぜ、その企業に応募したのか」ということを伝えるのですが、採用担当者は重要視しているのでしょうか?

この記事では企画職への転職で志望動機が重要視されているのか解説します。

企画職への志望動機の例文や抑えておきたいポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

企画職への転職では志望動機が重要視される?

企画職への転職では、志望動機が重要視されることが多いです。

理由としては、少しでも仕事や企業に対して、前向きな気持ちを持つ人材を確保するためです。

企業に対する想いが弱い社員と、想いが強い社員では、どちらの方が仕事に対して前向きと感じるでしょうか。

おそらく多くの方が、「企業に対する想いが強い社員」と答えるでしょう。

また、企業に対する想いが強いと感じられる人には、転職後に活躍してくれる可能性が高いと考えていることが多いです。

そのため企画職への転職では志望動機が重要視されて、志望動機の内容によって採用・不採用の選考に大きな影響を与えます。

転職するときに志望動機を聞かれる理由

企画職への転職では志望動機が重要視されるとお伝えしましたが、「どのような意図で聞かれているのかな?」と気になる方は多いです。

ここからは、採用担当者が志望動機をなぜ聞くのか。その理由について下記からご紹介します。

志望動機を聞かれる理由①採用後すぐに退職しないかを確認している

1つ目の理由として挙げられるのが、すぐに退職しないかを確認しているということです。

上記でもお伝えしましたが、志望動機の内容によって仕事に対して前向きな人材なのかを把握できます。

仕事に対して前向きではない人材では、転職後にすぐに辞めてしまう可能性があります。

企画職という仕事は、長く勤めることでスキルが付き、大きな戦力になります。

こうした理由から、すぐに退職する可能性がある人材は採用したくないと考えています。

そのため志望動機を聞いてすぐに退職されないかを確認しているのです。

志望動機を聞かれる理由②活躍してくれる・できる人材を確認している

2つ目の理由が、活躍してくれる、活躍できる人材なのかを確認しているということです。

企業が中途採用の採用活動を行なっている意図として、即戦力で活躍できる人材を採用したいと考えています。

即戦力で活躍できるのかを判断する材料の1つとして、志望動機を聞かれています。

採用担当者は面接の限られた時間の中で、採用・不採用を決めなくてはいけません。

少しでも明確に、なぜこの企業を選んだのか、なぜこの仕事に就きたいのか、がわかる人材を採用しようと考えます。

また、志望動機は自己PRや転職理由よりも判断しやすいという担当者が多い傾向にあるため、企画職へ転職するときには、必ず志望動機を聞かれます。

企画職の志望動機の例文

転職経験がない方ですと、「どのように書けば良いかわからない」と悩まれることが多いです。

そこで経験者と未経験者の2通りの例文をご紹介します。

ただし、例文は空想の企業に対する想いを伝えているため、あくまで参考程度にしてそのまま引用しないようにしてください。

経験者の場合

〇〇ジャンルのWEBメディアの企画業務を担当し、タイアップの立案や顧客(ユーザー)向けのセミナーなどを開催していた実績があります。

立案した企画をきっかけに、携わっていたジャンルに関するの専門性を高めたいと感じていました。

ただ、専門性の対象が前職の業界に限られていたので、もっと幅広い企画・サービスを提供したいと考えるようになりました。

貴社は〇〇のジャンルだけではなく、幅広いWEBメディアをお持ちです。

また、年齢層を細かく分けたターゲットに対しての企画を積極的に展開している点にも興味を覚えました。

私は商品やサービスの企画だけでなく、SNSを中心とした広報・PRも経験しています。

これまでの企画経験を活かして、貴社の展開されているWEBメディアのファンづくりをしたいと考え、応募いたしました。

未経験者(異業種)の場合

これまで2年間、法人向けにオフィス機器(機材)の営業に携わっておりました。

営業職の時から何かと企画を考えることが好きで、キャンペーンや新プランの提案をしたことがあり、実現した実績もあります。

一方で、販売していた商品のメンテナンスやアフターフォローが営業活動の中心となっており、独立した企画部門はありませんでした。

貴社が募集している企画職のポジションで、これまでに培った営業経験が活かせるのではないかと考えております。

また、オフィス機器(機材)の知識が貴社のオフィス移転事業にも貢献できると思い、応募いたしました。

企画職への志望動機を伝えるときに抑えておきたいポイント

企画職への志望動機を伝えるときに、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

志望動機で好印象を得て転職を成功させられるように、ぜひ参考にしてみてください。

応募企業ならではの魅力を伝える

企画職への志望動機を伝えるときには、応募企業ならではの魅力を伝えることが大切です。

企業ならではの魅力を伝えることで、自然と企業に対するものが強いことをアピールできます。

また、応募企業ならではの志望動機を伝えないと、「他の企業でも良いよね」と採用担当者に良い印象を与えることができません。

そのため経営理念や応募企業が強みとしているサービスを踏まえて伝えることで、転職成功率は高まるでしょう。

応募企業でどのように活躍するのか伝える

企画職への志望動機を伝えるときには、応募企業でどのように活躍するのかを伝えることが大切です。

志望動機は企業に対する想いを伝えるものとお伝えしましたが、それだけでは不十分です。

志望動機の最後に、「私なら貴社で活躍できますよ」ということをアピールする必要があります。

また、どのように活躍できるのかを具体的にアピールすると、採用担当者からの印象は良くなるでしょう。

そして、ただ単にアピールするのではなく、「貴社だからこそ、私は活躍できます」と伝えることが大切になります。

未経験や異業種から企画職へ転職活動を進める際、提示できる実績などが少ないため、前職での経験がいかに活かせられるかを重点的に伝えられるかがポイントです。

企画職への転職で求められるスキルとは?企画職は未経験でも転職できる?

志望動機以外で転職を成功させるコツ

企画職への転職を成功させるためには、志望動機以外にも抑えておきたいコツがあります。

最初から希望通りに転職を成功させることは難しいので、下記のコツを参考にして転職活動を行ってみてください。

企画職に関する知識を身に付ける(知っておく)

企画職への転職を成功させるためには、企画職に関する知識を身に付ける必要があります。

経験者の場合はある程度の知識が身に付いていると思いますが、未経験者の場合は転職活動を行う前にある程度の知識を身に付けることが大切です。

また、知識を身に付いていることを証明するためには、資格を取得するという選択肢があります。

企画職への転職は未経験でも成功させられるのですが、無知な状態で成功させることは難しいです。

希望する職種で活かせるスキルをアピールする

企画職への転職を成功させるためには、希望する職種で活かせるスキルをアピールすることが大切です。

企画職の中でもさまざまなポジションがあります。

例えば営業企画職を希望しているとします。

その場合、企画職に関する知識だけではなく、コミュニケーション能力の高さをアピールすることが大切です。

企画職未経験者でも、今までの経験から活かせるスキルは身に付いています。

1つでも多くのスキルをアピールできると、企画職への転職成功率は高まります。

転職エージェントを活用する

企画職への転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートを受けられるサービスです。

具体的には「求人紹介・面接対策・条件交渉・日程調整・書類作成」などのサポートを受けられて、転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザー(転職のプロ)が付きます。

そのため転職経験がない方でも安心して転職活動を進められます。そして良い待遇・高い給料を設定されていることが多い「非公開求人」に応募できるようになります。

転職サイトでは非公開求人に応募できないため、転職エージェントを活用することで転職先の選択肢も広がります。

企画職への転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

企画職への転職で志望動機は重要視される

この記事では企画職に転職するときの志望動機についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

企画職への転職では、志望動機が重要視されることが多く、内容によって採用・不採用が決まることがあります。

そのため転職活動を進める際は、志望動機をしっかりと考えて面接のときにもはっきりと伝えることを意識しましょう。

企画職への志望動機を考えるとき、この記事でご紹介したポイントや例文を参考にして、企画職への転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件