企画職への転職で資格は必要?おすすめの資格と取得するコツをご紹介

企画職への転職で資格は必要?おすすめの資格と取得するコツをご紹介

企画職は消費者のニーズや市場の動向についてマーケティングを行い、最適な企画を立案する仕事として、高い人気を誇っています。

そんな企画職への転職を目指している方は多くいると思いますが、「企画職への転職では、資格を取得した方が良いのかな?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では企画職への転職で資格が必要なのか解説します。

企画職への転職でおすすめの資格や、働きながら資格を取得する方法などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

企画職への転職で資格は必要?

企画職への転職を考えると、「資格は必要なのかな?」と悩まれることがあると思います。

結論からお伝えすると、企画職への転職で資格は必要ではありません。

専門的な知識とスキルを有する職業ではないため、資格を取得していなくても転職は成功します。

しかし、企画職への転職で資格を取得していると、転職活動が有利に働きやすくなります。

資格は定められている一定以上のスキル・知識を身に付けている証明になるため、企画職への転職では資格を取得することをおすすめします。

企画職への転職で、資格を取得することをおすすめする理由をさらに詳しくご紹介します。

企画職に必要なスキル・知識を身に付けられる

資格は一定以上のスキル・知識がないと取得できないため、資格を取得するということは、企画職に必要なスキル・知識を身に付けられるということです。

資格という明確な目標があることで、企画職に必要なスキル・知識を身に付けやすくなります。

また、資格には合格・不合格があり、自分のスキル・知識がどれだけ身に付いているのか、把握することも可能です。

資格取得を目標に勉強することで、自然と企画職に必要なスキル・知識が身に付けられ、自分の能力を具体化できます。

企画職への転職で求められるスキルとは?企画職は未経験でも転職できる?

採用担当者からの信頼を得やすい

資格は経歴・年齢・職業などは全く関係なく、主催している機関が定める一定以上のスキル・知識を身に付けている方だけが取得できるものです。

そのため採用担当者の採用・不採用を決める判断材料になりやすく、資格を取得していることで信頼を得やすくなります。

転職を成功させるには、採用担当者から信頼を得ることは最も大事なことです。

そして、資格を取得していることで、企画職への関心の高さもアピールできるでしょう。

自信につながる

未経験の職種へ転職することは「不安」が大きいと思いますが、資格を取得することで自信につながります。

中途採用を行っている企業では、「ポジティブな人材がほしい」と考えていることが多いため、自信がある転職者は採用担当者にとって魅力的な人材になります。

また、企画職へ転職することに対して自信が付くことで、転職後に活躍できる可能性が高くなります。

企画職への転職でおすすめの資格

企画職への転職成功率を高めるためには、資格を取得することをおすすめしました。

企画職への転職でも有利になり、転職後でも役立つ資格をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

商品プランナー

商品プランナーとは、「日本商品開発士会」が認定している資格です。

試験内容に関する研修が用意されていて、研修後の試験結果により取得できます。

商品戦略や販売戦略、販売促進戦略などの基礎的な知識やスキルを身に付けられる資格で、企画を立案する企画職では役立つ資格になります。

学歴・年齢・職歴などは関係なく、受験することが可能で、講義・研修はオンラインで受講することが可能です。

資格を取得するには、合計点が満点の60%以上である必要があるため、用意されている研修を受講することをおすすめします。

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定は、一般社団法人「中央職業能力開発協会」が実施する資格であり、1級〜3級までの資格が用意されています。

ビジネス・キャリア検定では、企画マーケティングに関する専門的な知識を身に付けられて、1級・2級を取得していると転職でアピールできます。

3級を取得していない状態でも、1級や2級を受験できるので、企画職への転職を考えている方は、いきなり2級を受験することをおすすめします。

ビジネス・キャリア検定2級の合格率は「50~60%」で、2カ月程度の勉強で取得できると言われています。

商品開発士

商品開発士とは、上記でお伝えした「日本商品開発士会」が認定している資格で、新商品開発や製品改良、マーケティング、販売戦略などに関する助言・指導ができるほどの知識・スキルを身に付けられます。

商品開発士を受験できるのは、上記でお伝えした「商品プランナー」を取得している方のみです。

ただし、商品プランナーの試験と併願することが可能なので、企画職への転職を考えている方は、一気に2つの資格を取得することをおすすめします。

販路コーディネーター

販路コーディネーターとは、「日本販路コーディネータ協会」が認定する資格で、1級〜3級までの資格が用意されています。

マーケティングや販売戦略、販売促進に関する助言・指導、また販路開拓と商品開発の助言・指導を行うことができる知識・スキルが身に付く資格になります。

3級でも基礎的な知識・スキルは身に付いているため、企画職への転職でアピールできます。

2級を受験するには、3級に合格している必要があるので、まずは販路コーディネーター3級の資格を取得することをおすすめします。

プレゼンテーション技能検定

プレゼンテーション技能検定は、「日本プレゼンテーション教育協会」が認定している資格で、1級・2級・準2級・3級の資格が用意されています。

プレゼンテーション技能検定では、プレゼンテーションに関する幅広い知識・スキルを身に付けることができて、3級でも転職でアピールできます。

企画職では考えた企画をプレゼンテーションする機会が多くあるため、この資格は転職後でも役立ちます。

準2級と3級は受験資格が定められていないので、転職成功率を高めたい方は、いきなりプレゼンテーション技能検定準2級を取得してみても良いでしょう。

働きながら資格を取得するコツ

上記でお伝えした資格は、国家資格ほどの難易度ではありませんが、簡単に取得できるわけではありません。

さらに、働きながら勉強する必要があるので、難易度は高いと考えられます。

そこで働きながら資格を取得するコツをいくつかご紹介します。

時間を決めて取り込む

働きながら資格を取得するためには、勉強する時間を決めて取り組むことが大切です。

例えば、「平日は30分、土曜日は1時間、日曜日は2時間」など、時間を決めることで勉強しているときの集中力が高くなります。

勉強する時間は5分でも10分でも問題ありませんが、決めた時間は絶対に勉強するようにしてください。

「今日は疲れたから、半分の時間にしよう」ということをしてしまうと、働きながら資格を取得することは難しくなります。

毎日勉強を続ける

資格に関する勉強に限らず、勉強は毎日続けることが大切です。

特に働きながら資格の取得を目指す場合は、時間に余裕がないため、毎日継続して勉強し続ける必要があります。

毎日勉強することで、一回の時間は少なくても、資格を取得できる可能性を高められます。

仕事がない休日に「勉強をしたくない」と思われるかもしれませんが、5分だけでも良いので、勉強することをおすすめします。

そして、月に数日は休みを作ることで、勉強に対するモチベーションを維持できます。

企画職に対するモチベーションを維持する

上記でお伝えした資格を取得する理由は、企画職への転職を成功させるためです。

そのため企画職へ転職するモチベーションを維持させることが大切で、企画職に転職する意欲が下がってしまうと、資格取得に対する意欲も下がります。

資格は1日、2日で取得できるものではないので、モチベーションの管理が大事です。

転職エージェントでサポートしてもらう

資格を取得してから転職活動を始めていては、少し遅いので、受験する日が決まると転職活動をスタートさせる必要があります。

ただし、資格の勉強と転職活動を両立させることは難しいため、転職エージェントを活用してサポートしてもらうことが大切です。

転職エージェントでは、転職に関することを幅広くサポートしてくれて、求人紹介や日程調整を行ってくれます。

転職エージェントを活用することで、転職者は資格の勉強に集中しつつ、転職活動を進められます。

さらに、転職者に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、しっかりとサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば、登録してみてください。

資格を取得することは転職成功率を高める

この記事では企画職への転職で資格を取得すべきなのかお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

企画職への転職で資格は必要ありませんが、取得していることで転職が有利に働く可能性が高くなります。

また、資格は企画職で必要になるスキル・知識を身に付けられるため、転職後に活躍しやすくなります。

企画職でおすすめの資格は国家資格ほど難易度が高いわけではないので、比較的取得しやすいものが多いです。

この記事でお伝えした内容を参考にして、企画職への転職を成功させてみてください。

企画職への転職で志望動機は重要視される?例文や知っておくべきポイントを解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件