今後もWEB業界は需要が高まり続ける?今後も需要が高い職種とは?

今後もWEB業界は需要が高まり続ける?今後も需要が高い職種とは?

IT技術が発展したことでスマホやインターネットが普及し、それらのサービスは生活に欠かせない時代になりました。

そのことで、WEB業界の需要は高まっているのですが、「今後の需要はどうなの?」と気になっている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、WEB業界の今後の需要について解説します。

今後も需要が高いとされる職種や、未経験でWEB業界へ転職するポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそもWEB業界とは?

WEB業界とは、「インターネットを通じてサービスを提供する会社」が属している業界です。

楽天やメルカリ、サイバーエージェントなどはWEB業界に属している企業になります。

約30年前に世界初のWEBサイトが公開されて、業界歴としてはまだまだ短いです。

そして、IT業界の一区分としてWEB業界があり、「インターネット業界」と言われることもあります。

IT業界には、「通信業界・ソフトウェア業界・情報処理サービス業界」など、WEB業界以外の業界もあるため、間違えないように注意してください。

WEB業界の今後の需要は?

WEB業界はIT技術が発展したことで、需要が高まっている業界です。

ただし、「WEB業界の需要はいつまで続くの?」と今後の展望が気になる方は多いと思います。

結論からお伝えすると、今後もWEB業界の需要は高まり続けると考えられます。

現在もWEB業界の需要は高まり続けていますが、今後も成長は止まらないでしょう。

今後もWEB業界の需要が高まり続けるとされている理由を、詳しくご紹介します。

今後も需要が高まり続けるとされる理由

今後もWEB業界の需要が高まり続けるとされている理由は、大きく2つあります。

インターネットの一般化が広がっている

1つ目がインターネットの一般化です。

多くの方が毎日インターネットを活用するようになり、実店舗ではなく、ネットショッピングなどで購入する方が増えています。

また、何かわからないことがあれば、GoogleやYahooなどの検索エンジンを活用して、悩みを解決します。

このような生活が一般化された現代では、インターネットが生活から必要なくなることが考えられません。

今後も人間の生活を支えるインターネットだからこそ、今後もWEB業界は需要が高まると考えられます。

インターネットの導入が広がっている

2つ目がインターネットの導入です。

インターネットが普及したことで、さまざまな産業に導入されています。

自動運転の車などはインターネットが導入された代表的な例です。

車にインターネットを導入するからこそ、自動運転ができるようになります。

他にもインターネットが導入されている産業は多く、今後も増えていく一方だと考えられるため、WEB業界の需要は高まり続けます。

WEB業界で今後も需要が高い職種

WEB業界の需要が高まることで、WEB業界に関する職種の需要も高まっています。

そこで、今後も需要が高まるとされている職種をいくつかご紹介します。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、今後も需要が高い職種です。

WEBデザイナーでは、WEBサイトの制作においての配色やレイアウト、フォントの選定など、デザインに関することを全て担当します。

WEBサイトを制作する上では、欠かせない職種になるため、需要が低くなることは考えにくいです。

また、WEBデザイナーは「人間味」が必要とされる職種なので、AIがさらに発展したとしても高い需要を保つことになるでしょう。

未経験からWebデザイナーになりたい!デザイナーキャリアをスタートさせるための基礎知識

WEBデザイナーにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、今後も需要が高い職種です。

WEBエンジニアでは、プログラミング言語を用いて、WEBサイトのシステムの構築や開発を行います。

WEBサイトだけではなく、WEBサービスのシステムを構築・開発するケースもあります。

WEB業界で提供するサービスでは、WEBエンジニアが必要になるため、今後も需要が低くなることは考えにくく、現在でもWEBエンジニアは人手不足になっています。

専門的な知識・スキルを有する職種なので、今後も需要は高まり続けると考えられます。

未経験からエンジニアに転職できる?転職を成功させる秘訣と注意点

WEBマーケター

WEBマーケターは、今後も需要が高い職種です。

WEBマーケターでは、WEBを使ってマーケティングを行い、自社商品・サービス・WEBサイトの知名度を向上させる役割を担います。

WEBマーケターは、WEB業界に属しているほとんどの企業で必要になるため、今後も需要は高まり続けるでしょう。

さらに、WEBデザイナー同様に、「人間味」が必要な職種なので、AIに仕事が奪われることは考えにくいです。

未経験からマーケティング職は難しい?マーケティング職に転職する方法

今からWEB業界への転職を目指すことは可能?

WEB業界への転職は、今からでも遅くありません。

今後さらに需要が高まるWEB業界は、人手不足が問題視されているため、未経験の状態からでも転職を成功させることは可能です。

また、WEB業界の需要は高まり始めたばかりです。

需要のピークを迎えている業界ではないので、今から転職を目指しても遅くありません。

ただし、無知な状態ではWEB業界へ転職することは難しく、ある程度の業界知識を身に付ける必要があります。

WEBデザイナー・マーケターがおすすめ

今からWEB業界への転職する場合は、WEBデザイナー・WEBマーケターがおすすめです。

WEBデザイナー・WEBマーケターはAIによる代替が難しいとされている職種で、人間味のある考え方や企画力が求められます。

また、WEBデザイナー・WEBマーケターは、クライアントやチーム内でコミュニケーションを図る機会が多く、AIによって仕事がなくなる可能性が低いため、今からWEB業界への転職を目指す方にはおすすめです。

WEB業界でおすすめしない職種は、「WEBプログラマー」です。

システムエンジニアなどはAIによる代替が難しいとされていますが、プログラマーは「今後、仕事がなくなる可能性がある」と言われています。

もし、プログラミング言語を有する職種を目指す場合は、「AIエンジニア」を目指すようにしてください。

WEB業界にはどんな職種がある?未経験でも転職しやすい職種をご紹介

未経験からWEB業界への転職を成功させるポイント

未経験からWEB業界へ転職することは可能ですが、簡単なことではありません。

未経験でWEB業界への転職を成功させるには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

未経験からWEB業界への転職を成功させるポイントをご紹介します。

WEB業界の知識を身に付ける

未経験からWEB業界への転職を成功させるには、業界に関する知識を身に付ける必要があります。

WEB業界は専門的な知識を必要とする職種が多いです。

特にWEBデザイナー・WEBマーケターは業界に関する知識を深く理解しておく必要があります。

また、WEB業界の知識を身に付けることで、「自分に合っている業界なのか」ということを事前に把握できます。

転職後に後悔しないためにも、WEB業界に関する知識を身に付けるようにしてください。

WEB業界への転職で役立つ資格

WEB業界の知識を身に付けるときは、資格を取得することをおすすめします。

資格を取得することで、未経験でもWEB業界に関する知識が身に付けていることを証明できます。

また、未経験の場合は経験や実績をアピールできないため、資格を取得しておくとスムーズに転職先が決まる可能性が高いです。

WEB業界への転職で役立つ資格は下記の通りです。

  • WEB検定
  • ネットマーケティング検定
  • Googleアナリティクス個人認定試験
  • マイクロソフト認定資格プログラム
  • 基本情報処理技術者

職種によって役立つ資格は異なるため、まずは希望する職種を決める必要があります。

そして、自分の知識に見合った資格の取得を目指すようにしてください。

1日でも早く転職活動を始める

未経験からWEB業界への転職を成功させるには、1日でも早く転職活動を始めることが大切です。

WEB業界に関わらず、転職市場では、年齢が若い人材が好まれます。

その理由は「1年でも長く働いて欲しい」と考える企業が多いからです。

未経験で転職を成功させるには、企業が求めている人物像になる必要があるため、1日でも早く転職活動を始める必要があります。

もし、30代以上の方でWEB業界への転職を目指す場合は、プログラミング言語やデザイナーに関する知識などを、深く身に付けることが大切になります。

WEB業界への転職は未経験でも成功する?おすすめの職種と転職するポイントを解説

転職エージェントを活用する

未経験からWEB業界への転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することをサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントで受けられるサポート内容は下記の通りです。

  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 条件交渉
  • キャリアプランに関する相談
  • 入社後のカウンセリング など

登録者1人に対して、担当の転職キャリアアドバイザーが付くので、スムーズに転職を成功させられる可能性が高いです。

また、転職サイトには公開されていない「非公開求人」も紹介してくれるため、転職先の選択肢が広がります。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば、登録してみてください。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

WEB業界の需要は今後も高くなる

この記事ではWEB業界の今後についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEB業界の需要は今後も高まり続けると推測されています。それはインターネットが一般化されたことが大きな要因だと考えられます。

また、WEB業界の中でも、WEBデザイナー・WEBエンジニア・WEBマーケターは今後も需要が低くならないでしょう。

そして、WEB業界は未経験からでも転職を成功させられます。

上記でお伝えしたポイントを参考にして、WEB業界への転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件