WEB業界にはどんなイメージがある?未経験者でも始めやすい職種は?

WEB業界にはどんなイメージがある?未経験者でも始めやすい職種は?

WEB業界はIT技術が発展したことで、需要が高まっています。

今後も需要は高まり続けると言われていて、WEB業界への転職を考えている方は多いでしょう。

しかし、「WEB業界ってどんな業界なの?」と気になることがあるのではないでしょうか?

この記事ではWEB業界に対する世間のイメージについて解説します。

未経験で転職しやすい職種や、イメージ通りの業界なのかもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそもWEB業界とは?

WEB業界とは、「インターネットを通じてサービスを提供する会社」が属している業界です。

例えば、ネットショピングのサービスを提供している会社はWEB業界に該当します。

WEB業界は、古くからある業界ではなく、30年〜35年前にできた業界です。

そして、IT業界の一区分としてWEB業界があり、「インターネット業界」と言われることもあります。

IT業界には、WEB業界以外にも「通信業界・ソフトウェア業界・情報処理サービス業界」などがあり、それぞれ提供しているサービスが異なります。

WEB業界で知名度の高い企業

WEB業界で知名度の高い企業は、楽天株式会社です。

1997年にネットショッピングの「楽天市場」を開設して、WEB業界に参入しました。

現在では、Eコマース・デジタルコンテンツ・通信などのインターネット事業や、クレジットカード、電子マネーなど金融関連の事業を展開しています。

さらに「東北楽天イーグルス」も運営していて、事業内容は多岐に渡ります。

楽天株式会社は知名度も高いですが、WEB業界でNo,1の売上高を誇り、転職市場でも高い人気を誇ります。

楽天株式会社に次いで知名度の高い企業は、株式会社メルカリです。

株式会社メルカリは2013年にWEB業界に参入し、フリマアプリ「メルカリ」を開設しました。

現在では業界最大規模を誇り、多くのユーザーから人気を獲得しています。

他にも「Zホールディングス・株式会社ディーエヌエー・GMOインターネット株式会社・株式会社ZOZO」などがWEB業界に属している企業として挙げられます。

WEB業界の売上高・年収ランキング!ランキングに入っている企業に転職できる?

WEB業界にはどんなイメージがある?

上記でもお伝えした通り、WEB業界は歴史が浅いため、さまざまなイメージを持たれます。

WEB業界に対して世間が持っている良いイメージと悪いイメージの両方をご紹介します。

イメージだけではなく、WEB業界のリアルも合わせてご紹介するので、転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

働いている人の年齢層が若い

WEB業界に対する良いイメージとして、働いている人の年齢層が若いということが挙げられます。

できて間もない業界ということから、働いている年齢層が若いというイメージがあるのでしょう。

また、「若者=ネットに詳しい」「年配者=ネットに疎い」というイメージも、関係していると考えられます。

ただし、WEB業界は本当に働いている人の年齢層が若いです。

一般的な企業での平均年齢は40歳前後なことが多いのですが、WEB業界の平均年齢は「33.5歳」と言われています。

つまり、年齢層が若いというのは、イメージ通りです。

フリーランスなど働き方の自由度が高い

WEB業界に対する良いイメージとして、働き方の自由度が高いということが挙げられます。

インターネットで完結するサービスを提供していることや、「PCがあれば、仕事ができる」という想像から、このようなイメージを持たれているのでしょう。

ただし、WEB業界の働き方は自由度が高く、世間のイメージ通りです。

実際にフリーランスで働いている方は多く、独立することを目指してWEB業界へ転職する方が増えています。

将来性が高い

WEB業界に対する良いイメージとして、将来性が高いということが挙げられます。

WEB業界が「古くからある」と思っている方は少なく、インターネットが一般化され始めたことから、このようなイメージを持たれていると考えられます。

また、さまざまな業界でインターネットが導入されていることも要因の1つになるでしょう。

ただし、WEB業界の将来性は高く、今後も需要は高まり続けると推測されています。

そのため「将来性が高い」ということは、世間のイメージ通りになります。

未経験でも始めやすい

WEB業界に対する良いイメージとして、未経験でも始めやすいということが挙げられます。

WEB業界に関する求人には「未経験募集!」と掲載されていることや、人手不足を抱えている企業が多いことから、このようなイメージを持たれているのでしょう。

また、特別な資格を必要としないことも、1つの要因として考えられます。

ただし、WEB業界は本当に未経験でも始めやすいです。

もちろん、WEB業界に関する知識を身に付ける必要はありますが、未経験で自分の希望通りに転職できる可能性が高いです。

PCと向き合っていることが多い

WEB業界に対する悪いイメージとして、PCと向き合っていることが多いということが挙げられます。

インターネットを通じてサービスを提供することや、「インターネット=PC」という想像から、このようなイメージを世間は持っていると考えられます。

このイメージは、職種によって当てはまるかどうか変わります。

プログラマーはPCと向き合っている時間の方が多いですが、WEBデザイナーやシステムエンジニアなどは、クライアントなどとコミュニケーションを図る時間の方が多いです。

「PCと向き合うことが嫌」という方は、プログラマー以外の職種へ転職すると良いでしょう。

残業が多い

WEB業界に対する悪いイメージとして、残業が多いということが挙げられます。

近年WEB業界の需要が高まっていることや、人手不足を抱えている企業が多いことから、このようなイメージを持たれているのでしょう。

また、クライアントに左右されることが多いことも、要因の1つとして考えられます。

ただし、WEB業界は残業が少ない企業が多いです。

日本の平均残業時間は35時間〜40時間と言われているのですが、WEB業界では約25時間と言われています。

業界別に見ても、WEB業界は残業時間が多い方ではありません。

今後もWEB業界は需要が高まり続ける?今後も需要が高い職種とは?

WEB業界で転職しやすい職種

WEB業界は未経験でも転職しやすい業界ですが、職種によって転職難易度が異なります。

未経験の場合は転職難易度の低い職種へ転職することをおすすめします。

未経験でも転職しやすい職種をいくつかご紹介します。

WEBマーケター

WEBマーケターは、未経験でも転職を成功させやすいです。

WEBマーケターとは、WEBを使ってマーケティングを行う職種で、自社商品・サービス・WEBサイトの知名度を向上させる役割を担います。

WEBサイトのアクセス解析やSEO対策などに関する知識を必要としますが、最も大切なスキルは「マーケティング力」になるので、未経験でも転職しやすいです。

さらに、WEB業界では3年前の技術・情報は「役に立たない」と言われるほど、変動が激しいため、未経験でも積極的に採用している企業が多い傾向にあります。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、未経験でも転職を成功させやすいです。

WEBデザイナーとは、WEBサイトのデザインを行う職種で、配色・レイアウト・フォントの選定など、デザインに関することは全て担当します。

WEBデザイナーでは、経験よりも知識・スキルを重要視される傾向があるため、未経験でも転職を成功させやすいです。

また、WEBサイトは企業に勤めなくても制作できるため、自身で制作したことがあれば、希望通りに転職を成功させられる可能性が高くなります。

営業職

WEB業界の営業職は、未経験でも転職を成功させやすいです。

WEB業界の営業職では、売り込む商品・サービスが実在しないケースが多く、架空のものを売り込むことが多いです。

そのためWEB業界に関する知識よりも、営業職としてのコミュニケーション能力・プレゼン能力が重要視されます。

WEB業界の経験がなくても、営業職の経験があれば、転職は成功させやすいでしょう。

また、営業職は求人数も多いため、転職難易度が低いです。

WEB業界にはどんな職種がある?未経験でも転職しやすい職種をご紹介

未経験者は「転職エージェント」を活用することが大切

未経験でWEB業界への転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・書類添削」などで、転職後のカウンセリングなども行ってくれます。

また、登録者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心してスムーズに転職活動を進められます。

そして転職エージェントでは、サイトに公開されていない「非公開求人」に応募できるようになります。

WEB業界への転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

WEB業界は世間のイメージ通りではない

この記事ではWEB業界に対する世間のイメージをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEB業界はイメージ通りなこともありますが、イメージとは異なることもあります。

特にWEB業界が「残業が多い」というイメージを持たれがちなのですが、日本の平均以下の企業が多いです。

そして、WEB業界は未経験からでも転職を成功させられます。

上記でお伝えした職種と転職エージェントを参考にして、WEB業界への転職を成功させてみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件