WEB業界にはどんな職種がある?未経験でも転職しやすい職種をご紹介

WEB業界にはどんな職種がある?未経験でも転職しやすい職種をご紹介

自分の希望通りに転職を成功させるには、業界にある職種を把握する必要があります。

職種を把握することで、自分に合った職種を見つけ出すことができます。

ただし、未経験の業界では「どのような職種があるのだろう?」と悩まれることが多いのではないでしょうか?

この記事ではWEB業界にある職種について解説します。

未経験で転職しやすい職種や、WEB業界で活かせる資格などもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

WEB業界とは?

そもそもWEB業界とは、「インターネットを通じてサービスを提供する会社」が属している業界です。

IT業界の一区分としてWEB業界があり、「楽天・リクルート・Zホールディングス・メルカリ」などがWEB業界に属している企業です。

WEB業界は「インターネット業界」と言われることもあり、ネットションピングや、WEBサイトを運用している企業はWEB業界に属します。

IT業界には「通信業界・ソフトウェア業界・情報処理サービス業界」など、WEB業界以外の業界もあるため、間違えて転職しないように注意してください。

WEB業界にはどんな職種がある?

WEB業界にはさまざまな職種があります。

中でも職種自体の需要が高く、求人が出ていることが多いものをいくつか紹介します。

WEB業界で需要の高い職種を理解して、転職活動を始めるようにしてください。

WEBマーケター

WEBマーケターは、WEBを使ってマーケティングを行う職種です。

自社商品・サービス・WEBサイトの知名度を向上させる役割を担います。

一般的なマーケティング職と異なる点はWEBを使うことで、WEBサイトのアクセス解析や広告運用、SEO対策などが主な仕事内容です。

WEB業界では、3年前の技術・情報は「役に立たない」と言われるほど、変動が激しいため、常に最新の情報を仕入れてマーケティングする必要があります。

基本的にWEB業界に属している企業には、設けられている職種です。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、WEBサイトのデザインを行う職種です。

WEBサイトの制作においての配色やレイアウト、フォントの選定など、デザインに関することは全て担当します。

また、WEBサイトの使いやすさや見やすさなどを、意識してデザインする必要があります。

WEBサイトを運用する目的に沿って、仕事内容を変える必要があるため、企業によってデザイン方法などは異なります。

そして、WEBサイトには「流行」があるので、常に最新トレンドを追いかけることが大切です。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、プログラミング言語を用いて、WEBサイトのシステムの構築や開発を行う職種です。

WEBサイトだけではなく、WEBサービスのシステムを構築・開発するケースもあります。

WEBエンジニアで活用するプログラミング言語は、 PHP・Java・Ruby・HTMLなどさまざまで、WEBサイト・サービスによって異なります。

転職するときには、「Javaの知識がある人」などと、習得しているプログラミング言語を限定して、募集されることが多いです。

WEBエンジニアとしては、1つでも多くのプログラミング言語を深く習得することが大切になります。

WEBディレクター

WEBディレクターは、WEBサイト制作の管理・監督・指揮を行う職種です。

WEB制作会社の「現場監督」というイメージで、クライアントの要望に沿って、WEBサイト制作に必要なスタッフを管理します。

また、制作したWEBサイトの運用・改善などもWEBディレクターの担当で、 WEBマーケターをまとめる必要もあります。

そして、クライアントからの要望を理解して、チームに伝達する必要があるので、高度なコミュニケーション能力が求められます。

WEBディレクターはWEBマーケター・WEBエンジニアのキャリアパスとなることが多いです。

WEBライター

WEBライターは、WEBサイトに掲載する記事を執筆する職種です。

近年はオウンドメディア(自社のWEBメディア)を運用している企業が増えていて、WEBライターを正社員として採用することが多くあります。

紙媒体のライターとは異なり、SEOを意識して執筆が必要です。

また、WEBマーケティングに関する知識も必要で、ただ単に文章を執筆するだけではありません。

ただし、WEBデザイナーやエンジニアのように専門的な知識・スキルは必要としないため、転職難易度は低いです。

営業職

WEB業界の営業職は、自社商品・サービスを売り込む職種です。

一般的な営業職と異なる点は、売り込む商品・サービスが実在しないケースが多いことです。

インターネットを通じてサービスを提供するのがWEB業界なので、架空のものを売り込む必要があり、高度なスキルを必要とします。

また、自社商品・サービスに関する理解を深めることが大切です。

ただし、必要なスキルはコミュニケーション能力やセールス力になるため、転職難易度が低く、未経験者でも転職しやすいです。

未経験でも転職しやすい職種とは?

WEB業界未経験者でも転職しやすいのは、専門的な知識・スキルを有さない職種です。

転職しやすい職種は下記の通りです。

  • WEBマーケター
  • WEBライター
  • 営業職

上記の職種は、求人情報などでも「未経験歓迎!」などと記載されていることが多いです。

ただし、無知な状態で転職を成功させるのは難しく、ある程度の業界知識は身に付ける必要があります。

また、マーケティング職や営業職の経験があると、WEB業界未経験でも転職は成功しやすいです。

技術職は必要な知識・スキルを身に付けると転職できる

WEB業界未経験者では、WEBエンジニアやWEBデザイナーなど技術職への転職は難しいですが、必要な知識・スキルを身に付けると、転職を成功させられます。

WEBマーケターや営業職よりも技術職の方が需要が高いので、「未経験でも知識・スキルの身に付いている方は採用したい」と考えている企業が多いです。

身に付いていることを証明できる資格などを取得していると、未経験でも採用してくれる可能性が高まります。

WEB業界の技術職へ転職したい方は、働きながら勉強することをおすすめします。

技術職に必要な知識・スキルは専門のスクールなどに通わずに、独学でも習得できます。

WEB業界への転職は未経験でも成功する?おすすめの職種と転職するポイントを解説

WEB業界の職種で活かせる資格3選

未経験の場合は実績や経験をアピールできないので、資格を取得することが大切です。

資格を取得することで、自分の知識・スキルを簡単に証明できます。

WEB業界の職種全般で活かすことができる資格を3つご紹介します。

WEB検定

WEB検定とは、WEBに関わる全ての人を対象として資格で、試験が4つに分けられています。

それぞれで問われる内容が異なり、希望する職種によって資格を選ぶ必要があります。

WEB検定に含まれている資格は、「WEBリテラシー試験・WEBデザイン試験・WEBディレクション試験・WEBプロディース試験」です。

WEB業界の職種全般で活かせる資格は、WEBリテラシーです。

Webに関わる仕事を構成するデザイナー・ディレクター・プロデューサーという主要3職種の最重要知識だけを集めている資格になるため、WEB業界への転職では有利に働きます。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定とは、インターネットを活用したマーケティング全般の基本スキルや知識を評価する資格です。

「ファシリテート能力・Webに関する知識や技術・ネットマーケティングに関する知識・経営戦略と連動したWebブランディング能力」の4項目から構成され、WEBマーケターへの転職を考えている方は、取得しておきたい資格になります。

また、WEBマーケターと関わることが多い「営業職」でも活かせる資格です。

マイクロソフト認定資格プログラム

マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)とは、Microsoft Corporationが実施するマイクロソフト製品に対するスキルと知識を証明する資格です。

マイクロソフト認定資格プログラムは4つのレベルに分けられていて、最も簡単な試験の合格率は70%を超えています。

WEB業界ではマイクロソフトの製品を活用する機会が多いため、どの職種で活かせる資格です。

WEB業界へ転職するときの注意点

WEB業界へ転職するときは、いくつか抑えておきたい注意点があります。

下記の注意点を抑えて、転職したことを後悔しない転職活動を行ってください。

年齢や勤続年数よりも経験が重要視される

WEB業界では、年齢や勤続年数よりも「経験」が重要視されるため、「1つの企業に勤めることで年収が高まる」というケースは少ないです。

転職後でも、豊富な経験と高度なスキルが身に付いていれば、年収を一気に高められる可能性があります。

一般的な企業では、年齢や勤続年数によって年収が決まることが多いため、経験が重要視されることには注意してください。

常に勉強しなくてはいけない

上記でもお伝えしたように、WEB業界の職種では常に新しい情報を取り入れる必要があります。

特にWEBデザイナー・WEBマーケター・WEBディレクターでは最新の情報を取り入れることが大切で、常に勉強しなくてはいけません。

他の業界でも常に勉強する必要がありますが、WEB業界では「正しい」とされている情報が激しく変動するので、勉強の仕方が異なります。

また、トレンドを抑えることも大切です。

WEB業界への転職を考えている方は、一度情報を習得したら終わりではないことを、認識しておく必要があります。

WEB業界は「やめとけ」と言われることが多い?理由と優良企業の見分け方をご紹介

WEB業界でも未経験で転職できる職種はある

この記事ではWEB業界の職種についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEB業界にはさまざまな職種があり、専門的な知識・スキルを有する職種が多いです。

ただし、未経験でも転職を成功させられる職種はあり、「WEBマーケター・WEBライター・営業職」は転職しやすい傾向があります。

また、未経験の場合は自分の知識・スキルを証明するために、WEB業界に関する資格を取得することが大切です。

上記でお伝えした注意点を抑えて、WEB業界への転職を成功させましょう。

WEB業界の転職で年齢は重要視される?年齢別に抑えておきたいポイントと注意点を解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件