WEB業界は「やめとけ」と言われることが多い?理由と優良企業の見分け方をご紹介

WEB業界は「やめとけ」と言われることが多い?理由と優良企業の見分け方をご紹介

WEB業界はIT技術が発展したことで、どんどん需要が高まっています。

システムエンジニアやWEBデザイナーなどWEB業界に関する職種の需要も高まっていることから、転職を考えている方は多いでです。

しかし、「WEB業界への転職はやめとけ」ということを耳にする機会があるのではないでしょうか?

この記事ではWEB業界への転職をやめとけと言われることについて解説します。

やめとけを言われる理由や、優良企業の見分け方などもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

WEB業界への転職は「やめとけ」と言われることが多い?

WEB業界への転職は「やめとけ」と言われることが多いです。

その理由は単純で、WEB業界に対して良いイメージを持っていない方が多いからです。

「WEB業界=ブラック企業が多い」という世間のイメージから、やめとけと言われることが多いと考えられます。

ただし、実際はWEB業界でも優良な企業は存在していますし、転職したことを後悔しない方は大勢います。

そのため「WEB業界=やめとけ」と考えることは、おすすめしないです。

WEB業界でも優良企業があることは、認識しておくことが大切です。

WEB業界への転職をやめとけと言われる理由

上記でもお伝えしたように、WEB業界に対して良いイメージを持っていない方が多いので、やめとけを言われます。

では、なぜWEB業界に対して良いイメージがないのでしょうか。

考えられる理由をいくつかご紹介します。

残業・休日出勤が多い

WEB業界への転職をやめとけと言われる理由は、残業・休日出勤が多いからだと考えられます。

需要が高まっている業界なので、必然的に仕事量が多いです。

また、仕事量に対する人材を確保できていないことから、残業や休日出勤が増えているのでしょう。

実際に1カ月で40時間以上の残業を課せられる企業は存在します。

しかし、WEB業界の残業時間は他の業界よりも少ないです。

コンサルティング業界や映像業界の方が残業時間は多いと言われていて、WEB業界は減少傾向にあります。

そのため優良企業への転職を希望すると、平均以上の残業や休日出勤はしなくて良いでしょう。

給料が少ない

WEB業界への転職をやめとけと言われる理由は、給料が少ないからだと考えられます。

WEB業界の平均年収は、350万円〜450万円と言われています。日本の平均が約430万円と言われているため、平均を少し下回る年収になっています。

「専門的な知識を有する職業なのに少ないな…」と感じられたかもしれませんが、WEB業界は未経験者によって平均が下がっています。

人手を確保できていないことから、未経験者でも採用している企業が多いです。

未経験者は専門的な知識もスキルも身に付いていないため、給料が低くなり、平均年収を下げています。

そのためWEB業界へ転職しても、高度な知識とスキルが身に付いていれば、平均を大きく上回る年収をもらうことが可能です。

クライアントからの依頼に振り回される

WEB業界への転職をやめとけと言われる理由は、クライアントからの依頼に振り回されるからだと考えられます。

WEB業界はクラインアントからの依頼で、利益を上げている企業が多いです。

例えば、WEBサイトの制作会社などは「クライアントが絶対」という風潮が強い傾向にあります。

クライアントなので、指示通りに仕事を行うことは当たり前なのですが、WEBに関する知識が少ないクライアントに振り回されることに不満を感じている方が多いです。

また、クライアントは期限などを気にせずに、依頼・修正を指示することがあるため、残業を余儀なくされるケースも多くなります。

そのようなことから、実際に転職をした方も存在します。

クライアントからの依頼に振り回されることは、優良企業でも考えられるでしょう。

業界が出来立てでベンチャー気質のところが多い

Web業界は他の業界に比べてまだ新しい業界の一つです。

そのため企業内でもベンチャー気質のところがおおく、やる気のある社員が多いのが現状です。

Web業界で確実に成りあがっていくつもりがあるなら、会社の適正があることは確かです。

しかしやる気があるということは、妥協を許されないことが多いです。

また裁量が自分で決められるメリットはあるものの、その分成果を求められるので、常に仕事に追われる立場になります。

業界が出来立てで、常に新しい変化を求められるので、保守的な考えの人に葉向かないことが多いのです。

会社内の教育制度が整っていないことがある

Web業界は他の業界に比べて新しい業界である反面、会社内の教育制度が整っていないことが多いです。

また未経験OKの求人を多く出しているところもあり、経験を積むまでのフローが整わないまま入社をして、学びながら仕事をこなしていくことになります。

学びながら働くことが苦ではない人にとっては働きやすい環境にはなります。

しかし会社で順を追って仕事を覚えていきたい方にとっては、段々と仕事についていけなくなってしまう可能性が出てきます。

流行を常に取り入れる必要がある

WEB業界は常に流行の先端を取り入れながら運営することが求められます。

つまり常に周囲にアンテナを張って、情報を収集する能力が求められることになります。

流行を取り入れる姿勢がないと、どうしても仕事に置いて行かれてしまうことにもなりかねません。

毎日仕事のことを考えることになるので、適度に休息の欲しい方にとっては窮屈に感じられてしまうでしょう。

急速に成長している業界でキラキラに見えていても、陰で実は意外と努力していることもありますので、注意が必要です。

WEB業界への転職をおすすめする理由

WEB業界はやめとけと言われることが多いですが、おすすめできる理由もあります。

WEB業界への転職を悩んでいる方は、やめとけと言われる理由とおすすめする理由を比較して、判断するようにしてください。

需要が高く将来性がある

WEB業界への転職をおすすめする理由は、需要が高く将来性があるということです。

WEB業界は需要が右肩上がりに上がっていて、今後も上がり続けると言われています。

それはインターネットやスマホが当たり前の時代になったからです。

インターネットやスマホが必要な時代になったからこそ、WEB業界の需要が高くなっています。

今後インターネットやスマホが不必要になることは考えにくいため、WEB業界は将来性がある業界だと言えます。

スキル次第では年収1,000万円以上もらえる

WEB業界への転職をおすすめする理由は、スキル次第で年収を高められることです。

上記でお伝えしたように、平均年収は350万円〜450万円ですが、高度な知識とスキルが身に付いている場合は、年収1,000万円以上をもらえる可能性があります。

実際に年収1,000万円以上もらっている方は存在します。

WEB業界は年齢や勤続年数よりも、経験やスキルを重要視する企業が多いため、WEB業界への転職はおすすめです。

未経験でも始められる

WEB業界への転職をおすすめする理由は、未経験でも始められることです。

「WEB業界=経験者しか転職できない」と思われるかもしれませんが、必要な知識とスキルが身に付いていれば、未経験でも転職を成功させられます。

未経験の場合は、すぐに年収を高めることは難しいですが、経験を積んでいけば年収1,000万円以上を目指せます。

そして、WEB業界が人手不足を抱えている企業は多いため、転職難易度が低いです。

WEB業界への転職は未経験でも成功する?おすすめの職種と転職するポイントを解説

早く出世できる可能性がある

何度もお伝えしているようにWeb業界は比較的新しい企業が多いので、社員数が少ないことも多いです。

その中で目立った成績を残せるようになれば、早く出世できる可能性が高くなります。

実際にWeb業界で上にのし上がっている人の多くが、若いうちから出世できているケースも多いです。

自分のキャリアアップにつなげたい向上心がある場合は、自己実現できるルートであるといえるでしょう。

WEB業界の優良企業の見分け方

WEB業界への転職を後悔しないためには、ブラック企業ではなく、優良企業に転職する必要があります。

そこで優良企業の見分け方をご紹介します。

ブラック企業へ転職して後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

企業について徹底的に調べる

WEB業界の優良企業を見分けるためには、企業について徹底的に調べることが大切です。

求人情報やホームページから調べてもブラック企業ということは判断できないため、口コミや離職率などを調べるようにしてください。

特に離職率は大切な判断材料になり、優良企業の場合は圧倒的に低くなっているでしょう。

そして、知人からの情報を集めることも大切です。

応募企業に勤めている知人を探す必要はないので、応募企業について知っている知人から情報を収集するようにしてください。

知識・スキルを兼ね備えている人材を求めているか確認する

WEB業界の優良企業を見分けるためには、知識・スキルを兼ね備えている人材を求めているか確認することが大切です。

求人で「未経験大歓迎!」「スキルがなくても大丈夫」などと掲載されている企業は、ブラック企業な傾向があります。

反対に「一定以上の知識・スキルを兼ね備えている人材募集」などと記載されている企業は、年収も高く優良企業なことが多いです。

未経験の場合は、「未経験歓迎!」と記載されている求人が魅力的に感じますが、給料が低く誰でもできる仕事をやらさせる可能性が高いので、注意してください。

企業が下請けかを確認する

WEB関係の企業の中には、大手企業の下請けとして運営されているところも多いです。

企業が下請けの場合、上からの圧力や納期に追われて激務になる可能性があります。

自社で運営しているメディアやサービスがある会社の方が、裁量の幅が広く働きやすいです。

下請けで常に残業ばかりの企業かどうかを、よくチェックしておきましょう。

企業の口コミを確認する

最近ではネットで企業の口コミを掲載しているところも多いです。

求人票や企業が公表している情報は、採用担当が自由にいじれる情報ですので、会社に都合のいいものばかり掲載されていることが多いです。

他のサイトが掲載している口コミを確認しておくことで、本当に入社していい企業なのかどうかを判断できます。

ただしネット上に掲載されている口コミは、たいてい悪いものであることがおおいです。

悪い口コミだけを参考にしていると、正しい判断ができなくなってしまいますので、注意が必要です。

転職エージェントを活用する

WEB業界の優良企業を見分けるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することをサポートしてくれるサービスです。

面接対策から必要書類の添削など幅広くサポートしてくれて、求人の紹介も行ってくれます。

転職エージェントは人材を企業に紹介することで利益を上げているため、少しでも優良な企業を紹介しようとしてくれます。

また、転職サイトには公開されない「非公開求人」にも応募できます。

非公開求人は、高待遇・高収入の求人が多いため、優良企業に転職できる可能性が高められます。

転職先が決まっても決まらなくても料金は発生しないので、ぜひ活用してみてください。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

WEB業界への転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントは自分の用途にあったものを活用する必要があります。

WEB業界への転職では、WEB業界に強い転職エージェントを活用することが大切です。

そこでWEB業界への転職に強い転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界最大級の総合型転職エージェントです。

WEB業界の転職に特化していないのですが、WEB業界の求人を約2万件取り扱っています。

大手企業からベンチャー企業まで幅広く取り扱っていて、全国各地に対応しています。

そんなdodaはサポート体制が充実しています。

求人紹介から面接対策まで丁寧にサポートしてくれて、応募企業の面接にも同行してくれます。

そして各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、WEB業界への転職を成功させられる可能性が高いです。

doda詳細ページ

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTは大手人材会社「マイナビ」が運営しているIT・WEB業界に特化した転職エージェントです。

WEB業界の求人を約1万5,000件取り扱っています。

さらに、マイナビIT AGENTは業界に特化していることから、「独占求人」が多い傾向があります。

そんなマイナビIT AGENTは、20代から高い人気を集めています。

実際に34歳までの登録者が80%を占めていて、掲載している求人も若者向けです。

また、企業側も若者の人材を求めていることが多いため、20代でWEB業界への転職を希望される方は、マイナビIT AGENTがおすすめです。

マイナビIT AGENT詳細ページ

WEB業界への転職ではブラック企業を見極めることが大切

この記事ではWEB業界への転職をやめとけと言われることについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEB業界への転職はやめとけと言われることが多いのですが、WEB業界に対するイメージから言われている傾向があります。

実際は残業時間も多くないですし、スキル次第では年収1,000万円以上目指すことが可能です。

ただし、ブラック企業に転職してしまうと、後悔することになるので、しっかりと優良企業を見極める必要があります。

上記でお伝えしたポイントを参考にして、WEB業界の優良企業への転職を成功させましょう。

WEB業界の転職で年齢は重要視される?年齢別に抑えておきたいポイントと注意点を解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件