未経験でWEBディレクターに転職することは可能?求められるスキルをご紹介

未経験でWEBディレクターに転職することは可能?求められるスキルをご紹介

IT技術が発展したことで、WEB業界の需要が高まっています。

WEB業界は未経験でも転職できる職種が多く、転職を希望される方も増えているのですが、「WEBディレクターは未経験でも転職できる?」と気になることがあるのではないでしょうか?

この記事では未経験でWEBディレクターへの転職を目指すことについて解説します。

求められるスキルや、転職を成功させるコツなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

WEBディレクターとは?

WEBディレクターとは、 WEBサイトを制作する上で欠かせない職種です。

WEBサイト制作の管理・監督・指揮を行い、WEB制作会社の「現場監督」という立場になります。

クライアントの要望に沿って、WEBサイト制作に必要なスタッフを管理して、制作したWEBサイトの運用・改善などもWEBディレクターが担当します。

チームの管理からクライアントとの打ち合わせなど業務内容は多岐にわたり、WEB業界に関する幅広い知識を必要とします。

そんなWEBディレクターの平均年収は、勤めている企業や個人のスキルによって大きく異なり、300万円〜1,000万円と幅広いです。

WEBディレクターで求められるスキル

WEBディレクターの業務内容は多岐にわたるため、さまざまなスキルを求められます。

なかでも最低限身に付けておきたいスキルを中心にいくつかご紹介するので、参考にしてみてください。

コミュニケーション能力

WEBディレクターでは、コミュニケーション能力が求められます。

WEBディレクターはクライアントだけではなく、WEBエンジニア・WEBデザイナー・WEBマーケターなど異なる知識・役割を担っている人と一緒に仕事を行う必要があるため、高度なコミュニケーション能力を必要とします。

また、WEBディレクターがクライアントとチームの間を保つため、コミュニケーション能力がなければ、要望通りのWEBサイトを制作できないでしょう。

マネジメント力

WEBディレクターでは、マネジメント力が求められます。

WEBディレクターはWEBエンジニアやWEBデザイナーなどのクリエイティブなスタッフを適切に配置して、チームワーク最大化する必要があります。

チームの人選から仕事を振り分けることまでがWEBディレクターの仕事になるので、マネジメント力がなければ、1人1人が最大限の能力を発揮できない状況で仕事を行うことになってしまいます。

WEBディレクターとして要望通りのWEBサイトを制作するには、チームをマネジメントする力が必要です。

スケジュール管理力

WEBディレクターは、クライアントと打ち合わせをして「○月○日までに制作します」と期限を決めます。

期限内にWEBサイトを提出する必要があるので、WEBディレクターには、スケジュール管理力が求められます。

スケジュール管理力がなければ、クライアントと決めた期限に間に合わなかったり、チームのスタッフを残業させることになります。

それはWEBディレクターとして、最悪の事態なので、スケジュール管理力が求められます。

さらに、期限だけではなく「予算」も決めるため、WEBディレクターには予算管理力も必要です。

WEB業界に関する幅広い知識

WEBディレクターでは、WEB業界に関する幅広い知識が求められます。

実際にWEBサイトのデザインをしたり、コードの書いたりするケースは少ないですが、ある程度の知識がなければ、クライアントとの打ち合わせが成り立ちません。

また、クライアントの要望をうまく伝達することができずに、要望通りのWEBサイトを制作できないです。

WEB業界に関する知識を深く習得する必要はないですが、WEBデザイン・マーケティング・プログラミング・UI/UXに関する知識は、ある程度習得する必要があります。

企画力・プレゼンテーション能力

WEBディレクターでは、企画力・プレゼンテーション能力が求められます。

WEBディレクターはクライアントの要望を聞くだけではなく、要望に沿って企画を立案する必要があります。

また、立案した企画はクライアントにプレゼンテーションする必要があり、採用されると、チームにも企画を伝達しなければいけません。

クライアントとチームの認識にズレが生じてしまうと、要望通りのWEBサイトは制作できないため、企画力だけがあっても意味がありません。

企画力に伴ってプレゼンテーション能力が求められます。

未経験でWEBディレクターに転職することは可能?

WEBディレクターはWEB業界に関する幅広い知識を必要とするため、未経験で転職することは難しいです。

WEBディレクターの求人には「未経験歓迎!」と記載されているケースが多々ありますが、未経験で転職を成功させている方は少ないです。

また、転職してすぐに活躍することは難しく、WEBディレクターのサポート役として数年間経験を積まなくてはいけないことがあります。

そのため未経験でWEBディレクターへの転職を目指す場合は、WEB業界で3年〜5年程度の経験を積むことをおすすめします。

3年〜5年程度の経験を積んだ状態で、WEBディレクターへの転職を目指すと、スムーズに成功する可能性が高いです。

WEBディレクターとは?仕事内容やWEBディレクターに向いている人の特徴を解説

WEBディレクターを目指す上でおすすめの転職先

未経験からWEBディレクターを目指す場合は、他の職種で経験を積むことをおすすめしました。

そこで未経験でも転職しやすい職種をいくつかご紹介します。

WEBディレクターへの転職を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

WEBマーケター

未経験からWEBディレクターへの転職を目指している方には、WEBマーケターがおすすめです。

WEBマーケターは、WEBを使ってマーケティングを行う仕事で、自社商品・サービス・WEBサイトの目標達成できる仕組みを作ることが主な業務内容です。

WEBマーケターでは、WEBサイトのアクセス解析や広告運用、SEO対策などに関する知識が必要になり、常に新しい情報を取り込むことが大切になります。

WEBマーケターは、WEB業界に属している企業では設けられている職種で、未経験でも積極的に採用しているケースが多いです。

WEBエンジニア

未経験からWEBディレクターへの転職を目指している方には、WEBエンジニアがおすすめです。

WEBエンジニアは、プログラミング言語を用いて、WEBサイトのシステムの構築や開発を行う仕事で、WEBサービスのシステムを構築・開発するケースもあります。

WEBエンジニアは、プログラミング言語を習得していれば、未経験でも転職することが可能です。

WEBエンジニアの求人では「〇〇の知識がある人」などと、言語を限定して募集されるケースが多いため、1つでも多くの言語を習得していると、スムーズに転職を成功させられるでしょう。

WEBライター

未経験からWEBディレクターへの転職を目指している方には、WEBライターがおすすめです。

WEBライターは、WEBサイトに掲載する記事を執筆する仕事です。

WEBライターは紙媒体ではなく、WEBサイトに掲載する記事を執筆するため、SEOに関する知識を必要とします。

また、WEBマーケティングに関する知識も必要で、ただ単に文章を執筆するだけではありません。

ただし、近年はオウンドメディア(自社のWEBメディア)を運用している企業が増えていて、未経験でも転職しやすい傾向があります。

WEBマーケターやWEBエンジニアよりも専門的な知識を必要としないため、転職難易度は低いです。

WEB業界の営業職

未経験からWEBディレクターへの転職を目指している方には、WEB業界の営業職をおすすめします。

WEB業界では、インターネットを通じてサービスを提供するため、架空のものを売り込む必要があり、通常の営業職よりも難易度が高いとされています。

また、WEB業界に関する知識がなければ、サービスの魅力を伝えることができずに、営業マンとして成果を上げることが難しいです。

ただし、WEB業界の営業職は求人が多いので、未経験でも転職しやすい傾向があります。

WEBディレクターに必要なコミュニケーション能力も身に付けられるので、未経験の方にはおすすめの職種です。

WEBディレクターから転職する人は多い?おすすめの転職先とポイントを解説

未経験でWEB業界への転職を成功させるコツ

未経験で希望通りに転職を成功させることは、簡単なことではありません。

そこで未経験でWEB業界への転職を成功させるコツをいくつかご紹介します。

スムーズに希望通りの転職を成功させるためにも、下記のコツを参考にしてみてください。

WEB業界に関する資格を取得する

未経験でWEB業界への転職を成功させるには、WEB業界に関する資格を取得することが大切です。

資格は自分が身に付けている知識・スキルを正確に証明できるもので、採用担当者からの信頼も得やすいです。

また、資格取得を目指して勉強することで、効率よくWEB業界に関する知識を身に付けられます。おすすめのWEB業界に関する資格は下記の通りです。

  • WEB検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • ネットマーケティング検定
  • Google 広告認定資格
  • マイクロソフト認定資格プログラム

希望する職種によって最適な資格は異なるため、まずは職種を決めるようにしてください。

そして、自分の知識・勉強量にあった難易度の資格を取得することが大切です。

WEBディレクター試験

WEBディレクター試験は、WEBディレクションに関わる幅広い知識とスキルを証明できる資格です。

WEBサイトの制作方法だけではなく、プロジェクトマネジメントや集客施策などを学べることが、WEBディレクター試験の特徴で、資格有効期限は2年間になっています。

この資格を取得していると、WEBディレクターへの転職が有利に働くケースが多く、WEBディレクターとして働いている方は、定期的に受けていることが多いです。

合格率は、約80%になっているので、WEB業界の経験者であれば、つまずくことなく合格できるでしょう。

ITパスポート

ITパスポートは、経済産業省が認定する日本では数少ないIT関連の国家資格です。

ネットワークやセキュリティなどのIT知識から、lotなどの最新技術、経営に関する知識などを証明できる資格になります。

ITパスポートはIT業界に関する幅広い知識を証明できる資格になるので、WEBディレクターへの転職では有利に働くでしょう。

また、国家資格ということもあり、WEBディレクターへの関心の高さをアピールすることもできます。

合格率は約50%なので、WEB業界経験者でも時間をかけて勉強をする必要があります。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定は、インターネットマーケティング全般の基礎知識や、方法論に関する知識を証明できる資格です。

WEBマーケターが取得しているケースが多いのですが、WEBディレクターにも必要な知識になるので、おすすめの資格になります。

現在、WEBマーケターとして働いている方は、実績や経験をアピールできるため、WEBエンジニアやWEBデザイナーは取得しておくと転職が有利に働くでしょう。

合格率は約70%で、20時間程度の勉強で合格できると言われています。

転職エージェントを活用する

未経験でWEB業界への転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・書類添削」などで、転職サイトには公開されない「非公開求人」も紹介してくれます。

また、登録者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心してスムーズに転職活動を進められます。

そして、入社後のカウンセリングやサポートを行ってくれる転職エージェントが多いため、転職後も安心です。WEB業界への転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

doda

doda

dodaは、総合型の転職エージェントで、業界最大級の規模を誇ります。

dodaで取り扱っている求人数は、7万7,000件を超えていて、非公開求人を含めると10万件以上になると考えられます。

WEBディレクターの求人は約350件取り扱っています。

そんなdodaは転職に関するサポートが手厚いです。

大手企業が運営していることもあり、サポート体制は徹底されていて、利用者からも高い満足度を誇ります。

書類の提出や、面接日程の調整などは全てキャリアアドバイザーが代行してくれます。

転職に関するサポートを重要視したい方には、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT

マイナビ IT エージェントは、大手人材会社「マイナビ」が運営しているIT業界に特化した転職エージェントです。

マイナビ IT エージェントで取り扱っているWEBディレクターの求人数は、約370件で、非公開求人を含めると約700件取り扱っています。

そんなマイナビ IT エージェントは、「マイナビエージェント」を基盤としてサービスを提供しているため、サービスの質が高いです。

また、マイナビが培った転職ノウハウを駆使してサポートしてくれるため、WEBディレクターへの転職成功率を高めらます。

業界に特化している転職エージェントを希望される方には、マイナビ IT エージェントがおすすめです。

マイナビIT AGENT詳細ページ

未経験でWEBディレクターに転職することは難しい

この記事では未経験からWEBディレクターに転職することをについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEBディレクターはWEB業界に関する知識を幅広く必要とするため、未経験から転職することは難易度が高く、転職できても活躍できないケースが多いです。

そのため未経験の場合は他の職種でWEB業界の経験を積んでから、WEBディレクターへの転職を目指すことをおすすめします。

上記でお伝えした転職先・コツを参考にして、WEB業界への転職を成功させてみてください。

WEB業界への転職は未経験でも成功する?おすすめの職種と転職するポイントを解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件