WEB業界の転職で年齢は重要視される?年齢別に抑えておきたいポイントと注意点を解説

WEB業界の転職で年齢は重要視される?年齢別に抑えておきたいポイントと注意点を解説

転職において「年齢」は重要視されることが多く、「35歳までに転職する必要がある」と言われることがあります。

ただし、職種によって年齢に対する考え方は異なるため、「WEB業界の転職で年齢は重要視される?」と気になっている方は多いのではないでしょか?

この記事ではWEB業界の転職で年齢が重要視されるのか解説します。

転職する上で抑えておきたいポイントや注意点などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

WEB業界の転職で年齢は重要視される?

WEB業界の転職で、年齢は重要視されないことが多いです。

その理由は、専門的なスキルを有する職種が多い業界だからです。

専門的なスキルを有する職業では、年齢よりも経験や知識が重要視されるので、30代でも40代でも希望通りに転職を成功させられる可能性が高いです。

実際に国家資格を有する弁護士や医者などは、40代以降でも転職を成功させている方が多い傾向があります。

WEB業界で年齢が重要視されない職種

「WEB業界の転職では年齢が重要視されないことが多い」とお伝えしましたが、全ての職種で重要視されないわけではありません。

WEB業界でも営業職や広報などでは、年齢が重要視されることが多いです。

そこで、WEB業界で年齢が重要視されない職種を3つご紹介します。

エンジニア

WEB業界の転職で、エンジニアは年齢が重要視されません。

エンジニアとは、工学に関する専門的な知識やスキルを持った人材を指す言葉です。

WEB業界でのエンジニアでは、ITに関する高度な知識・スキルを持った人を指すため、年齢よりも実績や知識が重要視されます。

WEB業界のエンジニアはさまざまな職種に分けられますが、「エンジニア」と入る職種では、年齢が重要視されないです。

  • システムエンジニア
  • 社内システムエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • WEBエンジニア など

特に「システムエンジニア」は需要が高く、一般企業のIT部門として転職できることもあります。

エンジニアで転職を考えている場合は、年齢を気にする必要はないでしょう。

未経験でのSE転職成功の鍵は年齢だった!その理由について解説

ITエンジニアが転職する前にやっておくべき21のチェックリスト!

プログラマー

WEB業界の転職で、プログラマーは年齢が重要視されません。

プログラマーとは、PCを動かす「プログラム言語」を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。

プログラミング言語を習得して、経験を積まないとシステムなどは作れないため、年齢よりも経験や知識が重要視されます。

エンジニア同様に、プログラマーにもさまざまな職種がありますが、「プログラマー」と言われる職種は年齢が重要視されません。

  • WEBオープン系
  • モバイル系
  • 汎用系
  • パッケージソフト開発
  • データサイエンティスト など

特に「WEBオープン系」は需要が高く、知識とスキルが身に付いていれば、未経験でも転職を成功させられます。

もちろん、年齢を気にする必要はありません。

未経験からプログラマーへの転職!失敗しないための完全ガイド

プログラマーへの転職の年齢の限界は30代前半まで!その理由について徹底解説!

WEBデザイナー

WEB業界の転職で、WEBデザイナーは年齢が重要視されません。

WEBデザイナーとは、WEBサイトのデザインを担当する仕事で、エンジニア・プログラマー同様に知識とスキルを有するため、年齢よりも経験が重要視されます。

また、IT技術が急速に発展したことで、WEBデザイナーの需要は右肩上がりに上昇しています。

2030年には、16.4万人以上のWEBデザイナーが必要になると言われていて、人手不足になることが推測されています。

そのためWEBデザイナーは経験・知識・スキルを身に付けていれば、年齢を気にすることなく転職を成功させられるでしょう。

未経験からWebデザイナーになりたい!デザイナーキャリアをスタートさせるための基礎知識

転職する上で年齢別に抑えておきたいポイントと注意点

WEB業界の転職では、年齢別に抑えておきたいポイントと注意点があります。

転職をスムーズに成功させるためにも、転職後に後悔しないためにも、ポイントと注意点は理解しておきましょう。

20代

20代エンジニア

WEB業界の転職を希望する20代の場合は、妥協しないことが大切です。

20代は転職市場で最も需要が高く、求めている企業が多いです。そのため自分が納得できるまで、転職活動を行うことが大切になります。

「この企業で良いか…」と転職活動を妥協してしまうと、転職したい意味が薄くなります。

また、20代で転職を希望する場合は、1日でも早く始めるようにしてください。年齢を重ねるごとに需要が低くなります。

そして、20代で転職を希望する場合は、情報収集を怠らないように注意してください。

需要が高いということから、転職先はすぐに決めるでしょう。

ただし、「本当に自分にあっている企業なのか」「職場環境は良いのか」などしっかりと情報を集めてください。

情報を集めることで、転職したことを後悔しなくなります。

20代エンジニアが登録すべき転職サイト・転職エージェント7選!

30代

30代エンジニア

WEB業界の転職を希望する30代の場合は、明確な実績を作ることが大切です。

WEB業界は年齢が重要視されないとお伝えしましたが、実績が重要視されます。

特に30代の場合は転職市場においての需要は下がりつつある年齢なので、明確な実績をアピールしなければ転職を成功させられません。

そのため30代で転職を希望される方は、明確な実績をアピールできるのかを考えてから転職活動を始めてください。

そして30代で転職を希望される場合は、会社を退職しないように注意してください。

退職することで転職活動に割ける時間は増えるのですが、30代ではなかなか転職先が決まらない可能性があります。

その結果、転職先を決めることに焦ってしまうため、働きながら時間をかけるようにしてください。

30代エンジニアの転職で詰む人の特徴と転職前にやっておくべきこと

40代

40代エンジニア

WEB業界の転職を希望する40代の場合は、役職の経験を作ることが大切です。

中途採用で40代を求めてる企業は、役職として採用しようと考えています。

そのため40代で転職を考えている方は、役職の経験を積んでから転職活動を始めることをおすすめします。

役職以外の求人もありますが、今の会社よりも給料や待遇が低くなる可能性が高いです。

そして40代で転職を希望される場合は、今の会社で解消できないのかを考えてみてください。

転職理由は人間関係だったり、給料に対する不満など、さまざまあると思いますが、40代の場合は転職して解消するよりも、今の会社で解消した方が今後のためになる可能性が高いです。

40代になると勤続年数が長くなるので、すぐに転職活動を始めることには注意してください。

40代のエンジニアでも転職できる!35歳限界説を突破する方法を教えます

40代のSEが転職で必要な「若さに負けないスキル」について解説

WEB業界の転職を成功させるコツ

WEB業界は人手不足を抱えている企業が多く、未経験者でも転職を成功させられる可能性があります。

しかし、希望通りに転職を成功させることは難しいです。

WEB業界の転職を成功させるコツをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ポジティブな転職理由を伝える

WEB業界の転職を成功させるためには、ポジティブな転職理由を伝えることが大切です。

ポジティブな転職理由を伝えることは、年齢関係なく大切で、「仕事に対して前向きな人」と判断してもらいやすくなります。

企業側は仕事に対して前向きな人材を採用したいと考えているため、希望通りに転職が成功する可能性がグンと高まります。

ただし、転職理由は人間関係や給料に対する不満など、ネガティブな内容が多いです。

転職理由を偽ることはよくないので、ポジティブに聞こえるように伝え方を工夫してみてください。

転職エージェントを活用する

WEB業界の転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

求人紹介から面接対策までサポートしてくれて、登録者に対して担当のキャリアアドバイザーが1人付きます。

そのため働きながらでもスムーズに転職活動を進められます。

さらに、転職サイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるため、転職先の選択肢を広げられます。

そして、転職エージェントはさまざまな種類があります。

総合型のものからハイクラスのものまであるので、年齢別におすすめの転職エージェントをご紹介します。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

20代におすすめの転職エージェント

WEB業界の転職を希望する20代には、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビ」が運営している総合型の転職エージェントです。WEB業界の求人は約1万5,000件取り扱っています。

そんなマイナビエージェントは、20代から高い人気を集めています。

登録者の80%以上が34歳未満が占めていて、若者向けの求人を多く取り扱っている傾向があります。

さらに、求人を掲載している企業も若者を求めていることが多いため、20代にはマイナビエージェントがおすすめです。

30代におすすめの転職エージェント

WEB業界の転職を希望する30代には、dodaがおすすめです。

dodaは業界最大級の総合型の転職エージェントです。WEB業界の求人は、約2万1,000件取り扱っています。

そんなdodaは、サポート体制が充実しています。各業界に精通しているキャリア

アドバイザーが在籍していて、業界ならではのサポートを受けられます。

現職の仕事が忙しい30代には、サポート体制が充実しているdodaがおすすめです。

40代におすすめの転職エージェント

WEB業界の転職を希望する40代には、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチは管理職・専門職などハイクラスの転職に特化した転職エージェントです。

WEB業界の求人は約2万件取り扱っています。

そんなビズリーチは、「スカウトサービス」を主なサービスとして提供しています。

スカウトサービスとは、一流のヘッドハンターや優良企業の採用担当者から直接オファーが来るサービスです。

そのため求人に応募しなくても、転職が成功する可能性があります。

そして、ビズリーチは求人の30%が年収1,000万円以上なので、40代の転職にはおすすめです。

WEB業界の転職は30代でも40代でも成功する

この記事ではWEB業界の転職で年齢が重要視されるのかお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEB業界は専門的な知識・スキルを有する職業なので、年齢よりも経験を重要視されます。

特に「エンジニア・プログラマー・WEBデザイナー」では、年齢が重要視されません。

そのため30代でも40代でも、希望通りに転職を成功させることは可能です。

上記でお伝えした年齢別のポイントと注意点を参考にして、WEB業界の転職を成功させてみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件